• 全国商工会議所観光振興大会 2024 in 水戸(最終章)2024/02/24 6:13


    『ホテルチェックアウトの時・・・』

    2月23日(金)、全国商工会議所観光振興大会 2024 in 水戸(最終章)を迎えた。昨夜はホテルのネキにあるとあるバーで2次会を行い、ここでしか話せない話で盛り上がった。盛り上がり過ぎて時間を忘れ、思っていた時刻よりも長居をしてしまった私たち・・・。かけがえのない鎌倉ナイトで、大いに満喫することができた。飲みに話に意識を持っていかれ、鎌倉なのにホテルに温泉あるのに温泉入らずの中、一日お世話になったトーセイホテルココネ鎌倉に別れを告げて、わざわざ我々ゴルフ組のためにお見送りいただいた松山商工会議所並びにJTBの皆様にも別れを告げて、本日の闘いの場となる大厚木カントリークラブ本コースへと大型タクシーで向かった。6時にホテルを出発して1時間15分でクラブハウスに到着した。クラブハウスレストランで全員同じの和定食を食した後、南コース1番ホールより午年同士の闘いの火蓋が切って落とされたのであった。本日の結果や如何に・・・。

    季節感のないIQピンクごりらは、季節感がまったくないが故、秋使用のゴルフウェアで本日の闘いに臨む。辛うじて、合羽が唯一の雨風霙を凌ぐ唯一の方法として、何とか皮一枚で助かった。そんな中、放った最初のファーストショットは、左チョロチョロの超カス当たり・・・。続くセカンドショットも、3人のファーストショットにも届かないカス当たり・・・。サードショットでやっとユーティリティが当たってくれた。続くフォースショットを・・・と56°でアドレスに入った瞬間、後ろで何やら気配がしたので見てみると、なんと20頭はいただろうか鹿の大群が横切っていったのである。すかさず、携帯のカメラのシャッターをボタンを押しまくった。キャディーさん曰く、「あんな大群は今まで見たことない」とのこと・・・。素晴らしい機会に立ち会うことができた。が、しかし、容赦ない雨風霙の攻撃により、次第に体力と気力を奪われていく午年たち・・・。小池ペーパー先輩はそこそこ、ハギノ鉄人はもっとダメ、雨男マスクマンはまーまー、私はまーまーダメといった塩梅で大厚木カントリークラブ本コースのコンディションに負けた。そんな終日修行だった本日の私のスコアは、南コース46、東コース49で計95だった。こうして、芯から冷え切った体を風呂で癒し、ランチタイム後に再び大型タクシーに乗り込み、羽田空港→松山空港の流れで家路へと辿り着くことができたのであった。

    3日間の全国商工会議所観光振興大会 2024 in 水戸(最終章)を無事に迎えることができました。髙橋会頭をはじめ松山商工会議所の皆様に心から感謝申し上げます。3日間でかなり体力と気力が削られ、叫び過ぎて喉を傷めてしまいましたが、体力ゲージが削られた分、水戸の地・鎌倉の地・大厚木カントリークラブ本コースを堪能するとともに、仲間との交流を果たすことができました。またフルパワーで松山の地を輝かせるよう、しっかりと休養をとって再び社業に会議所活動にも寄与していきたいと思います。3日間、大変お世話になりました。

     


    『全員同じ和定食』

    ホテルを出発してから1時間15分・・・。大厚木カントリークラブ本コースに到着して、直ぐにモーニングを食した私たち・・・。全員納豆をチョイスして、闘い前の腹ごしらえに臨んだ。


    『写真を撮った瞬間のチョンボ』

    一口も食べてないのに、味噌汁溢していきなりヤバスとなった私・・・。間髪入れずに小池ペーパー先輩のカメラが向けられていた。嫌な予感がする~。チキショー。


    『全員合羽着用からのスタート』

    終日修行の時を迎えた私たち・・・。ワンウェイラウンドで様々なポンコツ場面を刻んだのであった。なんぞー。


    『後ろを振り向くと鹿の大群が・・・』

    さあ、フォースショットを打とうとした瞬間、後ろに気配を感じたので振り向いてみると、なんと20頭に及ぶ鹿の大群が横切っていた。これにはビックリした。


    『霜焼けで限界を迎える』

    まったく止みそうにもない雨風霙・・・。容赦ない攻撃に右手が赤く腫れあがり、霜焼けとなっていた。マジイタス。


    『帰る身支度が終わって・・・』

    終日修行となったワンウェイラウンドを終えて、風呂に入り、体を癒した私たち・・・。すべての身支度を終えた後、ランチタイムで体力回復を図った。もう、笑えないっす。


    『羽田空港でも反省会』

    松山行きの最終便の時間までかなりあり、ランチタイムをしてから2時間も経ってないが、再び羽田空港内の寿司屋で反省会を行った。見事に勝ち組と負け組に席が別れ、意気消沈のIQピンクごりらとハギノ鉄人・・・。もう、悔しがる気力もないっす。こうして、3日間に及ぶ全国商工会議所観光振興大会 2024 in 水戸(最終章)を無事に迎え、羽田空港→松山空港へと辿り着くことができたのであった・・・。


    『番外編』

    松山空港に無事に辿り着き、さあ帰ろうとした矢先・・・。右ポケットにあるはずのキーケースがなかった。体中に鳥肌がゾワっと立った。なんと、羽田空港の保安検査場を通る際に、右ポケットに入っていたキーケースのせいで「ビーーー!」となり、検査官から「こちらをもう一度検査してお預かりします」と言われたまんま、そのまま置いてきてしまったのだ。気づいたときには時すでに遅し・・・。早速、ANAデスクの方に問い合わすと、タブレットに映し出された忘れ物リストの中に俺のキーケースがあるではないか。「これじゃ~コレ!」と慌てふためいた私・・・。みんなの連携により、明日の8時30分に松山空港に届けてくれることとなった。

    P.S.:お母ちゃん、その節は大変お世話になりました。そして心配してくれた皆様、心から感謝申し上げます。IQピンクごりらは、最後の最後までポンコツ野郎でした。

  • 第127回本店姫だるま会2024/02/20 6:14


    『松山英樹、おめでとう!!!』

    2月19日(月)、サンセットヒルズカントリークラブにて、第127回本店姫だるま会が開催された。前回参加(←その時の様子はこちら)してから10ヵ月が経過し、2回も飛ばしてしまったが、本店姫だるまのつながり溢れる方々とのゴルフが展開される。山口県帰りからの3連チャン目のゴルフとなるが、自身にとってはちょっと複雑な気持ちで臨むことになる。この2日間、ゴルフがポンコツ過ぎてどーにもこーにもならなかった。そんな複雑な気持ちの中だったが、松山英樹選手のツアー通算9勝目という記念すべき日に髙橋会長をはじめみこちゃん、井上部長とのゴルフは、OUTコース1番ホール(白)より幕が開けたのであった。果たして、本日の結果や如何に・・・。

    2日間のポンコツぶりを引きずってのファーストショットに臨む。「最近、ちょっと悩んどるんですよ!」と不調極まりない言葉から放ったドライバーショットは、安定の左巻き巻き林エリサいきなりヤバスOBから幕が開けた。「ほらね!」と言うと、「いや~、なんか調子が悪そうですね」と答えてくれた。そういえば、昨日のエリエール後に自室のゴルフシミュレーターでスイング調整したことを思い返した。ファーストショット時は忘れていたのである・・・。プレー4から思い出し、良き当たりからのワンパットでボギーのスタートとなった。このリズムとテンポはこの後も続き、後半戦から土砂降りの中ではあったが、パーオン率60%を占めるとともにドライバー・アイアン・アプローチ・パターすべてが良かった。リーダーボードの1位を貫くことができた本日の私のスコアは、OUTコース40、INコース40の計80で62人中3位(ベスグロ賞・ニアピン賞×①)だった。こうして、ここしばらくのポンコツゴルフ習慣からの脱却を図ることができた本店姫だるま会は、本日の出会いに感謝、松山英樹に感謝、愛媛銀行に感謝するゴルフラウンドとなったのであった。

    P.S.:本日のラウンドメンバーの皆様、誠にありがとうございました。今日一日、お世話をいただきました愛媛銀行スタッフの皆様、心から感謝申し上げます。雨は最悪でしたが、今日のラウンド、最高でした。

     


    『後半戦は終日傘アリ』

    前半戦はもってくれた雨・・・。雨雲レーダーの予報通りに、11時より降りはじめ、ランチタイム後は土砂降り状態からのスタートとなった。合羽は持ってきていたが、着るのが面倒くさいので、合羽無しで傘差しでゴルフラウンドに臨んだ。こんな悪天候なのに、どういう訳かナイスプレーが続いてくれた。超うれしかった。

  • 信頼を築ける超絶暇人サカシンさんとの親睦ゴルフ_第2弾2024/02/18 16:06


    『リッチモンドホテル高知に別れを告げて』

    2月18日(日)、エリエールゴルフクラブ松山にて、信頼を築ける超絶暇人サカシンさんとの親睦ゴルフ_第2弾(←第1弾の様子はこちら)が行われた。昨夜、信頼を築けるJAYCEEとの高知ナイトを迎え、いつも松山の地で行っている流れをそのまま高知の地でも行った。要は、どこに行っても同じルーティンなのである。夜明けのブルースの替え歌「ここは高知~!」からはじまり、「イッマッジョ、イッマッジョ」の一気コール、「ラララララララララ、胸騒ぎの腰つき」と、各自持ち歌が披露されて何度も何度も杯を酌み交わした。そんな激しい高知ナイトを迎える中、一日お世話になったリッチモンドホテル高知に別れを告げて、松山の地はエリエールゴルフクラブ松山へと向かった。昨日に引き続いての最高の天候を手に入れる中、本来ならば信頼を築けるJAYCEEだったが、クロマニヨン腕負傷のため急遽欠席で、困った時の超絶暇人サカシンさんを迎えての親睦ゴルフは、INコース10番ホール(白)から幕が開けた。本日の結果や如何に!!!

    宿敵、小池ペーパー先輩との久しぶりのバトルが展開される。実に昨年の信頼を築けるJAYCEEとの親睦ゴルフ_第61弾(←その時の様子はこちら)ぶりとなる。70台の頃の私を想像していたのか、スタート前はかなりひよっていた。が、しかし、ファーストホールの初手の私のショットを見て、安心しきった顔に一瞬で変化した。一方、超絶暇人サカシンさんも私を脅威に感じていたようだが、ファーストホールの私のスリーパットダボを見て、「どしたん?」と言いながら恐怖から安心した面持ちへと変わった。昨日のポンコツぶりが本日にも引き継がれていたのだ。ドライバーワルス、アイアン超ワルス、アプローチワルス、パットもワルスと4ワルスにつき、最高の天候とは打って変わって、終日良いところがまったくなかった。そんな本日のポンコツ野郎のスコアは、OUTコース47、INコース45で計92だった。こうして、小池ペーパー先輩より「来週の水戸遠征ゴルフもこの調子でおってくれよ!」と捨て台詞を言われた超絶暇人サカシンさんとの親睦ゴルフは、身も心も自信もすべてもぎ取られてしまったのであった。あーあ。

     


    『急遽参戦してくれた超絶暇人サカシンさん』

    クロマニヨンが急遽欠席となり、迷い犬となっていた私たちに、救いの神として超絶暇人サカシンさんが参戦してくれた。今日の今日に来てくれたのは神としか言いようがない。本日は参戦していただき、誠にありがとうございました。

  • 信頼を築けるJAYCEEとの親睦ゴルフ_第64弾2024/02/18 4:34


    『雲一つない最高のコンディションで・・・』

    2月17日(土)、Kochi黒潮カントリークラブにて、信頼を築けるJAYCEEとの親睦ゴルフ_第64弾(←前回の様子はこちら)が行われた。今日は高知遠征ということで、歴代理事長+MONちゃんの愉快な仲間たちと高知の地でゴルフが展開される。今日の日を迎えるまでに、Yイマジョーと共にインドの地(←その時はこちら)でメンバー編成を行ったのが懐かしい・・・。最高の天候の中で、太平洋に向けてナイスショットをする信頼を築けるJAYCEEとの親睦ゴルフ高知バージョンは、OUTコース1番ホール(白)から幕が開けた。本日の結果や如何に!!!

    太平洋に向けてのナイスショット・・・。を夢見ていたファーストショットは、左巻き巻き林エリサのポンコツショットからの幕開けだった。それを横目に、人の失敗はエネルゲンとして臨む雨男マスクマンによるドライバーショットは、超サイコーショットだった。いきなり大きな差が生まれた。続くMONちゃんも「やばいんすよ、やばいんすよ!」と言う割には、まったくヤバスな展開にはならず、パーオン→パーという流れで予想を遥かに超えたプレーでまったくヤバスではなかった。後ろ組のYイマジョーをはじめおさるのジョージとノグッチーも、いつも以上の実力を発揮して、何やら良い予感がプンプンする黒潮カントリー・・・。そんな歴代理事長+MONちゃんによるかけがえのない高知遠征の本日の私のスコアは、暖流コース49、太平洋コース46で計95だった。こうして、私自身のみ終日一発も当たらない何も良いところがないJAYCEEの親睦ゴルフ後は、室戸屋二郎にて、高知でしか味わえない良き時間を過ごすことができたのであった。

     


    『室戸屋二郎の集い』

    今日は一日ポンコツだった私・・・。そんなポンコツとは裏腹に、MONちゃんは自己ベストタイ(88)、ノグッチーはベストスコア(117)が出た。そんな彼女、彼らを称えるべく、水谷太一の水谷太一による水谷太一のための高知ナイトが幕を開けた。今日もありがとうございました。バイバイ!

  • 信頼を築ける予土線圏域活性化に向けた親睦ゴルフ2024/02/15 4:50


    『予土線圏域活性化を見据えたゴルフ』

    2月14日(水)、エリエールゴルフクラブ松山にて、信頼を築ける予土線圏域活性化に向けた親睦ゴルフ並びに交流会が行われた。1月中旬の頃の事、ジョーコー氏より「青年会議所を集めてほしい」と依頼があった。早速、宇和島のワンパンマンに連絡を取ったところ、宇和島JCの強者たちが相集った。松山JCからは今最も旬な男である雨男マスクマンをはじめ松山の優男であるおさるのジョージが相集った。一体、何のことで集められたかも理解していないやーつがいる中で、南予と中予がアウフヘーベンする予土線圏域活性化に向けた親睦ゴルフは、INコース10番ホール(白)から幕が開けた。本日の結果や如何に!!!

    次第にゴルフ勘を取り戻しつつある私・・・。朝一番のファーストショットを務めた雨男マスクマンは、安定のナイスショットを決めて余裕のフェアウェイをキープ。続くテツヤツヤは、左巻き巻き林エリサ・・・となるギリギリでセーフ。3番目を務めるジョーコー氏は、左から右に攻めるフェードでフェアウェイをキープ。アンカーを務めた私は、左巻き巻き林エリサいきなりヤバスのOBだった。「チキショー!」と取り敢えず叫んでみた。そんなファーストホールをトリ発進にした私・・・。先が思いやられる中、ポンコツぶりはこのホールだけではなく、OB、またOB、さらにOBを積み重ね、スコアを大きく下げてしまった。後半戦はバンカー地獄に陥り、バンカー、またバンカー、さらにバンカーと、ゴルフじゃなく砂遊びをする羽目となった。勝負には負けたがゲームには勝った本日の私のスコアは、OUTコース42、INコース50で計92だった。こうして、予土線圏域活性化に向けた話が、ゴルフがポンコツ過ぎてまったく進まなかった親睦ゴルフの後は、松山JCの聖地であるあさつきで、お酒を酌み交わしながら南予と中予の絆を深め合ったのであった。

     


    『17番の名物池ロングホール』

    雨男マスクマンが一気にパワーダウンした17番の名物池ロングホール・・・。人の失敗はエネルゲンとは言ったものだが、そんな失敗する雨男マスクマンを見た私は、竿バーディー銅を決めたのであった。今日のダイジェストはこのホールだけだったぜ。


    『あさつきの集い』

    ゴルフでの闘いを終えた一行は、あさつきで予土線圏域活性化に向けて語り合った。百聞は一見に如かずとして、まずは見たことのない予土線に近々乗ることにしたのであった。