• 我が社自慢の女性課長2022/01/15 6:20


    『建設業で活躍する女性』

    長きに渡り、発刊し続けている一般社団法人建設業協会松山支部の会報誌「匠明」の2022年新春号が発刊された。2022年新春号の表紙には、現在保存修理工事真っ只中の道後温泉保存修理工事が写し出されていた。今回の「匠明」には、『建設業で活躍する女性』としてコーナーが設けられており、我が社自慢の女性課長(重見 圭子)の本気・本音の言葉が書き綴られていた。今日は我が社自慢の女性課長の原文を下記にそのまま載せたいと思う。

     

    【建設業界の女性の働き方について思うこと】 株式会社門屋組 重見 圭子

    私は㈱門屋組で現場監督として働いています。ひたすら目の前の仕事をこなす日々を重ねるうちに気が付けば早25年が過ぎました。特別仕事ができる訳でもないのに男性社会と言われる職場で働き続けてこられたのは、ひとえに女性らしい生活をしていないからでしょう。

    私は未婚で両親も元気に働いており、自分は身の回りのことをするくらいで誰かの世話をすることもありません。こんな私が女性の働き方を論じるのはおこがましいことですが、これからのあり方について少し考えてみたいと思います。

    「女性が働く」と言われるとき、多くの場合、この「女性」とは「家庭を持ちながら仕事をする人」のことを指している気がします。「仕事」に携わる場合、業務中は自分の時間をあくまでもお客様の都合や仕事の流れに合わせる必要があります。顧客の要望を叶えて初めて仕事が成立するからです。

    対して「家庭」作りも、家族が元気で活動できる場を作る大事な仕事です。家庭の要望を満たすために自分の時間や労力を費やす必要があります。限られたキャパシティの中で「家庭」と「仕事」を両立させようと思えば、100と100の仕事量を50と50なり60と40なりに減らさざるを得ません。効率化は必要ですが、個人でできることには限界があります。

    私の考える理想の働き方は、「家庭」と「仕事」をトータルに捉え、その中の優先順位を定めて行動できることです。コロナ禍でリモートワークが発達し、社会的にも働き方が大きく変わりつつあります。建設業界はリアルの世界で現場なくして仕事はあり得ないので、8時~17時の基本的な時間割を崩すことはできません。

    ただ、スクラップ&ビルドからストック活用への時代の変化と共に、新築のみならずリフォーム・メンテナンスの需要も多くなり、お客様主体の中にもフレキシブルな時間の使われ方が可能な部分も出てきている気がします。

    ITの活用や会社や同僚の理解とバックアップがあれば、建設業界でも女性にとっての新しい働き方が可能なのではないでしょうか。「家庭」の優先事項を許容できる柔軟さと風通しのよさで新しい働く場が生まれることを願ってやみません。

  • 信頼を築ける建設業との月例ゴルフ_第7弾2022/01/10 6:14


    『令和4年初の北条カントリー月例杯』

    1月9日(日)、北条カントリー倶楽部にて、信頼を築ける建設業との月例ゴルフ_第7弾を行った。昨年の月例(←その時の様子はこちら)から年が明け、前回揃わなかったフルメンバーとなる峰ザキタラちゃん、ギーノ君、仕事師との愉快な仲間たちが北条カントリー倶楽部に集結する。手の内を知り尽くしているメンバーなだけに、今日も鼻息荒い闘いが予想される。比較的に寒くなく、この時期にしては最高のコンディションとなる中、OUTコース1番ホールより令和4年初となる闘いの火蓋が切って落とされた。果たして、本日の結果や如何に・・・。

    ドライバーが当たらない者、シャンクが出る者、アイアンがまったく当たらない者、竿パターがボコボコに入る者、アプローチでチャックリする者、ペラボールしか出ない者・・・。様々なエラーが続出する中で、今日の私はアイアンがまったく当たらない者に属していた。「もうできた!」と思っても、できないのがゴルフ・・・。それぞれに色んな課題が頭を過る中、今日の月例杯においても様々な事を経験することができた。そんな私の本日のスコアは、OUTコース43、INコース49、合計92だった。こうして、まだまだシングルへの道は修羅の道であることを痛感した月例杯となったのであった。

    P.S.:ラウンドいただいたメンバーの皆様、今日一日お世話になりました。そして、今年もよろしくお願い致します。峰ザキさん、いつも運転ありがとうございます。次に会うまでには、お互いゴルフの腕を磨いておきましょう。そして、シャンクにはご安全に!!!

  • 第111回エースの会2021/12/21 6:23


    『スペインバル バソデオロ』

    12月20日(月)、スペイン料理 バソデオロにて、2021年度初となる第111回エースの会が開催された。コロナ禍でなかなか集えなかったエースの会・・・。昨年の集いから1年2ヵ月が経過し、コロナが落ち着いている今日この頃の中、久しぶりに建設業のつながりに花を咲かせる。門屋組の創業年である111年と同じ会の回数の機会を得て縁を感じる中、菅野会長を中心に業界の話、コロナの話、筋肉の話、健康の話、趣味の話、ゴルフの話、麻雀の話、韓国旅行の話等でとことん盛り上がることができ、大きな盛り上がりで今日一日有意義に過ごすことができたのであった・・・。

    本日は第111回エースの会に参加させていただきまして、誠にありがとうございます。坂本幹事、今日もありがとうございました。おかげさまで、年齢に関係なく会話を楽しみ、スペイン料理を堪能しながら今日一日日頃のストレスを発散することができました。長きに亘るエースの会ですが、これからも土木・建設業の強固な架け橋となり得る楽しい会が末永く続いていきますことを切に願っております。今年も大変お世話になりました。そして、来年も引き続いてよろしくお願いします。

     


    『スペイン料理を堪能』

    乾杯用にと、一誠先輩からスパークリングワインがプレゼントされた。一誠先輩のスパークリングワインを片手に、数々のスペイン料理を堪能しながら1年の振り返りとともに、来年に向けて気持ちを高め合ったのであった。

  • 信頼を築ける建設業との月例ゴルフ_第6弾2021/12/06 6:23


    『今日は訳あって三人で・・・』

    12月5日(日)、北条カントリー倶楽部にて、信頼を築ける建設業との月例ゴルフ_第6弾を行った。前回の月例(←その時の様子はこちら)から2ヵ月が経過し、ギーノ君と仕事師との愉快な北条カントリーの仲間たちとの闘いの火蓋が切って落とされる。私自身、今日で4連チャン目のゴルフとなるが、流石に疲労感はフルMAX状態にあった。寒くて風が強い中、INコース10番ホールから幕が開けた。果たして、本日の結果や如何に・・・。

    2ヵ月前とは大きく違い、気温が下がったせいでボールがまったく飛ばないことに気がついた。多分、10ヤード程は飛んでないと思う。また、バターナイフのようなアイアンのおかげで、芯を外した時のカス当たりではまったく飛んでくれないのだ。さらに、強風である。最強アゲンストでボールが大きく戻ってくるのだ。三人共、今日のラウンドで大きくスコアを落とした。そんな私の本日のスコアは、OUTコース47、INコース44、合計91だった。こうして、まだまだシングルへの道は険しい事を痛感した一日となったのであった。

     


    『今日、ラウンドできなくて残念です』

    ラウンドいただいたメンバーの皆様、今日一日お世話になりました。峰ザキタラちゃんさん、新年一発目にラウンドできることを楽しみにしています。

  • 青年部会分会対抗チャリティーゴルフ大会2021/12/04 6:23


    『東予・中予・南予の青年部会が集結』

    12月3日(金)、サンセットヒルズカントリークラブにて、令和3年度一般社団法人愛媛県建設業協会 青年部会分会対抗チャリティーゴルフ大会が開催された。コロナ禍ということもあり、2年ぶり(←2年前の様子はこちら)の開催となる。今日の天候は、雨雲レーダーによると所により雨という予報が出ていた。こんな晴れとんのにまさか・・・、と思っていたのも束の間、ラウンド中盤では思わぬものに見舞われた。そんな天候が不安定な中、INコース10番ホールよりチャリティーゴルフの幕が開けた。本日の結果や如何に・・・。

    良き天候でスタートしたものの、駒を進めていくにつれて淀んだ黒い雲が向かってきた。前半戦の最終ホールでは、コツコツコツコツ・パラパラパラパラと激しい音と共になんと大量の雹に見舞われてしまった。一瞬の出来事ではあったが、この嵐のせいでセカンドをOB、さらにシャンク&トップで+4を喰らったのである。すべては己のせいだが、思わず「なんて日だ!」と叫んでいた私・・・。しかしながら、後半戦では天気も回復して一日笑いながらプレーすることができた。そんな本日の私のスコアは、OUTコース39、INコース45、合計84で72人中2位だった。栄えある優勝はギーノ君だった。優勝、おめでとうございました。

    本日は令和3年度一般社団法人愛媛県建設業協会 青年部会分会対抗チャリティーゴルフ大会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。そして、本日共にラウンドいただきました皆様、一日笑いあり・笑顔ありのご縁をいただきまして誠にありがとうございました。今後益々の兵頭部会長を筆頭に青年部会松山支部及び愛媛県内支部内相互の強固な絆が構築されますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

    P.S:峰崎タラちゃんさん、行き帰りの運転いただきまして誠にありがとうございました。