株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

竣工式(愛媛トヨペット)

 『清祓いの儀』

3月30日(月)、愛媛トヨペット株式会社 松山中央店新築工事の竣工式が執り行われました。昨年の第63回全国大会松山大会期間中の10月11日(土)に起工式を執り行ってから5ヶ月、また社内検査を経て、本日の竣工の日を迎えることができました。5ヶ月の施工期間を経て、無事故・無災害で竣工の日を迎えることができましたのも、お施主様、近隣地域の皆様をはじめ設計・監理のアイビー株式会社様、そして西尾所長をはじめ本工事に関わるすべての協力会社の皆様のおかげでございます。誠にありがとうございました。

工期内に且つ安全に現場管理を推進していただいた西尾所長・・・。5ヶ月間、本当にお疲れ様でした。この建物に携わらさせていただいて、多くのご縁とかけがえのない絆、また大きな感動をいただくことができました。このご縁と絆に感謝しながら、竣工後もお施主様や協力会社の皆さんに満足と感動していただける関係を更に築いていく所存でございます。地図に歴史に人の心に留まる誇れる建物に携われたことに、心からの感謝と御礼を申し上げますとともに、愛媛トヨペット株式会社 松山中央店様の今後益々のご発展・ご繁栄、そして地域に愛される素晴らしいコミュニティあふれる建物となりますことを切にご祈念申し上げます。本日の竣工式、誠におめでとうございました。

 

 『神酒拝戴』

厳島神社神職様より心温かなお言葉を賜り、無事に工事を遂行させていただいた神様への御礼と、今後益々の発展・繁栄を祈念して神酒拝戴を執り行いました。本日は誠におめでとうございます。

2015-03-31 00:16 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2015年度有志花見会

 『雨予報にもめげず・・・』

3月29日(日)、松山市の東西に流れる石手川の河川敷にて、2015年度有志花見会が開催された。振り返ってみると、私の松山JC有志花見会の歴史は6年前の2009年度からだった。それから2010年度に引き継がれていく・・・。いつの間にか、副専務理事が有志花見会を設えるという決まりになっていて、2010年度(門屋)→2011年度(今城)→2012年度(吉田)と有志花見会の歴史は受け継がれている。そんな中、小椋副専務理事&2015年度幹事会プレゼンツによる、2015年度有志花見会は、横山副理事長の乾杯のご発声の下、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

本日は2015年度有志花見会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。この日の為に、早くから段取りいただきました小椋副専務理事並びに2015年度幹事会メンバーの皆様、おもてなし溢れる設営に心から感謝申し上げます。これからも地域に根差した数々の事業が行われていきますが、自分自身に課せられた責任を全うし、更なる飛躍に向けて邁進していきましょう。本日は誠にありがとうございました。

 

 『花見アトラクション』

2015年度幹事会プレゼンツ、花見の席でアームレスリングである。見事優勝した横山副理事長を待ち受けていたのは、隣席していた外国人はなみーのピーターだった。ひょんなところで国際交流も果たした2015年度有志花見会は、大いに盛り上がったのであった・・・。ホントに晴れて良かった。

2015-03-30 00:57 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第3回愛媛ブロック協議会

 『会員会議所会議』

3月28日(土)、法皇山脈が連なる四国中央市の地、愛媛県産業 技術研究所 紙産業技術センターにて、公益社団法人日本青年会議所 四国地区 愛媛ブロック協議会 2015年度第3回会員会議所会議が開会された。そんな中、明るく元気な山本副会長による『魅力煌めき笑顔溢れる愛媛の実現』のスローガン唱和の下、第3回愛媛ブロック協議会会員会議所会議は幕を開けたのであった・・・。

JCIクリード並びにJCIミッションの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。その後、愛媛ブロック協議会会長(菊池 繁人 君)よりご挨拶が行われ、趣味が歌ともいわれる会長より、昨年度日本青年会議所が制作した東日本大震災復興支援ソング「未来へつなぐメッセージ」が披露された。 音楽プロデューサー多胡邦夫氏が作詞・作曲を手がけ、日本の未来を担う子供たちの声をイメージした歌は、真の復興に向けた未来へ向けて踏み進む確かな一歩と決してあの出来事を忘れてはならないのもとなっている。愛媛ブロック内においても、広く発信していただきたいことが述べられた・・・。そして、松岡運営専務理事による会議進行の下、本会議の審議・協議・討議事項が精査され、各地理事長によって協議されていった・・・。会員会議所後、懇親会では会場内が上げ潮となる確固として揺らぐことのない更なる愛媛の絆を深め合ったのであった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 四国地区 愛媛ブロック協議会 2015年度第3回会員会議所会議並びに懇親会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。今年度しか味わえない学びと気づき、そして友情が築ける機会が数多く訪れます。しかしながら、その一瞬、その瞬間にしか訪れない数多くの機会も、自身の意識を変え行動に移さなければ掴み取ることはできません・・・。魅力煌めき笑顔溢れる愛媛の実現に向けた一歩を踏み出していく為にも、同志と強固なスクラムを組み、数多くの機会を掴み取っていきたいと思います。本日の有意義な会議に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

PS:小椋副専務理事、村井理事長補佐、長時間の運転ありがとうございました。オブザーブいただいた松山JCのみんな、今日一日お世話になりました。

 

 『国史会議からのPR』

会員会議所会議の冒頭に、公益社団法人日本青年会議所 国家グループ 国史会議 副議長(野口 和範 君)よりPRが行われた。日本の情緒と道徳心を育む運動「徳育」を推し進めていくべく、45分間のワークショップ開催支援ツール「得パック」を伝えるとともに、利他の心と思いやりの心を醸成し、日本人である事の誇りに感じていただく徳育ゼミナールが発信された。日本の未来を次世代の子どもたちが担う中、しっかりとバトンを受け渡す大人たちが伝えていく責任がある。

 『アマルフィーの集い』

会員会議所後、懇親会では会場内が上げ潮となる確固として揺らぐことのない更なる愛媛の絆を深め合ったのであった・・・。

2015-03-29 08:00 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第3回78会

 『78会の幕開け』

3月27日(金)、徳島の阿波池田の地、割烹料理・ふぐ処「味喜」において、1978年生まれの四国地区の青年会議所が集う、第3回目の78会が開催された。78会とは、発起人(柏木 岳 君)によって旗揚げされた、志同じくする1978年生まれの青年会議所メンバー同士の情報共有と、これからの青年会議所活動をより楽しく、より有意義に過ごしていこうという横のつながりを大切にする会である・・・。本日の第3回目の78会は、松山JCより西村直前理事長と小椋副専務理事と鈴木副委員長と私の4人で参加させていただいた・・・。志同じくする78年生まれが集う中、開催地LOM理事長である古川理事長のご挨拶、そして大成理事長の乾杯の発声の下、第3回78会は輝かしく幕を開けたのであった・・・。

本日は第3回78会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。2年前の吉野川の地で開催した第1回78会以来の参加でしたが、会場を設営・段取りしていただきました柏木直前会長をはじめ古川理事長、心から感謝申し上げます。同じ年に生まれた者同士が集う78会は、私たちにとってつながり溢れる有意義な会となりました。これからも四国が一つになる本気・本音のつながりを大切に、楽しい青年会議所活動を展開していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

PS:小椋副専務理事、長時間の運転、本当にありがとうございました。次回の第4回78会は、高知ブロックプレゼンツであります。

 

 『四国は一つ』

78会は役職や経歴に関係なく、ただ午年に生まれ、同じ時を歩んできた仲間のつながりで構成されている。78会は、このつながりを活かし、四国地区内で行われるすべての事業に参画し、四国を盛り上げていきます。今後とも宜しくお願い致します。

2015-03-28 08:27 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

3月度マルトメ安全パトロール

 『(仮称)聖ルーカスクリニック産婦人科新築工事』

3月27日(金)、3月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から私と佐伯さんの2名。マルトメ協力会社から、兼広金属有限会社(大西 修 様)、栗田金物株式会社(栗田 孝彦 様)、重松兄弟設備株式会社(竹森 延雄 様)、株式会社四国大幸建陶(河合 重伊智 様)、株式会社山下木工(山下 武彦 様)の5名。計7名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、(仮称)聖ルーカスクリニック産婦人科新築工事、マルトモ株式会社 本社社屋新築工事の2現場を回った。

最初にパトロールした(仮称)聖ルーカスクリニック産婦人科新築工事の現場では、鉄筋工事及び型枠工事が行われていた。前日の災害防止協議会の指摘事項はすべて改善されており、現場内の整理整頓状況は良好だった。今後とも、特に安全通路においては安全の確保を必ずするとともに、常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

最後にパトロールしたマルトモ株式会社 本社社屋新築工事の現場では、鉄筋工事及び旧事務所解体工事が行われていた。躯体の立ち上がりに付き、2階吹き抜け部等の開口部の親綱の位置が低いので、直ぐに見直しをしてください。また、鉄筋まくばり時の音が激しいので、音に配慮して施工に臨むようにしてください。整理整頓状況及び安全通路の確保状況は良好なので、今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

・2現場とも、綺麗に片付いている。一仕事、一片付けを励行していきたい。

・元請けのみが安全対策をするのではなく、労働者も自分の現場だという意識を持って取り組みたい。

・職長会のコミュニケーションを大切にして頂きたい。

・2現場とも、綺麗で不要材などが目立たなかった。

・挨拶声掛けが、気持ち良かった。

・外部でタイル工事を行っている為、常に下に誰かいるとういう前提で、又、墜落災害に遭わないように、安全帯の使用を心掛けたい。

・整理整頓が、良く出来ている。整理整頓することで、事故が無くなる。社員にも徹底したい。

本日は年度末の大変お忙しい中、昨日の臨時総会に引き続き、3月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建築現場は常に危険と隣り合わせであり、一人ひとりが安全意識を向上させて、常に危険の芽を摘み取っていかなければならないことであります。建設業全体の事と捉え、門屋組と致しましてもゼロからすべての安全管理を見直し、安全管理体制が100%に近づけられるよう本気・本音で邁進していく所存です。協力会社の皆様方におかれましては、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。本日もご安全に!!!

 

 『マルトモ株式会社 本社社屋新築工事』

マルトモ株式会社 本社社屋新築工事の現場では、鉄筋工事及び旧事務所解体工事が行われていた。躯体の立ち上がりに付き、2階吹き抜け部等の開口部の親綱の位置が低いので、直ぐに見直しをしてください。また、鉄筋まくばり時の音が激しいので、音に配慮して施工に臨むようにしてください。整理整頓状況及び安全通路の確保状況は良好なので、今後とも継続して安全への配慮とより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『安全ミーティング』

2現場のパトロール後、安全ミーティングを行った。本日は年度末の大変お忙しい中、昨日の臨時総会に引き続き、3月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建築現場は常に危険と隣り合わせであり、一人ひとりが安全意識を向上させて、常に危険の芽を摘み取っていかなければならないことであります。建設業全体の事と捉え、門屋組と致しましてもゼロからすべての安全管理を見直し、安全管理体制が100%に近づけられるよう本気・本音で邁進していく所存です。協力会社の皆様方におかれましては、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。本日もご安全に!!!

2015-03-28 01:40 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(公社)松山青年会議所 第3回正副理事長会議

 『未来を見据えた議論を展開』

3月26日(木)、「まちをきれいに。ビルをきれいに。人をきれいに。」で御馴染みの西村商事ビルにて、今後の進むべき方向性を確立する公益社団法人松山青年会議所 第3回正副理事長会議を行った。2015年1月1日~12月31日までの1年間を歩む基本理念(地域に最も頼られ必要とされる青年の団体として、まちとの信頼関係を構築するとともに、人と人、人と地域がつながる本気・本音の行動を起こし前進する)を念頭に、ブレてはならない事業の背景と目的を定め、行政・関係諸団体・市民・松山JCメンバーが魅力的で価値ある時間を共有できることを創り上げていかなければならない・・・。皆に平等に与えられた時間を価値あるものとする為に、青年が起こす運動が輝かしい松山の未来に繋げる為に、一人ひとりの個性豊かな花が咲き誇ることを切に願っている・・・。松山青年会議所の63年目の運動を展開できることが決してあたりまえではないことを深く認識し、ブレない信念とブレない心で決めた事、自身が発した「ことば」に責任を持って松山JC一丸となって今後とも取り組んでいきましょう!!!本日は長時間、誠にありがとうございました。

PS:百花繚乱 ~ 信頼を築けるまちの花となれ ~

 

 『山子委員長来松』

明日からはじまる公益社団法人日本青年会議所 JCプログラム実践委員会スタッフ会議並びに全体会議に備え、いち早くご来松いただいた山子委員長・・・。彼との出逢いは第61回全国会員大会 北九州大会(最終日)で、共に2013年度第62回全国大会奈良大会構築に向けて歩んだ同志。同じ年に生まれ、同じ時を歩んできた仲間は一生もんだ。ご来松、誠にありがとうございました。

2015-03-27 02:47 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

マルトメ安全衛生協議会 臨時総会

 『会長挨拶』

3月26日(木)、門屋組本社 大会議室にて、株式会社門屋組安全衛生協議会総会が開催された。佐伯さんより「皆さん、おはようございます」の第一声により、株式会社門屋組安全衛生協議会総会は幕を開けた・・・。そして開催に先立ち、私より株式会社門屋組安全衛生協議会会長としてご挨拶を行った・・・。

昨年の7月より第29回マルトメ安全衛生協議会総会を経て、平成26年度の歩みを進めているが、本臨時総会においてこれまでの災害報告並びに災害防止対策について全会員に周知する場を設けた。全国的に見ても、建設業における死亡事故に繋がっているのが圧倒的に転落・崩落災害であり、次には飛来物・落下物によるものである。そんな中、今後の安全管理においても危険な目を摘み取ることを一人ひとりが実践していくとともに、2手・3手・4手先まで見据えた安全管理及び安全意識を向上することを念頭に臨時総会に臨んだ。また、引き続き今期の基本方針として『「気配り」、「心掛け」、「感謝」の3Kの気持ちで現場をより良くしようとする姿勢を示し、建設業として社会貢献を果たして、地域に愛されるようにイメージアップを図る!!』を推進いただくとともに、安全目標として『これまで周知してきた事柄に甘んじることなく浸透し、元請・協力業者一体になって、災害0を目指す!!』を念頭に入れて、8S(整理・整頓・清掃・清潔・進化・姿勢・周知・浸透)運動の展開を周知する・・・。結びに、閉会のご挨拶が株式会社門屋組安全衛生協議会副会長の濱﨑副会長より行われ、マルトメ安全衛生協議会 臨時総会は幕を閉じたのであった・・・。

本日は年度末の大変お忙しい中、株式会社門屋組安全衛生協議会 臨時総会に多数の皆様にお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。平素より、マルトメ安全衛生協議会会員の皆様方には、大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心から厚く御礼を申し上げます。これからもマルトメ安全衛生協議会が一丸となって、2度と事故を起こさない気持ちを胸に、安全第一で歩まれますことを切にお祈り申し上げます。本日もご安全に!!!

2015-03-27 01:33 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

がんばっていきまっしょい

3月25日(水)、6千人の大声援を力に変えて、我が地元、愛媛県立松山東高等学校は82年ぶりの出場の中、歴史に残る大きな前進を果たした。松山東と応援団のご活躍により、松山は活気に満ちあふれている・・・。齊会長も松山東高等学校昭和25年卒業生として、この上ない喜びで満ちあふれている・・・。2回戦においても、熱き魂を焦がして、がんばっていきまっしょい!!!

PS:門屋組一同、愛媛県立松山東高等学校を応援しております。

2015-03-26 12:13 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

起工式(伊予銀行第2岩崎寮)

 『祝詞奏上』

3月25日(水)、株式会社伊予銀行 第2岩崎寮新築工事の起工式を執り行った。昨日から春の訪れ最中の寒波に見舞われるも、大晴天の空の下、心地良い紫外線が肌寒さをかき消してくれる今日この頃・・・。各現場より、駆けつけてくれたマル留法被を身に纏った設営隊によって起工式の設営が成され、その後、本工事に関わるすべての皆様がお集まりの中、神事は速やかに執り行われたのであった・・・。

神事は、工事の安全をお祈りする祝詞奏上、次に設計・監理者が執り行う忌鎌(いみかま)、お施主様が執り行う忌鍬(いみくわ)、施工者が忌鋤(いみすき)を執り行っていく・・・。結びに、玉串(たまぐし)を奉奠(ほうてん)し、2礼2拍手1礼の思いを込めて安全祈願をする・・・。そして、斎主様の乾杯の音頭により、工事に関わる全ての皆様と共に、工事の安全とご健康とご多幸を祈念して神酒拝戴を執り行った・・・。こうして、株式会社伊予銀行 第2岩崎寮新築工事の起工式を滞りなく執り修めることができたのであった。

本日は、株式会社伊予銀行 第2岩崎寮新築工事の起工式を滞りなく執り修めることができましたこと、誠におめでとうございます。心からお慶びを申し上げます。これから、設計・監理であります株式会社大建設計工務様の下、安全衛生・品質管理を徹底し、綿密な協力態勢で取り組んでいきたいと思います。また、現場監督であります濱田所長を筆頭に、お施主様へ満足と感動していただける建物が提供できるように、協力会社の皆様と現場一丸となって施工に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

PS:起工式の設営班の皆さん、設営・段取り、大変ご苦労様でした。皆さんのおかげで、スムーズに起工式を執り行うことができました。ありがとうございます。濱田所長、安全・衛生・品質管理の徹底のほど、よろしくお願い致します。近隣の皆様、しばらくの間ご迷惑をお掛けしますこと、この場を借りまして心からお詫び申し上げます。

 

 『神酒拝戴』

伊佐爾波神社神職様より心温かなお言葉を賜り、工事に関わる全ての皆様と共に、工事の安全とご健康とご多幸を祈念して神酒拝戴が執り行われました。現場監督であります濱田所長を筆頭に、お施主様へ満足と感動していただける建物が提供できるように、現場一丸となって施工に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い致します。本日は誠におめでとうございました。

2015-03-26 00:47 | 青年会議所 | Trackback(1) | Comment(0)

第3回委員会挨拶回り


 

3月24日(火)、第4火曜日は公益社団法人松山青年会議所 2015年度第3回目となる各委員会が開催される・・・。本日は多賀号にて、小椋副専務理事と奥村事務局次長と私の4名は、各委員会が開催される会場へ挨拶回りを行った。青少年センター、横田建設、五志喜、久保豊ビル、リンダリンダの5つの会場を回らさせていただき、委員長・副委員長を中心とした積極的な会議を目の当たりにした。こうして、第3回目の委員会回りは滞りなく執り行われたのであった・・・。

本日は積極果敢に行動する第3回目の委員会のご開催、誠におめでとうございます。1年間、委員長を中心とした事業や、この年この日この時間にしか味わえない価値ある時間を共有するとともに、委員会のかけがえのない思い出が創られていかれますことを願っております。仲間と共に育む、一生に一度の最高の思い出と学びと気づき、そして昨年度の松山大会の感謝の気持ちを行動に変える最強委員会となりますように・・・。本日は誠におめでとうございます。

PS:先日は3月総会・例会にて、多くの気づきと学びをいただき、運営していただいた佐伯委員長率いる総務渉外員会、藤川委員長率いる広報委員会の皆様、本当にありがとうございました。あと11日後には、松山にとって春の風物詩である4月5日(日)には平成27年松山春まつり(お城まつり)が輝かしく幕を開けます。是非ともご参画いただき、共に本気・本音の青年の運動が展開できることを楽しみにしております。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 『心温まる贈物』

広報委員会の伊藤委員がこの度転勤により長きに亘り支えていただいた松山JCから巣立っていく・・・。松山JCの広報の要として、昨年度の全国大会のみならず公開討論会等でも活躍された。そんな中、増田総監督率いる松山JCサッカー部から愛媛FC10周年記念マフラーが奥村事務局次長より手渡された。伊藤さん、東京でもご活躍されますことを心からお祈りしております。今日まで本当にありがとうございました。

2015-03-25 08:45 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る