• クロマニヨン社長進化就任祝いコンペ並びに祝賀会2023/12/16 4:59


    『準備は整った』

    12月15日(金)、サンセットヒルズカントリークラブにて、クロマニヨン社長進化就任祝いコンペが開催された。この度、10月1日に我らが愛するクロマニヨンは、㈱ビケンの代表取締役社長に就任した。ある時は短パンボーイ、ある時は短パンスネ毛、ある時はクロマニヨンと、進化し続けてし続けてようやく最終形態まで辿り着くことができた。雨風嵐が心配された本日だったが、4年前のあの時(←その時の様子はこちら)のようなことにはならずに、みんなの願いが叶ってポカポカ陽気を呼び込むことに成功・・・。おかげで、雨男の異名はあの時の彼のみに与えられた称号となった本日・・・。クロマニヨンを愛する法人会青年部会、イッパチ会、MJC増益会、仁仁会、その他諸々の方々に参集賜り、練習グリーン上での朝一ミーティング&記念撮影を執り行った後、クロマニヨンによる始球式によって、OUTコース&INコースに別れてゴルフコンペの幕が開けた。本日の結果や如何に・・・。

    始球式の後、「よろしくおねがいしまーす!」と張り切って打ったクロマニヨンの第一打は、右天ぷら斜め45度の幕開けとなった。いつも通りである。一方、続く我々イッパチ会チームのスタートは、現在絶不調のキノコ隊長のトップアマボールとハギノ鉄人の左巻き巻き林エリサOB、そして危なっかし目の桑りょう運輸さんの砂バウンドショットにIQピンクごりらのスーパーショットの4本立てとなった。どうなることやら・・・と、駒を進めていくと、私のペアになった者がすべてマイナス方向に引きずり込まれているのを感じた。どうやら、今日は私がKINGボンビーになっていた。行く先行き先で、「IQピンクごりらとペアを組みたくない!」と失礼極まりない言葉で畳掛けてくる三人・・・。今日に限っては、私がKINGボンビーであることを認めた。そんなKINGボンビーと化した本日の私のスコアは、OUTコース42、INコース40の合計82で39人中19位でなーんも無しの結果だった。こうして、クロマニヨン社長進化就任祝いコンペも無事に終了することができ、〇山たけーしのお膝元である五志喜にて、クロマニヨン社長進化就任記念祝賀会が盛大に幕を開け、相集うクロマニヨンを想う、クロマニヨンのクロマニヨンによるクロマニヨンのための祝賀会は笑顔と笑いが広がっていったのであった。

    本日は「クロマニヨン社長進化就任祝いコンペ」&「クロマニヨン社長進化就任記念祝賀会」のご開催、誠におめでとうございました。そして、縁あって声を掛けさせていただき、集っていただいた皆様、お忙しい中を心から感謝申し上げます。思い返せば、クロマニヨンとの出会いも17年前の2006年に入会したIRCニュー・リーダー・セミナーの18期生として出会ったのがきっかけでした。それからホノルルマラソンを走り、海外にも行き松山JCにも入会し、第63回全国大会松山大会時は専務理事をやり遂げ、ありとあらゆる各所団体の縁の下の力持ち的な存在でチャームポイントの5秒前のことを直ぐ忘れる天然ボケを武器に邁進されました。これまでのクロマニヨンの歴史を言い出したらキリがないが、様々な関係性でクロマニヨンの事を盛大に祝うことができたことに嬉しく思っております。今後とも、青年期を共に前進してきた者同士として、会社を松山・愛媛を輝かせていけることを祈念申し上げます。本日は誠におめでとうございました。

     


    『朝一ミーティング(クロマニヨン挨拶)』

    雨を予想していたが、彼の日頃の行いが良かったのか、きれいに晴れてくれた。あの時とは大違いだ。クロマニヨンの挨拶を皮切りに、幹事役からのコンペ説明が行われた。


    『クロマニヨンを囲んで記念撮影』

    7時30分集合の周知が成されてなかったが、なんとか形になったクロマニヨンを囲む記念撮影が行われた。


    『始球式用の金玉をセット』

    1個500円もする始球式用の金玉を嬉しそうにセットするクロマニヨン・・・。自分でセットし、自分で写真を撮る滑稽なクロマニヨンを激写した私・・・。あーおもろ。


    『始球式に臨む』

    セットされた金玉をおもいっきりブチかますクロマニヨン・・・。果たして、結果や如何に。


    『キラキラを回収』

    打ち込まれた金玉は、20mほどキラキラを吹き出しながら放物線を描き、見事に始球式が成立した。回収係はハ~ダくんとなっています。


    『本日のラウンドメンバー(イッパチ会)』

    クロマニヨン社長進化就任祝いコンペに駆け付けたイッパチ会の有志たち・・・。本日も仁義なき戦いが繰り広げられたのであった。


    『雨男マスクマン挨拶』

    五志喜にて、クロマニヨン社長就任進化記念祝賀会が幕を開けた。幕開けに際し、発起人代表の2014年度松山青年会議所第62代理事長の雨男マスクマン(西村 直樹)よりご挨拶が行われ、当時のあの時の事や、クロマニヨンの存在価値について語られた。ヤバス。


    『相集っていただいた皆様』

    師走の大変お忙しい中、クロマニヨンの社長就任進化を一目見るために集っていただいた皆様・・・。俺はモーレツに感動しているぜ。


    『主役挨拶』

    本日の主役であるクロマニヨンこと、㈱ビケンの代表取締役社長(黒田 尚樹)よりご挨拶が行われた。人との出会いの大切さ、そして成長ある一歩を踏み進めた大切さが語られた。


    『コイニー乾杯挨拶』

    我らの兄貴分であり親分でもあるコイニーこと東昇技建株式会社 代表取締役(小泉 啓典)より乾杯挨拶が行われ、クロマニヨンとの出会いの秘話、そして本日お集まりの皆様のご健勝、ご多幸、ご発展、ご繁栄を祈念して乾杯を行った。


    『クロマニヨン、社長進化おめでとう』

    この感じ、サイコーっす。クロマニヨン、本日は誠におめでとうございました。

  • 信頼を築けるカンボジアのスーパーヒーローとの親睦ゴルフ_第2弾2023/11/04 17:03


    『半年ぶりのゴルフラウンド』

    11月4日(土)、エリエールゴルフクラブ松山にて、信頼を築けるカンボジアのスーパーヒーローとの親睦ゴルフ_第2弾が行われた。前回の親睦ゴルフ(←その時の様子はこちら)から半年が経過し、再びカンボジアのスーパーヒーロー高山さんをお招きして、イッパチ会の有志と共にレディスオープン前のエリエールのツルツルグリーンを堪能する機会を得た。昨日から引きずっている足の打撲の痛みが気になるところだが、天気最高、気候最高、笑顔最高の3最高が得られる中、昨日のJクララウンドから一緒のクロマニヨンと自信があるのかないのかわからないハギノ鉄人との愉快なゴルフラウンドは、OUTコース1番ホール(白)より闘いの火ぶたが切って落とされた。本日の結果や如何に・・・。

    本日はハードスペックの三浦技研のマッスルバックアイアンを封印して、2年前に使用していたアンダースペックのタイトリストT100sを久しぶりに起用した私・・・。現在の体の状態を鑑みて、アンダースペックで臨むことに。が、しかし、予想通りに久しぶりに起用するアイアンは言うことを聞いてくれない・・・。距離感や振り心地が慣れるまで時間が掛かってしまった。一方、カンボジアのスーパーヒーロー高山さんは、年齢を感じさせない体幹と足腰を発揮して、オーバードライブを連発するとともに砂竿パーを量産させた。そして、いつもならポンコツと化するクロマニヨンだが、耐えて耐えて耐え忍んで、ちゃっかりガッポリで良きゴルフを展開した。また、最後の上がり3ホールで超気の毒な思いをしたハギノ鉄人は、奈落の底へと突き落とされる羽目に・・・。そんな浮き沈みの激しい本日の私のスコアは、OUTコース43、INコース40で計83だった。こうして、カンボジアのスーパーヒーロー高山さんを囲んでの親睦ゴルフは、笑いあり笑顔あり、悲壮感もありという喜怒哀楽の激しい親睦ゴルフとなったのであった。

  • 門屋組新社屋に住み着く防サイ2023/10/23 11:59


    『「光彦」の文字が入った言葉の贈り物』

    2日前のイッパチ会 中予支部例会(門屋組新社屋見学ツアー)(←その時の様子はこちら)で、武智会長より贈呈された防サイと言葉の贈り物・・・。今日はそんな防サイと言葉の居場所を検討するべく、門屋組新社屋の1階~4階までのどこにするかを考えてみた。「光彦」の文字が入った言葉の額は社長室の飾り棚へ、防サイは4階のエレベーターホールにさりげなく出現したていで設置させてもらった。防サイに至っては、座れば椅子にもなるし、背中を開ければ防災グッズが詰まっている優れもの・・・。今は4階のエレベーターホールに住み着いているが、いつの日かどこのフロアーか部屋に出現するかは防サイの気まぐれとなっている。今後の防サイの行動と変化に着目しつつ、これからも末永く門屋組の守り神としてお見知りおきとさせていただきたい。現在、門屋組新社屋 4階 エレベーターホールに住み着いている。

     


    『4階エレベーターホールに住み着く防サイ』

    突如として現れた防サイ・・・。今は門屋組新社屋 4階 エレベーターホールに住み着いているようだ。


    『滑稽な顔した防サイ』

    動物好きの私にとって、この上ない贈り物となった防サイ・・・。座れば椅子にもなるし、背中を開けば防災グッズを取り出せるし、顔は滑稽やしと、おもろー具合が詰まりに詰まっている。次はどこに出現するのかは、防サイの気まぐれ次第・・・。見かけたら、写真撮ってね。


    『エントランスホールに飾られたバルーン』

    古川のカッパのリカぴょんから贈られた「門屋組おめでとう」のバルーン。2日前に「どこでもリカぴょんの好きなところに設置してください」と言ったところ、門屋組新社屋エントランスホールの受付横がチョイスされた。かなり目立ってます。見かけたら、写真撮ってね。

  • イッパチ会 中予支部例会(門屋組新社屋見学ツアー)2023/10/21 7:34


    『防サイと言葉の贈り物』

    10月20日(金)、エリエールゴルフクラブ松山での死闘が終わった後、門屋組新社屋にて、4ヵ月ぶり(←前回の様子はこちら)となるイッパチ会 中予支部例会~門屋組新社屋見学ツアー~が開催された。2020年12月21日(月)に起工式を執り行ってから2年5ヵ月で竣工(←竣工の様子はこちら)、そして更に5ヵ月間の旧社屋の解体及び外構工事を経て、吉藤のサグラダ・ファミリアは無事故・無災害で完成(←完成日の様子はこちら)を迎えることができた。本来ならば、2021年度の城ノ戸会長の時に、2022年度の田井能会長の時に、門屋組新社屋を披露するはずだったが、この度、今年度の武智会長の時に本日の日を迎えることができた。延ばし延ばしになってマジスマヌ・・・。本日はイッパチ会愉快な12名が門屋組新社屋に相集い、武智会長挨拶→記念品贈呈→中予支部長としての私の挨拶と説明→門屋組新社屋見学→解散の流れで、未来を見据えた刺激ある時を過ごすことができたのであった。

    本日はイッパチ会 中予支部例会~門屋組新社屋見学ツアー~にお越しをいただきましたこと、誠にありがとうございました。このイベントが延期、延期となって誠に申し訳ございませんでした。短い時間でしたが、門屋組新社屋で見て触って笑顔が広がったことはかけがえのない一時でした。これからも門屋組新社屋と共に、希望の光を灯し、誠意を信念を持って、笑顔のために、力を尽くしていきます。本日は心から感謝申し上げます。

     


    『武智会長挨拶』

    本日の中予支部例会の開催に先立ち、イッパチ会の武智会長よりご挨拶が行われた。みんなと出会って16年間の月日が経つ・・・。みんなと共に自己成長を求めて、それぞれがそれぞれに歩みを進めてきた。これからも出会った頃の初々しい気持ちを忘れることなく、イッパチ会メンバーと歩みを進めていきたいと思う。武智会長、あざーっす。そして、お祝いのシャンパンもあざーっす。


    『中予支部長 兼 家主挨拶』

    イッパチ会中予支部長として、本日の日を迎えることができたこと本当に嬉しく思っている。門屋組新社屋が完成するまでの期間は、企画時から含めると3年近く掛かってしまった。しかしながら、どんな想いで、どんな未来を創造し、どんな本気・本音の全社一丸が達成できるかを新社屋を通じて考える機会ももらえた。こうして、中予支部長 兼 家主挨拶後、門屋組新社屋の見学ツアーは幕を開けた。


    『新社屋に散りばめれた数々の思いに触れる』

    屋上階から1階まで、様々なところに散りばめられた数々の思いに触れた一行・・・。色んな思いが交錯する刺激的な見学ツアーとなった。


    『門屋組新社屋玄関口での記念撮影』

    見学ツアーが終了し、結びに門屋組新社屋玄関口で記念写真を撮った。後ろ指を差されていることに気付いていないIQピンクごりらだったが、笑顔と笑いが広がったことは間違いなし・・・。本日はお忙しい中、弊社にお越しいただき、誠にありがとうございました。


    『あさつきで懇親会』

    中予支部例会は無事に終了し、その後にあさつきで懇親会が開催された。久しぶりのイッパチ懇親会に、みんなテンション爆上がりだった。今度は忘年会でお会いしましょう。

  • 信頼を築けるイッパチの親睦ゴルフ_第34戦(IQごりら杯)2023/10/20 18:20


    『いや~、の決めポーズでいざ出陣』

    10月20日(金)、エリエールゴルフクラブ松山にて、信頼を築けるイッパチの親睦ゴルフ_第34戦(IQごりら杯)が行われた。前回の闘い(←その時の様子はこちら)から7ヵ月が経過し、本来ならば5月開催予定で幹事役だったクロマニヨンがポカミスを起こしたため、今回は私IQピンクごりらがピンチヒッター幹事を行い、イッパチゴルフ会の集いの場を開いた。よって、次回幹事はクロマニヨン確定ということで、自身が作った幹事襷をつけて登場したクロマニヨン・・・。11時頃から雨が降るという雨雲レーダーの予報を無視して、ダチョウ俱楽部風な記念写真を撮った後、OUTコース1番ホール(青)より闘いの火蓋が切って落とされた。さて、本日の結果や如何に!!!

    昨日の第32回門屋組親睦ゴルフコンペ(松山道後ライオンズクラブ 第45回チャリティーゴルフ2023)で、久しぶりのポンコツぶりを発揮してしまった私・・・。昨日に続いてのラウンドということで、内心はドキドキしていた。本日の対戦相手は、気心も手の内のすべて知り尽くされたキノコ隊長にハギノ鉄人・・・。そんなドキドキを見抜かれまいと、強気で振る舞い、大きな声を出して虚勢を張ってカモフラージュに徹した。が、しかし、そんなメッキは直ぐに剝がれ、問題となったエリエール一の難しい6番ホールで、OB&OBを叩き出し、スコアもメンタルも資産も大きく削られた。だが、ここから立て直すのが我が真骨頂・・・。後半戦に突入し、激寒激雨でガクブル状態でラウンドを進めていくうちに、右肩上がりにスコアもメンタルも資産も大きく伸ばしていく。終わりよければすべて良しとなった本日の私のスコアは、OUTコース48、INコース38、合計86で6人中なんと優勝だった。こうして、人の失敗がエネルゲンといった負のオーラを吸収して不撓不屈の精神で這い上がることができたイッパチカップは、雨も滴る中でのサイコーの気分で幕を閉じることができたのであった。

    P.S.:次回のイッパチカップは、2023年12月を予定。社長就任して気分上々のクロマニヨンはしっかりと幹事役を務めるようにしてください。頼むぜ。

     


    『栄えある優勝に輝いたIQピンクごりら』

    第34戦(IQごりら杯)を制したのは、前回からの2連覇優勝に輝いた私だった。君たち、いつでもかかってきなさい。あー、危なかった。リカピョン、「門屋組おめでとう」のバルーン、ありがとう。

    【イッパチカップの軌跡】←1回目から3回目まではコンペ形式にしてなかった。
    第 4 回優勝者:門屋 光彦
    第 5 回優勝者:門屋 光彦
    第 6 回優勝者:門屋 光彦
    第 7 回優勝者:日野 英典
    第 8 回優勝者:門屋 光彦
    第 9 回優勝者:日野 英典
    第10回優勝者:田井能 範定
    第11回優勝者:門屋 光彦
    第12回優勝者:桑原 涼一
    第13回優勝者:日野 英典
    第14回優勝者:山田 健次郎
    第15回優勝者:田井能 範定
    第16回優勝者:桑原 涼一
    第17回優勝者:武智 慧
    第18回優勝者:桑原 涼一
    第19回優勝者:門屋 光彦
    第20回優勝者:門屋 光彦
    第21回優勝者:桑原 涼一
    第22回優勝者:黒田 尚樹
    第23回優勝者:田井能 範定
    第24回優勝者:日野 英典
    第25回優勝者:門屋 光彦
    第26回優勝者:日野 英典
    第27回優勝者:門屋 光彦
    第28回優勝者:萩野 貴史
    第29回優勝者:萩野 貴史
    第30回優勝者:日野 英典
    第31回優勝者:城ノ戸 健志
    第32回優勝者:萩野 貴史
    第33回優勝者:門屋 光彦
    第34回優勝者:門屋 光彦