株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

平成29年度門屋組忘年会

 『社長挨拶』

11月29日(水)、松山全日空ホテルにて、平成29年度門屋組忘年会が開催された。おかげさまで、誰一人として欠けることなく、平成29年度もこの日を迎えることができた。年末に差し掛かる大変お忙しい中、またお足元が悪い中、ご臨席賜った150名を超える皆様・・・。足を運んでいただいたことに感謝の念が込み上げてくる・・・。決してあたりまえではないことを思う中、忘年会開催に先立ち、友人たちからもらったマル留ネクタイ&Yシャツを身に付けて、私から皆様へご挨拶をさせていただいた。残る平成29年度が皆さんにとって有意義な年になることを願い、そして来る平成30年度に向けてさらなる飛躍ある年にしていくためにも、この1年間の想いと1年間目的意識を持って歩みを進めさせてもらった背景をお伝えさせていただいた。

門屋組107年目の年、次の100年へと、創業200年に向けた新たなる旅立ちとして、本気・本音の全社一丸、本気・本音の現場一丸を目指して踏み出したのである。私にとっては、4代目として社長就任して8年目、また本年は青年会議所活動においてJCIスポンサーシップ委員として国際の機会を多くいただき、これまで経験したことのない価値観と新たな友情を築くことができた。門屋組にとって、私自身が365日の半分以上も出席することができず、社長としての責任を果たすことができない場面においても、志同じくして力強く牽引していただいた齊会長、水野副社長、篠浦専務、青野部長をはじめ門屋組スタッフの皆様には本当に感謝している。特に、54年間もの間、門屋組を牽引し続けていただいた3代目齊会長の存在感には感謝以上に尊敬の念が大きく込み上げてくる・・・。そんなすべてに感謝し尽くせない平成29年度門屋組忘年会は幕を開けたのであった・・・。

引き続き、藤本さんへ門屋組50年余年勤務表彰が執り行われ、また門屋組40余年勤務表彰として小倉さん、さらには10余年勤務表彰として太田君と高田さんであった。その後、1年間輝き続けた協力会社様(株式会社中電工)と特別賞として協力会社様(日本道路株式会社)への褒章と、弊社スタッフにも社長方針に積極的に取り組まれた本年の目玉であるマル留金貨MVP(林総括)が贈呈されたのであった・・・。受賞者の皆様、本日は誠におめでとうございます。

受賞後、マルトメ協力会を代表して株式会社濱﨑組の濱﨑社長より、乾杯のご発声が執り行われた・・・。濱﨑社長は、「各現場において、携わらせていただいた感謝の念を強く抱くとともに、これからもマルトメ協力会員一丸となって安全意識を高く持って邁進していきたい!」と強く述べられ、声高らかに乾杯が行われた。こうして、今宵の笑いと笑顔の宴は幕を開けた・・・。

本日は、月末の大変お忙しい中、多数の皆様に弊社の忘年会にご臨席賜りまして、誠にありがとうございました。皆様と共にお酒を酌み交わし、一生に残る思い出づくりができましたこと、心より感謝申し上げます。今年のアトラクションには、スペシャルゲストとして「なんでだろう」とテツandトモさんにも場を盛り上げていただき、今日しか味わえない有意義な時間と笑顔と笑いをみんなで共有することができました。また来年も皆様と共に、笑顔溢れる明るく元気な平成30年度を迎えられますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

PS:テツandトモさん、最高の時間をありがとうございました。田中安紀さん、今日一日の写真撮影、本当にありがとうございました。

 

 『永年勤務表彰』

藤本さんへ門屋組50年余年勤務表彰が執り行われ、また門屋組40余年勤務表彰として小倉さん、さらには10余年勤務表彰として太田君と高田さんであった。藤本さんより、「今日まで続けてこれたのも協力会社の皆さんのおかげです」と人と人との絆の大切さが伝えられた。

 『1年間輝き続けた協力会社様』

1年間輝き続けた協力会社様へ褒章が贈呈されました。株式会社中電工様でありました。誠におめでとうございます。来年もさらに輝き続けて下さい。

 『社長特別賞』

社長特別賞として、1年間輝き続けた協力会社様へ褒章が贈呈されました。日本道路株式会社様でありました。誠におめでとうございます。来年も迅速対応をよろしくお願い致します。

 『年間MVP』

弊社スタッフにも社長方針に積極的に取り組まれた本年の目玉であるマル留金貨MVP(林総括)が贈呈されたのであった・・・。

【門屋組歴代MVP】
平成22年度 西尾 省二
平成23年度 光宗 健志
平成24年度 溝田 将也
平成25年度 戸田 裕之
平成26年度 井上 忠
平成27年度 木村 典生
平成28年度 岡本 和博
平成29年度  林 寿和

 『乾杯挨拶』

受賞後、マルトメ協力会を代表して株式会社濱﨑組の濱﨑社長より、乾杯のご発声が執り行われた・・・。濱﨑社長は、「各現場において、携わらせていただいた感謝の念を強く抱くとともに、これからもマルトメ協力会員一丸となって安全意識を高く持って邁進していきたい!」と強く述べられ、声高らかに乾杯が行われた。こうして、今宵の笑いと笑顔の宴は幕を開けた・・・。

 『シークレットライブ』

弊社の社訓である「感動していただこう。」の一環として、本日は例年と打って変わってスペシャルゲストによるシークレットライブが執り行われた。スペシャルゲストとして、テツandトモさんに登場していただき、会場内のテンションは一気に最高潮となった。会場全体での「なんでだろう」は笑顔と笑いに包まれた。

 『親子なんでだろう』

3代目&4代目の年の差47歳によるテツandトモさんとのコラボ「なんでだろう」がここに実現した。親父、ええ感じやで。

 『会場全体なんでだろう』

会場全体での「なんでだろう」で記念写真を撮った。

 『中締め挨拶』

齊会長より中締めのご挨拶が行われた。御年86歳、まだまだ進化し続けるスーパーひとしくんより「みなさんのおかげで、わしもゴルフに酒にまだまだ頑張れます。」と、発言した矢先にまさかの「なんでだろう」をやり始めた会長・・・。今日一に笑わせていただきました。こうして、本日お集まりいただきましたすべての皆様のご発展とご繁栄をご祈念して、1発締めで締めました。

本日は、月末の大変お忙しい中、多数の皆様に弊社の忘年会にご臨席賜りまして、誠にありがとうございました。皆様と共にお酒を酌み交わし、一生に残る思い出づくりができましたこと、心より感謝申し上げます。今年のアトラクションには、スペシャルゲストとして「なんでだろう」とテツandトモさんにも場を盛り上げていただき、今日しか味わえない有意義な時間と笑顔と笑いをみんなで共有することができました。また来年も皆様と共に、笑顔溢れる明るく元気な平成30年度を迎えられますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

2017-11-30 10:31 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第95回エースの会

 『天神に集う』

11月28日(火)、「博多もつ鍋 天神」にて、第95回エースの会が開催された。今日も、痛風の話、相撲の話、旅行の話、麻雀の話、趣味の話、今後の建設業界の話、昔話等でとことん盛り上がることができた・・・。大変盛り上がることができた本日のエースの会・・・。おかげさまで、今日一日有意義に過ごすことができたのであった・・・。

本日は第95回エースの会に参加させていただきまして、誠にありがとうございます。渡部幹事、今日一日大変お世話になりました。今後とも引き続き土木・建設業の強固な架け橋となりえる楽しいエースの会が末永く続いていきますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

2017-11-29 07:37 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

11月度マルトメ安全パトロール

 『伊予鉄道㈱室町営業所内外装一部改修及び倉庫・浴室新築工事』

11月28日(火)、11月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。パトロール員は、門屋組から篠浦専務と佐伯さんの2名。マルトメ協力会社から、株式会社四電工(玉井 正時 様)、株式会社 相原工業所(相原 靖弘 様)、株式会社 キクノ(長岡 純二 様)、有限会社 三愛設備工業(小掠 建樹 様)、株式会社 矢野船装(芥川 博史 様)、有限会社 吉田建設工業(吉田 力 様)の6名。計8名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、伊予鉄道㈱室町営業所内外装一部改修及び倉庫・浴室新築工事、(仮称)前原工業工場新築工事の2現場を回った。佐伯さんのパトロール報告に基づき、一日振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした伊予鉄道㈱室町営業所内外装一部改修及び倉庫・浴室新築工事では、鉄骨工事並びに塗装工事が行われていた。足場上の引き込み線の養生と標示は必須である。特に光ケーブルを切断させないように、注意してください。今後とも、一切の妥協を排した安全推進をよろしくお願いします。

最後にパトロールした(仮称)前原工業工場新築工事の現場では、鉄骨工事並びに電気設備工事が行われていた。現場内の整理整頓状況は良好だが、揚重機作業周囲と上下作業箇所の配慮を十分にして、不安全個所の撲滅を図ってください。今後ともさらなる安全推進をよろしくお願い致します。

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

・伊予鉄道室町営業所は、職員の喫煙場所が足場下にある為、第三者災害防止対策を講じなければならない。

・毎年安全対策が安定して出来てきている。悪い箇所を探す方が大変である。

・休憩所、喫煙所が綺麗である。今後この状態が当たり前になるように。

・パトロールに参加して、勉強させて頂いています。

・整理整頓、元気な挨拶が素晴らしい。社長方針が行き届いています。

・年に1回建築現場をパトロールするが、良い経験になっています。良い所を持ち帰って反映したい。


本日は年末の大変お忙しい中、11月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建築現場は常に危険と隣り合わせであり、一人ひとりが安全意識を向上させて、常に危険の芽を摘み取っていかなければならないことであります。建設業全体の事と捉え、門屋組と致しましてもゼロからすべての安全管理を見直し、安全管理体制が100%に近づけられるよう本気・本音で邁進していく所存です。協力会社の皆様方におかれましては、今期もご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。台風22号が接近しております。本日もご安全に!!!

 

 『(仮称)前原工業工場新築工事』

(仮称)前原工業工場新築工事の現場では、鉄骨工事並びに電気設備工事が行われていた。現場内の整理整頓状況は良好だが、揚重機作業周囲と上下作業箇所の配慮を十分にして、不安全個所の撲滅を図ってください。今後ともさらなる安全推進をよろしくお願い致します。

 『パトロール後の安全ミーティング』

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

2017-11-28 17:54 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(公社)松山青年会議所 第6回常任理事予定者会議

 『次年度に向けた議論』

11月27日(月)、久保豊一番町ビル 3階にて、公益社団法人松山青年会議所 2018年度第6回常任理事予定者会議が開会された。2018年度近藤体制が1月1日を迎えたその日から、円滑なスタートが切れるように、今から準備に準備を重ねながら役員予定者メンバーたちとコンセンサスを取っていかなければならない・・・。地域から最も頼られ、必要とされる品格ある青年の団体として威風凛然と前進していくための第6回常任理事予定者会議は幕を開けたのであった・・・。

本日は公益社団法人松山青年会議所 2018年度第6回常任理事予定者会議に出席させていただきまして、誠にありがとうございました。単年度制であるが故、先輩たちから連綿と受け継がれてきた良き伝統を守り続けるとともに、時代に応じた政策と運動を推し進めていかなければなりません・・・。当年度と次年度が交錯する忙しい中ではありますが、新たに気概と覚悟を持って一歩を踏み出した2018年度常任理事予定者の皆様、自身が歩んできた経験と修練を次代へ引継ぐためにも、今できることを本気・本音でやりましょう。本日は誠にありがとうございました。

威風凛然 ~徳を積み 絆をもって 共に未来へ~

2017-11-28 14:35 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

11月28日の誕生日


 

本日、11月28日(火)は米本さんの誕生日であります。おめでとうございます。今年の8月末に門屋組を退職された米本さん・・・。第25回門屋組親睦会において、送迎会を行ってから3ヵ月の間、今も尚、これまで築かれたお客様の信頼関係の引継ぎに余念がない・・・。退職されても、マル留ヘルメットを着用された米本さんの姿勢に心から敬意を表する次第であります。これからも、いつまでも明るく元気で過ごされることをお祈りしております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※米本さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は、『信』でございます。
2017年度の初めに「信」の一文字を理念文字とした米本さんには、信頼・信用を連想させるこの一字の如く、これからの人生も「信頼していただこう。」を念頭に、人と人との絆を構築していただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「信」という文字を常に念頭に入れて、お体には十分ご自愛ください。

2017-11-28 02:08 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

同級生からの贈り物

 『マル留ネクタイ&Yシャツ』

先日の11月18日(土)に同級生から最高の贈り物をもらった。なんと、マル留刺繍入りのネクタイ&Yシャツだった。あの時からちょうど2ヵ月が経過しての誕生日プレゼントということもあり、時間差サプライズは自身の心にグッと突き刺さった・・・。2ヵ月の間、サプライズのために妻ともと「ごにょごにょ」と打合せをしていたようだが、1年の内の最も心労が重なる11月&12月を迎えるにあたり、自身にとってこの上ない心の癒しへと繋がったのであった。

同志よ、心からのプレゼントをありがとう。明後日に開催する平成29年度門屋組忘年会には、これを身に付けて出席するぜ!!!

2017-11-27 12:31 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第6回道後温泉一番走り~湯上り頂上決戦~

 『開会式』

11月26日(日)いい風呂の日、少々悪天候の中ではあったが、第6回道後温泉一番走り~湯上り頂上決戦~が幕を開ける・・・。松山の誇るべきたからである道後温泉を舞台に、道後湯之町の山頂に位置する冠山駐車場に配置された一番桶の争奪戦・・・。争奪戦で一番桶を取った者だけに与えられる俊足No.1の称号と、道後温泉本館の屋上にある振鷺閣(残したい日本の音風景100選)の刻太鼓(100年以上も時を刻み続けてきた)を叩く権利が得られる。また、勝者の証しとして道後温泉本館並びに飛鳥乃温泉の年間フリーパス券となる入浴手形が手に入る。10時より開会式及び安全祈願が執り行われ、道後温泉本館前~冠山駐車場までの250mを爆走する男走り(予選×2)、家族参加走り、女走りの総勢250名による闘いの火蓋が切って落とされた・・・。結果や如何に・・・。

本日はお足元の悪い中、「第6回道後温泉一番走り~湯上り頂上決戦~」にご参加いただき、誠にありがとうございました。また、道後一番走り開催に伴い、多大なるご理解の下にご支援・ご協力いただきました道後温泉旅館協同組合様、道後商店街振興組合様、ご協賛いただいた各社様、心より感謝申し上げます。道後温泉本館前から冠山駐車場までの250m・・・。激走時間約30秒の中にも、笑顔あり・笑いあり・涙ありの多くのドラマが存在しました。そして、我がまちの誇るべきたからである道後温泉を中心に、多くの感動の声とその一瞬にしか味わえない笑顔が波紋のように広がりました。今後とも、松山の誇るべきたからに触れるとともに、人と人、人と地域とのつながりがさらに広がり、次世代へと末永く続いていきますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

PS:準備・設営に際し、統括された大谷議長・三原副議長率いる歴史文化発信会議の皆様、大変お疲れ様でした。

 

 『ゴールを目指して・・・』

今日の私の担いはゴールでPロープなるゴールテープを持つ役だった。250mを爆走する選手たちを温かく見守った。

 『表彰式』

男一番走り、二番走り、三番走り、女一番走り、二番走り、三番走りの勝者が決定し、競技終了後には表彰式が行われた。副賞として贈られる一番走りオリジナル浴衣と桶を持ち、清々しい笑顔で登壇した勝者のみんなの顔が印象的だった。本当におめでとうございます。

 『道後温泉本館前で餅まき』

一番走り勝者からの福の御裾分けである餅まきが、12時の刻太鼓を叩いた後の12時5分より展開された。2000個の御餅が宙を舞った瞬間である。道後から笑顔と笑いが広がっていった・・・。また来年も道後温泉一番走り~湯上り頂上決戦~をよろしくお願い致します。中田理事長、本藤副会長、お忙しい中、参画していただき、本当にありがとうございました。

2017-11-27 06:16 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

愛媛ブロック協議会 新旧合同全体会・功労者表彰式

 『2017年度会長・2018年度会長挨拶』

11月25日(土)、リジェール松山にて、公益社団法人日本青年会議所 四国地区 2017年度・2018年度愛媛ブロック全大会・功労者表彰式が開会された。愛媛ブロック協議会2017年度会長(武田 健一 君)から2018年度会長(中田 博文 君)へ、先輩諸兄から連綿と受け継がれてきた愛媛ブロックの情熱バトンが受け渡された・・・。

JCIクリード並びにJCIミッション・ビジョンの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。その後、2017年度愛媛ブロック協議会 会長(武田 健一 君)より、結びを迎えられる感謝のことばと1年間の集大成となることばとともにご挨拶が行われた。また、2018年度愛媛ブロック協議会 会長(中田 博文 君)より、英知と勇気と情熱を持った一歩を踏み出す力強いことばが発せられ、私たちが今後歩んでいく愛媛ブロックの方向性を示すものとなった。こうして、新旧合同全体会並びに功労者賞表彰式の後、愛媛の絆から愛顔溢れる大懇親会が盛大に幕を開けた・・・。

本日は愛媛各地青年会議所メンバーの皆様、松山の地へお越しいただき心から歓迎申し上げます。そして、本日の2017年度・2018年度愛媛ブロック新旧合同協議会のご開催、心からお慶び申し上げます。2018年度愛媛ブロック中田丸の出航に向けて、多くのメンバーの皆様と会議を行い、愛媛ブロックのコミュニケーションを図ることができたことに心から嬉しく思っております。今後とも、来年で卒業を迎える者として、愛媛ブロック協議会・四国地区協議会共に本気・本音で盛り上げていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。本日の有意義な会議に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

 

 『功労者表彰式』

JC活動において、愛媛ブロックを発展・繁栄に導かれた2017年度卒業生への功労者表彰式が執り行われた。これまでの愛媛ブロックの歴史を紡いでいただき、誠にありがとうございました。そして卒業、おめでとうございます。

 『乾杯挨拶』

功労者表彰式が終了し、愛媛の絆を深める懇親会が開催された。白石直前会長による乾杯の発声後、懇親会は輝かしく幕を開けたのであった。白石直前会長、同期理事長として、そして本年は内部会計監査人代表として色々とお世話になりました。

2017-11-26 02:16 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第19回門屋組大川清掃会

 『大川清掃前状況』

11月24日(金)、第19回門屋組大川清掃会を実施した。大川は門屋組本社の前を流れている歴史ある川である。現在弊社では、年に2回の5月と11月に大川清掃会を実施している。前回は私自身、盛岡出張と重なり、参加することができなかったが、今回は天候にも恵まれた中で第19回門屋組大川清掃会は私の挨拶とラジオ体操とともに幕を開けた・・・。

各チームリーダーを中心に、支える一人ひとりが仲間との意思疎通を図りながら大川清掃に臨む・・・。ロープとキャリーを上手に使い、上下作業の中でコミュニケーションと執りながらゴミや草の引き上げ作業を行っていく・・・。前回から進化したゴミの引き揚げの際の養生ブルーシートから土間シートに変化していた。交通誘導をする者、ゴミの配送を行う者、土手・河川の草刈りを行う者、最後のガードレールに付着した泥や草を綺麗に後方支援する者、「誰の為に!何の為に!」という概念はなく、ただ「私たちを見守ってくれている大川を守る」・「近隣地域に感謝する」を念頭に入れたみんなの額からは美しい汗が流れていた・・・。本気・本音の全社一丸ならではの連携した作業は、真摯に行われたのであった。

本日は各現場作業がある大変お忙しい中にも関わらず、第19回門屋組大川清掃会をスタッフ一同怪我をすることなく、無事に清掃を実施することができました。おかげさまで再び綺麗な姿を取り戻し、水も清らかに流れるようになりました。いつも弊社を見守ってくれている大川に感謝の気持ちを込めて、2018年度の5月に予定している第20回門屋組大川清掃会では、更に綺麗な大川にしていきたいと思います。皆さん、本日は早朝より大変お疲れ様でした。

P.S.:2008年12月から取り組まれた第1回門屋組大川清掃会も9年目を迎えました。継続は力なり!!!

 

 『頑固な数珠草を刈りまくる』

各チームリーダーを中心に、支える一人ひとりが仲間との意思疎通を図りながら大川清掃に臨む・・・。ロープとキャリーを上手に使い、上下作業の中でコミュニケーションと執りながらゴミや草の引き上げ作業を行っていく・・・。前回から進化したゴミの引き揚げの際の養生ブルーシートから土間シートに変化していた。

 『清掃完了』

8時からスタートした大川清掃も約2時間で200m区間を清掃することができた。コミュニケーション、そして連携を図りながらの清掃を目の当たりにし、「流石だな!」と感心させられた私・・・。一人ひとりの清掃活動に心から感謝申し上げます。

2017-11-25 01:07 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第6回道後温泉一番走り~湯上り頂上決戦~まであと2日

 『NHK総合1で最後の発信』

11月24日(金)、11時30分からはじまる、NHK総合1の「四国おひるのクローバー」で生放送された公益社団法人松山青年会議所 第66代理事長(今城 靖浩 君)による第6回道後温泉一番走り~湯上り頂上決戦~の詳細が発信された。開催まで残すところあと2日と迫った松山JC2017年度結びの事業となる。2012年度から新事業として幕を開けた一番走りも、今年で第6回目を迎えることとなり、年々と進化し続けている本事業も今年は開催時間、コース、流れ共に大幅に改革して臨むこととなる。11月26日(日)は、10時より冠山駐車場にて開会式、10時50分より男一番走り(予選)、11時より家族参加走り、11時10分より女一番走り、11時15分より男一番走り(決勝)の流れとともに、13時から道後温泉本館前の坊っちゃん広場でステージイベント(坊っちゃん劇場、獅子舞保存会、松山少年少女合唱団)も行われる。

いい風呂の日、11月26日(日)10時には、多くの皆様方の道後へのお越しを「まっとるけん!」

 

 『一番走りのコースその1』

道後温泉本館前がスタート位置となる。冠山駐車場での開会式後、10時50分より男一番走り(予選)がはじまるので、スタート位置付近は見所のひとつとなるだろう。すべてはくじ引きの引運が勝敗の決め手となるが、参加されるランナーの皆さんにおかれては良きくじを引かれることを祈っている。

 『一番走りのコースその2』

スタートしてから50mにある最初の関門は、坂道前の狭い道が難関となる。ここではぶつかりは必須だが、あたり負けしない根性が求められる。

 『一番走りのコースその3』

狭い道を通過後に待ち受けるのは、急勾配となる心臓破りのながーい坂道だ。坂の上の雲を想像するかの如く、白く光り輝く一朶の雲を掴み取ってもらいたい。この坂はキツし・・・。

 『一番走りのコースその4』

きつーい坂道を走り切ると、急勾配に加えた右急カーブが待ち受けている。ここまで来ると、足の乳酸が溜まりまくってくる頃だろう。足の筋肉は耐えられるか・・・。ゴールは目の前だ。

 『一番走りの特典』

一番走りに輝いた方への特典として、道後温泉本館並びに道後温泉別館飛鳥乃温泉1年間使い放題フリーパス券、お米10㎏、ビール1ケース、そして環境省選定「残したい日本の音風景100選」のひとつである道後温泉(刻太鼓)を叩ける権利を獲得する。是非とも一番走りを目指して、道後を制覇していただきたいと思います。2日後の明後日は、道後で皆様のお越しを「まっとるけん!」

2017-11-24 12:45 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る