• 第63回全国大会松山大会でつながった来松者2022/12/06 6:28


    『八戸の暴走機関車挨拶』

    12月5日(月)、蛍にて、2014年度第63回全国大会松山大会でつながった同志たちをお迎えした。私自身、松山大会大会実行委員長として、みんなに支えられながら大会を運営したことを思い返す・・・。遡ること8年前のあの時(←あの時はこちら)・・・。当時、筆頭副議長として溢れんばかりのパワーを発揮してくれた、八戸の暴走機関車(石黒 一寿 先輩)を中心とする第1小会議メンバーの皆様。JCI八戸とJCI松山は、36年間友好青年会議所として今も尚つながっている。また、毎年必ず来松してくれる「感動した!」でお馴染みの小泉純一郎に激似のさいたまの最強ホームといえばこの方(里中 宗一郎 先輩)。さらには、俺と一緒に苦楽を共にした第65回全国大会広島大会大会実行委員長(沖本 賴政 君)。今日はお互いの成長を確かめ合うべく、全国大会の話をはじめビジネスの話、ゴルフの話、八戸の話、埼玉の話、広島の話、サッカーワールドカップの話、松山の話、未来を見据えた話をして、第63回全国大会松山大会でつながった者同士の絆を深め合うことができたのであった。

    P.S.:ようこそ、まっとったけん!!!ご来松、ありがとう。

     


    『2022年度卒業生への贈り物』

    石黒筆頭副議長を中心とする第1小会議より、JCI松山のノグチー&天地真理への花束並びにケーキが贈呈された。最高だぜ。


    『第63回→第64回→第65回の実行委員長の乾杯』

    第63回(松山)、第64回(八戸)、第65回(広島)の大会実行委員長同志の杯を上げた。良き機会に立ち会えたこと嬉しく思うよ。


    『日本を全力で応援』

    サッカーワールドカップの日本vsクロアチア戦を全力で応援した一行・・・。今宵は何もかも熱いぜ。ホントに、松山によー来てくれたな。またやろうぜ。

  • 2022年度松山JC歴代専務会2022/12/04 6:14


    『発起人代表挨拶』

    12月3日(土)、料理旅館 栴檀にて、2022年度松山JC歴代専務会が開催された。記念すべき第1回目の歴専会(←その時の様子はこちら)から、ちょうど1年の月日が流れた。私自身は2012年度ボースケ理事長の下、専務理事として汗を流した。今日は第2回目ということで、JCI松山 2022年度専務理事(塩出 祐貴 君)の呼び掛けの下、2009年度専務理事(正岡 尚起 先輩)~2023年度専務理事予定者(平田 丈治 君)までのJCI松山の運営の長が集結する。時には理事長の女房役、時には組織の縁の下の力持ち、時には組織の調整役という、専務理事をやった者にしかわからないあれやこれ、あの時のあれやこれが、栴檀の美味しい料理を囲みながら飛び交った。2022年度の締め括りに相応しく、塩出専務理事の1年間の労を労うとともに、平田専務理事予定者へと未来を託す第2回歴専会は、栴檀より情熱の輪が拡がっていったのであった。

    P.S.:塩出専務理事、1年間お疲れ様でした。12月31日まで気を抜くことなく走り切ってください。また平田専務理事予定者、1月1日よりスタートダッシュができるようにJCI松山の機運を高めてくれよな。

     


    『2010年度専務理事乾杯挨拶』

    2010年度専務理事(山本 修平 先輩)の乾杯の発声の下、専務理事の未来を見守り続けることを祈念した。シニアもよろしくね。


    『2022年度専務理事&2013年度専務理事予定者』

    2022年度の締め括りに相応しく、塩出専務理事の1年間の労を労うとともに、平田専務理事予定者へと未来を託す第2回歴専会は、栴檀より情熱の輪が拡がっていったのであった。


    『今日の専務』

    2009年度~2023年度までの専務理事が集結し、これからのJCI松山未来を守り抜くことを誓い合った。良き、仲間です。

  • 2022年度理事長・2023年度理事長予定者祝賀会2022/12/02 6:01


    『歴代理事長挨拶』

    12月1日(木)、明倫館にて、公益社団法人松山青年会議所 2022年度理事長(河野 公宏 君)並びに2023年度第理事長予定者(大川 正人 君)のお祝いをする連綿と受け継がれてきた伝統ある祝賀会が開催された。2022年度も残すところ1ヶ月を切ったが、次代を創る先駆者となるべく、100年経っても、“LOVEまつやま”の精神で運動を展開するJCI松山・・・。夢は大きく志高くをモットーに、誰もが必要とされるJCI松山の更なる発展・繁栄に向けて結束を固めていく歴代理事長による祝賀会は、明倫館からJAYCEEの輪が広がっていった・・・。

    本日は2022年度理事長・2023年度理事長予定者祝賀会のご開催、誠におめでとうございました。単年度制であるが故、先輩たちから連綿と受け継がれてきた良き伝統を守り続けていかなければならない青年会議所・・・。70周年という大きな節目を迎え、更なる10年に向けた道は拓かれました。これからも地域に根差した数々の事業が行われていきますが、コロナに負けることなく気概と覚悟ともって、受け継がれてきたイズムを継承しながら松山を活性の渦に導いてもらいたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

     


    『今宵の言葉の数々』

    70周年という大きな節目を迎え、更なる10年に向けた道は拓かれました。これからも地域に根差した数々の事業が行われていきますが、コロナに負けることなく気概と覚悟ともって、受け継がれてきたイズムを継承しながら松山を活性の渦に導いてもらいたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

  • 松山JCじゃがいもクラブ 理事長杯取切戦・じゃがいもクラブ会長杯・11月総会2022/11/18 7:39


    『競技前ミーティング』

    11月17日(木)、サンセットヒルズカントリークラブにて、松山JCじゃがいもクラブ 理事長取切戦・じゃがいもクラブ会長杯・11月総会が開催された。前回から3週間が経過し、いよいよ宮内じゃがいも長体制の集大成の時がやってきた。今日が2022年度結びのJAYCEEとの熱い闘いの場となる。1月~2月がコロナ禍で開催されなかったが、私自身、3月・4月(岡山遠征①)・5月6月8月・9月(香川・徳島遠征①)・10月秋季大会と、ほぼフル参加で充実した2022年度のじゃがいもクラブとなった。この1年を振り返ると、楽しかった思い出が走馬灯のように甦ってくる・・・。ドン・キホーテでの10〇じゃんけんや、ツルツル風呂場腕時計盗難事件もどき等・・・。そんな楽しい思い出を思い返しながら、カモノハシブリーダー会長をはじめ小池ペーパー先輩、石五郎先輩の愉快な仲間たちと共に、OUTコース&INコースに分かれての朝一ティーショットが放たれたのであった。果たして、本日の結果や如何に・・・。

    ハンディーキャップがほぼ同じ者同士の闘いとなる本日・・・。昨日のようなプレーでは到底やられてしまう。緊張感あふれる中、私のみ右ペラのファーストショットだったが、三人とも予想通りに良い位置に付けてきた。しかしながら、四人共狙う場所が違えど、パーオンで攻めてくるとともに、全員がパー発進という譲れない譲らない闘いの幕開けとなった。ここからは誰が先に集中力を切らすかがポイントとなる。自身は意外にも終日全集中でラウンドすることができた。そんな一進一退の攻防が続いた本日の私のスコアは、OUTコース44、INコース37の計81で27人中6位だった。そして、栄えある優勝に輝いたのはなんと7アンダーのサンエルホームで家建ててでお馴染みのミキティー先輩だった。優勝、おめでとうございます。こうして、締めのゴルフというのに終日不甲斐無いプレーの連続だった者、一度もメダルが取得できないヤキトリだった者、ヘビ王様に輝いた者、終日高笑いで愉快だった者に分かれた理事長取切戦・会長杯は、次年度に向けた良きJAYCEEゴルフとなったのであった。

    P.S.:今日は最高の日だったぜ。

     


    『今日も終日カモノハシで・・・』

    昨日に引き続いて、sarto Voceで購入したrough&swell(カモノハシ)を着用して今日のプレーに臨んだ私・・・。クラチャン石五郎先輩、小池ペーパー先輩、カモノハシブリーダー会長の愉快なJAYCEEで、2022年度を締め括る熱い闘いが繰り広げられた。今日はやったるぜ。


    『50㎝パットを外して戦意喪失』

    自身も昨日のラウンドで50㎝パットを外してしまったが、小池ペーパー先輩も同じやつをしてしまった。「グフフフ」と笑いを堪え切れない面々と、ズッコケて戦意喪失する小池ペーパー先輩・・・。これには新喜劇もビックリするズッコケぶりだった。はい、スリーパット。


    『11月総会』

    ゴルフプレー後、すし丸にて、11月総会が行われた。本総会において、満場一致でイトシン先輩が次年度の松山JCじゃがいもクラブの新会長となった。カモノハシブリーダー会長、1年間大変お疲れ様でした。そして、イトシン新会長、これからも830旋風を巻き起こすことを心より期待申し上げます。

  • 信頼を築けるJAYCEEとの親睦ゴルフ_第54弾2022/11/03 6:15


    『雨男vs私:GOGOバーvsYイマジョー』

    11月2日(水)、サンセットヒルズカントリークラブにて、信頼を築けるJAYCEEとの親睦ゴルフ_第54弾(←前回の様子はこちら)が行われた。1ヵ月前より、最近ゴルフが楽し過ぎてしょうがないGOGOバー君からの誘いがあり、「よっしゃ、じゃーやるか!」と、その後にも指名通知が発行された。一人目の刺客は、誕生日が7日違いの我がライバルである雨男マスクマンで、二人目の刺客は最近130点切りを果たし、ゴルフ発展途上中のYイマジョーである。今日の闘いの構成として、私vs雨男マスクマン、GOGOバーvsYイマジョーの一騎打ちとなる。今日が猛烈に暑すぎて、場違いな激厚ウェアを着てきてしまい、朝から調子が狂いまくりの中、INコース10番ホール(白)から闘いの火蓋が切って落とされたのであった。本日の結果や如何に!!!

    月曜日と火曜日に筋トレを頑張り過ぎたせいか、全身筋肉痛に悩まされていた私・・・。スタート時、雨男マスクマンからも「調子が悪いんよ!」とぼやきが入り、変な感じからスタートを迎えた。最近ゴルフが楽しくてしょうがないGOGOバー君の初手のショットは、少しペラ球ではあったが、なんと期待を裏切る210ヤードショット・・・。続く、Yイマジョーが放ったドライバーショットは、左の風の谷へと消えていった。「調子が悪いんよ!」と言っていた雨男マスクマンのボールは、変なところに当たっていたものの、そこそこの230ヤードショットが炸裂。そして最後に、全身筋肉痛の私のショットは、自分でもビックリするくらいのスーパーショットが炸裂した。一進一退の攻防が続いた本日の私のスコアは、OUTコース42、INコース39で計81だった。こうして、「2倍よ2倍!」から劇的な逆転劇を果たすことができた信頼を築けるJAYCEEの親睦ゴルフは、高笑いする者、悔しい者、再び練習に燃える者に分かれる素晴らしきゴルフとなったのであった。

    P.S.:また、やりましょう。雨男マスクマン、いつでもかかってきなさい。

     


    『9月月例優勝の盾と賞品』

    あの時以来にサンセットヒルズカントリークラブ(←その時の様子はこちら)に訪れた。今日はあの時以来として、9月月例杯の盾と賞品をいただいた。嬉しいっす。