株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

(公社)松山青年会議所 第3回役員予定者会議

 『理事長予定者挨拶』

10月30日(木)、名残惜しい大会事務局に別れを告げ、本日は真新しい感覚の中、久保豊ビル3階会議室にて、公益社団法人松山青年会議所 第3回役員予定者会議が開会された。2015年度門屋体制が1月1日を迎えたその日から、力強くたくましく円滑なスタートが切れるように、今から準備に準備を重ねながら役員予定者メンバーたちとコンセンサスを取っていかなければならない・・・。地域から最も頼られ、必要とされる青年の団体としてさらに加速させるために、一人ひとりが個性豊かな信頼を築けるまちの花となることを念頭に入れながら、輝かしい未来へと百花繚乱の如く花を咲かせるための第3回役員予定者会議は、宮内室長予定者の開会宣言とともに幕を開けたのであった・・・。

『百花繚乱 ~信頼を築けるまちの花となれ~』

JCIクリード並びにJCIミッション唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。2015年度役員予定者のメンバーへ、2015年度体制が決定してから約2ヶ月間が経とうとする中、今、必ず認識しておかなければならない縦のラインのコンセンサスの強化の話をさせていただいた。そして、どんなことがあっても、全国大会松山大会でいただいた御恩をお返しする為に、感謝の気持ちをもって、本気・本音で行動することを伝えさせていただいた。こうして、2015年1月1日に向けた出航への準備は、「ことばのちから」が共鳴する、笑顔あり笑いありの中、円滑に行うことができたのであった・・・。

本日は大変お忙しい中、公益社団法人松山青年会議所 第3回役員予定者会議に出席を賜りましたこと、心から感謝しております。単年度制であるが故、先輩たちから連綿と受け継がれてきた良き伝統を守り続けていかなければなりません・・・。また、松山大会も大成功に終えることができ、大成功の裏側で支えていただいた関係各位の全ての人たちへ感謝の気持ちを伝え続けるとともに、松山大会以降が私たちの新たなるスタートとして捉え、気を引き締め、自分自身に課せられた責任を全うし、更なる飛躍に向けて邁進していきたいと思います。2015年度役員予定者の皆様、どんな困難にも立ち向かっていく気概と、積極果敢に行動するたくましさで共に前進できることを楽しみにしております。本日は誠にありがとうございました。

 

 『可決承認への道』

2015年度準備段階初の審議案件である、松山春まつりお城まつり実行委員会に付託する事項(案)承認の件が全会一致で可決承認された。松山の春の風物詩である4月の第1週の金曜日には、これまでにない新たな春まつりが展開されることは間違いない。島田委員長、これからも宜しくお願い致します。


 

第63回全国大会松山大会以降、力強くたくましく、そして感謝の気持ちを本気・本音で伝えるべく、2015年度は多くの出向者の下に確かな一歩を踏み出す松山JC・・・。決意あふれる人の意識を変え未来を切り拓く「ことばのちから」は、私たちの心の奥底に伝わったのであった・・・。個性豊かな花を咲かせるためにも、己を律し、友を信じ、未来を見据える、そんな2015年度を共に展開していきましょう。

 『監事所見』

梶木監事より、本日の第3回役員予定者会議の所見を賜りました。責任あるJAYCEEとして、JCIクリード並びにJCIミッション唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を執り行い、自覚をもって取り組んでいただきたいことが伝えられました。

 『会議後の懇親会』

会議後の懇親会を、松山大会以降、自信と誇りあふれる中村副委員長プレゼンツ「蛍」にて執り行った。帽子顧問による乾杯のご発声の下、笑顔あり笑いありの懇親会は輝かしく幕を開けた・・・。1分1秒無駄にすることなく、一切の妥協を排して、2015年度を共に前進できることを楽しみにしております。本日の会議の設営並びに懇親会の設営・段取りにご尽力いただきました今城専務理事・多賀事務局長をはじめ小椋副専務理事、本当にありがとうございました。

2014-10-31 08:42 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

10月31日の誕生日

本日、10月31日(金)は青野部長の誕生日であります。おめでとうございます。昨年の7月より門屋組の総務部部長として、会社の縁の下の力持ちで私たちを支えていただいている青野部長・・・。門屋組全体の縁の下のサポートに心から感謝しております。また、先日の門屋組親睦ゴルフコンペにおいても、すべての段取りを一人でしていただきまして、本当に感謝しております。これからも総務部の長として、みんなが円滑に快適に仕事ができるように、縁の下の力持ちであり続けていただきたいと思います。そんな青野部長も本日は誕生日・・・。今日一日ご家族と共に有意義な誕生日となりますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※青野部長の1年間貫き通す漢字一文字理念は、『感』でございます。部首:「心」 総画:13画
今年の理念文字に「感」を掲げた青野部長・・・。弊社に掲げた感動していただこう、そして感謝の気持ちを連想するこの一字の如く、思いやりの心で今後ともすべての関係各位と接していただきたいと思います。「感」の一文字を念頭に、総務部の長として、さらなる前進されますことを期待しております。

2014-10-31 02:24 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第63回全国大会松山大会 第24回実行委員会(引き継ぎ式)

 『引き継ぎ式の幕開け』

10月29日(水)、第63回全国大会松山大会の開催から17日が経過する中、大会事務局にて、結びとなる第24回実行委員会(引き継ぎ式)が開会された。2014年度第63回全国大会松山大会から2015年度第64回全国大会東北八戸大会へ・・・。本日は、公益社団法人八戸青年会議所、類家次年度理事長並びに石黒実行委員長率いる東北八戸大会実行委員会メンバー13名の皆様が松山へお越しいただく中、さらにブラッシュアップされた全国大会へと昇華していただく、松山大会実行委員会から東北八戸大会実行委員会へと本気・本音のバトンが受け渡されたのであった・・・。

2014年度第63回全国大会松山大会 大会実行委員長である私よりご挨拶を行い、その後、公益社団法人八戸青年会議所 2015年度類家理事長、そして第64回全国大会東北八戸大会 石黒実行委員長のご挨拶が行われ、引き継ぐ者、引き継がれる者として互いの意識を高め合った・・・。青年会議所は単年度制であるが故、その年その年の引き継ぎが非常に重要な役割を果たす・・・。私自身、引き継ぐ者として今年の全国大会の問題点や良かった点を石黒実行委員長へと引き継がせていただいた・・・。こうして、2014年度・2015年度の引き継ぎ式が滞りなく閉会を迎え、その後、全国大会で通じた一生ものの夢ある仲間と共に、懇親会で親睦を深め合ったのであった・・・。「ことばのちから」「おせったいの心」あふれる松山の地より、「市民先導のまち」東北八戸へと託された・・・。本日は誠にありがとうございました。

PS:公益社団法人八戸青年会議所の皆様、今日一日大変お世話になりました。おかげさまで本日の貴重な一日を経て、私たち松山大会実行委員会は次年度も共に前進する大きな気概を再び抱くことができました。次年度の東北八戸大会を共に構築に向けて邁進させていただきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。2015年9月24日(木)~27日(日)、第64回全国大会東北八戸大会に必ずいくけん!!!

 

 『本気・本音の引き継ぎ』

問題点・良かった点をしっかりと受け継いでいくことが、次年度をさらにブラッシュアップさせることにつながっていく。八戸の魅力を最大限に発信する為にも、東北が震災後以降の新たな礎を築いていく為にも、四国地区一同、必ずいただいた御恩と御縁はお返しいたします。

 『引き継ぎ式後の懇親会』

引き継ぎ式後、松山と八戸の友好を深める懇親会が行われた・・・。膝と膝を突き合わし、本気・本音で語り合う時間は私たちにとって本当に有意義なものとなった・・・。「ことばのちから」が「たくましい国」日本へと導く大会を共に前進してきた同志として、今後とも宜しくお願い致します。

2014-10-30 03:44 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

10月30日の誕生日

本日、10月30日(木)は國田さん、高田さんの誕生日であります。おめでとうございます。企画設計部をいつも輝かせていただいている國田さん・・・。岡本部長を中心とする企画設計部が一丸となって前進していく為にも、これからも企画設計部の花として、明るい笑顔で輝かしていただけたらと思います。本日が國田さんにとってもご家族にとっても、有意義な一日でありますことを切に願っております。本日は誠におめでとうございます。

高田さんのいつも真面目にコツコツと仕事に取り組む姿と何とも言えないあの間に癒しを感じております。いつも真面目に仕事に取り組んでいる姿勢こそが、確実に信頼・信用へと結びついている・・・。これからも信頼・信用の輪を大切に、家族の絆を深めながら仕事に邁進してください。そんな高田さんも本日は誕生日・・・。家族とともに、今日一日が有意義に過ごせますことを切にお祈りしております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※國田さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は、『結』でございます。部首:「糸」 総画:12画
2014年度の初めに「結」の一文字を理念文字とした國田さんには、団結や結果を連想させるこの一字の如く、結の精神でさらなる絆を構築していただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「結」という文字を常に念頭に入れて、これからも結果を出せるよう邁進してください。

※高田さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は、『走』でございます。部首:「走」 総画:7画
2014年度に「走」の一文字を理念文字とした高田さんには、走行を連想されるこの一字の如く、今まで歩んできた歩幅をさらに大きくしてさらなる高みを目指してください。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「走」という文字を常に念頭に入れて、さらに進化してください。

2014-10-30 01:12 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

10月度マルトメ安全パトロール&送別会(一色部長)

 『現場に掲げられたことば』

10月28日(火)、10月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から私と一色部長と佐伯さんの3名。マルトメ協力会社から、株式会社 松岡工務店( 藤本 清憲 様)、株式会社 アート工藝社(入江 宏充 様)、有限会社 岩永工業(岩永 一洋 様)、上田消防建設 株式会社(中村 登美男 様)、オオノ開發 株式会社(氏家 亨輔 様)、 有限会社 吉野塗装店(石丸 一 様)の6名。計9名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、(仮称)アルファスマート古三津新築工事、(仮称)松山市大手町サービス付高齢者向け住宅新築工事、(仮称)トータスビル新築工事の3現場を回った。一色部長にとって集大成となるマルトメ安全パトロールは幕を開けた・・・。

最初にパトロールした(仮称)アルファスマート古三津新築工事の現場では、仮設工事及び型枠工事が行われていた。現場に入場してパトロール員全員から「安全通路の確保が素晴らしい」と声が挙がった。また、現場に掲げられた「お客様の大切な資産を預かり、大切な財産を建築しています。プロ意識を持ち作業しましょう。」のことばがパトロール員全員の心を掴んだ・・・。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

次にパトロールした(仮称)松山市大手町サービス付高齢者向け住宅新築工事では、各所仕上工事が行われていた。現場に入場してそのまま最上階である10階までノンストップで上がり切り、体力の衰えを感じたパトロール員たち・・・。そんな中でも、現場に訪れ、職人さんたちの目線で現場に向き合った為、色んな指摘箇所が見えてきた。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

最後にパトロールした(仮称)トータスビル新築工事の現場では、左官工事及び外壁工事、内装下地工事が行われていた。現場パトロール前のミーティングで、現場事務所内の整理整頓状況が素晴らしいことに気付くパトロール員・・・。そんな背景での現場パトロールで感じた事・・・。それは、身の回りの整理整頓が出来ている者による安全管理の徹底は現場にも必ず連動している事・・・。これからもより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

・作業環境が、昔よりよくなっている。

・材料等を立て掛けると落下災害に繋がる為、改善が必要である。

・8Sの中で、『浸透』がされている様子が伺えるパトロールだった。『浸透』し更に進化して、良い現場創りをして頂きたい。

・以前に比べて、安全に対して大変良く改善されてきている。

・建物の解体作業中は散らかることが多いので、門屋組の整理整頓を見習いたい。


本日は大変お忙しい中、10月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日は一色部長にとっても集大成となるマルトメパトロールでしたが、37年間の支えの中で、門屋組の安全品質管理の意識を向上していただいたことは私たちにとって真の財産であります。今後のさらなる現場が進化していく様、そしてたくましく前進していく様を見守っていただけると幸いであります。37年間もの長い年月、本当にお世話になりました。協力会社の皆さんと共に地域に愛される建設業を目指していきたいと強く思っておりますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

 

 『10階まで上がった感動の景色』

(仮称)松山市大手町サービス付高齢者向け住宅新築工事の現場に入場し、10階までノンストップで上がったその先には、松山城が立派に映る素晴らしき感動の景色が広がっていた・・・。

 『現場事務所にて・・・』

一色部長にとって結びのパトロールとなる(仮称)トータスビル新築工事の現場・・・。現場パトロール前のミーティングで、現場事務所内の整理整頓状況が素晴らしいことに気付くパトロール員・・・。そんな背景での現場パトロールで感じた事・・・。それは、身の回りの整理整頓が出来ている者による安全管理の徹底は現場にも必ず連動している事・・・。これからもより一層8S運動を推進し、現場一丸となって安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『送別会』

本日をもって退職される一色部長の送別会を門屋組本社で執り行いました。苦楽を共にしてきた生涯の仲間に対し、これまでと変わることなく末永くご交友賜りますよう、お願い申し上げます。そして、長きに亘り土木部・品質管理を牽引された一色部長のご功績に対し、心からの感謝の意を表します。37年間の長きに亘り、本当にありがとうございました。門屋組一同、心から感謝申し上げます。これからも見守ってください。

2014-10-29 12:00 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

(公社)松山青年会議所 第4回常任理事予定者会議

 『理事長予定者挨拶』

10月27日(月)、今日は妻の誕生日・・・。のはずが、自身の勘違いで娘から「パパ、今日はママの誕生日よ」という言葉を言わすこととなった今日この頃・・・。思い込みと勘違いはかなり危険である。そんな切羽詰まった朝一を迎えた本日に、大会事務局にて、公益社団法人松山青年会議所 2015年度第4回常任理事予定者会議を迎えた。神野副理事長予定者の開会宣言とともに幕を開けたのであった・・・。

『百花繚乱~信頼を築けるまちの花となれ~』

JCIクリード並びにJCIミッションの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。回を重ねるごとに、次第に2015年度への準備と方向性が見えてくる・・・。こうして、2015年1月1日の船出への準備は、今城専務理事予定者の采配の下、円滑に行うことができたのであった・・・。その後、小椋副専務理事予定者の段取りの下、2015年度常任理事予定者懇親会は一生の思い出に残るものとなった・・・。

本日は第4回目の常任理事会予定者会議に参加いただきましたこと、心から感謝しております。単年度制であるが故、先輩たちから連綿と受け継がれてきた良き伝統を守り続けていかなければなりません・・・。これからも全国大会で培った自信と誇り、そして大きな経験を活かし、気を引き締め、自分自身に課せられた責任を全うし、更なる飛躍に向けて邁進していきたいと思います。これからも宜しくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。

PS:己を律し、友を信じ、未来を見据える、価値ある時間を過ごしていきましょう。

 

 『うわじま場所の集い』

会議後はうわじま場所にて、この瞬間にしか味わえない懇親を深め合った私たち・・・。神野副理事長の乾杯のご発生の下、今宵の懇親会の幕は開けたのであった・・・。

2014-10-28 00:16 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

松山大会決算に向けた資料作り

 『最終最後の完結を迎える為に・・・』

10月26日(日)、自宅にて、朝から第63回全国大会松山大会の決算に向けた資料作りを行った・・・。昨年度の経験が活かされ、少ない容量の脳みそもフル回転で多岐に渡る膨大な資料作りをすることができた。最終最後の円滑な完結が迎えられるよう、今日よりも明日を良くするために、今、必死でがんばろう!!!

2014-10-27 00:25 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

愛媛ブロック協議会 第2回会員会議所予定者会議

 『会長挨拶』

10月25日(土)、大会事務局にて、公益社団法人日本青年会議所 四国地区 愛媛ブロック協議会 2015年度第2回会員会議所予定者会議並びに2014年度第10回会員会議所会議が開会された。ここ、大会事務局も残すところ6日間で幕を閉じてしまう・・・。4月~10月の7ヵ月間、松山大会構築に向けて、私たちの想いとともに喜び・怒り・哀しみ・楽しみすべてを受け入れ、大きな心の支えとなった。そんな思い出詰まった大会事務局で、2014年度会長(石川 誠二 君)、2015年度会長予定者(菊池 繁人 君)率いる本次年度愛媛ブロック協議会が輝かしく幕を開けた・・・。

JCIクリード並びにJCIミッションの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。その後、2013年度会長(帽子 大輔 君)、2014年度会長(石川 誠二 君)、2015年度会長予定者(菊池 繁人 君)よりご挨拶が行われ、松山大会で副主管が一丸となれる活気に満ちあふれた愛媛の創造ができたことに心から感謝の言葉が述べられた・・・。また、松山大会以降も力強くたくましく一丸となって取り組んでいくことが伝えられた。そして、大西運営専務理事、松岡運営専務理事予定者による会議進行の下、本次年度会議の審議事項が精査され、各地理事長によって可決承認されていった・・・。会員会議所後、2014年度結びの事業となる「国を牽引するリーダーの育成事業」、講師にJCI第66代会頭(原田 憲太郎 先輩)による「今こそ行動~知られざるJCの魅力~」が青少年センターで開催され、世のため人のために起こす運動事業が、やがて自身の成長、地域の活性化、そして日本の元気、さらには世界へと和が広がっていくことを原田先輩より聞くことができた・・・。国連ミレニアム開発目標(UN MDGs)の周知と世界平和への意識醸成に結びついた・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 四国地区 愛媛ブロック協議会 本次年度の会員会議所会議並びに「国を牽引するリーダーの育成事業」に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。時間の経過とともにお互いの信頼関係(友情)は強くなっています。しかしながら、信頼関係(友情)が強くなっていく為には、個人の修練と社会への奉仕の心が必要不可欠であります。これからも2014年度・2015年度愛媛ブロック協議会を支えていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。本日の有意義な会議に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

 

 『講演』

世界のリーダーである原田先輩より、人の意識を変え未来を切り拓く「ことばのちから」あふれる講演を聴くことができた私たち・・・。これからも価値ある時間を共有することを誓い合ったのであった。原田先輩、本日は大変お世話になりました。

2014-10-26 12:17 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

準備委員会挨拶回り

 『挨拶回り』

10月24日(金)、公益社団法人松山青年会議所 2015年度委員会を準備する第2回目が開催される・・・。本日も昨日に引き続き青野号にて、多賀事務局長、青野事務局次長と私の3名は、各委員会が開催される会場へ挨拶回りを行った。青少年センター、大会事務局の2つの会場を回らさせていただき、委員長を中心とした積極的な会議を目の当たりにした。こうして、第2回目の委員会回りは滞りなく執り行われたのであった・・・。

本日は松山大会後にも関わらず、積極果敢に行動する第2回目の準備委員会のご開催、誠におめでとうございます。1年間、委員長を中心とした事業や、この年この日この時間にしか味わえない、委員会のかけがえのない思い出が創られていかれますことを願っております。仲間と共に育む、一生に一度の最高の思い出と、松山大会に感謝する最強委員会になりますように・・・。本日は誠におめでとうございます。

PS:平田委員長率いる地域活性推進委員会、村上議長率いる地域ビジョン加速会議・・・。1年間、委員長を中心とした事業や、この年この日この時間にしか味わえない、委員会のかけがえのない思い出が創られていかれますことを願っております。仲間と共に育む、一生に一度の最高の思い出と、松山大会に感謝する最強委員会になりますように・・・。本日は誠におめでとうございます。

2014-10-25 00:57 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

準備委員会挨拶回り

 『青少年センターから・・・』

10月23日(木)、公益社団法人松山青年会議所 2015年度委員会を準備する第2回目が開催される・・・。本日は青野号にて、小椋副専務理事、青野事務局次長、奥村事務局次長と私の4名は、各委員会が開催される会場へ挨拶回りを行った。青少年センター、ホテル勝山、蛍、大会事務局の4つの会場を回らさせていただき、委員長を中心とした積極的な会議を目の当たりにした。こうして、第2回目の委員会回りは滞りなく執り行われたのであった・・・。

本日は松山大会後にも関わらず、積極果敢に行動する第2回目の準備委員会のご開催、誠におめでとうございます。1年間、委員長を中心とした事業や、この年この日この時間にしか味わえない、委員会のかけがえのない思い出が創られていかれますことを願っております。仲間と共に育む、一生に一度の最高の思い出と、松山大会に感謝する最強委員会になりますように・・・。本日は誠におめでとうございます。

PS:信頼を築けるまちの花となれ!!!

 


 

近藤委員長率いるひとづくり委員会、石原委員長率いる地域振興委員会、島田委員長率いる歴史文化委員会、佐伯委員長率いる総務渉外委員会、仙波委員長率いる地域コミュニティ委員会・・・。1年間、委員長を中心とした事業や、この年この日この時間にしか味わえない、委員会のかけがえのない思い出が創られていかれますことを願っております。仲間と共に育む、一生に一度の最高の思い出と、松山大会に感謝する最強委員会になりますように・・・。本日は誠におめでとうございます。

2014-10-24 01:59 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る