• 年を跨いでも居座る変なおっさん2022/01/22 6:23


    『ベッドの後ろの棚に座る変なおっさん』

    昨年の12月中旬(←居座った日はこちら)から存在する私のベッドの後ろの棚に座る変なおっさん・・・。丑の年から寅の年へと年を跨いでも未だに居座り続けている。よく見てみると、変なおっさんもあれから進化していて、三女作による被り物が作製されていた。三女の頭の中の発想がよくわからんが、どうやら恐竜の被り物らしい・・・。令和4年に突入し、現在は私の部屋の守り神としていつまでもどこまでも居座り続ける三女作の変なおっさんなのであった。

    P.S.:やっぱり気持ちわるす!!!

     


    『最近、愛らしくなってきた』

    朝目覚めると後ろに存在するのがギョッとするが、実は最近愛らしくなってきている変なおっさん・・・。俺の守り神となってくれるのか・・・。否か。

  • 長女からの手紙と贈り物2022/01/19 6:23


    『パパへと書かれた手紙とタオル』

    つい先日の事、いつものルーティンでゴルフから帰宅して、筋トレして、風呂に入って、夕食を食べて、寝床に入ってYouTubeを見ている時、ドスドスドスと私の寝床につながる階段を駆け上がってきた長女から、「ありがとう!」の一言と共にKUSUのタオルと手紙をもらった。事前に妻から道後商店街に三姉妹で贈り物を購入しに行ったと聞いていたが、「急にどしたんぞ!」と演技しながら知らないふりをして受け取った私・・・。最近、反抗期気味だった長女からの贈り物は私の意識を大きく高めてくれた。中学受験を終えて、最高潮に高まった緊張感が一気に抜けて少しだけしおらしくなった模様・・・。「筋トレで汗をかいたのを拭いて頂戴!」と、私の生活習慣を理解してくれた長女からの心のこもった贈り物でした。

    P.S.:中学受験、よー頑張ったな!!!

  • 久方ぶりに揃った従妹同士2022/01/12 6:23


    『大きくなりました』

    創業日である門屋組112周年(イ・イ・ね)の1月10日の成人の日に、3年半年ぶり(←3年半年前の様子はこちら)に実家に揃った従妹同士・・・。コロナ禍ではあるが、中学受験という機会の中で集い合うことができた。3年半年ぶりとの事で、あの頃とは打って変わって身長は伸び、知恵も付き、各々が刺激的な物語を築き合ってきた。再会した瞬間は一瞬の戸惑いがあったものの、瞬時に打ち解け合ってお互いがお互いを尊重し合う場面も見られた。コロナ禍が続くが、コロナの事を気にすることなく、お互いの感情を出し合って、従妹同士が元気に遊んでくれることを切に祈っている。

    従妹同士5名+ハムスター2匹が、ほんの一瞬だったが笑顔になった。

  • 1月2日の同級会2022/01/03 6:23


    『相集った道中の会』

    1月2日(日)、前日の元旦同級生親睦麻雀会から数時間後、かどや大街道店にて、2年ぶり(←2年前の様子はこちら)となる恒例の1月2日の道中同級会が開催された。完全なる男だらけの同級会・・・。2年ぶりとなっても、やはり話はあの時、あの一瞬の話で持ち切りとなる。今では言えない話、実はあの娘の事が・・・、家族の事、お歯黒の事、英語の話、筋トレの事、経済の事、病院の事、5年ぶりのたばこの事、散髪の事情、道後の事、趣味の事、GOTOトラベルの事など、童心に帰ってハシャギまくったのであった。来年の1月2日もやるから、道中のみんなはいつでも参加して頂戴ね。今年もよろしくお願い致します。

    P.S.:宮岡君、いつもながら今日の段取りをありがとうございました。いつもながら、あなたの活躍に心から感謝しています。来年も引き続きよろしくお願い致します。

  • 「革」を意識した2022年の元旦2022/01/02 6:14


    『書初めの宿題に没頭する三姉妹』

    1月1日(土)元旦、新しい年(寅)が幕を開けた。明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。今日からの365日を「革」という一文字からなる変革や革新を旨に、強い心で人生の物語を推し進めていきたいと思う。そんな「革」から幕を開ける2022年は、昨年とは少し違った流れからはじまった。2月1日からスタートさせる英語コーチングの受講を前に、スマホのアプリで学べる英語を朝一から行った。この行動には、自身も思わずビックリした次第である。

    中学レベルの英単語のラーニングを終えた後、次に行ったのはここ3年間のルーティン化されている神棚への神饌(お供え物)の取替(←昨年の元旦の様子はこちら)を行った。せっせとお供え物の取替行っている最中、我が家の居間では三姉妹が宿題の書初めを没頭している姿があった。それぞれに自信ある作品に仕上がった模様・・・。それから家族で、隣の実家に顔を出し、仏壇に向かってご先祖様への新年ご挨拶を行った。もちろん、二匹のキャッツたちも元気そうにしていた。

    午後からは届いていた年賀状を確認(←結構住所が変わっていた)するとともに、休みだろうが祝日だろうが関係なく熟している土曜日の種目(引く動作の筋トレ)とゴルフの練習で汗を流した後、昨年コロナ禍で実現できなかった(←2年前の様子はこちら)同級生たちとの親睦麻雀会で楽しんで2022年元旦をフィニッシュした。コロナで止まっていたすべての物語が動き出し、平和でガハハと笑顔と笑い広がる素晴らしい年がはじまりますように・・・。

    P.S.:おじいちゃん・おばあちゃん、お姉ちゃんたち、三姉妹に対して今年もお年玉をいただき、ありがとうございました。もらったお年玉は、将来何か人の役に立つことに使ってもらえることを願っとるよ。←さっそく、ペットが買いたいとぼやきよるがの・・・。

     


    『同級生、厄払い麻雀会の巻』

    キスケJAOでの同級生の麻雀の集い・・・。写真撮影は宮岡君でした。2022年、それぞれが決意した物語が動き出す。大いに笑った麻雀会でした。あつし、いつもすまんのー。