株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

2016年度第1回新潟ブロックコンファレンス

IMG_2187 『トンネルを越えた先は雪景色』

1月30日(土)、前日の埼玉の地で熱い友情を確かめ合ってから数時間後、公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区 新潟ブロック協議会 2016年度第1回ブロックコンファレンスに参加するべく、マロウド・イン大宮に別れを告げて、新潟の地を目指して大宮駅へと向かった・・・。大宮駅から新幹線で新潟駅へ、新潟駅で落ち合った苦楽を共にした全国大会歴代大会実行委員長たちとの昼食を経て、新潟ブロック協議会に想いを寄せたのである。こうして、ブロックコンファレンス会場であるホテル イタリア軒に到着したのであった。

御来賓をはじめ多くの新潟ブロック協議会の同志たちが集結している中、公益社団法人日本青年会議所 会長(丸山 清貴 君)によるご挨拶とともにブロックコンファレンスは輝かしく幕を開けた。2016年度スローガンである『未来へ挑戦する心ある新潟の実現』を掲げ、どんなときも未来を見据えて挑戦する気概を持って行動していくことが伝えられた。こうして、第1回ブロックコンファレンスを通じて、「今こそ挑め!JCだからこそできる挑戦と成長 ~わがまちを想う青年たちの軌跡~』を念頭に輝かしい未来への一歩を踏み出したのであった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区 新潟ブロック協議会 2016年度第1回ブロックコンファレンスに参画させていただきまして、誠にありがとうございました。ブロックコンファレンスのご開催、心からお慶びを申し上げます。本日はパネリストとして、全国大会の魅力と素晴らしさを伝えることができたとともに、貴重な機会を経て志同じくする同志と共に学び合い、気づき合うことができましたことを心から感謝申し上げます。本日参加させていただきまして、素晴らしいご縁と、新たな価値観となる機会をいただくことができました。今後益々、公益社団法人日本青年会議所 新潟ブロック協議会がご繁栄・ご発展されますことを心から願っております。本日は誠におめでとうございました。

PS:丸山会長、山崎副会長、武内委員長をはじめ未来をひらくひとづくり委員会の皆様、古川理事長、大杉委員長をはじめとする新潟JCメンバーの皆様、最高のお持て成しを心から感謝申し上げます。

 

IMG_2188 『会長挨拶』

公益社団法人日本青年会議所 会長(丸山 清貴 君)によるご挨拶とともにブロックコンファレンスは輝かしく幕を開けた・・・。2016年度スローガンである『未来へ挑戦する心ある新潟の実現』を掲げ、どんなときも未来を見据えて挑戦する気概を持って行動していくことが伝えられた・・・。

IMG_2189 『副会頭挨拶』

来賓挨拶として、公益社団法人日本青年会議所 副会頭(佐々木 健一 君)よりご挨拶が行われた。今年1年、北陸信越地区を担当する副会頭としての挑戦して大きく前進する力強いことばが発せられた・・・。

IMG_2190 『歴代大会実行委員長が集結して・・・』

これまでどんなときも挑戦し続けてきた歴代大会実行委員長・・・。本日は全国大会を通じたこれまでのJC活動の挑戦し続けてきた本気・本音の話をさせていただいた。第61回全国会員大会北九州大会(末松 雅之 先輩)、第62回全国大会奈良大会(尾形 裕明 先輩)、第63回全国大会松山大会(門屋 光彦)、第64回全国大会東北八戸大会(石黒 一寿 君)。

IMG_2192 『会長乾杯挨拶』

公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区協議会 会長(今村 善信 君)によるご挨拶とともに、ブロックコンファレンスは輝かしく幕を開けた・・・。2016年度出向者を温かく見守っていただきたいこととともに、貴重な人材を輩出されたLOMの理事長へ、常にどんなときも未来を見据えて挑戦する気概を持って行動していくことが伝えられた・・・。

IMG_2193 『筆入れの義』

挑戦がテーマとなる新潟ブロック協議会・・・。挑戦の文字の画数が22であることもあり、新潟ブロック内の22の理事長様一人ひとりによる挑戦の筆入れの義が執り行われ、会場全体で想いをひとつにしたのであった。新潟ブロック協議会が2016年度を挑戦し続けて輝かしい1年となりますことを切にお祈り申し上げます。本日は貴重な機会をいただくとともに、素晴らしい出会いとご縁をいただきましたことを心から感謝申し上げます。10月6日(木)~9日(日)の第65回全国大会広島大会に「きんさいや!」

2016-01-31 04:53 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(公社)埼玉中央青年会議所 2016年度賀詞交歓会

IMG_2180 『理事長挨拶』

1月29日(金)、前日の広島の地での熱い友情を確かめ合ってから数時間後、公益社団法人埼玉中央青年会議所 2016年度賀詞交歓会に参加するべく、広島ワシントンホテルに別れを告げて、埼玉の地を目指してタクシーに乗り込んだ・・・。タクシーで広島駅へ、広島駅から新幹線で東京駅へ、東京駅から乗り換え新幹線で大宮駅へ・・・。こうして、この3日間に陸(新幹線)・海(スーパージェット)・空(飛行機)をすべて制覇した私は、賀詞交歓会会場である浦和ロイヤルパインズホテルに到着したのであった。

御来賓、特別会員の会の諸先輩をはじめ多くの各地青年会議所の同志たちが集結している中、公益社団法人埼玉中央青年会議所 第21代理事長(吉田 浩士 君)によるご挨拶とともに賀詞交歓会は輝かしく幕を開けた・・・。そして吉田理事長より、2016年度スローガンである『~奮い立たせよう彩りある志 希望(ゆめ)のちから溢れる未来のために~』を掲げ、心に決めた目的や目標を見つめ直し、修練を通してその志を実現する運動を展開していくことが伝えられた・・・。こうして、公益社団法人埼玉中央青年会議所は、吉田理事長を筆頭に気概と覚悟を持った輝かしい未来への一歩を踏み出したのであった・・・。その後、乾杯の音頭が執り行われ、会場全体が「彩志奮迅」の如く一丸となった・・・。

本日は公益社団法人埼玉中央青年会議所 2016年度賀詞交歓会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。賀詞交歓会のご開催、心からお慶びを申し上げます。そして、新春の幕開けを志同じくする同志と共に祝うことができましたこと、心から感謝申し上げます。本日参加させていただきまして、素晴らしいご縁と、新たな価値観となる機会をいただくことができました。今後益々、公益社団法人埼玉中央青年会議所がご繁栄・ご発展されますことを心から願っております。本日は誠におめでとうございました。

PS:吉田理事長をはじめとする埼玉中央JCメンバーの皆様、最高のお持て成しを心から感謝申し上げます。また、長谷川副議長、今後ともよろしくお願いします。

 

IMG_2183 『乾杯挨拶』

乾杯の音頭が執り行われ、会場全体が「彩志奮迅」の如く一丸となった・・・。1年後の2017年度第66回全国大会埼玉中央大会に向けて、関東地区一丸となって前進されますことを切にお祈り申し上げます。

2016-01-30 08:20 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(一社)広島青年会議所 2016年度新年互礼会

IMG_2162 『オープニングセレモニー』

1月28日(木)、一般社団法人広島青年会議所 2016年度新年互礼会に参加するべく、小椋総括幹事と私は、広島の地を目指し、スーパージェットに乗り込んだ・・・。松山観光港からスーパージェットで広島港へ、広島港からタクシーでリーガロイヤルホテル広島へ・・・。こうして、新年互礼会であるリーガロイヤルホテル広島に到着したのであった。

御来賓、特別会員の会の諸先輩をはじめ多くの各地青年会議所の同志たちが集結している中、和平機縁太鼓の力強い鼓動によるオープニングセレモニーが披露された後、一般社団法人広島青年会議所 第66代理事長(高見 仁 君)によるご挨拶とともに新年互礼会は輝かしく幕を開けた・・・。そして高見理事長より、2016年度スローガンである『百万一心 ~心ひとつに道を歩む、いつまでも、どこまでも~』を掲げ、10月6日(木)~9日(日)に開催される第65回全国大会広島大会を中国地区の同志や広島市民と共に、ALL広島で取り組み、一致団結でその先に続く最高の広島大会にする力強い所信が伝えられた・・・。こうして、一般社団法人広島青年会議所は、高見理事長・沖本実行委員長を筆頭に気概と覚悟を持った輝かしい未来への一歩を踏み出したのであった・・・。その後、乾杯の音頭が執り行われ、会場全体が百万一心の如く一丸となった・・・。

本日は一般社団法人広島青年会議所 2016年度新年互礼会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。新年互礼会のご開催、心からお慶びを申し上げます。そして、新春の幕開けを志同じくする同志と共に祝うことができましたこと、心から感謝申し上げます。本日参加させていただきまして、素晴らしいご縁と、新たな価値観となる機会をいただくことができました。今後とも第65回全国大会広島大会に向けて、全力で全国大会運営会議一同、邁進していきますことをここにお誓い申し上げます。今後益々、一般社団法人広島青年会議所がご繁栄・ご発展されますことを心から願っております。本日は誠におめでとうございました。

PS:高見理事長をはじめとする広島JCメンバーの皆様、最高のお持て成しを心から感謝申し上げます。

 

IMG_2165 『理事長挨拶』

高見理事長より、2016年度スローガンである『百万一心 ~心ひとつに道を歩む、いつまでも、どこまでも~』を掲げ、10月6日(木)~9日(日)に開催される第65回全国大会広島大会を中国地区の同志や広島市民と共に、ALL広島で取り組み、一致団結でその先に続く最高の広島大会にする力強い所信が伝えられた・・・。

IMG_2166 『会頭挨拶』

公益社団法人日本青年会議所 第65代会頭(山本 樹育 君)よりご挨拶が行われた。

IMG_2170 『鏡開き』

2016年度の一般社団法人広島青年会議所が輝かしい一歩を踏み出すことを祈念して鏡開きが執り行った。

IMG_2171 『百万一心を念頭に乾杯』

乾杯の音頭が執り行われ、会場全体が百万一心の如く一丸となった・・・。

IMG_2167 『心あるきんさいや』

1月28日(木)、再び広島の地に2016年度全国大会運営会議スタッフ一同が集結した。俺たちの美しい物語は、まだまだ序章だが、すべての想いを広島に捧げ、史上最高の第65回全国大会広島大会を構築して運営していく所存である。広島大会に乞うご期待!!

2016-01-29 08:53 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

1月度マルトメ安全パトロール

 『(仮称)三浦アクアテック株式会社第2工場改修工事』

1月28日(木)、1月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から水野副社長と佐伯さんの2名。マルトメ協力会社から、マルマストリグ株式会社(河野 行信 様)、愛媛菱光コンクリート工業株式会社(中川 照敏 様)、株式会社三冠(菅野 英生 様)、株式会社末光硝子商会(古川 章一 様)、ダイダン株式会社(嶋谷 若虎 様)、有限会社西原建設(西原 功二 様)、有限会社谷本建築(谷本 匡宏 様)の7名。計9名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、(仮称)三浦アクアテック株式会社第2工場改修工事、(仮称)三浦工業株式会社 男子独身寮新築工事、(仮称)アルファスマート衣山新築工事の3現場を回った。佐伯さんのパトロール報告に基づき、一日振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした(仮称)三浦アクアテック株式会社第2工場改修工事の現場では、鉄骨工事並びに空調設備工事が行われていた。現場内の各所において、不安全個所が見られたが、早急に安全対策を徹底して不安全個所の撲滅をお願いします。これからも、特に安全通路においては安全の確保を必ず行うとともに、常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

次にパトロールした(仮称)三浦工業株式会社 男子独身寮新築工事の現場では、外壁工事及び給排水設備工事が行われていた。足場と建物の隙間が広く、墜落の危険性が高い為、墜落防止対策が必要があるとともに、段差に対する養生がされていないとの声が挙がった。また、各所においても分電盤の仕舞不足や整理整頓不足が見られたので、早急な対応をよろしくお願いします。今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

最後にパトロールした(仮称)アルファスマート衣山新築工事の現場では、型枠工事並びに内装工事が行われていた。「外部足場最上階南側、単管が出ており、移動の妨げになっている」との声がパトロール員から挙がった。特に開口部まわりの転落防止措置は入念にチェックし、安全対策に妥協することなきようお願いします。今後とも想定される危険予知を想像し、安全配慮を怠らないように、日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

・現場毎で工夫されている。

・年度末にかけて、様々な職種の業者が入って来るが、より一層安全に注意して作業にあたって頂きたい。

・三浦男子寮、アルファスマート衣山は、近隣に騒音や埃に配慮して作業にあたって頂きたい。

・担当者によって、さまざまな工夫が見られ、大変良かった。

・現場に入ると、門屋組であると一目で判る統一感が出せれば良いと思う。

・高圧線や鉄道の架線に触れないように注意してください。

本日は大変お忙しい中、1月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建築現場は常に危険と隣り合わせであり、一人ひとりが安全意識を向上させて、常に危険の芽を摘み取っていかなければならないことであります。建設業全体の事と捉え、門屋組と致しましてもゼロからすべての安全管理を見直し、安全管理体制が100%に近づけられるよう本気・本音で邁進していく所存です。協力会社の皆様方におかれましては、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。本日もご安全に!!!

 

 『(仮称)三浦工業株式会社 男子独身寮新築工事』

(仮称)三浦工業株式会社 男子独身寮新築工事の現場では、外壁工事及び給排水設備工事が行われていた。足場と建物の隙間が広く、墜落の危険性が高い為、墜落防止対策が必要があるとともに、段差に対する養生がされていないとの声が挙がった。また、各所においても分電盤の仕舞不足や整理整頓不足が見られたので、早急な対応をよろしくお願いします。今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『(仮称)アルファスマート衣山新築工事』

(仮称)アルファスマート衣山新築工事の現場では、型枠工事並びに内装工事が行われていた。「外部足場最上階南側、単管が出ており、移動の妨げになっている」との声がパトロール員から挙がった。特に開口部まわりの転落防止措置は入念にチェックし、安全対策に妥協することなきようお願いします。今後とも想定される危険予知を想像し、安全配慮を怠らないように、日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

 『パトロール後の安全ミーティング』

3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

2016-01-29 08:21 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(公社)高知青年会議所 2016年度賀詞交換会

IMG_2145 『再び伊丹経由の空の旅へ』

1月27日(水)、昨日の宮崎青年会議所 新年挨拶会の余韻がまだ残る中、本日は公益社団法人高知青年会議所 2016年度賀詞交換会に参加するべく、JR九州ホテル宮崎に別れを告げ、野崎副議長と藤元小幹事に昼食(釜揚げうどん)をごちそうになってから宮崎ブーゲンビリア空港へと向かった。そして、伊丹空港経由の高知龍馬空港へと到着後、松山JCメンバーと共に私にとって第2の故郷である高知の地(城西館)に向けて出発したのであった・・・。

公益社団法人高知青年会議所 2016年度は、『「太陽」~輝き照らせ未来と子供たち~ 』の理念を掲げ、和泉理事長を筆頭に太陽のように熱い情熱で、自らが光り輝き、この地域、未来、子供たちを照らし続けるとともに、JAYCEEとして、失敗を恐れず、果敢に挑戦していく一歩を踏み出した高知JCメンバーたち・・・。そして、会場全体が一丸となる乾杯にて、御来賓・四国地区・高知ブロックの思いは一つとなった・・・。

本日は、公益社団法人高知青年会議所 2016年度賀詞交換会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。そして本日の賀詞交換会のご開催、心からお慶び申し上げます。和泉理事長より発せられた、太陽のように熱く、もっと熱く、さらに熱く、気概と情熱をもって輝き照らし続けていただきたいと思います。そんな情熱を是非とも四国の同志として、共に前進をさせていただきたいと思います。本日の高知流のおもてなしに、心から感謝します。本日は誠にありがとうございました。

PS:松山JCメンバーの皆様、高知の地で共に新春の幕開けを祝うことができたことに心から感謝しております。佐伯副理事長、奥村事務局長、長時間の車の運転、誠にありがとうございました。

 

DSC08611 『理事長挨拶』

公益社団法人高知青年会議所 2016年度は、『「太陽」~輝き照らせ未来と子供たち~ 』の理念を掲げ、和泉理事長を筆頭に太陽のように熱い情熱で、自らが光り輝き、この地域、未来、子供たちを照らし続けるとともに、JAYCEEとして、失敗を恐れず、果敢に挑戦していく一歩を踏み出した高知JCメンバーたち・・・。

DSC08614 『太陽の如く、輝き照らす乾杯』

会場全体が一丸となる乾杯にて、御来賓・四国地区・高知ブロックの思いは一つとなった・・・。

2016-01-28 00:25 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(一社)宮崎青年会議所 新年挨拶会

IMG_2143 『宮崎に向けた空の旅』

1月26日(火)、2年後の2018年度第67回全国大会宮崎大会を控える一般社団法人宮崎青年会議所 新年挨拶会に参加するべく、宮崎の地を目指した私・・・。松山空港から伊丹空港へ、伊丹空港から引き返すように宮崎ブーゲンビリア空港へ・・・。宮崎空港には野崎副議長をはじめ宮崎青年会議所の同志たちに最良の持て成しをいただいた。こうして、何不自由なく無事に新年挨拶会会場であるMRT Mickに到着したのであった。

御来賓、シニアクラブ諸先輩をはじめ大勢の各地青年会議所をはじめとする同志たちが集結している中、オープニングセレモニーとして、宮崎大宮高校による書道パフォーマンス&宮崎JC太鼓友好会の魂を込めた太鼓の演出が行われた。そして、会場内が暗くなった瞬間、宮崎の歴史と伝統が映像に映し出された後、一般社団法人宮崎青年会議所 第65代理事長(大野 勇 君)によるご挨拶とともに新年挨拶会は輝かしく幕を開けた・・・。そして大野理事長より、2016年度スローガンである『伝承・進化 ~友往邁進 感謝の心で、宮崎の未来を切り拓こう~』を掲げ、どんな困難をも乗り越えていくことの出来る次代を担う若き先導者たちとともに、己を信じ、仲間を信じ、覚悟を持って行動を起こし、感謝の心で、宮崎の未来を切り拓いていく力強い所信が伝えられた・・・。こうして、一般社団法人宮崎青年会議所は、大野理事長を筆頭に気概と覚悟を持った確かな一歩を踏み出したのであった・・・。その後、乾杯の音頭が執り行われ、会場全体が一丸となった・・・。

本日は一般社団法人宮崎青年会議所 新年挨拶会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。新年挨拶会のご開催、心からお慶びを申し上げます。そして、新春の幕開けを志同じくする同志と共に祝うことができましたこと、心から感謝申し上げます。本日参加させていただきまして、素晴らしい出会いと自身にとって新たな価値観となる機会をいただくことができました。今後とも宮崎JCの輝かしい未来が切り拓かれますことを切にお祈り申し上げます。今後益々、一般社団法人宮崎青年会議所様がご繁栄・ご発展されますことを心から願っております。本日は誠におめでとうございました。明日は高知編へと続く・・・。

PS:大野理事長をはじめとする宮崎JCメンバーの皆様、最高のお持て成しを心から感謝申し上げます。そして、野崎副議長をはじめとする全国大会運営会議出向者の皆様、今しかできない、今だからこそできる最高の瞬間を設えていただき、誠にありがとうございました。また、公益社団法人日本青年会議所 地域グループとして共に汗を流す大平委員長、結びの中締め最高でした。

 

IMG_2151 『伝承・進化の力強い文字』

オープニングセレモニーとして、宮崎大宮高校による書道パフォーマンス&宮崎JC太鼓友好会の魂を込めた太鼓の演出が行われた。

IMG_2153 『理事長挨拶』

大野理事長より、2016年度スローガンである『伝承・進化 ~友往邁進 感謝の心で、宮崎の未来を切り拓こう~』を掲げ、どんな困難をも乗り越えていくことの出来る次代を担う若き先導者たちとともに、己を信じ、仲間を信じ、覚悟を持って行動を起こし、感謝の心で、宮崎の未来を切り拓いていく力強い所信が伝えられた・・・。

IMG_2159 『鏡開きからの乾杯』

川越歴代会頭より、乾杯の音頭が執り行われ、大野丸の輝かしい出航を祝して会場全体が一丸となった・・・。

2016-01-27 09:02 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

取り戻せ、健康体を!

昨年の12月8日の胃痛からはじまった取り戻せ、健康体プログラム・・・。当時85kgあった体重が今では78kgまで減らすことに成功した。主に、糖質制限(炭水化物抜き)を中心にダイエットに臨んでいる私・・・。体重が7Kg減ったことでの大きなメリットとして、暴飲暴食した際の関節の節々のムズムズ感がなくなった事(痛風の予兆)と、億劫だった階段を上がるのが楽しくなるとともに、知り合いから「痩せました?」と目を丸くして声を掛けてくれることが私のエネルギー源となっている。昨年の12月8日を境に、健康体に向けた変化の原動力と進化の起点となったのは間違いない・・・。このきっかけを大切に、集中力を切らすことなく、健康体を目指して歩み続けていきたいと思う今日この頃・・・。目標体重72kgまで、あと6kg!!

2016-01-26 08:46 | 青年会議所 | Trackback(2) | Comment(0)

2016年度京都会議(最終章)

DSC08606 『会頭所信表明』

1月24日(日)、前日の広島カープ色のソウルレッド一色に染まり、全運スタッフ輩出への感謝の気持ちを伝えてから数時間後、2016年度京都会議(最終章)を迎えた・・・。主催・主管・副主管が一体となる本気・本音の広島大会PRが、野崎副議長を筆頭に元気に笑顔で発せられる・・・。限られた時間を余すことなく、新年式典に訪れる全国各地の同志たちへPRが行われた。こうして、本気・本音のPRは、新年式典幕開けまで続いたのであった・・・。

新年式典幕開けの開会宣言が行われた後、会場全体での国歌並びにJCソング斉唱、JCIクリード唱和、JCIミッション並びにJCIビジョン唱和、JC宣言文朗読並びに綱領唱和が執り行われていく・・・。そして、公益社団法人日本青年会議所 第65代会頭(山本 育樹 君)より、所信表明が執り行われ、『独立自尊の精神と良心が織りなす「心」の創造』の基本理念の下、2016年度の日本JCが起こす運動の方針が伝えられた。697LOMで活躍するあらゆる価値の根源である各地青年会議所と共に、強く 優しく しなやかな 「心」ある国 日本の創造に向けた確かな一歩を踏み出す輝かしい新年の幕開けとなった。こうして、公益社団法人日本青年会議所 2016年度京都会議『新年式典』は閉会を迎え、その後の閉会式にて、たった今から各地域で運動を起こし、地域を変え、日本をより良くしていく機運を高め合うとともに、2016年度京都会議を滞りなく迎えられたことへの感謝の気持ちが交わされたのであった・・・。

公益社団法人日本青年会議所 2016年度京都会議の3日間、参加させていただきまして誠にありがとうございました。第65回全国大会広島大会への新たな一歩を踏み出すことができるとともに、2016年度全国大会運営会議にとって、多くのメンバーとの結束と友情を深めることができた京都会議となりました。2016年度京都会議の3日間で得た学びと気づきと友情は、これから推し進めていく日本をより良くする数々の運動の向上につながるものと確信しております。京都会議設営に際し、大変お世話になりました徳田理事長をはじめとする京都JCの皆様、そして佐藤委員長率いる総務委員会の皆様に心から感謝申し上げます。京都会議の3日間、大変お世話になりました。

PS:浦常任理事をはじめとする地域グループの皆様、4日間、大変お世話になりました。これからどんな困難が訪れようとも、結束を深めて力強く前進していきましょう。そして、2016年度全国大会運営会議メンバーの皆様、一般社団法人広島青年会議所の皆様、史上最高の広島大会に向けて、いっちょやったりましょや~。10月6日(木)~9日(日)、第65回全国大会広島大会に「きんさいや!」

 

IMG_2140 『新年式典後の閉会式』

オープニングセレモニーが行われた後、各地青年会議所が集う中、たった今から各地域で運動を起こし、地域を変え、日本をより良くしていく機運を高め合うとともに、2016年度京都会議を滞りなく迎えられたことへの感謝の気持ちが交わされたのであった・・・。

DSC08608 『地域グループゆかいな仲間たち』

浦常任理事率いる地域グループのゆかいな仲間たち・・・。これからどんな困難が訪れようとも、結束を深めて力強く前進していきましょう。地域を変えるのは、俺たちだ。

IMG_2141 『全運ゆかいな仲間たち』

2016年度京都会議の終了を祝し、右手で「心ある三矢できんさいや!」、左手で「広島でまっとるけん!」の融合ポーズで幕を閉じた。2016年度全国大会運営会議、170名の仲間と共に、いっちょやったりまっせ~。第65回全国大会広島大会に乞うご期待!

2016-01-25 00:32 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2016年度京都会議(二日目)

IMG_2128 『全運議長として、本気・本音で司会』

1月23日(土)、昨日、2016年度全国大会運営会議の方向性を確認し合ってから数時間後、パラダイムシフトを開催テーマに掲げた京都会議(二日目)が幕を開ける・・・。本日は国立京都国際会館メインホールにて、第65回全国大会広島大会を開催するにあたり、公益社団法人日本青年会議所との主管青年会議所(一般社団法人広島青年会議所)の主管契約締結式が厳粛に執り行われた。主管契約書に調印されたのを目の当たりにした瞬間、私の意識は最高潮となった・・・。その後、第150回総会が執り行われ、国歌斉唱、JCIクリード、JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。こうして、公益社団法人日本青年会議所 2016年度第150回総会は幕を閉じたのであった・・・。その後、パラダイムシフトフォーラム、地域再興フォーラムに参加して、京都会議でしか味わえない価値ある時間を過ごすことができたのであった・・・。

本日は第65回全国大会広島大会のスタートに相応しく、697LOMの理事長様の前で広島大会のテーマである『強く 優しく しなやかに 「心」ある国 日本へ』を伝えることができました。また、広島大会PR初日として、多くの皆様に元気溢れる「広島に~きんさいや!」を伝えることができました。さらには、全国大会運営会議へ貴重なたからを輩出していただいたLOMへ感謝の気持ちを伝えることもできました。この1年間、全国大会運営会議は『強く 優しく しなやかに 「心」ある国 日本へ』を念頭に、百万一心の精神で気概ある一歩を共に踏み出していく所存です。残す京都会議が皆様にとって有意義になりますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日へと続く・・・。

PS:坂本副議長をはじめとする第2小会議メンバーの皆様、金井副実行委員長をはじめとする主管契約締結式の担当メンバーの皆様、介添人を担っていただいた中国地区メンバーの皆様、本日の第65回全国大会広島大会 主管契約締結式、本当にお疲れ様でした。また、PR計画としてリーダーシップを発揮してくれた野崎副議長をはじめとする第4小会議メンバーの皆様、明日も引き続き、本気で広島大会のPRに臨みましょう。

 

IMG_2127 『第150回総会』

第150回総会が執り行われ、国歌斉唱、JCIクリード、JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。こうして、公益社団法人日本青年会議所 2016年度第150回総会は幕を閉じたのであった・・・。その後、パラダイムシフトフォーラム、地域再興フォーラムに参加して、京都会議でしか味わえない価値ある時間を過ごすことができたのであった・・・。

IMG_2138 『熱烈、広島大会PR』

広島大会PR初日として、多くの皆様に元気溢れる「広島に~きんさいや!」を伝えることができました。

IMG_2139 『広島一色に染まった感謝の気持ち』

小椋総括幹事・林運営幹事・新谷広報幹事・村井幹事補佐の粋な計らいにより、ソウルレッドカラーに身も心も広島一色となった私たち・・・。札幌JC→埼玉中央JC→富山JC→宮崎JC→宇都宮JC→福山JC→名古屋JC・坂出JC→広島JCのすべてのLOMへ感謝の気持ちをお伝えさせていただいた。貴重な人材を全国大会運営会議へ輩出していただき、誠にありがとうございました。必ずや光り輝く人材に成長して、LOMにお返ししますことをここにお誓い申し上げます。出向者にとって、想像をはるかに超える人と地域とのつながりを得る事。LOMにとって、事業運営のスペシャリストが誕生する事。1年後の12月31日の時の姿が楽しみでならない・・・。全国大会運営会議に、広島大会に乞うご期待!!!

2016-01-24 06:49 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2016年度京都会議(一日目)

DSC08547 『会頭挨拶』

1月22日(金)、前日の地域グループのつながりを確認し合ってから数時間後、グランドプリンスホテル京都の1階喫茶にて、1月30日に新潟の地でパネリストとして機会を得た本気・本音の打合せを行った。その後、2016年度京都会議 開会式に参加するべく、ゴールドネクタイ着用の下に、国立京都国際会館のアネックスホールに向かい、京都会議幕開けへの機運を高めたのである。その後、記念すべき第1回目の理事会並びに第1回ブロック会長会議へ出席して、第65回全国大会広島大会関連議案の開催理念・テーマ・スケジュール・PR計画の4議案が全会一致で可決承認されたのであった・・・。

理事会終了後、本日より輝かしく開会される公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第1回全体会議が幕を開けたのである。気概と覚悟をもって出向の決意をいただいた全国各地から出向いただいた168名(第1小会議~第5小会議)の志高いメンバーたちが集結する中、全体会議は小椋総括幹事の進行の下、円滑に執り行われたのであった・・・。みんなは一人のために、一人はみんなのためにの百万一心の精神で構築する史上最高の第65回全国大会広島大会を大成功に導くことを祈念して・・・。その後、志を結集する記念すべき第1回全体懇親会を行い、全運の絆は確固たるものとなったのであった。

公益社団法人日本青年会議所 2016年度京都会議(一日目)を無事に迎えることができました。本日、京都の地で出会うことができました2016年度全国大会運営会議の出向者の皆様、記念すべき第1回目の全体会議、大変お疲れ様でした。これからの1年間、主管青年会議所であります一般社団法人広島青年会議所と共に、史上最高の広島大会を構築して運営する仲間として、新たな気づきと学び、そして機会とご縁に感謝しながら邁進できることを楽しみにしております。残す京都会議の2日間が皆様にとって有意義になりますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日へと続く・・・。

PS:小椋総括幹事、林運営幹事、藤本会計幹事、新谷広報幹事をはじめとする幹事団の皆様、本日の会場ご設営、そして強力な運営をしていただき、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

DSC08551 『神聖な場所での理事会』

これまでのJC活動の中で、ここに着座して第1回理事会並びに第1回ブロック会長会議に臨むことができたことに、心から感謝申し上げます。自身にとっても、全国大会運営会議にとっても、大きく前進することができました。

DSC08556DSC08557 『120名以上が集結する全体会議』

理事会終了後、本日より輝かしく開会される公益社団法人日本青年会議所 2016年度全国大会運営会議 第1回全体会議が幕を開けたのである。気概と覚悟をもって出向の決意をいただいた全国各地から出向いただいた168名(第1小会議~第5小会議)の志高いメンバーたちが集結する中、全体会議は小椋総括幹事の進行の下、円滑に執り行われたのであった・・・。みんなは一人のために、一人はみんなのためにの百万一心の精神で構築する史上最高の第65回全国大会広島大会を大成功に導くことを祈念して・・・。

DSC08566 『全体懇親会』

今しかできない、今だからこそできる全国大会運営会議 記念すべき第1回目の全体懇親会は、人生においてかけがえのないものとなった。

DSC08578 『アームレスリングで一触即発』

第1小会議~第5小会議による、小会議ごとの絆を構築するかどやんぴっくが展開された。結果は、圧倒的な強さで第4小会議が優勝に輝いた。

DSC08595 『1月誕生日者』

本日の第1回全体懇親会において、1月の誕生日者のお祝いを執り行いました。願いを込めて、一斉にロウソクの火を吹き消したのであった・・・。

DSC08601 『出席優秀小会議の発表』

行方副議長率いる第5小会議メンバーが1月の出席優秀小会議に選ばれた。小山小幹事より、いつか100%出席を目指したい情熱のことばを聞くことができ、さらなる絆が確立された。砥部焼のまっとる犬バッジを進呈します。

DSC08603 『きんさいやで中締め』

太城副議長による「きんさいや!」で中締めとなった。これからは各小会議の枠を超えて、さらに友情を深めていくことが祈念された。

IMG_2123 『百万一心の精神を持って・・・』

広島の礎を築いた毛利元就の「三本の矢」の教えのポーズで今宵の締めとなった。これからの1年間、主管青年会議所であります一般社団法人広島青年会議所と共に、史上最高の広島大会を構築して運営する仲間として、新たな気づきと学び、そして機会とご縁に感謝しながら邁進できることを楽しみにしております。残す京都会議の2日間が皆様にとって有意義になりますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日へと続く・・・。

2016-01-23 02:31 | 青年会議所 | Trackback(1) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る