• 素晴らしき仲間たち2010/06/01 11:45

    P1001759 『美味しい料理を囲んで・・・』

     5月31日(月)、志季にて、(社)松山青年会議所の素晴らしき仲間たちと共に親睦会を行った。今年出会った仲間たち、幼稚園からの幼馴染、道後中学校の大先輩と、年齢関係なく集結した本日の親睦会。美味しい志季さんの料理を囲みながら、笑顔と笑いの絶えない親睦会に見兼ねた志季の若旦那も、思わず参戦することに・・・。そして、時間の経過を忘れてしまう親睦会のテンションは最高潮となったのであった・・・。
     今日一日、素晴らしき仲間たちとの一時を過ごさせていただきました。情熱の親睦会を開催できたことに、心からの感謝を申し上げます。本日は誠にありがとうございました。
     PS:現在、二日酔いと格闘中です・・・。

  • 松山JCじゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)最終日2010/05/28 1:59

    P1001753 『有馬ロイヤルゴルフクラブ』

     5月27日(木)、松山JCじゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)最終日。本日のゴルフ場は、地域社会との共生をめざして、新しいゴルフ場のカタチを追求し続ける有馬ロイヤルゴルフクラブに訪れた。新しいゴルフ場の形を追求し続ける・・・のビジョンをもっている有馬ロイヤルゴルフクラブのキャディさんの名札には、「私たちはお客様に感動していただく商品です」の文字が・・・。一体どんな感動をさせてくれるのかワクワクが込み上げてくる中、スタートホールに赴いた私たち。
     前日のゴルフ競技終了後に、共にラウンドさせていただいた田中先輩よりいただいた3つのドラゴンボール。「門屋くん。今日はOBでボールを無くし過ぎたから、これを使って明日頑張れよ」と、田中先輩はオレンジ色のニューカラーボール3個、そっと私に託して下さった・・・。これを受け取り、「明日は絶対この3個のドラゴンボールを無くさないようにプレーしてやる」と心に誓った私は、早速、ドラゴンボールを1個取り出しティーショットに臨んだ・・・。さてさて、本日の展開や如何に・・・。
     18番ホールの最終ラウンドまで気が抜けないメンバー同士の熱い闘いは、熱が冷めることなく全ラウンドが終了した。私のスコアはOUTコース47、INコース50、合計97であった。9人中5位という結果に終わった。前日の128打からいうと、97打という31打改善することができた。しかも、田中先輩から託されたドラゴンボールを1個も無くすことなく、クラブハウスに返ってくることができたのであった。田中先輩、本当にありがとうございました。そして、優勝された山田先輩、誠におめでとうございました。
     本日は、松山JCしゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)最終日に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。そして昨日と今日の2日間渡り、松山JCじゃがいもクラブのメンバーの皆様と共に楽しいゴルフを展開することができましたこと、心から感謝申し上げます。冒頭で述べさせていただいた通り、有馬ロイヤルゴルフクラブのキャディーさんから感動をたくさんいただくことができました。その感動とは、絶対に偉そぶらないその姿勢や、一つ一つの行動に対した数々の「ありがとうございます」という感謝の言葉であります。企業のビジョン一つでここまで変わることができるのか?ということを本日のゴルフを通じて体験・経験することができました。経営のヒントを気づかさせていただきました有馬ロイヤルゴルフクラブ様、本当にありがとうございました。そして、本日一緒にラウンドしていただきました山本先輩、寺川副いも長には大変感謝しております。2日間お世話になりまして、誠にありがとうございました。

     『現役じゃがいも隊』

     ゴルフを通じて絆が深まっていくじゃがいもクラブ。これからもよろしくお願い致します。写真は山本先輩に撮っていただきました。本当にありがとうございます。

    P1001758 『3個のドラゴンボール』

     前日のゴルフ競技終了後に、共にラウンドさせていただいた田中先輩よりいただいた3つのドラゴンボール。「門屋くん。今日はOBでボールを無くし過ぎたから、これを使って明日頑張れよ」と、田中先輩はオレンジ色のニューカラーボール3個、そっと私に託して下さった・・・。これを受け取り、「明日は絶対この3個のドラゴンボールを無くさないようにプレーしてやる」と心に誓った私は、早速、ドラゴンボールを1個取り出しティーショットに臨んだ・・・。結局、3個全てのドラゴンボールを守ることができましたよ。

    P1001754 『競技終了後の懇親会で・・・』

     2日間お世話になった兵庫県に別れを告げ、競技終了後の懇親会会場である香川県の骨付鶏「一鶴」を目指した一行は・・・↓ ↓ ↓

    P1001755 『おやどり・ひなどりの鶏祭り』

     骨付きおやどり(噛みごたえがある)と骨付きひなどり(やわらかくジューシーである)の2品を注文し、おやどり・ひなどりの鶏祭りを行いました。とても美味しくいただきました。

    P1001757 『夕日を眺めながら・・・』

     ハート交通号から、西に沈む夕日を眺めながら松山へと帰りました。夕日を見ていると切なくなってくる半面、明日からの仕事に気合を入れる自分がいました。明日からもパワー全開で頑張ります。2日間お世話になりまして、本当にありがとうございました。出逢いの絆に感謝しております。次回の6月例会も頑張りたいと思います。

  • 松山JCじゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)2010/05/27 23:02

    P1001746 『ハート交通号に乗り込んで・・・』

     5月26日(水)、本日の松山JCじゃがいもクラブ5月例会は、県外遠征ゴルフということで兵庫の地を目指した。が、しかし、ここで私は大失態をしてしまうことになる。それは、寝坊助で集合時間の5時に遅れてしまったのである。時計の針が5時を指しているのを見た瞬間、心臓が一瞬止まりそうになってしまった。「ががーーん」、こんな思いになったのは久しぶりだった。急いで支度して集合場所である椿神社へ車を飛ばしたのであった・・・。椿神社に到着すると、ハート交通号は今か今かと出発の機を覗っていた。そして、遅れて到着した私に対し、松山JCじゃがいもクラブの先輩はじめメンバーたちは、「かどやん、大丈夫、大丈夫やけん」と、温かく声を掛けてくれたのであった。私は涙が出るぐらい嬉しかった・・・。出発時間を30分遅れたハート交通号は、兵庫の地を目指し、まもなく出発を迎えたのであった。
     松山を出発してから約3時間30分、兵庫県の名門コースであるABCゴルフ倶楽部に到着した。ここABCゴルフ倶楽部は、男子ゴルフツアーのマイナビABCチャンピオンシップで、17歳である東京・杉並学院高2年の石川遼くんがプロ転向後初のツアー優勝を果たし、賞金金額3000万円を獲得したコースである。そんな名門コースで初プレーさせていただく私たちは、気合を入れる為、練習場に赴いたのであった。そして、気温が著しく低下してかなり肌寒い中、まもなくスタートを迎えた。
     前回の松山JCじゃがいもクラブ4月例会で優勝をさせていただいたこともあり、気合を入れて臨んだ本日の5月例会。皆に見守られながらオーナーを務めた朝一ファーストショットは、少々フェード気味のまずまずの当たりであった。そして続くセカンドショットでナイスグリーンオンしたボールは、2パットの末、見事カップインを果たし、パーでファーストホールを迎えることに成功した。これから大変苦労するゴルフが展開されるのを、この時の私は知る由も無かった・・・。幸せ気分のまま、続く2番ホールへと赴いた。さてさて、結果はどうなるのでしょうか・・・。
     18番ホールの池越え最終ラウンドは、期待を裏切らない池ポチャの末、7打で終えることができ、これにて本日の全ラウンドが終了した。私のスコアはOUTコース62、INコース66、合計128であった。27人中27位という、前回優勝から一気にビリへの転落を余儀なくされた・・・。優勝された松本先輩、誠におめでとうございました。
     本日は、松山JCしゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。今日一日、松山JCじゃがいもクラブのメンバーの皆様と共に、楽しいゴルフを展開することができましたこと、心から感謝申し上げます。そして、集合時間に遅れてしまいましたこと、この場をお借りしまして心よりお詫び申し上げます。前回優勝からビリへの転落を味わうことになりました5月例会ですが、本日一緒にラウンドしていただいた田中先輩、中村先輩、藤堂直前いも長には大変感謝しております。今後ますます松山JCじゃがいもクラブが、ご発展・ご繁栄されますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。明日へと続く・・・。

    P1001747 『練習場で気合を入れる』

     名門コースで初プレーさせていただく私たちは、気合を入れる為、練習場に赴いたのであった。そして、気温が著しく低下してかなり肌寒い中、まもなくスタートを迎えた。しかし、寒かったな~・・・。

     『朝一のファーストショット』

     私の朝一のファーストショットです。山本先輩に写真を撮っていただきました。皆に見守られながらオーナーを務めた朝一ファーストショットは、少々フェード気味のまずまずの当たりであった・・・。

    P1001749 『競技終了後ミーティング』

     私のスコアはOUTコース62、INコース66、合計128であった。27人中27位という、前回優勝から一気にビリへの転落を余儀なくされた・・・。優勝された松本先輩、誠におめでとうございました。

    P1001751 『神戸メリケンパークオリエンタルホテルからの眺め』

     本日の宿泊場所である神戸メリケンパークオリエンタルホテルからの眺めは最高でした。今から懇親会会場である中華料理天安閣へ向かいます。

    P1001752 『天安閣でのおもてなし』

     懇親会会場である中華料理天安閣に到着すると、早速、ビールで祝杯を挙げました。ビールを見てみると、なんと、松山JCじゃがいもクラブバージョンのビールだったのであります。天安閣さん、最高のおもてなしをありがとうございます。

  • (社)松山青年会議所5月例会2010/05/19 23:20

    RIMG0007 (2) 『元気ハツラツの講演』

     5月18日(火)、松山市総合コミュニティーセンターにて、(社)松山青年会議所5月例会が開催された。本日の例会行事は、次世代育成委員会主催による、一般市民参加型の『チャレンジする事で育まれる人間力』と題し、講師にプロレスリングゼロワン、株式会社ファーストオンステージの社長の現役プロレスラー大谷 晋二郎氏をお招きして講演が行われた。そして、リングアナのマイクパフォーマンスにより、(炎の刃)大谷 晋二郎氏がご入場され、元気ハツラツの講演は幕を開けたのであった。
     小学2年生の頃の大谷先生は、プロレスブームの真っ只中、大きな大きな夢を描くことになる。「よし、プロレスラーになろう!」と言い放った、この頃の心境を私たちへ熱く語っていただいた。そして、プロレスラーになる夢を実現する為に、親からの反対を押し切り、たった5万円を握りしめ上京を決心したのであった。夢の実現の為に、絶対に諦めない気持ちの下、大谷先生は毎日働きながらプロレスラーになる機会(チャンス)を待ったのである。そして、アニマル浜口さんとの出逢いにより、その機会(チャンス)を貰い、この時より夢への扉が一気に開かれたのであった。最後に大谷先生は、どんな挫折を味わおうとも、チャレンジする精神、絶対に諦めない気持ちを持つことで、「夢は必ず叶う」ということを私たちに伝えたのである。絶対に諦めない気持ちを持ち続けることで・・・。
     本日は、(社)松山青年会議所5月例会に参加させていただきまして、誠にありがとうございます。本日の大谷先生の元気ハツラツの講演を聴いて、改めて気づいたことや明日への活力をたくさんいただくことができました。チャレンジすることで私たちは日々成長していきます。そして、チャレンジする大人の姿勢を学び、家庭人として、社会人として、また地域の一員として、『凛とした大人の背中』を次世代の子どもたちに見せていけるように、もっともっと人間力を学んでいきたいと思います。雲瀬委員長をはじめとする次世代育成委員会のメンバーの皆様に心からの感謝を申し上げます。本日は誠にありがとうございました。
     PS:大谷先生、本日は誠にありがとうございました。プロレスリングゼロワン、株式会社ファーストオンステージ様の今後ますますのご発展・ご繁栄を切に願っております。元気ハツラツ逆水平チョップを賜り、本当にありがとうございました。
     大谷晋二郎のオフィシャルブログ:http://otanishinjiro.blog.players.tv/

    RIMG0009 『夢の実現に向けて・・・』

     小学2年生の頃の大谷先生は、プロレスブームの真っ只中、大きな大きな夢を描くことになる。「よし、プロレスラーになろう!」と言い放った、この頃の心境を私たちへ熱く語っていただいた。

    RIMG0012 (2) 『質問コーナーに突入』

     講演が終了し、質問コーナーに突入しました。数々の質問が飛び交う中、私も一プロレスファンとして質問とお願いをさせていただきました。質問内容は、「大谷先生はなぜジュニア級からなぜヘビー級に転向されたのか?」ということでありました。回答は、小さい者が大きい者へ立ち向かい、そして勝つという目標があった為、ジュニア級で頑張ったとの事。しかし、やはりそれだけでは限界があるらしく、体を大きくさせることを決意したのだとお答えしていただきました。そして、私からのお願いを発信させていただくことになる・・・↓ ↓ ↓

    RIMG0013 (2) 『必殺技の披露願い』

     現役プロレスラーである大谷先生の必殺技『顔面ウォッシュ』を「私にかけていただきたい」と強く願いました。すると大谷先生は・・・↓ ↓ ↓

    RIMG0015 (2) 『3つの技の中から選ばれたものとは・・・』

     超必殺技である『顔面ウォッシュ』は、顔がボロボロになるとの事で、先生から「3つの技の中から選んでほしい」と提案が出されました。1つ目の技は、パイルドライバー。これはここでやられると絶対に死んでしまうので却下。2つ目の技は、ジャーマンスープレックス。これもここでやられると死んでしまうので却下。3つ目の技は、逆水平チョップ。満場一致でこれに決定されました。そして、服を脱ぐことになったのであります・・・↓ ↓ ↓

    RIMG0016 (2) 『お着替えタイム』

     暫し時間をいただき、お着替えタイムに突入しました。会場内は次第に盛り上がりを見せてきた・・・↓ ↓ ↓

    RIMG0017 (2) 『お着替えタイム完了』

     お着替えタイム完了で、私もテンションが最高潮に・・・。これより、元気ハツラツ逆水平チョップのカウントダウンが始まった・・・3・・2・1・・・↓ ↓ ↓

    RIMG0021 『元気ハツラツ逆水平チョップ』

     「パシンッ」と鈍く痛々しい音は会場全体に響き渡りました。その瞬間、三途の川からおじいさんがこっちに手を振っているのが見えましたよ。(笑)
     現役プロレスラーの逆水平チョップを受けた私は、素晴らしいパワーをいただくことに成功しました。私の願いも叶い、会場も盛り上がり、素晴らしい5月例会でありました。雲瀬委員長をはじめとする次世代育成委員会のメンバーの皆様に心からの感謝を申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

    RIMG0028 『次の日・・・』

     お金には換えられない、一生の記念に残る手形をいただきました。元気ハツラツ逆水平チョップを賜りましたこと、心から感謝申し上げます。誠にありがとうございました。プロレスリングゼロワン、株式会社ファーストオンステージ様の今後ますますのご発展・ご繁栄を切に願っております。
     大谷晋二郎のオフィシャルブログ:http://otanishinjiro.blog.players.tv/

  • 憲法タウンミーティング2010/05/16 12:22

    RIMG0066 『主催者ご挨拶』

     5月15日(土)、城山公園堀之内の松山市民会館にて、憲法タウンミーティングが開催された。憲法タウンミーティングとは、(社)日本青年会議所が「憲法記念日に憲法のことを考える、ということを日本人として習慣化していこう!」という、憲法に対する意識を全国民で考えていく為に毎年開催される国民が気軽に参加できる機会、それが憲法タウンミーティングである。本日は(社)松山青年会議所主催の下、安倍晋三元首相をお招きして松山市民と共に「日本国憲法の論点と憲法改正国民投票法」を考えていく、第1部の基調講演が行われた。そして安倍晋三元首相は、国民の生命と財産を守るため改憲が必要であると強く訴えたのであった。こうして、私たち国民が知られざる国民投票法の全貌が基調講演を通じて明らかとなっていった・・・。
     第2部では、先月4月の松山市議選当選者4人によるパネルディスカッションが行われた。コーディネーターは(社)松山青年会議所第58代理事長(井川 直樹)が務められ、各党の先生たちの憲法に対する考えをお聞かせ願ったのであった・・・。
     本日は憲法タウンミーティングに参加させていただきまして、誠にありがとうございました。そして大変お忙しい中、憲法タウンミーティングにご参加賜りました多くの松山市民の皆様には、(社)松山青年会議所の一員として心から感謝申し上げます。いよいよ2日後の2010年5月18日より、憲法改正手続きを定めた国民投票法が施行されます。民間組織として国民目線でしっかりと憲法をとらえ、今後とも憲法を知り、学び、考えて、一国民として前向きに進展していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

    RIMG0072 『第1部の基調講演』

     安倍晋三元首相をお招きして松山市民と共に「日本国憲法の論点と憲法改正国民投票法」を考えていく、第1部の基調講演が行われた。そして安倍晋三元首相は、国民の生命と財産を守るため改憲が必要であると強く訴えたのであった。

    RIMG0078 『第2部のパネルディスカッション』

     第2部では、先月4月の松山市議選当選者4人による「実は身近な日本国憲法 その論点と地方自治を考える」のテーマの下、パネルディスカッションが行われた。コーディネーターは(社)松山青年会議所第58代理事長(井川 直樹)が務められ、各党の先生たちの憲法に対する考えをお聞かせ願ったのであった・・・。