• 日本JC2016年度議長・委員長 第2回親睦ゴルフ2022/12/18 6:05


    『ヒルトン東京で朝食タイム』

    12月17日(土)、昨夜の余韻が残る中、茨城県つくばみらい市の取手国際ゴルフ倶楽部にて、日本JC2016年度議長・委員長 第2回親睦ゴルフが行われた。昨夜、東山 新宿本店の同窓会後、それぞれ各々のグループに分かれて、かけがえのない時間を過ごした。あるグループは銀座へ、あるグループは赤坂見附へ、あるグループは歌舞伎町へと・・・。そんな楽しい夜から数時間後、筋肉飯となる朝食を食べて、一日お世話になったヒルトン東京に別れを告げて、グルド号に乗り込み、本日の闘いの場所となる茨城県の取手国際ゴルフ倶楽部へと向かった。ゴルフバッグを送る日付を間違えていたキョロ松カレクックの姿があったが、前回(←第1回目の様子はこちら)から2倍の10人に増えたJAYCEEのJYYCEEによるJAYCEEのための親睦ゴルフは、THE EASTのOUTコース1番ホール(白)から幕が開けたのであった。果たして、本日の結果や如何に・・・。

    重厚な松林に囲まれた取手国際ゴルフ倶楽部・・・。初手のドライバーショットから「コン、ガサガサ、カーン!」と、ヘビの洗礼を受けまくったファーストホール。マネジメントが必須の難関コースが続いた。時折、スコアボードの順位ボタンを押すと、一目瞭然に一人ひとりの順番が示されていく。鼻高々な者、酷な者、恥をかく者、絶対に負けたくない者と、あれから6年経っても同期議長・委員長同士の闘争心が漲ってくる。我がラウンドメンバーにおいても、私との一進一退の攻防が続く同級生のラードマン、淡々とラウンドを熟しながらもどこか闘争心とお小水が溢れているイッチー、村長という名の如く、すべての村長杯を取得した村長・・・。ゴルフを通じて、6年前には感じられなかったそれぞれの本質が見え隠れした。そんな本日の私のスコアは、OUTコース42、INコース44の86で、10人中幹事役となる6位(ニアピン賞×②)。そして、栄えある優勝に輝いたのは、総務グループ 共感デザイン構築会議 議長(岡部 栄一 君)だった。こうして、2016ということで、1と6の1位のベ~やん、6位の私が次回幹事役を仰せつかるとともに、これから年に2回は必ずゴルフをやろうと決意する議長・委員長親睦ゴルフとなったのであった。

    P.S.:べ~やん、優勝おめでとうございました。そして、お世話になった皆様、ありがとうございました。今年は大変お世話になりました。来年も引き続き、ガハハと笑える年にしていきましょう。アディオス!!!

     


    『前回から2倍の10人に増加』

    アカツカ審査のお膝元である取手国際ゴルフ倶楽部でプレーする機会を得た私たち・・・。前回のたった5人から10人に増えた。今日はそれぞれの小手調べということで、探り合いのゴルフの幕開けとなった。


    『栄えある優勝者』

    隠しホールに恵まれたのか、本人がすこぶる運がいいのかわからないが、44・46=90のスコアで見事優勝に輝いたベ~やん。第2回目の議長・委員長杯を制した。前回→今回と総務グループだった。ということで、1位のべ~やんと6位の私が次回幹事役となる。2023年5月10日は松山の地で、皆さんのお越しをまっとるけん!

    2016年度議長・委員長親睦ゴルフ
    第1回優勝者:一般社団法人長岡青年会議所 株式会社大石組(大石 慶太郎 氏)
    第2回優勝者:公益社団法人立川青年会議所 株式会社ヤマヲ(岡部 栄一 氏)


    『帰省の時・・・』

    表彰ミーティングが終了し、取手国際ゴルフ倶楽部を後にして、再びグルド号で羽田空港へと送ってもらう途中・・・。グルド号の中心に赤く光る謎のランプが点灯し、排煙がモクモクと出てきだした。かなりヤバそうな雰囲気である。


    『レッカー移動が余儀なくされた』

    謎の赤いランプの正体は水温警告灯である。オーバーヒート寸前の警告で、いつ止まってもおかしくない状態だった。ただならぬ状態に羽田空港を断念して新木場へと高速を降りた瞬間、グルド号は停車してしまった。ラードマンのナイス判断と言えよう。ここからお互いに別れ、私はタクシーで羽田空港へ、ラードマンはレッカー車待ちでグルド号の修理で2日間のクールはフィニッシュとなった。和尚様、迷惑かけて申し訳なかったな、愛車大切にしろよな。今度は松山の地でまっとるけん!

  • 日本JC2016年度議長・委員長同窓会_第3弾2022/12/17 6:01


    『グルド号に乗り込んで・・・』

    12月16日(金)、日本JC2016年度101筆頭議長であるおっ様(ラードマン)の呼び掛けにより、3年ぶり(←3年前の様子はこちら)となる日本JC2016年度議長・委員長同窓会_第3弾の機会を得た。コロナ禍でなかなか会えなかった私たち・・・。この3年間と言えば、私にとって身も心も英語力も大きな成長を図ることができた。JC現役時、肥えた痛風持ち、全国大会マニア、英語力ZEROという肩書で歩んできただけに、3年ぶりの仲間との再会は非常に楽しみでならない。そんなワクワク感が抑えられない中、東京の地を目指すべく、松山空港から羽田空港へ、羽田空港に迎えに来てくれたグルド号に乗り込んで一日お世話になるヒルトン東京でチェックイン後、本日の会食場となる個室和食 東山 新宿本店で刺激的な今宵の幕開けとなったのであった。明日の取手国際ゴルフ倶楽部の闘いへと続く・・・。

    P.S.:何年経ってもJAYCEEのつながりはいいもんですね。

     


    『東山 新宿本店で同窓会』

    3年ぶりの出会いに笑顔が尽きなかった私たち・・・。今回は101の筆頭議長(民間防衛力)のラードマンが設えたが、来年は202が段取りする運びとなる。今後の30年間が楽しみでならない・・・。次回も頼むぜ。


    『2次会は浦組の地域グループで・・・』

    東山 新宿本店を後にして、それぞれのグループで2次会を楽しんだ。我らが地域グループは、なんと我々の聖地(赤坂見附)に浦常任が駆けつけてくれた。なんかよー分からん店で、あーでもないこーでもない当時の話で盛り上がったのであった。地域グループの次回集い場所は、オスギの聖地の新潟っす。3月1日、楽しみやわい。明日へと続く・・・。

  • 松山青年3団体 発足10周年 懇親ゴルフコンペ並びに記念交流会2022/12/16 6:15


    『懇親ゴルフコンペ』

    12月15日(木)、エリエールゴルフクラブ松山にて、松山青年3団体 発足10周年 懇親ゴルフコンペ並びに記念交流会が開催された。今から11年前の2011年9月22日(←松山青年3団体の初回はこちら)を皮切りに、まつやまの活性化を図るため、これまで以上の青年経済人同士の連携(絆)を深めていくとともに、同じ目的・目標を持ち、青年経済人同士(YEG・JC・法人会)が手と手を取り合ってから10年の月日が流れた。また2012年度では、愛媛・松山から3団体の全国の日本の長が輩出された天の時・・・。開催スローガンの「全国に誇れる愛媛の絆~揺るがない哲学を信条に 明るい日本を我らが創る~」を掲げ、「青年経済団 交流フォーラム」(←その時の様子はこちら)を3団体が力を合わせて開催することができた。あれから10年の時が経ち、今日は当時の事を振り返りながら、また続く後輩たちへエールを送りながら、天気最高、気温激サム、笑顔最高の中で、INコース10番ホール(白)より懇親ゴルフコンペの幕が開けた。本日の結果や如何に・・・。

    初ホールをドライバー→アイアン→パターとイイ感じのスタートを切ることができた私・・・。「今日はやれそうな!」と思ったのも束の間、最大の落とし穴が名物の17番ロングホールで待ち受けていた。ツーオンを狙ったのが、本日すべての歯車が噛み合わなくなった。「欲は災いの元」とはこの事である。また、後半戦の5番ロングホールでも、OB→OBを叩き出し、2022年度の膿と厄をすべて排出することができた。超グダグダになってしまった本日の私のスコアは、OUTコース46、INコース48、合計94で9人中5位。そして、栄えある優勝に輝いたのは松山法人会青年部のシノPだった。こうして、松山青年3団体の懇親ゴルフコンペ後は、オールドイングランド山の手ホテルにて、新旧の引継ぎを感じさせる10周年を迎えることができたのであった。

    P.S.:運営いただいた皆様、誠にありがとうございました。

     


    『開催挨拶(松山法人会青年部)』

    オールドイングランド山の手ホテルにて、松山法人会青年部 第5代部会長(武村 秀行 氏)よりご挨拶を賜り、本会が輝かしく幕を開けた。


    『乾杯挨拶(松山商工会議所青年部)』

    乾杯を松山商工会議所青年部 第10代会長(兵頭 弘章 氏)よりご挨拶を賜り杯を上げた。


    『優勝者挨拶』

    今日の懇親ゴルフコンペの栄えある優勝者は、シノPだった。優勝の弁にて、更なる松山青年3団体の可能性が伝えられた。


    『浮田実行委員長挨拶』

    10年前の振り返りを語るとともに、これからの松山青年3団体の可能性が発せられた。第8回松山青年3団体実行委員会(記念植樹)(←その時の様子はこちら)の事が実行委員長から伝えられた。


    『現役メンバーの絆』

    あれから10年の時が経ち、現在の3団体の長が絆を確かめ合う杯を交わし合ったのであった。


    『2012年度長挨拶』

    2012年度の青年経済人同士(YEG・JC・法人会)で当時の想いを語り合った。


    『中締め挨拶(松山青年会議所)』

    本日の中締めを松山青年会議所 第58代理事長(井川 直樹 氏)より行われた。右肩上がりの3本締めで更なる飛躍を祈念した。


    『10周年を記念して・・・』

    松山青年3団体は、これからも全国に誇れる一青年経済人として、確かな一歩を踏み出していくのであった。本日は誠にありがとうございました。

  • 第19回MJC増益会ゴルフコンペ2022/12/12 6:12


    『腹パン大王シャバ復帰祝いコンペ』

    12月11日(日)、松山ゴルフ倶楽部にて、第19回MJC増益会ゴルフコンペが開催された。前回の闘い(←その時の様子はこちら)から5ヵ月が経過し、久しぶりの増益会を開催することができた。実は9月の敬老の日(←その時の様子はこちら)に増益会を遂行する予定だったが、台風14号接近と重なり、不要不急の外出を控える日となった。今日はそんな5ヵ月の解禁を得るとともに、身も心も喉もスッキリしてスッキリした表情を浮かべる腹パン大王のシャバ復帰祝いも兼ねたダーマス先輩プレゼンツの増益会ゴルフコンペは、2009年度~2015年度の歴代正副が相集い、INコース10番ホール(白)より幕が開けたのであった・・・。本日の結果や如何に!!!

    昨日の静岡ゴルフ遠征で使用した三浦技研パターを封印して、今日は私が最高スコア70点(←その時の様子はこちら)を叩き出した時のパターを使用した。暫く使用していなかった分、非常に座りがいいパター・・・。何となくスクエアに構えられているような気分になった。気分だけじゃなく、これまたポコポコとワンパットで入ってくれるではないか。しかも、「ここは決めろ~!」という場面ですべて決めてくれた。しかしながら、パットは良かったものの他が駄目駄目。OBガサガサをやる度に、前組の腹パン大王&クロマニヨン、同ラウンド者のダーマス先輩&シューヘイベイベーにクスクスと笑われた。そんな感情の起伏が激しい本日の私のスコアは、OUTコース46、INコース47の計93で順位が5人中ドベだった。そして、栄えある優勝に輝いたのは、19回目にして初優勝となる「リフォームでもっといい毎日。」が合言葉のクロマニヨン(47・49=96)だった。初優勝、おめでとうございます。こうして、自身のエースパターに再度会える機会を得ることができた増益会は、2022年度を締め括るに相応しいたった5人のゴルフコンペとなったのであった。

    P.S.:次回幹事は3位に輝いた腹パン大王・・・。そしてシャバ復帰もおめでとうございます。次回、2023年2月17日の段取りをよろしくお願いします。2022年度も大変お世話になりました。

     


    『栄えある初優勝に輝いた者』

    栄えある優勝に輝いたのは、19回目にして初優勝となる「リフォームでもっといい毎日。」が合言葉のクロマニヨン(47・49=96)だった。初優勝、おめでとうございます。

    【歴代優勝者】
    第1回優勝者:2013年度理事長(増田 大典 先輩)  奥道後ゴルフクラブ
    第2回優勝者:2009年度専務理事(正岡 尚起 先輩)奥道後ゴルフクラブ
    第3回優勝者:2009年度副理事長(小川 仁 先輩) 松山ゴルフ倶楽部
    第4回優勝者:2013年度理事長(増田 大典 先輩) エリエールゴルフクラブ松山
    第5回優勝者:2009年度専務理事(正岡 尚起 先輩)北条カントリー倶楽部
    第6回優勝者:2013年度理事長(増田 大典 先輩) 奥道後ゴルフクラブ

    第7回優勝者:2009年度専務理事(正岡 尚起 先輩) 松山ゴルフ倶楽部
    第8回優勝者:2015年度理事長(門屋 光彦) サンセットヒルズカントリークラブ
    第9回優勝者:2015年度理事長(門屋 光彦) 道後ゴルフ倶楽部
    第10回優勝者:2015年度理事長(門屋 光彦) 奥道後ゴルフクラブ
    第11回優勝者:2011年度副理事長(丸山 武 先輩)エリエールゴルフクラブ松山
    第12回優勝者:2013年度理事長(増田 大典 先輩) 奥道後ゴルフクラブ

    第13回優勝者:2014年度理事長(西村 直樹 君) サンセットヒルズカントリークラブ
    第14回優勝者:2013年度理事長(増田 大典 先輩) 奥道後ゴルフクラブ
    第15回優勝者:2013年度専務理事(松本 仁 先輩) 滝の宮カントリークラブ
    第16回優勝者:2015年度理事長(門屋 光彦) サンセットヒルズカントリークラブ
    第17回優勝者:2014年度理事長(西村 直樹 君) エリエールゴルフクラブ松山
    第18回優勝者:2015年度理事長(門屋 光彦) サンセットヒルズカントリークラブ

    第19回優勝者:2014年度専務理事(黒田 尚樹 先輩) 松山ゴルフ倶楽部

  • 一番町に全員集合パート11!「てるちゃん会」2022/12/07 6:13


    『寿司でつながる人と人・・・』

    12月6日(火)、本来ならば知る人ぞ知る道後の名店「松ちゃん」(←前回の様子はこちら)にて、「てるちゃん会」が開催される予定だが、今日は一番町に全員集合とのことで、K5先輩をはじめとする気心知れた愉快なJAYCEEが「鮨の間」に相集った。

    2022年度を締め括る忘年会も兼ねた「てるちゃん会」・・・。ほぼ連日連夜一緒の者もいる中、各々の各業種近況報告をはじめ会社運営の事、北海道ツアーの事山口ミッションの事沖縄ミッションの事、腹パンKINGの話、マウスの話、コロナの話、ゴルフの話、連携できそうな事、先を見据えた未来ある話等、多岐に渡る話で濃密な情報交換を行うとともに、美味しい寿司と日本酒で脳も体も心も満足できた「てるちゃん会」となったのであった。

    P.S.:K5先輩、いつもありがとうございます。てるちゃん会メンバーの皆様、2022年度も大変お世話になりました。引き続いて2023年度もよろしくお願い致します。またやりましょう。