• 新型コロナ自宅療養期間(六日目)2022/07/01 6:13


    『朝一の熱は36.7度、血中酸素飽和度は96』

    6月30日(木)、新型コロナ自宅療養期間(六日目)に突入した。昨日から今日に掛けて、変化したところをお伝えしよう。体温は代謝が上がってきているのか少し高めの36.7度、そして血中酸素飽和度は96だった。今日の朝一も問題ない数値と言えよう。そしてついに、昨夜まで若干あった風邪の治りかけにある深いゴホッの咳がなくなったのだ。また喉の違和感も・・・。確実に全完治の方向へと向かっている。そんな朝一を迎えて何気なく愛媛新聞を見ていると、「あら不思議」5面に元気そうな自分が出ているではないか。「建物と地域を守る″ランドマーク・ドクター〟」・・・。今のところは、「私自身を見守ってもらいたんよ!」と記事を見て思った。あーあ、あの活き活きしていた取材時に戻りたいと思う反面、記事と相反する今の自身を見て「未来を見据えて、もっと頑張ろう!」と、ちょうど1ヵ月前の己自身からのメッセージでパワーをもらった自宅療養期間(六日目)となった。

    いち早く外に出て光合成をしたいと思う今日この頃・・・。そんな欲求をグッと堪えて、いつもと変わらぬルーティンをこなし、木曜日の筋トレ部位である背中を虐め倒して、今日も早い就寝を迎えた。自宅療養期間も残す四日間。門屋組にとって期の終わりと期の始まりのちょうど境目に位置するが、なおも謙虚に、さらに誠実に、様々な方々への感謝を忘れず自宅療養期間を最後まで全うするぜ。

     


    『愛媛新聞5面』

    創業110年の節目を機会に、次の10年指針として同じく2030年をゴールとするSDGsを取り入れて、確かな一歩を踏み出した門屋組。取材時は、まさかこんなことになるとは想像もしていなかったが、今はTシャツ&パンツ一枚で自室に引き籠っている。あの活き活きしていた頃に戻りたいぜ。ただ一つだけ言えることは、たった一人の力は大したことないが、みんなで力を合わせると今の混沌とした世の中も日本も世界も変わると言うこと。ウダウダ言う前に、何か熱意ある行動を起こそうぜ。


    『朝食タイム』

    自宅療養期間の楽しみと言っても過言ではない食事。これがすべてのエネルギーとなり、筋肉となり、明日への活力となる。いつも用意してくれる妻に感謝なのだ。かなり質素に見えるが、栄養はそーとーなもんだぜ。


    『昼食タイム』

    今日の昼飯は隣のお母ちゃんがモスバーガーを買ってきてくれたぜ。チキンをレタスで巻いたモスの菜摘(なつみ)と、サラダをチョイスした私・・・。さらにもうプラスワンでお馴染みのサラダチキンスティックを食べた。うまし。


    『小池ペーパー先輩からの差し入れ』

    昼食タイムが終了し、暫く横になっていたら一本の電話が鳴った。小池ペーパー先輩からで、「どーぜー?、体調の方は?」との事だった。それから数分後、自宅にまで各種のケーキ&伊予柑ゼリー、さらにはゴルフ雑誌各種の差し入れをいただいた。どんよりした門屋家の空気を一気に明るくしてもらった。先輩、ありがとうございます。


    『ガースーGROUPから送られてきた生物』

    差し入れが入った頃、ガースーGROUPからもインスタを通じて一匹の生物の写真が送られてきた。コレはみのむし。昔はアホみたいに上からぶら下っていたが、最近では数が少なくなってきているレア生物。中身の様子はわからないが、どうやらどっかから引っ張ってきた模様・・・。レア生物、ゲットだぜ。


    『木曜日は背中の日』

    木曜日の筋トレメニューは背中。今日はとことん背中を虐めまくった。どんな扉にも直ぐに取り付けられる懸垂マシーン「どこでもマッチョ」を使って、まずはワイドチンニングを25×3セットをやった。うーん、今日はかなり効いたぜ。


    『夕食タイム』

    今日の夕食もPFCバランスの整った最高の夕飯だった。自宅療養期間(六日目)も、充実した一日だったぜ。明日も引き続き、よろしくお願いします。

  • 踏まれても踏まれても雑草のように力強く2022/07/01 0:25

    7月1日(金)、6月決算を迎え、本日より新たな期に移り、創業200年に向けて確かな一歩を踏み進んだ門屋組・・・。前期では、共感した仲間たちと一丸となって行動を起こし、業種間関係なくwithコロナ&Afterコロナの中でもお互いにwinwinとなれる関係性を築いていくことを想い行動した。が、しかし、そんなwithコロナに向けた行動が少々強過ぎたのか、私自身が新型コロナに罹患し、今、まさしく自宅療養期間の真っ只中である。期跨ぎの中において、それがあったからと下を向いていてもはじまらない・・・。これから待ち受ける様々な物語を体感・体験していく上でも、母からの言葉である「踏まれても踏まれても雑草のように強く生きる」ことを念頭に、本気・本音の全社一丸となって門屋組の歴史を築いていけることを楽しみにしている。

    社訓である「満足していただこう。」「信頼していただこう。」「感動していただこう。」を念頭に、本気・本音の全社一丸・現場一丸を目指して、地域に役立ち、必要とされる建設業となるべく、地図に歴史に人の心に留まる建物に多く携わるとともに、末永く見守り続けていけるよう日々邁進していきましょう。いつも大変お世話になっている地域をはじめ、いつも大変お世話になっているお施主様、これからお世話になるお施主様をはじめ門屋組スタッフ&家族並びにマルトメ協力会社の皆様、創業112年を迎えた門屋組を今後ともよろしくお願い致します。俺は踏まれても踏まれても何度でも立ち上がる!!!

  • 6月30日の誕生日2022/06/30 0:18

    本日、6月30日(木)は芝君の誕生日であります。おめでとうございます。2022年4月に門屋組に入社をした芝君・・・。4月の時(←その時の様子はこちら)も発信したが、柴君は私の母校である百錬鉄魂溢れる松山工業高等学校からの入社である。また芝君におかれては、入社前の前年に高校生時にインターンシップで門屋組を一度体験もしている。インターンシップから本チャンの入社と、門屋組にとっても非常に嬉しい行動に心躍らしている私・・・。私自身、インターンシップ時から見えていた目をキラキラ輝かせる芝君の向上心に大きく期待しています。今日が芝君にとって、幸せな一日となりますことを切に願っております。本日は誠におめでとうございます。

    「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
    ※芝君の1年間貫き通す漢字一文字理念は、『学』でございます。
    2022年4月入社以来に「学」の一文字を理念文字とした芝君には、諸先輩を見習って、一から学んで成長できるよう頑張っていただきたいと思います。自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「学」という文字を常に念頭に入れて、建築という仕事を誇りに感じてください。

  • 起工式(フジ古川椿店)2022/06/29 14:54


    『修祓の儀』

    6月29日(水)、フジ古川椿店新築工事の起工式を執り行った。過去最も早い梅雨明けとなった四国地方・・・。最も短い期間の梅雨明けに水不足も深刻化する今日この頃・・・。超猛暑に見舞われた本日だが、マル留法被を身に纏った設営隊によって起工式の設営が成され、その後、本工事に関わるすべての皆様がお集まりの中、神事は速やかに執り行われたのであった・・・。

    神事は、工事の安全をお祈りする祝詞奏上、お施主様が執り行う忌鍬(いみくわ)、そして神職様による鎮め物埋納の儀からの施工者による忌鋤(いみすき)が執り行われていく・・・。結びに、一人ひとりが玉串(たまぐし)を奉奠(ほうてん)し、2礼2拍手1礼にて安全を祈願をする・・・。最後に神職様の乾杯の音頭により、工事に関わる全ての皆様と共に、工事の安全とご健康とご多幸を祈念してポンジュース拝戴を執り行った・・・。こうして、フジ古川椿店新築工事の起工式を滞りなく執り修めることができたのであった・・・。

    本日は、フジ古川椿店新築工事の起工式を滞りなく執り修めることができましたこと、誠におめでとうございます。心からお慶びを申し上げます。私自身が新型コロナ自宅療養期間中ということで、急遽出席が叶わずご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。これから、株式会社髙橋建築事務所様の設計監理の下、安全衛生・品質管理を徹底して、綿密な協力態勢で取り組んでいく所存です。お施主様へ満足と感動していただける建物が提供できるように、現場一丸となって施工に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

    P.S.:起工式の設営班の皆さん、非常に暑い中、今日の設営の段取り、大変ご苦労様でした。皆さんのおかげで、段取りよく起工式を執り行うことができました。ありがとうございます。近隣地域の皆様への配慮の下に安全・衛生・品質管理の徹底のほど、よろしくお願い致します。

     


    『ポンジュース拝戴』

    伊豫豆比古命神社神職様より心温かなお言葉を賜り、工事に関わる全ての皆様と共に、工事の安全を祈念してポンジュース拝戴を執り行った・・・。これから、株式会社髙橋建築事務所様の設計監理の下、安全衛生・品質管理を徹底して、綿密な協力態勢で取り組んでいく所存です。お施主様へ満足と感動していただける建物が提供できるように、現場一丸となって施工に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

  • 6月度店社安全パトロール2022/06/28 15:23


    『道後山の手ホテル はなれ新築工事』

    6月28日(火)、6月度店社安全パトロールを実施した。本日のパトロール員は佐伯さんの1名。そしてパトロール現場は、道後山の手ホテル はなれ新築工事、重要文化財道後温泉本館神の湯ほか3棟保存修理その他工事、(仮称)レーベン松山三番町4丁目新築工事の3現場をパトロールした。佐伯さんのパトロール報告により振り返ってみたいと思う・・・。

    最初にパトロールした道後山の手ホテル はなれ新築工事の現場では、大工工事及び足場組立工事が行われていた。現在、現場はぬかるみが激しいですが、通路上にブルーシートや建物入り口に泥除けマットを敷く等、泥の持ち込みを最大限に防ぐ対策が講じられていた。今後ともより良い現場を目指して快適職場環境の形成をよろしくお願いします。

    次にパトロールした重要文化財道後温泉本館神の湯ほか3棟保存修理その他工事の現場では、大工工事及び屋根工事が行われていた。作業床と安全通路の確保は良好で、墜落・転落の危険がある箇所についてもしっかり注意表示されていた。引き続いて長期になりますが、2手・3手・4手先の危険予知をよろしくお願いします。

    最後にパトロールした(仮称)レーベン松山三番町4丁目新築工事の現場では、内装仕上げ工事及び14階鉄筋工事が行われた。現場正面の敷地、整理整頓状況は良好で、型枠工事箇所、適所に立入禁止看板が掲示されて良好だった。また、分電盤の行き先標示についても確実に出来ていた。今後とも、更なる良き現場を目指して安全管理をよろしくお願いします。

    現場員の皆さん、日々の現場管理お疲れ様です。6月末決算の弊社にとって残すところ2日となりました。そんな中、不覚にも私自身が新型コロナに罹患してしまい、会社の長としてまったく説得力のない状況であります。私自身の感覚として、今、「コロナは身近なところどこにでも存在する」ということを感じていますが、正しく恐れながらwithコロナ社会に向けて感染対策を十分に気をつけてください。コロナは確実に隙をついてきます。熱中症対策を万全に、体調が優れない方、熱のある方、少しでも異変を感じた方は現場に入場しないようお願いします。本日もご安全に!!!

     


    『重要文化財道後温泉本館神の湯ほか3棟保存修理その他工事』

    重要文化財道後温泉本館神の湯ほか3棟保存修理その他工事の現場では、大工工事及び屋根工事が行われていた。作業床と安全通路の確保は良好で、墜落・転落の危険がある箇所についてもしっかり注意表示されていた。引き続いて長期になりますが、2手・3手・4手先の危険予知をよろしくお願いします。


    『(仮称)レーベン松山三番町4丁目新築工事』

    (仮称)レーベン松山三番町4丁目新築工事の現場では、内装仕上げ工事及び14階鉄筋工事が行われた。現場正面の敷地、整理整頓状況は良好で、型枠工事箇所、適所に立入禁止看板が掲示されて良好だった。また、分電盤の行き先標示についても確実に出来ていた。今後とも、更なる良き現場を目指して安全管理をよろしくお願いします。