• 第15回IRCイッパチ会定時総会2022/01/28 6:23


    『総会前の松山坊っちゃんで門屋スペシャル

    1月27日(金)、久保豊二番町ビル 3階にて、第15回IRCイッパチ会定時総会(←昨年の総会はこちら)が開催された。イッパチ会が結成されてから、今年で15年目を迎える。忘れもしない16年間の10月2日に行われたIRCニュー・リーダー・セミナー18期の開講式。今の妻と付き合い始めたのが、開講式の1日前となる10月1日なので鮮明に記憶している。この「てるひこブログ」をやり始めたきっかけも、当時出会ったヒノケンさんの影響によるもの・・・。松山JCの一歩を踏み出すきっかけになったのも、当時出会ったコイニーさんの影響によるもの・・・。16年間の歩みの中には、現在の自身の人生すべてと言っても過言ではない。イッパチ会の出会いは壮大であり無限の力の源なのだ。

    私からの会長バトンを受け取り、第14期を力強く歩みを進めた城ノ戸会長。一昨年と同様に、新型コロナウイルスの影響で愛媛県の東予支部・中予支部・南予支部並びに県外支部全ての事業や集いが叶わなかった。しかしながら、イッパチ会ゴルフ部の集いが多く設けられ、このような環境下にも拘らず情報交換及び健康増大、ストレス軽減(←逆に増えた人も数人いるが)に繋げることができた。今後も一昨年及び昨年と同様に感染対策が求められる中ではあるが、本日の定時総会において第15期の田井能会長へと会長バトンが受け渡された。田井能会長におかれては、続く困難な道程をみんなと共に切り拓くとともに、イッパチ会同士みんなで助け合える会のリーダーとして猛威を振るっていただきたいと強く願っている。

    本日はオミクロン株が騒いでいる中で、第15回IRCイッパチ会定時総会のご開催、誠におめでとうございました。何も活動できなかった中にも多くの気づきや自己成長の機会が多々ありました。第14期イッパチ会を強いリーダーシップをもって牽引いただいた城ノ戸会長に心から感謝申し上げます。また、第15期イッパチ会を田井能会長を筆頭に武智副会長、文野会計監査、久保事務局と共に力強く前進していただけることを強く願っております。今後ともよろしくお願い致します。

    P.S.:前代未聞の2期連続でネットワーク21の会長を務められたクロマニヨン会長。何もしてないですが2年間、大変お疲れ様でした。また、ゴルフいっぱい行けますね。

     


    『第14期会長挨拶』

    第14期イッパチ会のリーダーとして牽引いただいた城ノ戸会長よりご挨拶が行われ、前期と同様に東予・中予・南予・県外支部の例会すべて中止となってしまったが、感染リスクの低いゴルフ部は1年間を通じて活動することができたと述べられた。


    『第15期会長挨拶』

    本総会にて、満場一致で第15期の会長となった田井能会長。閉会の辞を述べるとともに、コロナがいち早く収束してイッパチ会のつながりが強固なものとなることを願った。こんな世の中ですが、知恵出し合いながら笑顔で楽しんで参りましょう。武智副会長、誕生日おめでとうございます。

  • 信頼を築ける萩野会での親睦ゴルフ_第26弾2022/01/25 6:17


    『天気晴朗なれども風強し』

    1月24日(月)、奥道後ゴルフクラブにて、信頼を築ける萩野会での親睦ゴルフ_第26弾を行った。前回の闘い(←その時の様子はこちら)からちょうど2週間が経過し、私にとっては今日で3連チャン目最後のゴルフとなる。宇和島から訪れたハ〇森に至っては、今日が初めての萩野会の参加で、私と同じく3連チャン目でまったく同じ服でゴルフに臨む・・・。昨日の悪天候とは打って変わって晴れ間が広がるも、風がかなり強いのが気になるところだが、ハギノ鉄人をはじめキノコ隊長、ハ〇森との壮絶な闘いは、OUTコース1番ホールより幕を開けた。本日の結果や如何に・・・。

    この3連戦、アイアンのカス当たり修正しよう修正しようとするも、今日もかなりのアゲンストにやられ、スコアを大きく崩していく私・・・。アイアンショットは思う距離が飛ばずに、ボールはコース設計者がさぞ喜んでいることだろうバンカーに突き刺さる。毎ホール毎ホールバンカーの罠にハマった。風の影響もあってか、同ランドメンバー全員が今日の風に苦しめられた模様・・・。そんな本日の私のスコアは、OUTコース44、INコース51で計95だった。こうして、厳しい3連戦を終えることができた今日のゴルフは、自身にとって大きな心の傷とアイアンショットへの不安が大きく伸し掛かるものとなったのであった。

    P.S.:暫くゴルフは小休止するぜよ。

  • 信頼を築けるイッパチの親睦ゴルフ_第25戦(田井のう杯)2022/01/13 6:23


    『福男&ボンビー男AGAIN』

    1月12日(水)、松山ゴルフ倶楽部にて、信頼を築けるイッパチの親睦ゴルフ_第25戦(田井のう杯)が行われた。昨年の闘い(←その時の様子はこちら)から年を跨ぎ、令和4年初となるのイッパチゴルフ会が幕を開ける。この1ヵ月間で、ゴルフの修練を積み上げた者、迷走しまくっている者、右肩上がりに上り調子の者、何をやっても駄目な者が浮き彫りとなり、福男とボンビー男のすみ分けがはっきりとされた。二日前の萩野会(←二日前の様子はこちら)で「笑顔」というキーワードを学んだにも関わらず、まったく学習能力がないキノコ隊長とクロマニヨン・・・。前回優勝者のヒデブを囲んで記念撮影を撮った後、INコース10番ホール(白)より闘いの火蓋が切って落とされた。さて、本日の結果や如何に!!!

    課題のカス当たりアイアンショットを見直して臨んだ本日・・・。が、しかし、やはりカス当たりは今日も続いてパーオン率を大きく低下させた私・・・。そのせいで、上り調子のハギノ鉄人と何をやっても駄目なキノコ隊長に寄せワンで喰らい付くのが精いっぱい。だが、失敗をリカバリーできたことで、何とかスコアを崩さずにホールアウトすることができた。そんな私のスコアは、OUTコース44、INコース42、合計86で6人中なんと優勝(ニアピン賞×①)。こうして、結果は最初の写真撮影から見えていた笑顔と笑いを絶やさなかった私に軍配が上がり、令和4年初のイッパチカップ(田井のう杯)を制することができたのであった。

    P.S.:次回のイッパチカップは、2022年2月11日(金)建国記念日となります。連続幹事のレスキュー田井のう幹事、よろしくお願いします。令和4年も引き続きよろしくお願い致します。

     


    『8回目の優勝に輝いた僕』

    第25戦(田井のう杯)を制したのは、歴代8回目の優勝となる私だった。レスキュー田井のうさんの采配で、再び最下位となったレスキュー田井のうさんが次回幹事ということに・・・。次月も、よろしくお願いします。

    【イッパチカップの軌跡】←1回目から3回目まではコンペ形式にしてなかった。
    第 4 回優勝者:門屋 光彦
    第 5 回優勝者:門屋 光彦
    第 6 回優勝者:門屋 光彦
    第 7 回優勝者:日野 英典
    第 8 回優勝者:門屋 光彦
    第 9 回優勝者:日野 英典
    第10回優勝者:田井能 範定
    第11回優勝者:門屋 光彦
    第12回優勝者:桑原 涼一
    第13回優勝者:日野 英典
    第14回優勝者:山田 健次郎
    第15回優勝者:田井能 範定
    第16回優勝者:桑原 涼一
    第17回優勝者:武智 慧
    第18回優勝者:桑原 涼一
    第19回優勝者:門屋 光彦
    第20回優勝者:門屋 光彦
    第21回優勝者:桑原 涼一
    第22回優勝者:黒田 尚樹
    第23回優勝者:田井能 範定
    第24回優勝者:日野 英典
    第25回優勝者:門屋 光彦

  • 信頼を築ける萩野会での親睦ゴルフ_第25弾2022/01/11 6:23


    『笑った組と素っ気ない組の違い・・・』

    1月10日(月)成人の日、門屋組創業112年(イイね)の日、エリエールゴルフクラブ松山にて、信頼を築ける萩野会での親睦ゴルフ_第25弾を行った。昨年の闘い(←その時の様子はこちら)から2週間が経過し、丑の年から寅の年を跨いで令和4年度初の激しいバトルが再び繰り広げられる。今日も昨日と同じく、文句の付け様がない最高のコンディション・・・。が、しかし、いつものルーティン化されているプレー前の記念撮影でひとつの違和感が見られた。それは、プレー前から笑っている組と素っ気ない組である。新年早々にこの雰囲気がどのような形で影響するのか・・・。そんな各組の令和4年を占う闘いは、OUTコース1番ホール(青)より幕を開けた。本日の結果や如何に・・・。

    今日の私の課題は、今年3連戦を終えて見えてきたアイアンのカス当たりをどうにかすること。ハンドファースト、ダウンブローという言葉が脳裏に浮かぶが、言葉の通りにはならずにカス当たりの連発が続く・・・。また、アイアンのカス当たりに続き、3番池越えショートのバンカー、続く4番ホールグリーン上に存在する蟻地獄バンカーにハマり、大叩きを喰らってしまった。一方、昨日のエリエール月例杯において2回目の優勝に輝いたすこぶる調子の良いハギノ鉄人、そして先日の愛媛ゴルフ倶楽部で優勝に輝いたキノコ隊長、さらには前回優勝するも全く良いところが見当たらないクロマニヨン先輩のプレーにも注目が集まる。いつも通りのワーワーキャーキャー言いながらの本日の私のスコアは、OUTコース48、INコース41の計89だった。こうして、プレー前の写真の顔の通りに、笑った組と素っ気ない組に分かれ、福男とボンビー男のレッテルが貼られたのであった。

    P.S.:昨年度は大変お世話になりました。今年度も引き続き、よろしくお願い致します。笑う門には福来る!!!ですよ、パイセン!!

  • 信頼を築ける萩野会での親睦ゴルフ_第24弾2021/12/27 6:35


    『泣いても笑っても今年最後の闘い(本日誕生日者を囲んで)』

    12月26日(日)、エリエールゴルフクラブ松山にて、信頼を築ける萩野会での親睦ゴルフ_第24弾を行った。前回の闘い(←その時の様子はこちら)から2ヵ月以上が経過し、いよいよ今年最後の激しいバトルが繰り広げられる。この2ヵ月間、ラウンド予定は組んでいたものの何かが入っては延期、商工会議所関連が入っては延期となり、本日のクロマニヨン先輩の誕生日にラウンドが実行される。たまたま後続に入ったのがヒデブ&レスキュー田井のうさんということもあり、何だかんだで萩野会改めイッパチ会のゴルフ納めとなった。氷点下となった極寒の中、OUTコース1番ホールより闘いの火蓋が切って落とされた。本日の結果や如何に・・・。

    昨日の練習が効果あったのか、何とかパーオンの連続でラウンドできた私・・・。しかしながら、極寒とカチコチグリーンということもあり、手が悴んでパターが苦戦を強いられてしまった。年内までに70台を出したいハギノ鉄人。誕生日なのに何だか雲行きが怪しいクロマニヨン。毎回毎回、遠方からわざわざ来ているのに結果に繋がらないキノコ隊長。ワーワーキャーキャー言いながらの本日の私のスコアは、OUTコース44、INコース41の計85で7人中2位だった。栄えある優勝に輝いたのは、本日の誕生日の忖度?が働いたのかクロマニヨン先輩だった。優勝、おめでとうござます。こうして、1年間を通して行ってきた令和3年度の萩野会は幕を閉じ、誰が勝ち頭なのか誰がボンビーなのかはっきりと明暗が分かれたゴルフとなったのであった。

    P.S.:1年間、大変お世話になりました。来年もあーだこーだと言いもって、ワイワイとゴルフラウンドができることを楽しみにしております。来年も引き続き、よろしくお願い致します。またな!!!

     


    『終わりよければすべてよし』

    本日、特にコンペを設けることもなかったのだが、たまたま後続にヒデブ&レスキュー田井のうさんがいるとの事で即興コンペとした。スコアは下から2番目・・・。しかしながら、蓋を開けると優勝という本日誕生日者のクロマニヨン先輩に軍配が上がった。終わりよければすべてよし・・・ですよパイセン。


    『年間通じてのボンビー隊』

    イッパチ会から萩野会、さらには日野会とJAYCEEと、年間通じて多くのつながりあるゴルフを展開してきた私たち・・・。終わってみると、今年のイッパチ会会長のキノコ隊長と本日誕生日のクロマニヨン先輩がボンビーに憑りつかれていることが判明した。ボンビー同志、仲良く握手してフィニッシュとなった。令和4年も引き続き、仲良くボンビーフィニッシュしてください。今年も大変お世話になりました。