株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

2016年度全国大会運営会議 第3回スタッフ会議

IMG_2444[1] 『大勝軒を堪能』

4月29日(金)、昨日、さいたま市への表敬訪問において、新たな価値観をいただくとともに、次年度への引継ぎ事項と共に2017年度第66回全国大会埼玉中央大会以降の未来を見据えることができた。そんな中、昼食にラーメン文化で知られる埼玉のたから(大勝軒)を長谷川副議長と喰らう・・・。埼玉の誇りあるラーメンを堪能後、2016年度全国大会運営会議 第3回スタッフ会議に参加するべく、公益社団法人埼玉中央青年会議所 事務局に向かい、長谷川副議長による開会宣言の下、スタッフ会議は輝かしく幕を開けたのであった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第3回スタッフ会議に多くのスタッフの皆様に参加いただきまして、誠にありがとうございました。明日より、志同じくする同志たちが埼玉の地に集結し、1年後の2017年度第66回全国大会埼玉中央大会の構築の現状を確認する現地調査並びに対話集会が開催されます。埼玉の土壌と潜在能力を最大限に引き出すヒヤリングを行い、私たちにとっても公益社団法人埼玉中央青年会議所にとっても、成長と気づきある一日を迎えさせていただきたいと思います。埼玉の地での3日間、宜しくお願い申し上げます。明日へと続く・・・。

 

DSC01188 『議長挨拶』

第65回全国大会広島大会を構築する一つひとつの議案に向き合うべく、埼玉の地でこうしてスタッフ会議ができることへの感謝の気持ちを伝えた・・・。数多くの議案が多面的な角度から精査されていく・・・。

DSC01201 『スタッフ会議後の懇親会』

スタッフ会議後、埼中ナイト(Diavoiaの集い)が幕を開けた・・・。北先輩のお膝元で、こうして集えたこと、そして里中先輩の心温かなご厚志で乾杯できたこと、最高の埼中ナイトとなった。明日も引き続きよろしくお願い致します。

2016-04-30 07:22 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2017年度以降の未来を見据えた埼玉中央出張

DSC01179 『埼玉の地を目指す』

4月28日(木)、1年後に控える2017年度第66回全国大会埼玉中央大会以降の未来を見据えるべく、羽田空港からの大宮を目指した私・・・。そして、仲間たちが待ってくれている羽田空港に無事に到着することができた。明日からの3日間、現状の全国大会構築状況に真摯に向き合うとともに、主催者・主管の立場を今一度確認し合うべく、全力で臨みますのでよろしくお願い致します。吉田理事長をはじめとする公益社団法人埼玉中央青年会議所メンバーの皆様、有意義な3日間になることを切に願っております。

PS:永嶋親分、里中先輩、お会いできて光栄です。

2016-04-29 08:38 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

4月度マルトメ安全パトロール

 『(仮称)アルファスマート衣山新築工事』

4月28日(木)、4月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から髙木部長と佐伯さんの2名。マルトメ協力会社から、株式会社篠浦総合板金(篠浦 昇 様)、株式会社神野組(中矢 智 様)、株式会社須賀組(田中 貞友 様)、株式会社タガ(浦本 正志 様)、有限会社ルーフタカタ(藤原 知昭 様)、有限会社隅田板金(隅田 望 様)、西日本電設株式会社(越智 浩介 様)の7名。計9名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、(仮称)アルファスマート衣山新築工事、花園町東通りファサード整備工事、愛媛縣護國神社御幸殿新築工事の3現場を回った。佐伯さんのパトロール報告に基づき、一日振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした(仮称)アルファスマート衣山新築工事の現場では、各所仕上げ工事が行われていた。現場内部の整理整頓状況は良好だったが、分電盤BOXが開きっ放しの状態のものが多数みられたので、必ず閉じることを徹底するようにしてください。これからも、常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

次にパトロールした花園町東通りファサード整備工事の現場では、仮設工事及び外壁工事が行われていた。少しの段差や出っ張りでも第3者災害につながるので、充分な養生を施して、万全の安全管理体制で臨むようにしてください。今後とも想定される危険予知を想像するとともに、近隣地域への配慮・安全配慮を怠らないように、日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

最後にパトロールした愛媛縣護國神社御幸殿新築工事の現場では、現場内雑工事が行われていた。現場内において、雨養生が不十分なところが多く見られた。雨天対策を施した上で、今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

・今後雨が多い季節になるので、足元のぬかるみや滑り、漏電に要注意。

・どこも整理整頓は出来ているが、まだまだ細かいゴミがあったり、分電盤の蓋が開きっ放しの状態がある為、もう一歩踏み込んで監理をすれば良い。

・現場監督の安全意識が高く、感心する。自社労働者にも植えつけたい。

・現場監督の安全意識が高い。

・街中の狭い現場では、第3者災害防止に努めなければならない。

・安全で作業し易い環境が創られている。工事する者が安全意識を高め、事故を起こさないように。

・もう一歩踏み込んで、小さなゴミを拾うように指導してください。我々も協力します!!

・一人一人の安全意識が高く、挨拶の励行が周知されており、レベルが高かった。施工レベルも高く、勉強になりました。


本日は年度末の大変お忙しい中、4月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建築現場は常に危険と隣り合わせであり、一人ひとりが安全意識を向上させて、常に危険の芽を摘み取っていかなければならないことであります。建設業全体の事と捉え、門屋組と致しましてもゼロからすべての安全管理を見直し、安全管理体制が100%に近づけられるよう本気・本音で邁進していく所存です。協力会社の皆様方におかれましては、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。本日もご安全に!!!

 

 『花園町東通りファサード整備工事』

花園町東通りファサード整備工事の現場では、仮設工事及び外壁工事が行われていた。少しの段差や出っ張りでも第3者災害につながるので、充分な養生を施して、万全の安全管理体制で臨むようにしてください。今後とも想定される危険予知を想像するとともに、近隣地域への配慮・安全配慮を怠らないように、日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

 『愛媛縣護國神社御幸殿新築工事』

愛媛縣護國神社御幸殿新築工事の現場では、現場内雑工事が行われていた。現場内において、雨養生が不十分なところが多く見られた。雨天対策を施した上で、今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『パトロール後の安全ミーティング』

3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。GW前の大変お忙しい中、門屋組の現場に真摯に向き合っていただき、心から感謝申し上げます。現場監督の皆さん、現場一丸となって安全・品質管理をよろしくお願い致します。

2016-04-29 08:34 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

愛媛県政発足記念日知事表彰受章祝賀会

IMG_2443[1] 『友情の下に集った仲間たち』

4月27日(水)、松山全日空ホテル 6階「日本料理 雲海」にて、白石 春夫 氏 愛媛県政発足記念日知事表彰受章祝賀会が開催された。今日まで誠実に直向に前進されたことで、本年に知事表彰が受章された。発起人並びに受賞者からの説得力ある言葉をはじめ、受章に伴い集った笑顔あふれる仲間たちのもとに、白石 春夫 氏 愛媛県政発足記念日知事表彰受章祝賀会は輝かしく幕を開けたのであった・・・。

本日は白石 春夫 氏 愛媛県政発足記念日知事表彰受章祝賀会、心からお慶び申し上げます。受賞者並びに参加者皆が発することば「ここからが新たなるスタートなのだ」の言葉の如く、強い信念と情熱を持って、今後とも建築士事務所協会の会長として、力強いリーダーシップを発揮されることを切に願っております。本日は誠におめでとうございました。

2016-04-28 08:25 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

大切なたからもの

DSC01178 『名刺入れ』

今から10年前に、高知県の株式会社宮崎技建でお世話になった社長をはじめみんなから退職祝いでいただいたオーストリッチの名刺入れ・・・。今でも愛用している。使い込むほどに馴染んでくるオーストリッチ。この名刺入れを見るたびに、4年間の修業時代のことを走馬灯のように脳裏によみがえってくる。自身を奮い立たす大切なたからものは、自身が迷った際に背中を押してくれる目に見えない力が宿るのだ。今でも愛用しているぜ、オーストリッチの名刺入れ。大切なたからもの・・・。

2016-04-27 02:16 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

4月27日の誕生日

本日、4月27日(水)は谷本課長の誕生日であります。おめでとうございます。建築部の課長として、持ち前の気配り・心配りでリーダーシップを発揮されている谷本課長・・・。協力会社の皆さんと共に、情熱をもって地図に歴史に人の心に留まる建物を構築しています。これからも近隣地域への配慮を忘れることなく、持ち前の情熱で建物施工に臨んでください。そんな谷本課長も本日は誕生日・・・。1年に1回しか訪れない誕生日を有意義なものにしていただきたいと思います。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※谷本課長の2016年度貫き通す漢字一文字理念は『時』でございます。
時間を連想する「時」の一文字・・・。お施主様・設計監理者・現場のメンバー・上司・同僚・部下・友人・家族との時間を有意義に、そして大切にして時間軸を自身のものにして邁進してください。

2016-04-27 01:44 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

取り戻せ、健康体を!(体重停滞期編)

昨年の12月上旬から開始した健康体プログラムも4ヵ月が過ぎようとしている・・・。糖質制限、いわゆる炭水化物過多とならないように、食に気をつけながらこの4ヵ月間推進してきたものの、この1ヶ月の体重は一向に減ってくれるような気配はない。当時85kgあった体重が、今では77kgまでは減ってくれた。体重停滞期を迎えている今日この頃だが、体が資本と捉えて、健康体を取り戻すべく、体調管理・自己管理に臨みたいと思う。

PS:真夜中の食事もやめた。車移動の途中の間食(サンドイッチ・おにぎり)もやめた。次は何をやったらいいんだ・・・。そうだ、運動をしよう!!!

2016-04-26 01:09 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

北九州から松山帰省

DSC01177 『朝一ホテルからの眺め』

4月24日(日)、前日の大懇親会の余韻がまだ残る中、北九州の地から松山へと帰省する日がやってきた。目を閉じると、昨日のJAYCEEのつながりが脳裏を駆け巡る・・・。「いや~JCってほんとうにいいもんですね」、末松先輩、ミオミオ、本当におめでとうございます。って、思っていながら時計を確認すると、9時だった。この時間は、確実に福岡空港10時発の松山行きの便には遅れてしまう・・・。一瞬取り乱しながらも、大急ぎでステーションホテル小倉をチェックアウトして、新幹線に乗り込んだ。が、しかし、またまた試練が目の前に現れる・・・。前日の結婚披露宴(大懇親会)の引出物をホテルに忘れてしまうという大失態を犯してしまう・・・。急いでホテルに連絡して、自宅に届けてもらうように手配した。色んなことがバタバタあったが、何とか無事に松山に帰省することができたのであった。疲れがピークになっていることは確かだが、北九州の地で出逢ったすべての皆様に、心から感謝申し上げます。

2016-04-25 00:32 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

結婚披露宴(JCでつながる北九州の愛物語)

S__16416901 『戦国武将姿で短刀でのケーキ入刀』

4月23日(土)、東京の地、青年会議所会館に別れを告げて、高見理事長と共に、本日結婚披露宴が開催される北九州の地を目指した・・・。北九州の地に降り立つと、どういう訳か雨が降り出している・・・。どうやら妖怪アメフラシが原因のようだ。そんな中、2014年度全国大会運営会議 棟久総括幹事に迎えに来てもらい、結婚披露宴会場である千草ホテルに向かった。

会場内は、新郎新婦の入場を待ち侘びて、今か今かとその輝かしい入場に期待を抱く。そして、司会者から合図の瞬間、ウェディングドレスを身に纏った新郎新婦が華やかに登場したのである。手を添えて足場を気遣う新郎と新婦の「ついていきます」な姿に会場内のすべてが心を奪われてしまう。こうして、新郎新婦が高砂席に座った瞬間、結婚披露宴は輝かしく幕を開けた。

新郎新婦に向けたはなむけの言葉が贈られていく・・・。新郎新婦へ心温かな祝辞が執り行われた後、決して忘れてはならない心として、人を良くすると書いて「食」だけは必ず二人で行っていただきたいことを念頭に、いつまでも幸せな家庭を築いていくことを会場全体で祈念して乾杯を執り行ったのであった。こうして、心をひとつにする祝宴は輝かしく幕を開けた・・・。

美味しい料理と美味しいお酒、そしてご縁とご縁で結ばれたつながりを確かめ合いながら、会場内は一気にテンションが上がり、全国のJAYCEEでつながる友情に一気に一体感へと変わっていく・・・。一生の思い出に残る結婚披露宴は終日盛り上がりを見せたのであった・・・。

本日の結婚披露宴(JCでつながる北九州の愛物語)、誠におめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。新郎から会場の皆様へと伝えられたように、笑顔と愛情、そして穏やかな家庭をこれから築いてほしいと思います。それは、本日出席させていただいた私たち全員の願いでもあります。本日の素晴らしい結婚披露宴に出席させていただきましたこと、心より感謝申し上げます。本日は誠におめでとうございました。

PS:10月6日(木)~9日(日)、第65回全国大会広島大会が開催されます。色んな意味で、皆様方の広島へのお越しを「まっとるけん!」からの「きんさいや~!」

 

13054597_1107852692620809_1704610607_o 『2011年度全国大会運営会議』

5年間の時を経て、第60回全国会員大会名古屋大会を全力で運営した、2011年度全国大会運営会議 第1小会議メンバーが集結する・・・。末松ボスとのつながりは確固として揺らぐことはない。私の全国大会への歩みの原点はここからすべてはじまった・・・。みんなに会えて最高だぜ。

S__46120963 『2014年度全国大会運営会議』

2年間の時を経て、第63回全国大会松山大会を全力で運営した、2014年度全国大会運営会議スタッフが集結する・・・。第63回全国大会松山大会の実行委員長として、「まっとるけん!」ポーズで記念写真。本気でまちを愛し、情熱を持ってまちに向き合えた1年間でした。みんなの笑顔で勇気をもらったぜ。

S__50954242 『2014年度日本JC地域グループ』

担当ラインで地域の活性化に向けて毎日語り合っていたことを昨日の事のように思い返す・・・。第63代会頭(鈴木 和也 先輩)をはじめ本当にお世話になった地域グループの諸先輩たちと「たくましい国 日本」ポーズで記念撮影。JCで培った友情は不変です。変わらないために変わることを今一度誓い合った。

2016-04-24 16:53 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第4回理事会並びに第4回ブロック会長会議

DSC01157 『理事会開会』

4月23日(土)、前日に大懇親会議案に向き合ってから数時間後、東京クール3日目の朝を迎えた・・・。少々疲れが残っているのが気になる今日この頃だが、3日間お世話になったアパヴィラホテル赤坂見附に別れを告げ、本日開会される第4回理事会並びに第4回ブロック会長会議に参加するべく、青年会議所会館の5階の会議室へと向かったのであった・・・。

会議室内の国旗に一礼して、会議開会30分前行動を胸に、自身の席に着座する。そしてまもなく、JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョンの唱和、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るい豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。その後、公益社団法人日本青年会議所 第65代会頭(山本 樹育 君)よりご挨拶が行われ、本日オブザーブされた各地会員会議所理事長をはじめとするメンバーの皆様に、第4回理事会並びに第4回ブロック会長会議への参加を感謝するとともに、熊本地震に際して被害に遭われた皆様に心からのお見舞いの言葉が伝えられた。そして、このような時だからこそ、運動を止めるのではなく、使命感をもって全力で運動を推進していくことが述べられた。その後、山本会頭による議事採択が執り行われ、数多くの審議案件が可決承認されていった・・・。こうして、公益社団法人日本青年会議所 2016年度第4回理事会並びに第4回ブロック会長会議は幕を閉じたのであった・・・。

東京クールの3日間は、私たち全国大会運営会議にとって確かな一歩を踏み出せる刺激的なものとなりました。困難なこと、理不尽なこと、苦労したこと、嬉しかったこと、可笑しかったこと、怒りが込み上げてくること・・・。色んな価値観を仲間たちと共有し、大きな刺激を受けました。自分さえ良ければ良いという利己的な感情を無くし、利他の精神をもって何事にも真摯に取り組んでいくことの大切さ・・・。今回の東京クールで得た気づきと学びを、今後の運動につなげていきたいと思います。東京クールで出会ったすべての皆様に心から感謝申し上げますとともに、自身や会社、JAYCEEでできる支援を念頭に、熊本地震への支援を行い続けることをお誓い申し上げます。これから新郎新婦をお祝いするべく、北九州に行ってきます。

2016-04-24 11:59 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る