• (一社)愛媛県建設業協会 松山支部青年部会研修旅行(最終章)2019/06/24 6:42


    『大倉山展望台に繋がるエスカレーターで・・・』

    6月23日(日)、昨日は札幌の歓楽街すすきので、決して松山では味わえない文化を堪能することができてから数時間後、一般社団法人愛媛県建設業協会松山支部青年部会 北海道研修旅行(最終章)を迎えた。楽しかった北海道3日間の締め括りとなる今日この頃・・・。旅で味わった数々の思い出話は尽きることはないが、それぞれの価値観の中で共有し学び合い青年部会にとって大きな成長の糧とすることができた。そんな名残惜しさの中、1日お世話になったTマークシティホテル札幌に別れを告げて、朝一のミッションであるスキージャンプ選手の気持ちになれる大倉山展望台へと向かい、素敵な札幌の街が見渡せる最高の場所に訪れた後、札幌中央卸売市場場外で会社&家族への土産を購入して新千歳空港へと駒を進めた。こうして、新千歳空港で最後の土産購入、または最後の北海道食の堪能、あるいは天然温泉&マッサージで癒された後、我がまち松山へと帰省するべく飛行機(直行便)に乗り込んだのであった。

    一般社団法人愛媛県建設業協会 松山支部青年部会北海道研修旅行3日間は、滞りなく無事に研修旅行することができました。これも二宮青年部会長をはじめとする松山支部青年部会員メンバーの皆様のおかげでございます。3日間、大変お世話になりましたこと、この場をお借りしまして心から感謝を申し上げます。皆さんと共に、実に6年ぶりに多くの経験と体験を北海道の地で育むことができました。この思い出を胸に、また明日から土木・建設業の発展・繁栄と共に社業の成長を考え、一青年部会としてさらに邁進していきたいと思います。これからの皆様方のご健勝とご多幸、さらには北海道のように開拓者精神をもって誇りを高く意識が変革されますことを切に願っております。3日間、大変お世話になりました。

    P.S.:西野くん、3日間大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い致します。

     


    『大倉山展望台到着の図』

    少し肌寒かったが、超長いエスカレーターを通じて大倉山展望台に到着した一行・・・。スキージャンプの勾配に圧倒された瞬間だった。


    『ここからは初乗りとなるロープウェイ』

    以前訪れた時はロープウェイに乗らなかったが、今回はロープウェイに乗っていざ展望台へと駒を進めた。高所恐怖症はガクブルだった。


    『展望台から見た札幌のパノラマ図』

    ロープウェイが展望台に到達し、上から札幌の街を見渡した一行・・・。一つ言えることは、スキージャンプ選手にはなれないなと思ったことである。


    『名残惜しいが北海道の魅力を最後まで満喫』

    大倉山展望台を後にして、札幌中央卸売市場場外で会社&家族への土産を購入して新千歳空港に向かった。新千歳空港でも土産を購入するとともに、痛風飯なる二色丼(ウニ・イクラ)とホッケにホタテにししゃものバラエティあふれる北海道食を堪能し、結びに新千歳空港内にある新千歳空港温泉で癒された後、我がまち松山へと帰省したのであった。3日間、大変お世話になりました。

  • (一社)愛媛県建設業協会 松山支部青年部会研修旅行(二日目)2019/06/23 6:59


    『北欧風の古城のようなクラブハウスと巨白ぐま』

    6月22日(土)、昨日の小樽での食文化を堪能してから数時間後、一般社団法人愛媛県建設業協会松山支部青年部会 北海道研修旅行(二日目)を迎えた。今日は小樽&余市観光組(6名)とゴルフ組(10名)に分かれて、北海道を満喫する予定・・・。自身は、今日でラウンド52回目となる今飛ぶ鳥を落とす勢いのゴルフをチョイスして今日を迎える。雨や雷が予想される中、北欧風の古城のようなクラブハウスとエントランスホールでこっちを見ていた白巨ぐまのエーヴラウンドゴルフクラブにて、ゴルフ組10名はOUTコース1番ホールから闘いの火蓋が切って落とされたのであった。本日の結果や如何に・・・。

    キャディなしのスルーでラウンドした私たち・・・。ハーフが終了した時、まさかの我々以外の松山人に出会うという超ビックリもあり、5ホール目あたりから降り出した大雨&自己主張してくる雷もあり、決して松山では体験することができない数々の物語があった。そんな最悪のコンディションでの私の今日のスコアは、OUTコース46、INコース48の合計94で、上限なしのダブルぺリアで10人中なんと優勝に輝くことができた。こうして、雨も滴る笑いあり・笑顔ありのゴルフの後、観光組と合流して今日の宿泊場である札幌の地(Tマークシティホテル札幌)へと移動後、松尾ジンギスカンすすきの店で北海道研修旅行二日目の英気を養ったのであった。

    北海道研修旅行二日目を、青年部会メンバーたちと多くの貴重な体験・経験をさせていただきましたことに、心から感謝しております。明日は大倉山展望台→札幌中央卸売市場場外→新千歳空港→松山空港で北海道の魅力を満喫して松山帰省する予定であります。しっかりと休養をとり、明日に臨みたいと思います。二宮部会長をはじめとする青年部の皆さん、今日一日、大変お疲れ様でした。明日へと続く・・・。


    『最高の天候の中、古城の前で記念写真』

    クラブハウスに到着し、古城のような佇まいクラブハウスとエントランスホールで待ち受けていた白巨ぐまにテンションは最高潮となった一行・・・。この時は最高の天候だったが、数時間後に嵐に遭遇するとはこの時だれも知る由もなかった。


    『左右狭しの打ち下ろしのミドルからスタート』

    広大かと思いきや意外と狭かった今日のコース・・・。ラフは非常に深く粘り気があり、一度入るとなかなか見つけることは困難でしかも出ない・・・。OUTコース1番ホールの朝一ドライバーショットは、左に引っ掛けて危うくOBかと思ったが木に助けられてセーフだった。


    『びしょ濡れラウンド終了後の表彰式&昼食』

    びしょ濡れラウンド終了後、表彰式&昼食をとった私たち・・・。ここで発表されたのは、まさかの優勝との事でニヤケ顔な時間が続いた私・・・。10人中7人が海鮮餡かけ焼きそばを注文し、松山では味わえない北海道の食を堪能した一行・・・。最悪なコンディションだったが、贅沢な欧風の古城のクラブハウスでかけがえのない時間を過ごすことができたのであった。この後、小樽→札幌へと移動です。


    『松尾ジンギスカンすすきの店』

    札幌の地、最後の晩餐として松尾ジンギスカンすすきの店で英気を養った一行・・・。特上ラム&特上マトンを大量のもやしで包み込み、腹いっぱいに胃の中に流し込んだのであった。明日へと続く・・・。

  • (一社)愛媛県建設業協会 松山支部青年部会研修旅行(一日目)2019/06/22 5:32


    『これから、新千歳空港に向けて飛行機に乗るっす』

    6月21日(金)、北海道の地に出発するべく、二宮青年部会長をはじめとする一般社団法人愛媛県建設業協会松山支部青年部会のメンバーたちは、松山空港 1階 ANA受付カウンター前に集結した・・・。私自身、青年部会に入会させていただいてから今回で9回目で、2013年度の長崎研修旅行から実に6年ぶりの研修旅行となる。2014年~2018年がJC活動で激動だったことが伺える・・・。年々と歴史を紡いでいるのはもちろんのこと、その年その年によって青年部会の確固として揺らぐことのない絆が構築されてきた。今年はいつも大変お世話になっている北海道の地で、青年部会の仲間たちと共に小樽~札幌の魅力を存分に味わうべく、新千歳空港に向けて飛行機は飛び立ったのであった・・・。

    松山空港から新千歳空港の直行便で北海道へと駒を進めた一行・・・。バスに乗り込み、今回の研修旅行最初のミッション先であるくまの木彫り体験として「白老体験工房コロポックル」に向かい、あらかじめ彫られた木彫りの人形に彫刻刀で魂を吹き込んだのである。初体験で、一行は腕に乳酸が溜まりまくり「ヒーハー」と言いながらも、それぞれ個性豊かな自分だけの木彫りの熊が誕生した。その後、研修旅行一日目の宿泊先となる小樽に向けてバスを走らせ、今日一日お世話になる天然温泉ドーミーインプレミアム小樽に到着後、無事の到着を祝って海鮮料理居酒屋「花ごころ」にて小樽の晩餐を楽しんだのであった。

    今日一日、青年部会メンバーたちと多くの貴重な体験・経験をさせていただきましたことに、心から感謝しております。明日は雨が予想される中、ゴルフ組&観光組に分かれてさらに北海道の魅力を満喫する予定であります。しっかりと休養をとり、明日に臨みたいと思います。二宮部会長をはじめとする青年部の皆さん、今日一日、大変お疲れ様でした。明日へと続く・・・。

     


    『木彫りの熊へ命を吹き込む体験』

    あらかじめ出来ていた木彫りの熊に、彫刻刀を使って毛並みを入れる体験を行った。初めは簡単と思っていた一行だが、やりはじめるとその過酷さに気づいた時は既に遅かったのである。腕がパンパンになった。


    『1時間を掛けて完成した木彫りの熊』

    毛並みを入れ、餌の鮭の鱗を描き、いい感じの木彫りの熊が完成した。見た目以上にしんどかったっす。


    『研修旅行一日目の集大成』

    小樽の地に到着し、本日の晩餐として海鮮料理居酒屋「花ごころ」で英気を養った一行・・・。北海道ならではのウニをはじめホタテやエビを堪能して、腹の欲求が満たされたのであった。明日へと続く・・・。

  • (一社)愛媛県建設業協会 令和元年度通常総会(運営手伝い)2019/05/24 6:50


    『来賓車への真心対応の第4班』

    5月23日(木)、アイテムえひめにて、一般社団法人愛媛県建設業協会 令和元年度通常総会が開催された。毎年この時期に開催される通常総会・・・。愛媛県知事をはじめ愛媛県各支部に所属する建設業協会員たちが集結し、通常総会が幕を開けたのであった・・・。

    いつもならひめぎんホールで開催する通常総会・・・。今年はひめぎんホールの改修工事と重なり、初会場のアイテムえひめでの開催となる。いつもと少し勝手が違う運営手伝いに臨む二宮部会長をはじめとする青年部会25名・・・。臨時駐車場への誘導、来賓車の対応、受付担当等、車の流れ・導線を確認し、想定される状況をイメージしながら運営手伝いに臨んだ。こうして、一般社団法人愛媛県建設業協会 令和元年度通常総会の運営手伝いは滞りなく執り行うことができたのであった・・・。

    P.S.:二宮部会長をはじめとする青年部会の皆様、一日大変お疲れ様でした。

  • 唇の手術&各総会と例会2019/05/17 6:51


    『下唇の手術痕』

    5月16日(木)、1ヵ月前から下唇に違和感があったのを看てもらった。ちょうど1ヵ月前くらいから、下唇にコリコリとしたシコリがあった。気にはなっていたものの、「まーそのうち治らい」と呑気に構えていたが、昨夜にネットで調べているうちに怖くなり歯科口腔外科に看てもらうことにした。診断の結果は、唾液腺が詰まって出来たシコリとの事で、診断後に直ぐに先生がシコリを手術で除去してくれた。そんな下唇が麻痺状態の中、愛媛県アームレスリング連盟役員総会からはじまり、松山道後ライオンズクラブ 第1414回例会、一般社団法人愛媛県建設業協会建築部会、土木部会、松山支部、松山建設業協同組合の総会がすべて滞りなく迎えることができたのであった。下唇と例会&総会の一日でした。


    『各総会&例会』

    唇の手術後、愛媛県アームレスリング連盟役員総会からはじまり、松山道後ライオンズクラブ 第1414回例会、一般社団法人愛媛県建設業協会建築部会、土木部会、松山支部、松山建設業協同組合の総会がすべて滞りなく迎えることができたのであった。


    『帰宅した時の下唇』

    12時を過ぎた頃から麻酔が切れて痛みが走っていた下唇・・・。各総会&例会を経て、笑いもしたし、笑顔も見せた・・・。自宅に帰った時には、下唇に縫合されていた糸がどこかに失われ、パックリと手術痕が顔を見せていた。舌で触ると血の味がするっす。