株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

2016年度全国大会運営会議 第2回全体会議&広島の魅力体験ツアー 

DSC00135 『第2回全体会議』

2月28日(日)、前日の広島ナイトで2016年度全国大会運営会議&広島大会実行委員会が志を結集してから数時間後、2日間お世話になった広島ワシントンホテルに別れを告げて、本日全体会議が開催されるTKPガーデンシティ広島に小椋総括幹事と向かった。昨日に引続き、100名を超える2016年度全国大会運営会議メンバーが集結する中、公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第2回全体会議が開催された。

明るく元気な「おはようございます」を実践して、会議室に入室する前日に膝と膝を突き合わして酒を酌み交わした仲間たちと固い握手を交わす・・・。また、公益社団法人埼玉中央青年会議所 理事長(吉田 浩士 君)、一般社団法人宮崎青年会議所 副理事長(山口 徹 君)、公益社団法人富山青年会議所 副理事長(牧野 裕一郎 君)、一般社団法人札幌青年会議所 副理事長(小野木 完司 君)をはじめ各地会員会議所の皆様にもオブザーブしていただく中、参加いただいた感謝の気持ちを込めてお迎えをさせていただいた・・・。お互いがお互いの相互理解が深められ、握手を交わしていくに連れて意識が昂揚していくのを感じる・・・。こうして定刻となり、「心」ある国 日本の創造に向けた公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第2回全体会議は坂本副議長による開会宣言の下、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョン唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和、そして大会テーマ『強く 優しく しなやかに 「心」ある国 日本へ』の唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。そして、私からのご挨拶が行われ、前日の第1回小会議並びに第2回全体懇親会に引続き、こうして定刻通りに第2回全体会議を迎えられたことに心から感謝の意を伝えるとともに、「百聞は一見に如かず」→「百見は一考に如かず」→「百考は一行に如かず」→「百行は一果に如かず」の大切さを伝えた。また、一般社団法人広島青年会議所 第66代理事長(高見 仁 君)、大会実行委員長(沖本 賴政 君)からもご挨拶を賜り、広島へのお越しを歓迎申し上げるとともに、広島大会構築に向けた想いが述べられた。その後、小椋総括幹事の進行による第65回全国大会広島大会を構築する数々の議案の説明並びに協議・審議が執り行われた。こうして、来月宮崎の地で元気な姿で出会うこと、そして更なる高い志を胸に広島大会を構築していくことを祈念する長谷川副議長の閉会宣言の下、第2回目の全体会議は幕を閉じたのであった・・・。

本日は早朝より公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第2回全体会議に多くの皆様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。全国大会運営会議 議長として、心から感謝申し上げます。本日も志高い委員の皆様から多数の貴重なご意見を賜り、私自身、大きな気づきと学びを得ることができました。第65回全国大会広島大会を構築していく上で、まずは私たちが自ら生き抜く「強さ」を身につけ、他者を思いやる「優しさ」を持ち、その双方が織りなす「しなやかさ」を纏い、あらゆる価値の根源である青年として行動を起こすことが大切であると確信しております。自身の発することばに説得力を持たすためにも、1分1秒無駄にすることなく一切の妥協を排して、気概と覚悟を持った一歩をみんなと共に踏み出していく所存です。さらなる高みを目指して、志高い一歩を踏み出していきましょう。本日は誠にありがとうございました。

PS:段取り・設営に際し、大変お世話になりました幹事団をはじめとする広島大会実行委員会の皆様、厚く感謝・御礼申し上げます。一人ひとりからの本気・本音の行動に感激致しました。来月の3月19日(土)~20日(日)には、宮崎の地で皆様とお会いできることを楽しみにしております。本日は誠にありがとうございました。

 

DSC00157 『積極的な議論を展開』

知らないことを恥じることなく、本気・本音でお互いに共有する第2回全体会議は、大きな学びの場となったのであった。

DSC00146 『かどやんぴっく』

2016年度全国大会運営会議のエクスカーションとして、第2回かどやんぴっくが幕を開ける・・・。第1小会議~第5小会議による、小会議ごとの絆を構築するかどやんぴっくは前回ではアームレスリングが展開され、圧倒的な強さで第4小会議が優勝に輝いた。第2回かどやんぴっくのお題は「早く 優しく しなやかに 10分間で折り鶴が何個折れるのか?」であった。各小会議10名が選出され、協力して広島に想いを寄せて折り鶴折のスタート・・・。結果や如何に!!!

DSC00152 『2位に輝いた第5小会議』

第3小会議と第5小会議共に45個の折り鶴を生み出した。小幹事同士のじゃんけんで2位を決定することに・・・。結果は行方副議長率いる第5小会議メンバーに軍配が上がった。かどやんマネー50を進呈します。おめでとう!!!

DSC00153 『栄えある優勝に輝いた第4小会議』

第4小会議は47個の折り鶴を生み出した。流れ作業によるチームワークが決め手となった模様・・・。前回に引続き、栄えある優勝に輝いた野崎副議長率いる第4小会議メンバーには、かどやんマネー100を進呈します。優勝、おめでとうございます。

DSC00154DSC00156DSC00158DSC00161DSC00163DSC00165
 

全国大会運営会議恒例の副議長並びに実行委員長指名による人となりを知ろう3分間スピーチを執り行った・・・。第1小会議~第5小会議(松村委員・新嶋委員・尾野委員・田代委員・宮原委員)、そして広島大会実行委員会(長崎さん)から選任された。高見理事長との出会いとともにインフルエンザにならないように気を付ける話、自己紹介を中心に日本JCの出向歴と人と人とのつながりの素晴らしさと、卒業年度を全国大会運営会議で全力で向き合いたい話、お寺の歴史と宗教の教えの大切な話、20歳からJCに入会し、レジェンド的な存在感で明るい豊かな社会の実現に向けて邁進する話、太陽の恵みに包まれた宮崎の自然豊かな魅力と食文化と、高校球児で培ったワクワク感が今活かされている話、プロ野球選手からホームランを打った話・・・。広島の地で、この一瞬、この瞬間にしか聴けれない本音のスピーチが飛び出したのであった・・・。こうして、長谷川副議長による閉会宣言の下、第2回目の全体会議は幕を閉じたのであった・・・。

DSC00181 『縮景園(明月亭)の一時』

「武家茶道」を約400年の間、16代に亘る現在まで広島に大切に伝え続けている「茶道 上田宗箇流」・・・。縮景園(明月亭)において、代々伝えられてきた流儀の心と広島に根付く強さと優しさを深く感じることができた私と沖本実行委員長・・・。持て成された茶碗にも深い意味があり、私には厳島神社でとれた粘土を使い、上田 宗篁副理事長自らが作られた茶碗である。沖本実行委員長には、2014年度の第63回全国大会松山大会時に購入した砥部焼の茶碗で、お互いの故郷を交換し合い盃を交わす意味合いを取り入れて粋な計らいをいただいた。心から感謝申し上げます。結構なお手前で・・・。こうして、広島の魅力体験ツアーを終えた私たちは、我がまち松山へと帰省したのであった。

2016-02-29 13:33 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2016年度全国大会運営会議 第1回小会議&第2回全体懇親会

IMG_2274 『朝一ホテルからの眺め』

2月27日(土)、前日に全国大会について学び合い、個性を響かせ合う懇親会を迎えてから数時間後、広島の地2日目の朝を迎える・・・。沖本実行委員長をはじめ副議長のみんな、幹事団のみんな、小幹事のみんなと一生の盃を酌み交わした余韻がまだ残る中、議長だけの特権である第1回小会議の裏ファンクションの広島エクスカーションの旅へと沖本実行委員長と共に向かったのであった・・・。

ちょうどその頃、雨がポツリポツリと降り始めてきた。天気予報の話と違う・・・。そんな中、沖本実行委員長行きつけの蕎麦屋「たつ吉」に向かい、かしらそばを注文して広島の食を堪能する。食事中も広島大会についてを語り合い、アイディアを共有してワクワク感を高め合った。その後、百聞は一見に如かずとして、広島平和記念資料館へと足を運んだ。1945年8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けた。そんな平和記念資料館内では、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料が展示され、私自身の心にも当時の痛みや悲しみ、そして怒りの感情がこみ上げてきた。核兵器のない平和な社会の実現に向けた想いがさらに向上させられた・・・。こうして、広島エクスカーションを終えた後、エンジェルパルテにて全体懇親会が開催され、2016年度全国大会運営会議の絆を深め合った・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第1回小会議&第2回全体懇親会に全国各地より多くの皆様に出席賜りましたこと、誠にありがとうございました。また、オブザーブ並びに心からのお持て成しをいただきました広島大会実行委員会の皆様、心から感謝申し上げます。本日も開催地域の魅力、そして人と人とのつながりを体感することで、2016年度全国大会運営会議は大きな気付きと学びを得ることができました。大会まで残すところ222日ですが、段取り8分、仕事2分の精神の下、強く 優しく しなやかに 「心」ある国 日本に向けて、第65回全国大会広島大会に導いていくことをお誓い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の第2回全体会議&広島の魅力体験ツアーへと続く・・・。

 

IMG_2276 『実行委員長行きつけの「たつ吉」』

広島の食を堪能すべく、沖本実行委員長行きつけの蕎麦屋「たつ吉」に連れて行ってもらった。うまし!!

IMG_2277 『広島平和記念資料館』

お一人様50円の入館料を支払い、広島平和記念資料館に入館した。折り鶴の再生した再生紙のはがきと共に、いざ入館!!!10月6日(木)~9日(日)の第65回全国大会広島大会期間中は、登録メンバーは無料となっております。

IMG_2281IMG_2282IMG_2285
 

1945年8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けた。そんな平和記念資料館内では、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料が展示され、私自身の心にも当時の痛みや悲しみ、そして怒りの感情がこみ上げてきた。核兵器のない平和な社会の実現に向けた想いがさらに向上させられた・・・。

DSC00077 『全体懇親会の幕開け』

第1回小会議を経て、エンジェルパルテに集結した2016年度全国大会運営会議・・・。一人ひとりの志は、やがて大きな力を生み出していく・・・。2016年度全国大会運営会議 第2回全体懇親会は私の挨拶とともに幕を開けた。

DSC00082DSC00094DSC00096DSC00098DSC00107DSC00109
 

林運営幹事の司会進行の下、笑顔あふれる全体懇親会が展開される・・・。本日は長谷川副議長率いる第1小会議プレゼンツのハセットコインを争奪する数々のゲーム(紙飛行機を飛ばせ・ハズレのもみじ饅頭を食べたのは誰だ?・一気にカリカリピーナッツを食べてみよう・極小ストローで一気に飲んでみよう)が展開され、笑顔あり笑いありの全体懇親会のテンションは最高潮となった。

DSC00120 『志が結集する全体懇親会』

「来んさいや!」で中締めを行い、明日への機運を高めた2016年度全国大会運営会議・・・。大会まで残すところ222日ですが、段取り8分、仕事2分の精神の下、強く 優しく しなやかに 「心」ある国 日本に向けて、第65回全国大会広島大会に導いていくことをお誓い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の第2回全体会議&広島の魅力体験ツアーへと続く・・・。

2016-02-28 07:42 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2016年度全国大会運営会議 第1回スタッフ会議

IMG_2269[1] 『スーパージェットで広島へ・・・』

2月26日(金)、記念すべき第1回目の2016年度全国大会運営会議 第1回スタッフ会議に参加するべく、小椋総括幹事、村井幹事補佐、岩崎幹事補佐と共にスーパージェットに乗り込み、広島の地を目指した・・・。1時間の船の旅の後、広島港で待っててくれた沖本実行委員長をはじめ広島大会実行委員会メンバーアテンドの下、知る人ぞ知る広島のソウルフードへの旅に連れて行ってもらった。そして、お腹一杯に満たされたホルモンに満足した一行は、本日のスタッフ会議場である長崎ビルへと向かった。2016年度全国大会運営会議スタッフの皆様が集う中、公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第1回スタッフ会議は野崎副議長の元気な開会宣言の下、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第1回スタッフ会議に多くのスタッフに参加いただきまして、誠にありがとうございました。明日より、志同じくする同志たちが広島の地に集結し、第65回全国大会広島大会構築に向けて、大きな期待と夢あふれ、そして一人ひとりの意識変革につながる諸会議が執り行われます。大きな気概と覚悟をもって出向を決意された2016年度全国大会運営会議の皆さん、広島の地での3日間、宜しくお願い申し上げます。明日へと続く・・・。

 

IMG_2272[1] 『「くりはら」での一時』

知る人ぞ知る広島のソウルフード御食事処 天ぷら「くりはら」に連れて行ってもらった。松山ではお目に掛かれない広島独自の作法の下、手際よく出てきた天ぷらホルモンをさばいていくお二人・・・。トウガラシと秘伝のタレを絡ませた天ぷらホルモンは絶品だった・・・。うまし!!!

IMG_2273[1] 『でんがくうどん』

くりはら特性でんがくうどんを食べた私・・・。広島のソウルフードは私たちのお腹の欲求と満足感で満たしてくれた。

DSC00040 『議長挨拶』

第65回全国大会広島大会の構築に向けて、第1回スタッフ会議を展開して、これからの立ち向かう数々の議案に真摯に向き合う・・・。広島の地で会議が展開できることに感謝するとともに、集ってくれた仲間たちの成長と歴史を刻む1ページが今開かれた・・・。

DSC00064 『スタッフ会議後の懇親会』

第1回スタッフ会議後は、本音で語り合う上での懇親会が展開される・・・。林運営幹事の段取りの下、懇親会でも熱い議論が広島の地で展開されたのであった・・・。明日へと続く・・・。

2016-02-27 10:15 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2月度マルトメ安全パトロール

 『(仮称)三浦工業株式会社 男子独身寮新築工事』

2月26日(金)、2月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から青野部長と佐伯さんの2名。マルトメ協力会社から、前原工業株式会社(前原 進一  様)、栗田金物株式会社(栗田 孝和 様)、三信電設株式会社(竹内 博 様)、四国運送株式会社(竹若 正純 様)、 株式会社NIPPO(田所 正芳 様)、第一技建株式会社( 一柳 輝好 様)、株式会社中野組(中野 良紀 様)の7名。計9名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、(仮称)三浦工業株式会社 男子独身寮新築工事、(仮称)アルファスマート衣山新築工事、聖カタリナ女子高等学校増改築工事(仮称)の3現場を回った。佐伯さんのパトロール報告に基づき、一日振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした(仮称)三浦工業株式会社 男子独身寮新築工事の現場では、内装仕上げ工事並びに防水工事が行われていた。現場内の各所において、安全通路の確保と消火器設置をお願いします。これからも、特に安全通路においては安全の確保を必ず行うとともに、常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

次にパトロールした(仮称)アルファスマート衣山新築工事の現場では、型枠工事及び内装仕上げ工事が行われていた。パトロール員全員から「各階の整理整頓がしっかりできている」との声が挙がり、安全通路の確保と足場への安全看板設置においても良好であった。今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

最後にパトロールした聖カタリナ女子高等学校増改築工事(仮称)の現場では、内装仕上げ工事並びにコンクリート打設が行われていた。先ほどの現場に引続き、パトロール員全員から「各階の整理整頓がしっかりできている」との声が挙がった。また、元気で明るい挨拶が励行されていたのも見逃せない・・・。今後とも想定される危険予知を想像し、安全配慮を怠らないように、日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

・年々安全意識が高まっている。

・良い事例を、水平展開して頂きたい。

・岡本所長の現場は、安全に対する予算の掛け方が違う。良いところを真似していく勉強会をすればよい。

・土の持ち出しが無く、出入り口が綺麗。清掃が行き届いている。

・クレーン作業時の吹き流しの設置が必要である。特にアルファスマート衣山作業所。

・3現場とも、綺麗で、良い印象を持った。

・門屋組の所長は、安全管理について、同じ意識を持って出来ている。

・三浦工業作業所と、聖カタリナ作業所は、工期末で慌ただしくなっているが、その中でも特に聖カタリナ作業所は、安全第一で作業が進められている。

本日は大変お忙しい中、2月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建築現場は常に危険と隣り合わせであり、一人ひとりが安全意識を向上させて、常に危険の芽を摘み取っていかなければならないことであります。建設業全体の事と捉え、門屋組と致しましてもゼロからすべての安全管理を見直し、安全管理体制が100%に近づけられるよう本気・本音で邁進していく所存です。協力会社の皆様方におかれましては、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。本日もご安全に!!!

 

 『(仮称)アルファスマート衣山新築工事』

(仮称)アルファスマート衣山新築工事の現場では、型枠工事及び内装仕上げ工事が行われていた。パトロール員全員から「各階の整理整頓がしっかりできている」との声が挙がり、安全通路の確保と足場への安全看板設置においても良好であった。今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『聖カタリナ女子高等学校増改築工事(仮称)』

聖カタリナ女子高等学校増改築工事(仮称)の現場では、内装仕上げ工事並びにコンクリート打設が行われていた。先ほどの現場に引続き、パトロール員全員から「各階の整理整頓がしっかりできている」との声が挙がった。また、元気で明るい挨拶が励行されていたのも見逃せない・・・。今後とも想定される危険予知を想像し、安全配慮を怠らないように、日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

2016-02-27 08:51 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2月27日の誕生日

本日、2月27日(土)は松広監査役の誕生日であります。おめでとうございます。いつも愛社精神を持って私たちに接してくれる松広監査役・・・。現在は門屋組不動産の管理者として居てもらわなくてはならない存在です。先日の第54回愛媛マラソンは、まさかのエントリー落ちという結果とはなりましたが、また鉄人松広監査役の力強い走りを見せていただければと思います。これからもさらにチャレンジを怠らず、家族に仕事に友人に邁進してください。今日一日が松広監査役にとって最高の日となりますことをお祈りしております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※松広監査役の1年間貫き通す漢字一文字理念は、『百』でございます。
2016年度の初めに「百」の一文字を理念文字とした松広監査役には、四国百名山の感登を是非ともチャレンジしていただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「百」という文字を常に念頭に入れて、これまで見えなかった景色を探し続けてください。

2016-02-27 02:13 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

(公社)松山青年会議所 第3回正副理事長会議

DSC00036 『より良い松山を念頭に・・・』

2月25日(木)、ホテル勝山にて、岡田体制の今後の進むべき方向性を確立する公益社団法人松山青年会議所 第3回正副理事長会議を行った。2016年1月1日~12月31日までの1年間を歩む基本理念(地域に必要とされる青年の団体として、今までよりも市民に一歩頼られる団体を構築するとともに、かけがえのない経験の機会を創り力強く運動を展開する)を念頭に、ブレてはならない事業の背景と目的を定め、行政・関係諸団体・市民・松山JCメンバーが今まで以上の連携意識を持ってより良い松山を創造していけなければならない・・・。皆に平等に与えられた時間を価値あるものとするために、青年が起こす運動が輝かしい松山の未来に繋げるために、フォルティッシモの心で自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えていく一歩を踏み出していく・・・。松山青年会議所の64年目の運動を展開できることが決してあたりまえではないことを直前理事長として深く認識し、ブレない信念とブレない心で決めた事、自身が発した「ことば」に責任を持って松山JC一丸となって、100年経っても”LOVEまつやま”を念頭に力強く前進していきましょう!!!本日は誠にありがとうございました。

2016-02-26 01:55 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

今の己の状態を知る

IMG_2260 『3年ぶりの人間ドック』

2月24日(水)、問診票を書いてから1週間後、松山赤十字病院にて今の己の状態を知る一日人間ドックを行った。「前日の10時以降何も食べないでください」のルールを守り、何も考えないように早めの就寝を心掛けた昨夜・・・。そんな前日を経て、早朝より松山赤十字病院に向かい、健診スタートの合図を待ったのであった・・・。

これまで幾度にもわたり血液検査をはじめ尿検査等の検査をしてきた私・・・。だいたい自分の体の弱点を理解しているつもりだ。そんな中、今日は結びに人生初となる胃カメラ検診に臨んだ。先生に言われるがまま「口をあけてください」の言葉とともに喉への麻酔液が吹きかけられる・・・。かなり苦い・・・。一瞬で喉の感覚がなくなった。その後、先生&看護婦さんと共にかなり胃カメラに対して気遣いがあったが、最初の「はい、飲み込んで」からスルスルっと一瞬で胃の中にカメラが到達し、まったく嗚咽もないままあっけなく胃カメラは終了した。色んな方から聞いてたのと違い、少し拍子抜けの胃カメラ検診だったが、「まったく問題なし。きれいな胃ですよ。ピロリもおらん。」と先生に言われ、こうして今の己の状態を知る一日人間ドックは滞りなく終了したのであった・・・。

3年の時を経て、今回の健診で己の弱点がかなり浮き彫りとなった。運動不足の勧告を受け、結びに尿酸値の結果が7.7mg/dlの高数値の改善と油物を極力控えるようにと指示を受けた。帰宅するや否や痛風薬を1錠胃の中に放り込み、痛風予防に臨んだのである。現在遂行中のダイエットプログラムに運動を追加して、健康体に向けて精進することを再度自身に誓った・・・。みんなが健康になりますように!!!

2016-02-25 00:15 | 未分類 | Trackback(2) | Comment(0)

2016年度全国大会運営会議の本気・本音の発信

img02 『広島大会シンボルマーク』

1月22日(金)、2016年度京都会議の第1回理事会並びに第1回ブロック会長会議において、広島大会開催理念・テーマスケジュールPR計画が議決権者の全会一致の承認のもとに可決されてからちょうど1ヶ月が経過した。昨年の9月1日(火)より全国大会運営会議の議長として広島に心を寄せて前進し続けるとともに、9月27日(日)には2016年度全国大会運営会議スタッフと出会い、12月26日(土)には2016年度全国大会運営会議に出向の決意をしていただいた仲間たちとの出会いを皮切りに、多くの時間と学びと気づきを共有しながら今日を迎えている・・・。

他者を思いやる優しさを身につけるためには、まずは己を律して自ら生き抜く強さを身につけなくてはならない。そして、強さと優しさが織りなすしなやかさは、どんな状況下にあっても柔軟に対応できる順応性が問われてくる。私自身の2016年度は、他者を思いやる優しさを身につけれるように、自身をもっと強く生き抜く気持ちを込めて、「強」の一文字でしなやかさを纏う一歩を踏み出している。本日は公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議の本気・本音のFacebookをお伝えしたいと思う。史上最高の広島大会の構築は、主催(公益社団法人日本青年会議所)・主管(一般社団法人広島青年会議所)と共に着々と前進しているのだ。10月6日(木)~10月9日、第65回全国大会広島大会に「きんさいや!」皆の衆、広島大会に乞うご期待!!!

PS:公益社団法人日本青年会議所 全国大会運営会議コミュニティFacebookへのいいね!ボタンを押していただければ幸いです。ボタンを押すと、もしかしたら幸せが訪れるかも・・・。

 

【今日のFacebookページ】

公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大運営会議スタッフ紹介


2016年度全国大会運営会議 議長 門屋 光彦 君

1978年生まれ、愛媛県松山市にて総合建設業、株式会社門屋組の代表取締役を務められております。
長所は 実行力!行動力!
短所は 猪突猛進
趣味は ゴルフ、釣り、麻雀、映画、酔拳
自慢は 首がない(笑) 代筆しているが書きにくい……
そんな門屋議長の夢は隠し部屋付きの家を建てることでして、何を隠すかはヒ・ミ・ツと我々、会議体メンバーにも未だに明かされておりません(笑)
好きな食べ物はカレーライスと以外に庶民派で共感できます。好きなお酒は、痛風の為、焼酎専門です。普段の飲み物はヘルシア緑茶で健康に注力されておりますが現在、効果がないとおっしゃってます(笑)


座右の銘:信頼を築くのは長く、信頼を失うのは一瞬
全国大会運営会議議長を希望した理由:全国大会の素晴らしさをさらに知ってもらい、己を高めたい!
抱負:「一蓮托生」やればできる! 念ずれば花咲く

第65回全国大会広島大会10月6日(木)~9日(日)広島に~きんさいや!!

公益社団法人日本青年会議所 全国大会運営会議さんの写真公益社団法人日本青年会議所 全国大会運営会議さんの写真公益社団法人日本青年会議所 全国大会運営会議さんの写真公益社団法人日本青年会議所 全国大会運営会議さんの写真

2016-02-24 00:45 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

社内検査(伊予銀行体育センターテニスコート クラブハウス)

 『社内検査』

2月23日(火)、伊予銀行体育センターテニスコート クラブハウス増築工事の現場にて、門屋組社内検査を実施した。現場監督である高田所長の誘導の下、電気・設備の協力会社の皆さんと共に社内検査を行った・・・。

社内検査が開始され、傷、汚れ等はもちろんのこと、開口部も妥協することなくチェックしていく・・・。こうして、社内検査は段取りよく順路の通り行われ、滞りなく執り行うことができたのであった・・・。

本日は大変お忙しい中、門屋組社内検査、大変お疲れ様でした。工事に関わるすべての人たちの思いが込められた建物がもうすぐ完成致します。引き渡し日まであと僅かですが、満足と感動していただく建物を提供する為にも、最終最後まで現場一丸となって安全管理に留意して邁進していきましょう。本日は大変お疲れ様でした。

PS:水野副社長、篠浦専務、丹生さん、社内検査大変お疲れ様でした。

2016-02-24 00:03 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第4回松山青年3団体連絡協議会

IMG_2258 『開会挨拶』

2月22日(月)、「なか武」にて、第4回松山青年3団体連絡協議会が執り行われた。期も変わり、新旧合同の連絡協議会が本日より始動して、これから新たな松山青年3団体の歴史が刻まれる・・・。松山YEG・松山JC・松山法人会から多くの役員が参加する中、団体の垣根を超えた第4回目の連絡協議会は幕を開けた。

本日は平成27年度の第4回松山青年3団体連絡協議会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。本日の連絡協議会を通じて、人と人とのつながりを実感することができました。これからも地域に役立ち必要とされる青年経済人であり続ける為に、お互い共通する理念の中で、手を取り合って地域活性化に向けた一歩を踏み出していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

PS:今後とも、公益社団法人松山青年会議所 第64代理事長(岡田 和徳 君)をよろしくお願い致します。

 

安永 孝徳さんの写真 『今の時代を共に生きた有志』
昨年度から今日まで大変お世話になりました。松山青年3団体の友情は永遠です。今後ともよろしくお願い致します。この後、記憶を無くして潰れてしまった私・・・。最高の一日でした。

2016-02-23 11:13 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る