株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

9月度マルトメ安全パトロール

 『愛媛ダイハツ販売株式会社 松山営業所新築工事並びに本社新築工事』

9月29日(火)、9月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から光宗部長と佐伯さんの2名。マルトメ協力会社から、株式会社ナガセ(永瀬 明 様)、井川重機株式会社(井川 元 様)、亀井鐵鋼株式会社(門田 楓 様)、株式会社ダイテック(加藤 信幸 様)、株式会社中矢美装(西岡 幸二 様)、株式会社三好建具店(三好 智恵 様)の6名。計8名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、愛媛ダイハツ販売株式会社 松山営業所新築工事並びに本社新築工事、聖カタリナ女子高等学校増改築工事(仮称)、(仮称)MUKAI BLDG NO.6新築工事の3現場を回った。佐伯さんのパトロール報告に基づき、一日振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした愛媛ダイハツ販売株式会社 松山営業所新築工事並びに本社新築工事の現場では、鉄骨工事並びに仮設工事が行われていた。休憩所・トイレ・手洗い場の共有スペースの清掃が行き届いており、現場入場者に対する配慮が見られた。しかしながら、鉄骨建方に伴う指摘事項が挙げられたが、迅速に対応し、不安全箇所の無いように改善してください。今後とも、特に安全通路においては安全の確保を必ずするとともに、常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

次にパトロールした聖カタリナ女子高等学校増改築工事(仮称)の現場では、型枠工事が行われていた。現場各所において、安全意識を向上させる看板の設置が行き届いている。今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

最後にパトロールした(仮称)MUKAI BLDG NO.6新築工事の現場では、外壁工事及び設備工事が行われていた。ALC建込み工事により、墜落防止設備を解除している為、スラブ端部からの墜落の危険性が高いので、不安全行動の無きように施工指導をしてください。また、各階数において、快適職場となるよう配慮をお願いします。今後とも想定される危険予知を想像し、安全配慮を怠らないように、日々緊張感をもって作業に取り組んでください。



3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

・向井ビル作業所は街中の為、厳しい規制がある中で、気配りしながら作業していただきたい。

・聖カタリナ作業所は、短い工期の下で、災害が発生しないように気を引き締めて行きたい。

・全体的に、他社と比べて綺麗な現場である。

・向井ビルは、近隣店舗への配慮をしながら工事を進めていただきたい。

・向井ビル作業所に於いては、一般の人との距離が近い為、第三者災害防止に努めていただきたい。

・全体的に、他社と比べて綺麗な現場であることが、安全に繋がっていく。みんなで頑張っていきたい。

・特にトイレが綺麗だったので、気持ち良く利用できる。


本日は大変お忙しい中、9月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建築現場は常に危険と隣り合わせであり、一人ひとりが安全意識を向上させて、常に危険の芽を摘み取っていかなければならないことであります。建設業全体の事と捉え、門屋組と致しましてもゼロからすべての安全管理を見直し、安全管理体制が100%に近づけられるよう本気・本音で邁進していく所存です。協力会社の皆様方におかれましては、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。本日もご安全に!!!

 

 『聖カタリナ女子高等学校増改築工事(仮称)』

聖カタリナ女子高等学校増改築工事(仮称)の現場では、型枠工事が行われていた。現場各所において、安全意識を向上させる看板の設置が行き届いている。今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『(仮称)MUKAI BLDG NO.6新築工事』

(仮称)MUKAI BLDG NO.6新築工事の現場では、外壁工事及び設備工事が行われていた。ALC建込み工事により、墜落防止設備を解除している為、スラブ端部からの墜落の危険性が高いので、不安全行動の無きように施工指導をしてください。また、各階数において、快適職場となるよう配慮をお願いします。今後とも想定される危険予知を想像し、安全配慮を怠らないように、日々緊張感をもって作業に取り組んでください。

2015-09-30 00:54 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

市民先導のまち八戸から松山へ帰省

DSC07054 『八戸駅で結びの八戸文化を堪能』

9月28日(月)、前夜、2013年度全国大会運営会議の集いから数時間後、市民先導のまち八戸から松山へ帰省の日が訪れた・・・。色んな想いが頭の中を交錯する中、5日間お世話になったホテルサンルート八戸に別れを告げ、今城専務理事と西野君とともに我がまち松山へと帰省したのであった・・・。

PS:第64回全国大会東北八戸大会、最高でした。大会関係者の皆様方、八戸市民の皆様方、大会期間中、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

DSC07055 『ラウンジで必ず食べる牛タン麦飯』

松山への帰省の際、必ず食べる習慣化された牛タン麦飯・・・。松山帰省道中の小休止に牛タン麦飯を食したのであった・・・。ホッとする瞬間です。

2015-09-29 01:23 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

起工式(三浦工業株式会社 堀江工場守衛室)

 『修祓の儀』

9月28日(月)、(仮称)三浦工業株式会社 堀江工場守衛室新築工事の起工式を執り行った。私自身、第64回全国大会東北八戸大会のため、出席が叶わなかったが、本工事に関わるすべての皆様がお集まりの中、神事は速やかに執り行われたのであった・・・。

本日は、(仮称)三浦工業株式会社 堀江工場守衛室新築工事の起工式を滞りなく執り修めることができましたこと、誠におめでとうございます。心からお慶びを申し上げます。これから、設計・監理であります有限会社ライフスペース様の下、安全衛生・品質管理を徹底し、綿密な協力態勢で取り組んでいきたいと思います。また、現場監督であります濱田所長を筆頭に、お施主様へ満足と感動していただける建物が提供できるように、現場一丸となって施工に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

PS:起工式の設営班の皆さん、設営・段取り、大変ご苦労様でした。濱田所長、安全・衛生・品質管理の徹底のほど、よろしくお願い致します。近隣の皆様、しばらくの間ご迷惑をお掛けしますこと、この場を借りまして心からお詫び申し上げます。

 

 『忌鋤(いみすき)』

施工者が忌鋤(いみすき)を執り行っていく・・・。本日は齊会長が執り行った。結びに、玉串(たまぐし)を奉奠(ほうてん)し、2礼2拍手1礼の思いを込めて安全祈願した。

 『神酒拝戴』

正八幡神社神職様より心温かなお言葉を賜り、工事に関わる全ての皆様と共に、工事の安全とご健康とご多幸を祈念して神酒拝戴が執り行われました。現場監督であります濱田所長を筆頭に、お施主様へ満足と感動していただける建物が提供できるように、現場一丸となって施工に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い致します。本日は誠におめでとうございました。

2015-09-29 00:47 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

9月29日の誕生日

本日、9月29日(火)は丹生さんの誕生日であります。おめでとうございます。企画設計部の要として、お客様の要望を設計図面に表現し、的確かつ明確な説明の下、信頼を得ている丹生さん・・・。地図に歴史に人の心に留まる建物とともに、一歩ずつ着実にその成果をあげています。これからも門屋組の華として、未来への可能性を信じ、数々の歴史と思い出を築いていただきたいと思います。本日が丹生さんにとって、最高な日となりますことを切に願っております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※丹生さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は、『信』でございます。
年頭初に「信」の一文字を理念文字とした丹生さんは、信頼や自信を連想する一字の如く、信念を胸に、決してブレることなく愚直に邁進していただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「信」という文字を常に念頭に入れて、未来を見据えて一歩一歩前進していってください。

2015-09-29 00:15 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第64回全国大会東北八戸大会(最終章)

DSC07004 『理事長予定者セミナー』

9月27日(日)、大会式典並びに卒業生において、数々のちから溢れることばと、心の奥底から感動が込み上げる瞬間に立ち会うことができた・・・。やはり、全国大会は何度見ても良いものである。そんな期待を超える感動の一日を迎えた中、第64回全国大会東北八戸大会は最終章を迎える・・・。全国大会の4日間、私たちは東北八戸に根付く、市民の市民による市民のためのまちづくりの精神を強く感じることができた。そして東北八戸の地にて、環境・食・まちの導線・温かさ・気概・活性化を目の当たりにすることができた。はじまりがあればおわりもある・・・。本日でフィナーレを迎えることの寂しさもありつつ、ネクストステージへの一歩を踏み出すワクワク感も昂揚していく中、第64回全国大会東北八戸大会(閉会式)に出席するべく、八戸市体育館に赴いたのであった・・・。

閉会式のオープンを告げる、国の重要無形民俗文化財に指定される八戸地方を代表する民俗芸能(八戸えんぶり)が演出された後、主催者代表挨拶が行われ、公益社団法人日本青年会議所 第64代会頭(柴田 剛介 君)より、心からの感謝の言葉が述べられた。その後、全国大会が新たなるスタートの場として、公益社団法人八戸青年会議所 第59代理事長(類家 徳久 君)のご挨拶により、会場全体がネクストステージへの喚起の場となった本日・・・。こうして、第64回全国大会東北八戸大会は、4日間のすべてのファンクションが幕を閉じたのであった・・・。

4日間に及ぶ、公益社団法人日本青年会議所 第64回全国大会東北八戸大会を無事に迎えることができました。東北八戸大会の大成功、誠におめでとうございます。そして、主催であります公益社団法人日本青年会議所をはじめ、主管であります公益社団法人八戸青年会議所をはじめとする東北地区の皆様、さらには全国の志を同じくする同志の皆様に心から感謝申し上げます。八戸の地での4日間、様々な学びと得られがありました。メンバー同士が共通体験を通して培った団結力、全国大会を開催しないと得られない感動、本気で取り組めば何でもできるという自信をより深く感じることができた第64回全国大会東北八戸大会でありました。大会開催中に出会ったすべてのメンバーの皆様、誠にありがとうございました。

PS:類家理事長、石黒実行委員長をはじめとする公益社団法人八戸青年会議所メンバーの皆様、大変お世話になりました。大きな勇気と感動をいただいたことに感謝申し上げます。

 

DSC07010 『閉会式』

だるまの目入れ式により、結だるまの両目が開眼し、第64回全国大会東北八戸大会からはじまる新たなスタートへの一歩が踏み出される・・・。東北3つの夢の完結とともに、新たな一歩への決起の場となった。

DSC07021DSC07023 『これまでの歩みの友情』

本気で取り組んだからこそ得られた友情が形となり、こうして閉会の場において喜びと達成感に満ちあふれた本日・・・。井上議長・石黒実行委員長、本当にお疲れ様でした。2013年度中村議長、2013年度増田総括幹事、2014年度里中副議長、ご卒業、誠におめでとうございます。

DSC07026 『2013年度全国大会運営会議の集い』

東北八戸大会すべてのファンクションが幕を閉じ、その後、再び八戸のまちにおいて、中村議長率いる2013年度全国大会運営会議の集いが開催された。

DSC07036DSC07042DSC07034DSC07040DSC07039DSC07049DSC07051
 

第5小会議~第1小会議、そして幹事団の一人ひとりから想いあふれることばが発せられ、会場内は涙あり、笑いあり、笑顔ありの空間が広がっていった・・・。

DSC07038 『再び出会うことを約束し・・・』

本気で取り組み、本音で語り合う友情は永遠である。これからも一JCとして、本気で邁進することを誓い合うとともに、再び出会うことを祈念して、「おんでやあんせ!八戸!」で一丸となった。本日は誠にありがとうございました。

2015-09-28 08:44 | 未分類 | Trackback(2) | Comment(0)

第64回全国大会東北八戸大会(3日目)

DSC06960 『理事長パワーセッション』

9月26日(土)、前日の盛り上がった余韻がまだ残る中、毎朝の日課である痛風薬を服用した。第64回全国大会東北八戸大会(3日目)を迎え、昨日一日が無事に迎えることができたことに心から感謝した私・・・。こうした思いの中、2015年度理事長の公式ファンクションである理事長パワーセッションに、岡田次年度理事長と共に八戸市公会堂に訪れ、未来への可能性を信じる貴重なことばの数々を学ぶことができたのである。その後、地域再興フォーラム、日本再興フォーラムに参加して、日本JC2015年度の運動の成果を共有した後、4日間の大会のメインを飾る大会式典並びに卒業式へと参加したのであった。1万名以上のメンバーが集結する中、主管青年会議所を代表し、公益社団法人八戸青年会議所 第59代理事長(類家 徳久 君)のご挨拶とともに大会式典は輝かしく幕を開けた・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 第64回全国大会東北八戸大会(3日目)を無事に迎えることができ、1万名以上のJAYCEEが集う、大会式典並びに卒業式の御盛会を心からお慶び申し上げます。昨年、第63回全国大会松山大会を主管させていただいたからこそ感じる想いの数々が脳裏に甦りました。メンバー同士が共通体験を通して培った団結力、全国大会を互いに盛り上げて得られる感動、本気で取り組めば何でもできるという自信をより深く体感することができた第64回全国大会東北八戸大会(3日目)でありました。本日は誠にありがとうございました。明日へと続く・・・。

PS:これまで志同じくしてまちをひとを輝かし続けてきた2015年度卒業生の皆様、八戸の地まで駆けつけてくれた松山JCメンバーの皆様、心からお慶び申し上げますとともに感謝申し上げます。明日で第64回全国大会東北八戸大会は最終日を迎えますが、最終最後まで、八戸JCメンバーの情熱を感じていきましょう。

 

DSC06964 『主管青年会議所理事長挨拶』

1万名以上のメンバーが集結する中、主管青年会議所を代表し、公益社団法人八戸青年会議所 第59代理事長(類家 徳久 君)のご挨拶とともに大会式典は輝かしく幕を開けた・・・。降水確率50%は、まったく雨が降ることなく、もちこたえてくれた。お天道様に感謝です。

DSC06975 『主催者挨拶』

公益社団法人日本青年会議所 第64代会頭(柴田 剛介 君)より、2015年度の運動の集大成となる総括スピーチが伝えられ、京都会議からサマーコンファレンス2015、そして全国大会東北八戸大会へのすべての想いが発せられた。

DSC06987 『大会の鍵の伝達』

2015年度の市民先導のまち東北八戸大会から2016年度の自ら生き抜く強さと他者を思いやる優しさ溢れる広島大会へと、64年間連綿と受け継がれてきた歴史と熱い思いが詰まった大会の鍵が引き継がれた。明日へと続く・・・。

2015-09-27 02:25 | 未分類 | Trackback(1) | Comment(0)

落成式(聖ルーカスクリニック産婦人科)

 『つばきウイメンズクリニック』

9月26日(土)、(仮称)聖ルーカスクリニック産婦人科新築工事が無事完成し、本日落成式が盛大に開催された。2014年の12月2日(火)の起工式から社内検査を経て、本日の落成式までの約9ヶ月間・・・。木村所長・栗原くんをはじめとするマルトメ協力会社の皆様と共に、現場一丸となって本工事に取り掛かることができました。地図に歴史に人の心に留まる仕事に携わることができたのも、お施主様・近隣地域の皆様をはじめ、設計監理者であります株式会社松山建築設計室様並びに本工事に関わるすべての皆様方のおかげでございます。施工者を代表しまして、心からの感謝と御礼を申し上げます。

今後とも女性らしく、健やかに、咲きほこる幸せを未来へ紡ぐつばきウイメンズクリニック様の益々のご発展・ご繁栄と、女性から愛される産婦人科へと光り輝きますことを祈念致します。本日は誠におめでとうございました。東北八戸の地より愛を込めて・・・。

PS:木村所長・栗原くん、長きに亘りお疲れ様でした。心から感謝申し上げます。水野副社長、お疲れ様でした。

2015-09-27 01:56 | 未分類 | Trackback(1) | Comment(0)

第64回全国大会東北八戸大会(2日目)

DSC06928 『会頭挨拶』

9月25日(金)、前日のプチLOMナイトも盛り上がり、その余韻とともに第64回全国大会東北八戸大会(2日目)を迎えた・・・。石原委員長・鈴木副委員長率いる地域振興委員会は大懇親会の設営へ長根運動公園へ、私と今城専務理事、小椋副専務理事、村井理事長補佐は公益社団法人日本青年会議所 第9回理事会並びに第8回ブロック会長会議へのオブザーブのため、八戸プラザホテル(アーバンホール)に赴いたのであった・・・。

大会議室に1礼して入室し、JCIクリード並びにJCIミッションの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。公益社団法人日本青年会議所第64代会頭(柴田 剛介 君)よりご挨拶が行われ、理事会構成メンバー・ブロック会長メンバー及び本日オブザーブされた各地会員会議所会員理事長をはじめとするメンバーの皆様に、東北八戸の地に足を運んでいただいたことに感謝するとともに、前日開催された開会式並びにウェルカムレセプションへのご参画に対し、心から御礼の言葉が述べられた・・・。その後、柴田会頭による議事採択が執り行われ、2018年度第67回全国大会主管青年会議所決定の審議と(4年前の松山JCを思い返す)、2017年度第66回全国大会埼玉中央大会の開催日が可決承認された。こうして、公益社団法人日本青年会議所 第9回理事会並びに第8回ブロック会長会議は幕を閉じたのであった・・・。

諸会議後も、八戸市公会堂にて開催される会員拡大褒賞授与式並びにAWARDS JAPAN2015(第1部)と第149回総会へ出席し、その後、大懇親会会場(長根運動公園)へと向かった。会場に到着すると、坊っちゃん・マドンナをはじめ東北八戸大会を盛り上げようとする松山JCメンバーたちの姿があった・・・。その姿を見て、私は強く感動した・・・。こうして、大懇親会を終えた私は、大会式典リハーサルに立ち会った後、本日の労いとご縁に祈念して酒を酌み交わしたのであった・・・。本日を含めた残す大会2日間の大成功を切にお祈りしております。本日は誠にありがとうございました。明日へと続く・・・。

 

DSC06942 『AWARDS JAPAN2015(第1部)』

四国地区からも輝かしい事業が表彰されたAWARDS JAPAN2015(第1部)・・・。壇上で称えられたメンバーたちの笑顔は輝いていた。

DSC06945 『第149回総会』

2015年度理事長として、第149回総会に立ち会い、2016年度の組織決定への瞬間を目の当たりにした・・・。

DSC06956 『松山汁の発信』

長根運動公園で開催される大懇親会は盛大で、我がLOMも坊っちゃん・マドンナから愛を込めて振る舞う松山JCオリジナルの松山汁を発信した・・・。長根運動公園から人と人とのつながりが波紋のように広がった。大会も残すところ2日間・・・。2015年度全国大会運営会議並びに八戸青年会議所のご活躍を心より祈念しております。東北八戸大会、最高です。

2015-09-26 01:54 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

落成式(伊予銀行第2岩崎寮)

 『祝詞奏上』

9月25日(金)、株式会社伊予銀行 第2岩崎寮新築工事が無事完成し、本日落成式が盛大に開催された。2015年の3月25日(水)の起工式から社内検査を経て、本日の落成式までの約6ヶ月間・・・。濱田所長をはじめとするマルトメ協力会社の皆様と共に、現場一丸となって本工事に取り掛かることができました。地図に歴史に人の心に留まる仕事に携わることができたのも、お施主様・岩崎町の近隣地域の皆様をはじめ、設計監理者であります株式会社大建設計工務様並びに本工事に関わるすべての皆様方のおかげでございます。施工者を代表しまして、心からの感謝と御礼を申し上げます。

今後とも株式会社伊予銀行様の益々のご発展・ご繁栄と、地域から役立ち愛される企業へとさらに前進されますことを祈念致しますとともに、入居される皆様にとって人生の新たなるスタートの場となりますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠におめでとうございました。東北八戸の地より愛を込めて・・・。

PS:濱田所長、長きに亘りお疲れ様でした。心から感謝しております。

2015-09-26 01:22 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第64回全国大会東北八戸大会(1日目)

DSC06880 『午前中は資料作り』

9月24日(木)、前日の東北八戸大会の裏側を視察後、みろく横丁での出会いからはじまる笑顔と笑いが波紋のように広がる中、第64回全国大会東北八戸大会(1日目)を迎えた・・・。私たちも1年前の事だが、昨日の事のように思い返すあの日→第63回全国大会松山大会「大会1日目」 。今日から東北八戸大会の幕開けである。午前中はホテルに籠り、資料作りに没頭した私・・・。午後からは今城専務理事と共に、大会本部への挨拶をはじめ明日行われるリハーサル状況の確認、そして開会式並びにウェルカムレセプションに参加した。

これまで色んな機会とご縁に携わりながら、メンバー一丸となって設営・準備に取り組んでこられた2015年度全国大会運営会議をはじめ八戸JCと東北地区メンバーの底力を目の当たりにしました。本日を含めた大会4日間の大成功を、松山青年会議所一同、切にお祈り申し上げます。明日へと続く・・・。

 

DSC06881 『八食センターにて・・・』

八食センター内の海鮮丼屋さんに行き、今城専務理事はウニ・イカ・イクラ丼、私は痛風の事を頭を過ったが、イカ・イクラ・カニ丼を注文し、八戸の魅力を体感した。美味しかった・・・。

DSC06901 『主催者挨拶』

公益社団法人日本青年会議所 第64代会頭(柴田 剛介 君)より、開会式に先立ちご挨拶が行われた。

DSC06922 『ウェルカムレセプション』

多くのメンバーが集う中、公益社団法人八戸青年会議所 直前理事長(山子 泰典 君)による乾杯のご発声の下、第64回全国大会東北八戸大会の輝かしい幕開けをお祝いしたのであった。これから4日間がはじまります。

IMG_1856 『プチLOMナイト』

第64回全国大会東北八戸大会の初日に集う仲間たちと、プチLOMナイトを行った。一生の内でこんな機会は無い中、今だからこそできる青年の集いが八戸の地で行われた。明日からも引き続き、宜しくお願い致します。

2015-09-25 00:13 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る