• 新型コロナ自宅療養期間(九日目)2022/07/04 6:14


    『朝一の熱は36.6度、血中酸素飽和度は97』

    7月3日(日)、新型コロナ自宅療養期間(九日目)に突入した。やっとここまで辿り着いた。隔離生活も残すところあと1日である。とりあえず、今日も恒例となっている朝一の体温を測っていきたいと思う。体温は昨日と同様の36.6度、そして血中酸素飽和度はひとつ上がって97だった。バイキンマンからの脱皮の日は近い・・・。すこぶる調子の良い日曜日が迎えれる気がした。

    隔離生活残すところ1日となったものの、家庭では壮絶な9日間を過ごしていた。自身の心境や想いは「てるひこブログ」で振り返ってもらうとして、濃厚接触者だった家族の事である。私の行動を振り返ってみると、やはり一番最強の濃厚接触者は妻。隔離生活(四日目)に、いつもと違う介護環境と強い思い込みで微熱が発動してかなり動揺したものの、病院の抗原検査は陰性、そして次の日にはすっかり平熱になってくれた。結婚生活でトップ3に入るほど自身もかなりビビった。妻にはストレスの溜まる思いをさせてしまった。続いて長女においても、大好きな中学校や塾に行くことができずにオンライン授業の毎日で、大事を見て私と同じく引きこもり族に徹して9日間ほぼ部屋で過ごす羽目に。結びのツインズにおいても、濃厚接触者につき学校や塾に行けず、この9日間暇を持て余していたようだ。このように自宅療養においては、自身の体調よりも家族のすべてが制限されることの方が心が痛い。どうやら、濃厚接触者は今日からが解禁日のようで、妻が娘たちをどこかへ連れて行った模様・・・。その様子を聞いて、痛んだ私の心が少し修復してくれた。

    自宅療養期間も残すところ1日となるが、7月5日からおもいきってスタートできるよう身支度するとともに、不憫な思いをさせた家族に何かお返しをしてやろうと思いふけたのであった。

    P.S.:もう少しや。

     


    『朝食タイム』

    いつもの質素な朝食タイム。減量期の私にとって最高の食材。今日の納豆は大根おろし味だった。うまし。


    『今日の筋トレ』

    1週間を締め括る日曜日の筋トレは休養。が、しかし、居てもたっても居られなかったので、朝食後に腹筋ローラーとなわとび30分で自宅療養期間の筋トレ結びとした。いい感じで脂肪燃焼ができた。


    『昼食タイム』

    今日の昼食もほぼブロッコリーがメインとなるような食事。ブロッコリーにはカレー塩をかけていただく。コレが美味なんよ。


    『夕食タイム』

    自宅療養期間(九日目)を締め括る夕食タイム。カロリー的にもP(タンパク質)・F(脂質)・C(炭水化物)バランスも整った夕食に感謝。いつもありがとう。

  • 新型コロナ自宅療養期間(八日目)2022/07/03 6:18


    『朝一の熱は36.6度、血中酸素飽和度は96』

    7月2日(土)、新型コロナ自宅療養期間(八日目)に突入した。もう流石に、通常通りに戻ったと思われるが、あと2日間引き続き自宅療養に専念したいと思う。体温はいつも通りの36.6度、そして血中酸素飽和度は96だった。喉の調子も良好で、少し痰が絡む程度。咳も殆ど出ることがなくなった。そんな中、未だ我が家では私の立ち位置はバイキンマン・・・。疎外感が半端ない。隔離期間の10日間は長すぎるし、いち早くコロナを5類相当に引き下げてもらわんとあかんと思った今日この頃・・・。毎日経過観察で連絡してくれている病院の先生である同級生のと〇にも、「早くどうにかならんもんかいな~?」と甘えながらもぼやきを伝えた。毎日毎日頭が下がるわい。いつも本当にすまんな。

    昨日、7日間伸ばしまくっていた汚いゲーヒーに別れを告げた。「ブーン、ブーン」と洗面所でシェイバーの音をさせていると、妻からLINEが入った。「髭剃りよる?」「引きこもり中、伸ばしとけば良かったのに」「解禁前夜前に断髭式して欲しかった!」との事。どうやら、シャバ復帰前夜にみんなに髭を剃らせたかったようだ。「まだまだ俺のゲーヒーレベルでは、みんなを満足させれんのよ!」とツルツルになった写真を送った。それを見た三女から、「ちょっと変」との返信があり、「なら俺はどーしたらええんぞ」と心の中で思った。

    自宅療養期間も残すところ2日となるが、7月5日からおもいきってスタートできるよう、心身ともに鍛えまくってやるぜ。

     


    『朝食タイム』

    今日はいつものタケノコとは違い、ハチクが添えられていた。シャキシャキして食物繊維もバッチリよ。今日の朝一もプロテインからのこれらの食材で体に良き栄養を送り込むことができた。


    『ゲーヒー全剃り完了』

    7日間伸ばしまくっていた汚いゲーヒーに別れを告げた。この顔見て三女から「ちょっと変」との返信があった。一体、俺はどーしたらええんぞ。


    『7日間分の薬が終了』

    毎食後に服用する喉の痛みや風邪の症状を軽減するトランサミン250mgが今日の朝を持って終了した。7日間、ありがとうございました。おかげで、すこぶる良くなりました。


    『昼食タイム』

    昼食にもハチクが添えられたチャーハン。そして、毎度のブロッコリーにトマトにトリムネ。わさび味の納豆とタラも添えられた。


    『隣人からの心温まる贈り物』

    自宅療養期間中ということで、隣人から心温まるルーカスおばさんの手作り焼プリンをもらった。家族も大喜びだった。りょう君、お心遣いに感謝です。ありがとう。


    『夕食タイム』

    今日の主なタンパク源は肉のハラミ。超、久しぶりの肉だ。また、ニンニクマンが生産する四国カルスト高原にんにくが届き、にんにくをレンジでチンするごま油風のにんにく焼き。かなりのパワーがついたぜ。ありがとよ、ニンニクマン。

  • 新型コロナ自宅療養期間(七日目)2022/07/02 6:15


    『朝一の熱は36.4度、血中酸素飽和度は97』

    7月1日(金)、新型コロナ自宅療養期間(七日目)に突入した。昨日から今日に掛けて、変化したところをお伝えしよう。体温は平熱の36.4度、そして血中酸素飽和度は97だった。インフルエンザの時もそうだが、発症して1週間も経つとケロっとしているのが常識。もうそろそろ暴走モードからノーマルモードに落ち着いたと思われる。喉の調子も良好で、咳の数もほとんど見られなくなった。体内に存在するコロナウイルスもほぼ殲滅してくれた模様・・・。白血球をはじめ様々な血液細胞たちが頑張ってくれたようだ。本当にありがとう。

    昨日の愛媛新聞の記事を見たゴルフをこよなく愛する友人から、「今日も愛媛新聞賑やかしてたね」とLINEが入った。しばらく言葉のラリーがあった後、1日違いだが現在の私とまったく同じ状況の真っ黒い方から汚い写真が送られてきた。髭ボーボーの写真だ。「コレはいかん!」と思った私も即座に髭の写メを撮って送った。実はコロナ発症してから7日間、髭を一度も剃ってなかった私・・・。普段伸ばすことがないので、人と接触しないこの機会に髭を伸ばして、驚かせてやろうと企んでいた。が、しかし、真っ黒い方との写メを見比べて一目瞭然、ゲーヒーレベルがまったく違っていたのだ。内心「チキショー」と思う反面、「汚な!」と思った今日この頃。結果、コロナ罹患した者同士あるあるとして、「自宅療養期間中は髭を伸ばす!」というのがあるあるとして認定された。

    月が変わり新たな期がはじまった。自宅療養期間も残すところ3日となるが、停滞していた時間を取り戻すべく、復帰後に強力なスタートダッシュできるよう今のリード期間を温めまくるぜ。

     


    『ゲーヒーレベルの違いに驚愕』

    自宅療養期間中に伸ばしまくった髭を自慢してやろうと、剃らずにずっと残してきた私・・・。が、しかし、ある一本のLINEから判明した驚愕な事実。ゲーヒーレベルの違いに圧倒され、明日にも髭を剃っとこうと恥ずかしながら思った私・・・。レベルが違い過ぎるぜ。


    『朝食タイム』

    少し少ない気もするが、自宅療養期間中を減量期としている上、これぐらいがベスト。いい感じでタンパク質の摂取ができた。


    『昼食タイム』

    少し量が多かった昼食。自身は米一粒も残したくない派なんだが、この紙器へご飯を入れると米が紙にかなり頑固にくっついてしまう。二三日前まで知らずに割りばしでゴリゴリと米をかすめとっていたのだが、「なんか変な味がする」と思い割りばしの先を見てみると、紙も一緒にかすめとっていた模様・・・。今日からはこびり付いたライス君には大人しくしていてもらった。


    『夕食タイム』

    金曜日の筋トレメニューである肩を虐めまくった後、夕食タイムに突入した。減量期ということで、食事の量は少なめだが、イイ感じで腹が太ってくれた。自宅療養期間も残すところ3日だが、もう少しの辛抱で乗り切ってやるぜ。

  • 新型コロナ自宅療養期間(六日目)2022/07/01 6:13


    『朝一の熱は36.7度、血中酸素飽和度は96』

    6月30日(木)、新型コロナ自宅療養期間(六日目)に突入した。昨日から今日に掛けて、変化したところをお伝えしよう。体温は代謝が上がってきているのか少し高めの36.7度、そして血中酸素飽和度は96だった。今日の朝一も問題ない数値と言えよう。そしてついに、昨夜まで若干あった風邪の治りかけにある深いゴホッの咳がなくなったのだ。また喉の違和感も・・・。確実に全完治の方向へと向かっている。そんな朝一を迎えて何気なく愛媛新聞を見ていると、「あら不思議」5面に元気そうな自分が出ているではないか。「建物と地域を守る″ランドマーク・ドクター〟」・・・。今のところは、「私自身を見守ってもらいたんよ!」と記事を見て思った。あーあ、あの活き活きしていた取材時に戻りたいと思う反面、記事と相反する今の自身を見て「未来を見据えて、もっと頑張ろう!」と、ちょうど1ヵ月前の己自身からのメッセージでパワーをもらった自宅療養期間(六日目)となった。

    いち早く外に出て光合成をしたいと思う今日この頃・・・。そんな欲求をグッと堪えて、いつもと変わらぬルーティンをこなし、木曜日の筋トレ部位である背中を虐め倒して、今日も早い就寝を迎えた。自宅療養期間も残す四日間。門屋組にとって期の終わりと期の始まりのちょうど境目に位置するが、なおも謙虚に、さらに誠実に、様々な方々への感謝を忘れず自宅療養期間を最後まで全うするぜ。

     


    『愛媛新聞5面』

    創業110年の節目を機会に、次の10年指針として同じく2030年をゴールとするSDGsを取り入れて、確かな一歩を踏み出した門屋組。取材時は、まさかこんなことになるとは想像もしていなかったが、今はTシャツ&パンツ一枚で自室に引き籠っている。あの活き活きしていた頃に戻りたいぜ。ただ一つだけ言えることは、たった一人の力は大したことないが、みんなで力を合わせると今の混沌とした世の中も日本も世界も変わると言うこと。ウダウダ言う前に、何か熱意ある行動を起こそうぜ。


    『朝食タイム』

    自宅療養期間の楽しみと言っても過言ではない食事。これがすべてのエネルギーとなり、筋肉となり、明日への活力となる。いつも用意してくれる妻に感謝なのだ。かなり質素に見えるが、栄養はそーとーなもんだぜ。


    『昼食タイム』

    今日の昼飯は隣のお母ちゃんがモスバーガーを買ってきてくれたぜ。チキンをレタスで巻いたモスの菜摘(なつみ)と、サラダをチョイスした私・・・。さらにもうプラスワンでお馴染みのサラダチキンスティックを食べた。うまし。


    『小池ペーパー先輩からの差し入れ』

    昼食タイムが終了し、暫く横になっていたら一本の電話が鳴った。小池ペーパー先輩からで、「どーぜー?、体調の方は?」との事だった。それから数分後、自宅にまで各種のケーキ&伊予柑ゼリー、さらにはゴルフ雑誌各種の差し入れをいただいた。どんよりした門屋家の空気を一気に明るくしてもらった。先輩、ありがとうございます。


    『ガースーGROUPから送られてきた生物』

    差し入れが入った頃、ガースーGROUPからもインスタを通じて一匹の生物の写真が送られてきた。コレはみのむし。昔はアホみたいに上からぶら下っていたが、最近では数が少なくなってきているレア生物。中身の様子はわからないが、どうやらどっかから引っ張ってきた模様・・・。レア生物、ゲットだぜ。


    『木曜日は背中の日』

    木曜日の筋トレメニューは背中。今日はとことん背中を虐めまくった。どんな扉にも直ぐに取り付けられる懸垂マシーン「どこでもマッチョ」を使って、まずはワイドチンニングを25×3セットをやった。うーん、今日はかなり効いたぜ。


    『夕食タイム』

    今日の夕食もPFCバランスの整った最高の夕飯だった。自宅療養期間(六日目)も、充実した一日だったぜ。明日も引き続き、よろしくお願いします。

  • 新型コロナ自宅療養期間(五日目)2022/06/30 6:23


    『朝一の熱は36.4度、血中酸素飽和度は98』

    6月29日(水)、新型コロナ自宅療養期間(五日目)に突入した。昨日から今日に掛けて、変化したところをお伝えしよう。体温は平熱の36.4度をマーク、そして血中酸素飽和度も98だった。今日の朝一も問題ない数値と言えよう。昨夜も家族の最後に風呂に入ることができたため、より快適な朝を迎えることができた。トイレに行った後には必ず行ううがいが効果があるのかないのか、喉もストレスなくスッキリとした感覚をキープ。残すは、風邪の治りかけに必ずくるゴッツイ痰の絡みのみとなった。時折来るゴホッゴホッと深い痰の絡んだ咳をする度に、妻からLINEで「今、咳しよった」と毎度通告がくる。隠し部屋ながら部屋から漏れる痰の絡んだ深いゴホッゴホッは、まだまだ隔離が必須なのだと強く再認識させられた。残す五日間で早く完治してもらいたいものだ。

    同じルーティンの毎日。いつもと殆ど変わらないが、外に出たり、人と話したり、ゴルフをしたりすることがどれだけ幸せタイムだったことかと実感する。朝起きて、ブログ&インスタ投稿して、英語学習して、トイレ行って、うがいして、体重測って、プロテイン飲んで、朝飯喰って、サプリメント飲んで、YouTube観て、昼飯喰って、ゴロゴロして、筋トレして、プロテイン飲んで、夕飯喰って、風呂入って、就寝と・・・。五日間、外出しないだけで時間の流れる体感速度が猛烈に早い事を知るとともに、外に出ることの大切さを身に染みて実感している。自宅療養期間も今日でちょうど折り返し地点、コロナ克服、完全完治に向けて、静かに謙虚に全うするぜ。

     


    『朝食タイム』

    朝食タイムに突入した。いつものサラダチキン&食物繊維たっぷりのエノキ&タケノコ&きくらげ、そしてネギみそ納豆が朝食メニュー。お父さんが買ってきてくれた水2リットル。サバイバルは一度もしたことがないが、水が生命維持するのに一番大事なのがよくわかる。これなしではこの生活は絶対できない。毎日水2リットル飲んでます。


    『昼食タイム』

    お母ちゃんが作ってくれたズッキーニの和え物も添えて、PFCバランスの整った筋肉飯となった。


    『水曜日の筋トレメニュー』

    基本、水曜日は休みの日に設定しているが、今日は腹筋を虐める腹筋ローラーと、30分ほどの有酸素運動(階段の上り下り)で汗を流した。イイ感じで筋肉が喜んでおります。


    『夕食タイム』

    一日を締め括る夕食タイムに突入した。若干、カロリーオーバー気味ではあるが、今日は有酸素運動も入れているのでそんなことは気にしない・・・。良質なタンパク質と炭水化物、そして食物繊維を摂取することができたのであった。自宅療養期間も今日でちょうど折り返し地点、コロナ克服、完全完治に向けて、静かに謙虚に全うするぜ。静かかどうかはわからんが・・・。