• 5月度店社安全パトロール2020/05/28 16:43


    『重要文化財道後温泉本館神の湯ほか3棟保存修理その他工事』

    5月28日(木)、本来ならば毎月の最終週の8の付く日はマルトメ安全パトロールとし、協力会社の皆さんにも参加していただきながら安全パトロールを実施していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止で中止としている。当面、マルトメ安全パトロールは実施しないのでご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。

    本日の安全パトロール員は佐伯さんの1名・・・。そして本日のパトロール現場は、重要文化財道後温泉本館神の湯ほか3棟保存修理その他工事、HIGASHINO HOUSE新築工事、東昇グループ本社棟新築工事の3現場をパトロールした。佐伯さんのパトロール報告により一日を振り返ってみたいと思う・・・。

    最初にパトロールした重要文化財道後温泉本館神の湯ほか3棟保存修理その他工事の現場では、屋根工事及び大工工事が行われていた。非常に暑い中ではあるが、感染拡大防止の検温とマスク着用がしっかりとできていた。これから感染拡大防止も必要ですが、マスク着用による熱中症対策も鑑みていかなければなりません。双方の事を視野に入れながら安全衛生管理をよろしくお願い致します。

    次にパトロールしたHIGASHINO HOUSE新築工事の現場では、内装工事及び外構工事が行われていた。先ほどの現場と同様に、マスク着用について問題はなかった。これから内部の工事をしていく上で、適切な昇降設備で不安全行動のないように施工を進めてください。

    最後にパトロールした東昇グループ本社棟新築工事の現場では、左官工事及び電気工事が行われていた。マスク着用と検温についても問題なかった。今回のパトロールでは指摘事項はなかったが、不安全行動の無きように日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

    現場員の皆さん、日々の現場管理お疲れ様です。緊急事態宣言解除している状況ですが、まだまだ油断できないコロナ禍であります。3密を避け、ソーシャルディスタンスが求められる中で門屋組感染防止マニュアルを実行していただいていることに感謝申し上げます。また、「松山&広島のお家でみんなもハッピー飲食店支援のテイクアウト」にもご協力いただいていることに重ねて御礼申し上げます。これからも引き続いて、本気・本音の全社一丸となって感染拡大防止と経済支援活動を行っていきましょう。現場入場される協力会社の皆様におかれましては、猛暑で熱中症予防もしていく中ではありますが、引き続き新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにも、「自分は大丈夫だ!」や「マスクはいらん!」という過信を捨てて、これまで当たり前だった行動を見直して、こまめな手洗い・うがい・除菌はもちろんのこと、人と人との接触を避けるようよろしくお願い致します。本日もご安全に!!!

     


    『HIGASHINO HOUSE新築工事』

    HIGASHINO HOUSE新築工事の現場では、内装工事及び外構工事が行われていた。先ほどの現場と同様に、マスク着用について問題はなかった。これから内部の工事をしていく上で、適切な昇降設備で不安全行動のないように施工を進めてください。


    『東昇グループ本社棟新築工事』

    東昇グループ本社棟新築工事の現場では、左官工事及び電気工事が行われていた。マスク着用と検温についても問題なかった。今回のパトロールでは指摘事項はなかったが、不安全行動の無きように日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

  • 社内検査(多目的屋内運動場)2020/05/28 13:59


    『多目的屋内運動場(デポルテ)外観』

    5月28日(木)、学校法人聖カタリナ学園 聖カタリナ大学・聖カタリナ大学短期大学部 多目的屋内運動場(デポルテ)新築工事の現場にて、社内検査が実施された。光宗所長によるリーダーシップの下、外壁・電気の協力会社の皆さんと共に社内検査を行った・・・。

    社内検査、大変お疲れ様でした。北条の地にて、未来ある子どもたちがたくましく成長し、雨天に左右されることのないスポーツレベルを向上させる建物が完成します。コロナ禍で大変な時期ではありますが、最終最後まで気を抜くことなく現場一丸となって推進していきましょう。

    P.S.:水野副社長、篠浦専務、丹生さん、社内検査大変お疲れ様でした。


    『社内検査状況』

    光宗所長によるリーダーシップの下、外壁・電気の協力会社の皆さんと共に、外観をはじめ屋内各所(ネットの接合部・開口部)の検査、さらには外構等の社内検査を行った。

  • 世界地図に印された軌跡を見て思う2020/05/28 6:45


    『社長室に貼られた世界地図』

    以前にも紹介(←その時の様子はこちら)した株式会社世界地図からいただいた社長室に貼られた世界地図の事・・・。自身が社会人となって、これまで渡航した場所へ押ピンを突刺し、飛んで歩んできた世界の軌跡として残している。特に青年会議所では、決して忘れることができない幾多の物語を経験させてもらった。これまで飛んで歩んできたのは30ヵ国である。

    2020年1月に訪れた愛媛県商工会議所連合会 タイ海外経済視察(←その時の様子はこちら)を皮切りに、シンガポール→ベトナム→韓国→ロシア→台湾と世界へと飛び立つ予定だったが、新型コロナウイルスのせいですべて中止となってしまった。本来であれば今頃、5月末には2班に分けて門屋組創業110周年記念旅行として、台湾旅行の真っ最中だったのに・・・。そんなことを思いながら自席から眺める世界地図を見て、コロナ終息後には必ずや仲間たちと共に、新軌跡地を求めて夢旅を実現させようと強く思ったのであった。

  • コロナ禍のツバメたち(門屋組駐車場の巻)2020/05/22 6:45


    『新たに造られたツバメの巣2個』

    昨年に巣立っていったツバメたちだと思うが、門屋組の駐車場に戻ってきていた・・・。この時期、門屋組の駐車場はツバメの巣だらけになるのだ。いつもなら巣をそのままにしており、戻ってきたツバメたちは巣に掛かる労力と経費削減していたのだが、今年に関して設計施工で一からすべて造った模様・・・。解体されてしまった過去の巣跡が生々しい。

    親ツバメたちが何度も何度も子どもたちの餌を求めて巣から出ていく姿に、「人間社会と何ら変わらんな」とふと思った私・・・。ツバメの糞対策を行うことが必須だが、コロナ禍で大変な人間界と同様にツバメ界においても未来ある子どもたちを大きく羽ばたかせてほしいと強く願った・・・。頑張れ、ツバメの親子たちよ!!!

     


    『過去のツバメの巣痕』

    天井&梁のコンクリートにびっしり残っている過去のツバメの巣跡・・・。一つひとつに歴史を感じる。門屋組の経営理念である「地図に歴史に人の心に留まる建物を見守り続けます」→「梁に天井に門屋組に留まるツバメの巣を見守り続けます」をふと連想したのであった。

  • 心温まる表彰状(松山商工会議所)2020/05/20 6:46


    『心温まる表彰状(創業記念+永年勤続)』

    令和2年5月12日付で、松山商工会議所より会員創業記念表彰並びに永年勤続表彰の心温まる感謝状をいただいた。コロナ禍でこれまで通りの「会員大会」が開催できない中ではあったが、本表彰のおかげさまで2020年1月10日付で創業110周年を迎えられた記憶が呼び覚まされた。また産業優良従業員表彰においては、特別表彰として41年勤続の門屋組 総務部(今井 裕子)、10年以上15年未満勤続で門屋組 メンテナンス事業部 統括(林 寿和)が表彰された。コロナとの闘いはまだまだ続くが、感染拡大防止を努める中でも決して絶やしてはいけない地域経済活動を門屋組一同、本気・本音の全社一丸となって邁進していくことをここに誓う。

    P.S.:心温まる表彰状を賜り、心から感謝申し上げます。