株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

第63回全国大会松山大会 第12回実行委員会

 『実行委員長挨拶』

5月30日(金)、大会事務局にて、第63回全国大会松山大会 第12回実行委員会が開会された。前回の第63回全国大会松山大会 第11回実行委員会から1週間が経過し、この1週間内で変更した事項の確認や新たな気づきや学びを実行委員会内で共有し合う・・・。特に先週開催された2014年度全国大会運営会議メンバーからいただいた多くの意見は、四国にとっても愛媛にとっても松山にとっても我々にとっても、意気あふれ活気に満ちあふれる成長への一歩を進めることができた。本日も全国大会主管青年会議所として、大会テーマである『取り戻せ、日本の矜持を!~「ことばのちから」が「たくましい国」日本へと導く~』を念頭に本気・本音の第12回実行委員会は幕を開けたのであった・・・。

松山という土壌で人の意識を変え未来を切り拓く「ことばのちから」をどのように体感し持ち帰っていただくためには・・・。松山人が誇りとなる統一する「ことば」とは・・・。松山に訪れていただいた方々の意識にスイッチが入る「ことば」に出逢うためには・・・。参加していただく老若男女すべての目線を考慮した真に満足・感動していただく全国大会松山大会を構築するためには・・・。生涯一JAYCEEとして、松山の地で誇りある大会式典・卒業式を迎えるためには・・・。

本日は大変お忙しい中、第63回全国大会松山大会 第12回実行委員会に多くの皆様にご参集賜り、誠にありがとうございました。132日後に開催される全国大会松山大会に向けた取り組みは、1分1秒無駄にすることなく一切の妥協を排して進めていかなければなりません・・・。メンバー一人ひとりが、大きくさらに先を見据えた目標を掲げ、坂の上の雲の精神(のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていく)をもって大きな目標に向かって前進する時、計り知れないパワーが生まれ、地域の活性化と市民意識の変革に結びつくものと信じております。一松山に住まう青年として、今こそ意気あふれ、積極果敢にたくましく行動を起こす時・・・。今後とも共に前進する仲間たちと、与えていただいた最高の機会に感謝して、人と人、人と地域が共鳴する全国大会構築に邁進していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

2014-05-31 09:30 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2014年度会頭公式訪問(愛媛ブロック)

 『まっとる犬が大会事務局にやってきた』

5月29日(木)、前日の高知ブロックでの絆を深めあってから数時間後、まっとる犬が大会事務局に訪れる中、小林常任理事・末松議長・里中副議長、そして大会をお支えいただく協力会社の皆様と共に全国大会松山大会の打合せを行った。議案報告が行われた一つひとつのファンクションを実行へと移していく為には綿密な打合せが必要不可欠・・・。2時間に及ぶ有意義な時間を共有した私たちは、本日開催される公益社団法人日本青年会議所 四国地区 愛媛ブロック協議会 2014年度会頭公式訪問に参加するべく、昨日に引き続き多賀号に乗り込み、紙のまち四国中央市(すし半高砂殿)に向かったのであった・・・。

会場に訪れると、石川会長率いる愛媛ブロック協議会メンバーをはじめ全国各地より多くのメンバーが集結していた。そしてまもなく、JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョンの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。その後、公益社団法人日本青年会議所 第63代会頭(鈴木 和也 君)による講演が行われ、これまでJCで培った経験と様々な機会を掴んだことで得られた多くの学びと成長が伝えられた。また、会頭所信にしたためられている「すべての出会いは偶然ではなく必然的なものであり、必ず意味があるだから、この一瞬を大切にしたい。二度とないこの一瞬を大切にしたいと願う。青年会議所という学び舎において、一つひとつ積み重ねるそのすべては自分を成長へと導いてくれることを確信している。」が伝えられ、私たちの心に説得力あることばが刻まれたのであった・・・。

本日は、公益社団法人日本青年会議所 四国地区 愛媛ブロック協議会 2014年度会頭公式訪問に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。そして本日の会頭公式訪問の貴重な時間をいただき、第63回全国大会松山大会のPRをさせていただきましたこと、心から感謝御礼申し上げます。第63回全国大会松山大会を通じて、四国八十八ヶ所で結ばれた四国がさらに輝き、共に「おせったいの心」で四国に訪れていただく全国の同志をお迎えできるよう、さらなる大会構築に精進していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

PS:松山JCメンバーの皆様、共に参加できたことに心から感謝しております。松山大会開催まで132日となりますが、共に学び、考え、気づき、行動し、結果を出せることを切に願っております。多賀事務局次長、長時間の車の運転、誠にありがとうございました。

 

 『松山大会打合せ』

小林常任理事・末松議長・里中副議長、そして大会をお支えいただく協力会社の皆様と共に全国大会松山大会の打合せを行った。

 『会頭講演』

公益社団法人日本青年会議所 第63代会頭(鈴木 和也 君)による講演が行われ、これまでJCで培った経験と様々な機会を掴んだことで得られた多くの学びと成長が伝えられた。


 

会頭講演の後、名刺交換会・懇談会へと移り、国家グループ・人財グループ・国際グループ・地域グループからのPRタイムがはじまった・・・。6月4日~7日、JCI ASPAC山形大会が幕を開けるとともに、7月19日・20日のサマーコンファレンス2014が横浜の地で開催される・・・。会場全体がPR隊のことばに耳を傾けたのであった。本日は貴重な時間をいただきまして、誠にありがとうございました。

2014-05-30 07:20 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

起工式(愛媛信用金庫菊間支店)

 『祝詞奏上』

5月29日(木)、愛媛信用金庫菊間支店新築工事の起工式を執り行った。少し暑いくらいの今日この頃・・・。五月晴れの最高の天候の下、マル留法被を身に纏った現場管理隊と設営隊によって起工式の設営が成され、その後、本工事に関わるすべての皆様がお集まりの中、神事は速やかに執り行われたのであった・・・。

神事は、工事の安全をお祈りする祝詞奏上、次に設計・監理者が執り行う忌鎌(いみかま)、お施主様が執り行う忌鍬(いみくわ)、施工者が忌鋤(いみすき)、そして神職様の手によって鎮め物の埋蔵が執り行われる・・・。結びに、玉串(たまぐし)を奉奠(ほうてん)し、2礼2拍手1礼にて安全を祈願をする・・・。最後に神職様の弥栄(いやさか)の音頭により、工事に関わる全ての皆様と共に、工事の安全とご健康とご多幸を祈念して神酒拝戴を執り行った・・・。こうして、愛媛信用金庫菊間支店新築工事の起工式を滞りなく執り修めることができたのであった・・・。

本日は、愛媛信用金庫菊間支店新築工事の起工式を滞りなく執り修めることができましたこと、誠におめでとうございます。心からお慶びを申し上げます。これから、設計・監理であります株式会社宮内古勝建築事務所様の下、安全衛生・品質管理を徹底し、綿密な協力態勢で取り組んでいく所存です。また、現場監督であります重見所長を筆頭に、お施主様へ満足と感動していただける建物が提供できるように、現場一丸となって施工に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

PS:起工式の設営班の皆さん、早朝からの設営、大変お疲れ様でした。皆さんのおかげで、段取りよく起工式を執り行うことができました。ありがとうございます。重見所長、安全・衛生・品質管理の徹底のほど、よろしくお願い致します。近隣地域の皆様、しばらくの間騒音等でご迷惑をお掛けしますこと、この場を借りまして深くお詫び申し上げます。

 

 『神酒拝戴』

加茂神社神職様より心温かなお言葉を賜り、工事に関わる全ての皆様と共に、工事の安全とご健康とご多幸を祈念して神酒拝戴が執り行われました。現場監督であります重見所長を筆頭に、お施主様へ満足と感動していただける建物が提供できるように、現場一丸となって施工に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い致します。本日は誠におめでとうございます。

2014-05-30 06:48 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2014年度会頭公式訪問(高知ブロック)

 『会頭講演』

5月28日(水)、公益社団法人日本青年会議所 四国地区 高知ブロック協議会 2014年度会頭公式訪問に参加するべく、多賀号に乗り込み、高知龍馬空港で末松議長を拾った後、私にとって第2の故郷である高知の地(ザ クラウンパレス新阪急高知)に向かったのであった・・・。

会場に訪れると、宮本会長率いる高知ブロック協議会メンバーをはじめ全国各地より多くのメンバーが集結していた。そしてまもなく、JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョンの唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。その後、公益社団法人日本青年会議所 第63代会頭(鈴木 和也 君)による講演が行われ、これまでJCで培った経験と様々な機会を掴んだことで得られた多くの学びと成長が伝えられた。また、会頭所信にしたためられている「すべての出会いは偶然ではなく必然的なものであり、必ず意味があるだから、この一瞬を大切にしたい。二度とないこの一瞬を大切にしたいと願う。青年会議所という学び舎において、一つひとつ積み重ねるそのすべては自分を成長へと導いてくれることを確信している。」が伝えられ、私たちの心に説得力あることばが刻まれたのであった・・・

本日は、公益社団法人日本青年会議所 四国地区 高知ブロック協議会 2014年度会頭公式訪問に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。そして本日の会頭公式訪問の貴重な時間をいただき、第63回全国大会松山大会のPRをさせていただきましたこと、心から感謝御礼申し上げます。第63回全国大会松山大会を通じて、四国八十八ヶ所で結ばれた四国がさらに輝き、共に「おせったいの心」で四国に訪れていただく全国の同志をお迎えできるよう、さらなる大会構築に精進していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

PS:松山JCメンバーの皆様、高知の地で共にオブザーブできたことに心から感謝しております。多賀事務局次長、長時間の車の運転、誠にありがとうございました。

 

 『名刺交換会・懇談会』

会頭講演の後、名刺交換会・懇談会へと移り、国家グループ・人財グループ・国際グループ・地域グループからのPRタイムがはじまった・・・。6月4日~7日、JCI ASPAC山形大会が幕を開ける。会場全体がPR隊のことばに耳を傾けたのであった。

 『しなとらラーメン』

高知で社会人を満喫していた時に良く通っていたしなとらラーメンに立ち寄った私たち・・・。明日も引き続き愛媛ブロック協議会 会頭公式訪問も宜しくお願い致します。

2014-05-29 02:24 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

5月度マルトメ安全パトロール

 『(仮称)エディオン松山本店新築工事』

5月28日(水)、5月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から篠浦専務と一色部長と佐伯さんの3名。マルトメ協力会社から、愛媛建機リース株式会社( 山村 健輔 様)、株式会社ダイキアクシス(武村 泰宏 様)、株式会社日景生コン(桑原 正道 様)、松山電設工業株式会社(村上 誠 様)、有限会社永久圧接工業(三﨑 洋司 様)、株式会社中野組(中野 良紀 様)の6名。計9名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、(仮称)エディオン松山本店新築工事、(仮称)松山市大手町サービス付高齢者向け住宅新築工事、地域密着型小規模特別養護老人ホームせんの里ねんりん新築工事の3現場を回った。佐伯さんのパトロール結果報告に基づいて一日を振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした(仮称)エディオン松山本店新築工事の現場では、鉄筋工事(地中梁)及び既存店舗解体工事が行われていた。パトロール員より、「解体エリアには消火器が設置されていたが、本工事エリアに消火器が設置されていない」との声が挙がった・・・。また、既存店舗側の仮囲いが殺風景なので、地域への安全看板、御迷惑看板等を掲示するよう指摘事項が挙がった。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

次にパトロールした(仮称)松山市大手町サービス付高齢者向け住宅新築工事の現場では、型枠工事及び左官工事が行われていた。パトロール員全員から「きれいな現場である」と声が挙がる・・・。しかしながら、特に一般にも触れてしまう部分の養生においては、想定外とならないよう細部にまで気配りを徹底して安全措置をお願いします。協力会社さんの導線や気持ちを想像・想定しながら気配り配慮して快適職場環境を形成するようお願いします。

最後にパトロールした地域密着型小規模特別養護老人ホームせんの里ねんりん新築工事の現場では、型枠工事及び鉄筋工事が行われていた。災害防止協議会の指摘事項は、速やかに改善されており、安全管理の徹底が成されていた。また、ノーブラ運動(パトロール中のゴミ拾いの実践)も実践されており、現場監督としての姿勢が見られた。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・材料の整理整頓がしっかり出来ており、気持ちが良い。

・他県で解体中の足場の倒壊事故があったが、このようなことが無いように。

・毎月の災害防止協議会の意見を取り入れている。今後も協力業者からの要望に応えて頂きたい

・エディオン、大手町高齢者住宅は街中の現場の為、第三者災害に注意を払わなければならない。

・エディオン作業所に於いて、先日ガードマンの誘導で当社の車が3台続けて左折した。その間、一般車両が止められた状態だったので、第三者車両を優先しなければならない。

・安全について、毎日口酸っぱく言い続けて、指導していかなければならない。

・街中の現場だけでなく、ねんりん作業所も前面の県道の見通しが悪く、交通災害に気を付けなければならない。

・社長方針に従って、モラルアップを周知するよう指導し、成果が表れてきた。

本日は大変お忙しい中、5月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日は私自身、パトロールに参加できませんでしたこと、心からお詫び申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。6月は特に梅雨入りしますので、熱中症対策、そして想定される安全管理を見直すとともに快適職場環境の形成を宜しくお願い致します。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建設業全体のモラルアップを図り、現場一丸となって周知・浸透させていく意義であります。建設業として変えてはならないものは、一つに「地域に感謝する建設業」であること、二つに「地域に愛される建設業」になることであります。継続してモチベーションを高め合いながら、協力会社の皆さんと共に地域に愛される建設業を目指していきたいと強く思っておりますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

 

 『(仮称)松山市大手町サービス付高齢者向け住宅新築工事』

(仮称)松山市大手町サービス付高齢者向け住宅新築工事の現場では、型枠工事及び左官工事が行われていた。パトロール員全員から「きれいな現場である」と声が挙がる・・・。しかしながら、特に一般にも触れてしまう部分の養生においては、想定外とならないよう細部にまで気配りを徹底して安全措置をお願いします。協力会社さんの導線や気持ちを想像・想定しながら気配り配慮して快適職場環境を形成するようお願いします。

 『地域密着型小規模特別養護老人ホームせんの里ねんりん新築工事』

地域密着型小規模特別養護老人ホームせんの里ねんりん新築工事の現場では、型枠工事及び鉄筋工事が行われていた。災害防止協議会の指摘事項は、速やかに改善されており、安全管理の徹底が成されていた。また、ノーブラ運動(パトロール中のゴミ拾いの実践)も実践されており、現場監督としての姿勢が見られた。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『パトロール後の安全ミーティング』

3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

 『パトロール後の昼食会』

安全パトロール後は「どんと姫原店」にて昼食会を行いました。今後とも地域に愛される土木・建設業をよろしくお願い致します。本日は大変お忙しい中、パトロールに参加していただき、誠にありがとうございました。

2014-05-29 01:16 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

「ことばのちから」~松山の地から~全国に共鳴する「ことば」

 『ことばを送る基金』

5月27日(火)、先日の2014年度全国大会運営会議 第5回全体会議の中で私から家族宛てに送った一枚の手紙が昨日届いた。「いつもありがとう!」のたった一行のことばではあったが、長女奏来(そら)5歳にも理解できるひらがなだった為、私の「ことば」がしっかりと伝わった・・・。妻の話によると、手紙が届いた瞬間、私宛に手紙を書いてくれたようだ。人の意識を変え未来を切り拓く「ことばのちから」は、老若男女子どもから大人まで行動を起こす意識を呼び覚ましてくれる・・・。そんな中、松山の地から、道後温泉のように温かい「ことば」が湧き出るまちで、あなたの大切な人に今伝えたい「ことば」を贈るべく、「デジタルからアナログへ、スマホからペンへ」を念頭に自身がペンを執り、全国各地へ今の想いを綴ったのであった・・・。第63回全国大会松山大会記念事業「ことばを送る基金」、あなたも大切な人へ本気・本音のことばを送ってみませんか?

「ことばのちから」~松山の地から~全国に共鳴する「ことば」

2014-05-28 02:54 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(一社)愛媛県建設業協会 平成26年度通常総会

 『サブホール受付対応』

5月26日(月)、第12回門屋組大川清掃後、ひめぎんホールにて、一般社団法人愛媛県建設業協会 平成26年度通常総会が開催された。毎年この時期に開催される通常総会・・・。愛媛県知事をはじめ愛媛県各支部に所属する建設業協会員たちが集結し、通常総会が幕を開けたのであった・・・。

5ヶ月後、ひめぎんホールは第63回全国大会松山大会の主要会場となる為、多くの参加者が一堂を会す・・・。本日の人の流れ・導線を確認し、想定される状況をイメージしながら、本日の私の職務である受付を担当させていただいた。こうして、平成26年度通常総会は滞りなく執り行うことができたのであった・・・。

PS:青井部会長をはじめとする青年部会の皆様、一日大変お疲れ様でした。

2014-05-27 07:56 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第12回門屋組大川清掃会

 『朝一のミーティング&ラジオ体操』

5月26日(月)、第12回門屋組大川清掃会を実施した。大川は弊社の前を流れている歴史ある川である。現在弊社では、年に2回の5月と11月に大川清掃会(前回の第11回門屋組大川清掃会)を実施している。早朝8時より、長靴・雨合羽・芝刈り機・手鎌・ゴム手袋・ロープ・ごみ袋等を段取りする中、第12回門屋組大川清掃会はラジオ体操とともに幕を開けた・・・。

本日も昨年の11月と同様、雨の中での大川清掃会となった・・・。たまたまだろうが、大川清掃会50%の確率で雨に見舞われているような・・・。最近、事業(イベント)&雨にすこぶる敏感に反応するが故、気持ち的に複雑になってくる。「10月9日~12日は絶対に晴れてください」と、改めて天に願う次第である。そんな心境と天候の中、少々心と環境のハンデを抱えながらの清掃になった。大川には数珠草と言われる頑固な草が生え茂っているが、本日もこの頑固な数珠草に立ち向かうべく、電動芝刈り機と手鎌を片手に清掃に向き合った・・・。

本日は足元の悪い中、そして大変お忙しい中、第12回門屋組大川清掃会をスタッフ一同怪我をすることなく、無事に実施することができました。おかげさまで再び綺麗な姿を取り戻し、水も清らかに流れるようになりました。いつも弊社を見守ってくれている大川に感謝の気持ちを込めて、今年の11月に予定している第13回門屋組大川清掃会では、更に綺麗な大川にしていきたいと思います。皆さん、本日は雨の中、早朝より大変お疲れ様でした。

PS:門屋組スタッフの皆様、風邪を引かないように・・・。

 

 『清掃状況』

各チーム、リーダーの指導の下、一人ひとりが仲間と共に連携を図りながら大川清掃に臨む・・・。

 『電動芝刈り機』

伸びきった数珠草を一掃するべく、電動芝刈り機が大活躍した・・・。暑い夏を控え、かなり短めに刈られていった・・・。

 『後方支援隊』

ゴミ処理する際にガードレールに付着した泥を、後方支援隊(総務部)によってきれいに一掃されていく・・・。縁の下の力持ち、重要な役割です。

 『清掃後状況』

本日は足元の悪い中、そして大変お忙しい中、第12回門屋組大川清掃会をスタッフ一同怪我をすることなく、無事に実施することができました。おかげさまで再び綺麗な姿を取り戻し、水も清らかに流れるようになりました。いつも弊社を見守ってくれている大川に感謝の気持ちを込めて、今年の11月に予定している第13回門屋組大川清掃会では、更に綺麗な大川にしていきたいと思います。皆さん、本日は雨の中、早朝より大変お疲れ様でした。

2014-05-27 07:28 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

光絆会(家族の集い)

 『バーベキュー』

5月25日(日)、2014年度全国大会運営会議 第5回全体会議後、本日開催される光絆会(家族の集い)の開催場所(レインボーハイランド)に向かった・・・。虫スプレーを片手に長女奏来(そら)と二人で・・・(妻・陽奈(ひな)・星奈(せな)はお留守番)。

最高の天候の中、レインボーハイランドバーベキュー広場には、多くの家族で賑わっていた・・・。そんな中、網の上には高級食材(アワビ・ホタテ・サザエ・エビ・牛肉・ソーセージ・トウモロコシ・じゃがいも)が並べられる・・・。本日を迎えるにあたり、古志会長並びに幹事のみんなが厳選した高級食材を私たちの為に仕込んでいた模様・・・。カツオの藁焼きにて、たたきまで登場する等、妥協することなく本格的に臨んだバーベキューは、大人から子どもまで美味しい食べ物が口に入るたびに笑顔に変わる・・・。腹の欲求も満たされた後、レインボーハイランドに設置されているアスレチックと巨大滑り台で遊び出した子どもたち・・・。大人も子どもも大はしゃぎの光絆会(家族の集い)は、笑いと笑顔に包まれる確固として揺らぐことのない絆が深まったのであった・・・。

本日は家族の絆を大切にする光絆会(家族の集い)に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。輝く若者たちの、確固として揺らぐことのないの下に集まる会として、旗揚げされた光絆会(こうはんかい)であります。今後とも、古志会長を筆頭に光輝く若者たちの絆を大事にして、何事にも率先して取り組んでいきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

PS:古志会長をはじめ幹事の皆様、設営・段取り準備までしていただき、誠にありがとうございました。

 

 『藁焼きでカツオを堪能』

カツオの藁焼きにて、たたきまで登場する等、妥協することなく本格的に臨んだバーベキューは、大人から子どもまで美味しい食べ物が口に入るたびに笑顔に変わる・・・。

 『スベリ台を楽しむ』

腹の欲求も満たされた後、レインボーハイランドに設置されているアスレチックと巨大滑り台で遊び出した子どもたち・・・。大人も子どもも大はしゃぎの光絆会(家族の集い)は、笑いと笑顔に包まれる確固として揺らぐことのない絆が深まったのであった・・・。

 『松山JCつりクラブからの贈物』

レインボーハイランドを後にし、家路に辿り着くと、松山JCつりクラブの森会長、奥村先輩から一本の電話が入った。「大きなんが釣れたけん、今から持っていこーわい、かどやん」との事・・・。数時間後、持ってきていただいた発泡スチロールの中には1.5㎏のアオリイカをはじめアジ・タイが入っていた。立派なアオリイカを目の当たりにし、またエギングに行きたくなってしまった私・・・。松山JCつりクラブからの贈物は、私の意識に火を付けたのであった・・・。本当にありがとうございます。

2014-05-26 00:55 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2014年度全国大会運営会議 第5回全体会議

 『全体会議』

5月25日(日)、前日の松山ナイトで全国大会運営会議&松山JC&愛媛ブロック協議会が共鳴する信頼関係を深め合ってから数時間後、青少年センターにて、公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第5回全体会議が開催された。

ことばにちからを込めた「おはようございます」を実践し、会議室に入室した前日に膝と膝を突き合わして酒を酌み交わした仲間たちと固い握手を交わす・・・。また、公益社団法人八戸青年会議所(山子 泰典 君)、一般社団法人広島青年会議所(佐々木 健一 君)、公益社団法人埼玉中央青年会議所(星野 真一 君)、愛媛ブロック協議会会長(石川 誠二 君)、公益社団法人宇和島青年会議所(山本 太一 君)、公益社団法人今治青年会議所(山本 要介 君)の各地会員会議所理事長様にもオブザーブしていただく中、感謝の気持ちを込めてお迎えさせていただいた・・・。お互いがお互いの相互理解が深められ、握手を交わしていくたびに意識が昂揚していく・・・。こうして定刻となり、日本の矜持を取り戻す公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第5回全体会議は高田副議長による開会宣言の下、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョン唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。そして、2014年度全国大会運営会議 議長(末松 雅之 君)よりご挨拶が行われ、前日の小会議そして全体懇親会に引き続き、こうして定刻通り第5回全体会議を迎えられたことに心から感謝の言葉が伝えられた。また、公益社団法人松山青年会議所 第62代理事長(西村 直樹 君)、松山大会実行委員長(私)からもご挨拶を行い、3ヶ月ぶりの松山クールへのお越しを歓迎申し上げるとともに、全国大会構築に向けた想いをお伝えさせていただいた・・・。その後、末松議長、棟久総括幹事の進行による第63回全国大会松山大会を構築する数々の議案の説明並びに協議が行われた・・・。こうして、来月再び松山の地でみんなと元気な姿で出会うこと、そして更なる高い目標に向かった大会を大成功に導いていくことをお誓い申し上げた石黒副議長の閉会宣言の下、第5回目の全体会議は幕を閉じたのであった・・・。

本日は早朝より公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第5回全体会議に多くの皆様に参加いただきまして、誠にありがとうございました。松山大会実行委員会として、心から感謝申し上げます。本日も志高い委員の皆様から多数の「ことば」を賜り、私自身、大きな気づきと学びを得ることができました。第63回全国大会松山大会を構築していく上で、まずは私たちが意気あふれる人財となること、活気に満ちあふれた状況をつくり上げること、たくましくよりたくましくさらにたくましく行動し、日本人として自信と誇りを持つことが重要であると確信しております。自身の発することばにちからを持たすためにも、1分1秒無駄にすることなく一切の妥協を排し、気概と覚悟を持った一歩を踏み出していく所存です。全国大会運営会議の皆様、副主管青年会議所の皆様、今後とも宜しくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

PS:段取り・設営に際し、大変お世話になりました藤本運営幹事をはじめとする松山大会実行委員会の皆様、厚く感謝・御礼申し上げます。一人ひとりからの本気・本音の行動による「おせったいの心」に感激致しました。来月の6月28日(土)には、再び松山の地で皆様とお会いできることを楽しみにしております。本日は誠にありがとうございました。

 


 

公益社団法人八戸青年会議所(山子 泰典 君)、一般社団法人広島青年会議所(佐々木 健一 君)、公益社団法人埼玉中央青年会議所(星野 真一 君)、愛媛ブロック協議会会長(石川 誠二 君)、公益社団法人宇和島青年会議所(山本 太一 君)、公益社団法人今治青年会議所(山本 要介 君)の各地会員会議所理事長様より、、「ことばのちから」あふれるご挨拶を賜りました。来月の6月28日(土)には、再び松山の地で皆様とお会いできることを楽しみにしております。本日は誠にありがとうございました。

2014-05-26 00:22 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る