株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

昭和の日の前倒し誕生会

 『トイザラスで品定め』

4月29日(火)昭和の日、本来なら5月1日が長女奏来(そら)の5歳の誕生日だが、私自身が出張の為、前倒し誕生会を行うことにした。誕生会の幕開けに先立ち、今日はトイザラスへ5歳を迎える長女奏来(そら)と三女星奈(せな)の二人を連れて行くことにした私・・・。次女陽奈(ひな)は家で深い眠りについていた・・・。

車中ではウキウキの(そら)とどこに連れて行かれるかすら理解してない(ひな)・・・。到着して直ぐに、入り口でお兄ちゃんに風船をもらい、テンションが上がる。店内に入ると、一目散にプリキュアコーナーへと突っ走る娘・・・。足を引き摺りながらその後を追う私・・・。色々と品定めをした後、お気に入りの一品とプリキュアケーキを購入して自宅へと戻ったのである。こうして、昭和の日の前倒し誕生会は幕を開けた・・・。

誕生日ケーキを囲い、5本のロウソクを立て、みんなからの心温まるプレゼントをいっぱいもらった(そら)・・・。子どもたちにとって刺激的な一日を過ごすことができました。おじいちゃん・おばあちゃん・おじさん・おばさん、奏来への誕生日プレゼントをもらい、娘に成り代わりこの場を借りて感謝します。ありがとうございました。

 

 『アンパンマンで夢の世界へ・・・』

奏来は5歳なので500円、星奈は2歳なので200円、合計700円を渡し、700円分ゲームコーナーで楽しんだ私たち・・・。そろそろ、奏来も5歳のお姉ちゃんになってきたのでお金の管理をしてもらった。100円玉7枚の価値を体験した日となった。

 『誕生パーティー』

トイザラスより帰宅し、家では妻設営による誕生パーティーが行われた。超特大そらハンバーグを目の当たりにした奏来もテンション上げ上げとなった。

 『誕生日ケーキ』

誕生日ケーキを囲い、5本のロウソクを立て、みんなからの心温まるプレゼントをいっぱいもらった(そら)・・・。子どもたちにとって刺激的な一日を過ごすことができました。おじいちゃん・おばあちゃん・おじさん・おばさん、奏来への誕生日プレゼントをもらい、娘に成り代わりこの場を借りて感謝します。ありがとうございました。

2014-04-30 00:15 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

(一社)愛媛県建設業協会松山支部通常総会

 『通常総会後の懇親会』

4月28日(月)、松山全日空ホテルにて、一般社団法人愛媛県建設業協会松山支部通常総会が開催された。建築部会、土木部会、松山支部、協同組合の総会全てが行われたのである。5月より愛媛県建設業協会の素晴らしいスタートが切れるように、多くの会員各位ご参集の下、数々の議事が決議されたのであった・・・。

本日は一般社団法人愛媛県建設業協会松山支部通常総会が滞りなく執り行うことができましたこと、心からお慶び申し上げます。協会員の皆様方には、新たなスタートの幕開けに際しまして宜しくお願い申し上げます。そして、土木・建設業界の明るい未来が切り拓いていけるよう、横の繋がりを更に強固にし、協会員同士が手と手を取り合って共に邁進していきたいと切に願っております。一般社団法人愛媛県建設業協会松山支部のご発展・ご繁栄を心からお祈り申し上げます。本日は誠におめでとうございました。

PS:大変お忙しい中、野志市長にご参加いただきましたこと心から感謝申し上げます。公約実現に向けて、私たちも共に前進させていただきます。

2014-04-29 10:04 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2014年度全国大会運営会議 第4回全体会議

 『全体会議』

4月27日(日)、前日の八戸ナイトで山子理事長をはじめ全国大会運営会議の同志と信頼関係を深め合ってから数時間後の八戸3日目の朝・・・。本日で人と人とのつながり溢れる八戸の別れの日となると、少々寂しさが込み上げてくるが、3日間お世話になった八戸ワシントンホテルに別れを告げ、公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第4回全体会議が開催される八戸グランドホテルへと向かったのであった・・・。

1礼をして会議室に入室し、「おはようございます」と膝と膝を突き合わして酒を酌み交わした仲間たちと固い握手を交わす・・・。また松山JCからは、黒田専務理事、野口財政局長、今城事務局長、宮内委員長、西野委員長、後藤委員長、中村議長、川中委員、多賀事務局次長の過去振り返っても一番多く全体会議にオブザーブさせていただく・・・。一人ひとりの顔を拝見すると、前日にかなりの八戸のたからを堪能したのか、顔がパンパンに膨れ上がっていた。そんな中、定刻となり公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第4回全体会議は石黒副議長の開会宣言の下、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

「取り戻せ、日本の矜持を!~「ことばのちから」が「たくましい国」日本へと導く~」

JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョン唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。開会に先立ち、公益社団法人八戸青年会議所 理事長(山子 泰典 君)よりご挨拶を賜り、その後、2014年度全国大会運営会議 議長(末松 雅之 君)よりご挨拶が行われ、最良のおもてなしをいただいた八戸JCメンバーへの感謝と、前日の対話集会を滞りなく迎えさせていただいた心からの御礼の言葉が述べられた。そして、各副議長より現在の進捗報告が述べられた後、記念事業報告案件とスケジュール修正議案の2議案が全国大会運営会議メンバーにより可決承認された。こうして、今後推し進める議案の協議も行いながら、里中副議長による情熱と気合あふれる閉会宣言の下、第4回目の全体会議は幕を閉じたのであった・・・。全体会議後、3日間お世話になった八戸の地に別れを告げ、松山に帰省した・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第4回全体会議に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。また、多くの松山JCメンバーもオブザーブさせていただきましたこと、心から感謝申し上げます。今月も5月審議・協議に臨む松山大会関連議案のご審議をいただき、本当にありがとうございました。多くの志高い委員の皆様から多面的な角度からのご意見を賜り、私自身、大きな気づきと学びを得ることができました。第63回全国大会松山大会開催まであと165日となりますが、全国大会3つの目的にブレることなく、開催地域の松山の更なる地域ビジョンの加速に向けて、多くの方々を巻き込みながら前のめりに前進していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

PS:3日間、大変お世話になりました山子理事長をはじめとする公益社団法人八戸青年会議所の皆様、厚く感謝・御礼申し上げます。本気・本音の心からのおもてなしに感激しております。来月には松山の地で、元気な姿で皆様とお会いできることを松山JCメンバー一同、心から歓迎申し上げます。来月、松山の地で「まっとるけん!」

 


 

全体会議開催地青年会議所である公益社団法人八戸青年会議所(山子 泰典 君)をはじめ、一般社団法人広島青年会議所(佐々木 健一 君)、公益社団法人埼玉中央青年会議所(星野 真一 君)より、「ことばのちから」あふれるご挨拶を賜りました。


 

全国大会運営会議恒例の副議長並びに実行委員長指名によるスピーチが執り行われた・・・。第1小会議~第5小会議、そして松山大会実行委員会が選定されました。八戸JCのおもてなしに感動した話、前日に盛り上がり過ぎて差し歯が抜けてしまった話、ライトアップされた松山城を仰ぎ見て感動した話、人と人とのつながりを再認識し、それを来年の東北八戸大会で是非とも発信したい話、全国大会運営会議で多くの学びを得ている話、自身の歩みを止めることなく前進していく話・・・。八戸の地で、この一瞬、この瞬間にしか聴けれない本音のスピーチが飛び出したのであった・・・。こうして、里中副議長による閉会宣言の下、第4回目の全体会議は幕を閉じたのであった・・・。

 『西村式のまっとるけん!』

後藤委員長の考案により、本日は西村式の「まっとるけん!」で八戸クール結びの締めを行った。松山大会開催まで残す165日、強固なスクラムを組んで大きく前進していこう!!!

 『八食センターで海鮮丼』

八戸グランドホテルを後にした松山JCメンバーは、三浦専務理事、類家副理事長の車に乗り込み、八食センターにて海鮮丼を堪能し、土産物を購入したのであった・・・。そして、三沢空港~羽田空港~松山空港の空路により、松山へと無事に帰省したのであった・・・。

 『延滞料金を支払いに・・・』

長期の出張で忘れ去られていたTSUTAYAで借りたレンタルDVD・・・。催促もあり、松山に帰省して直ぐに返却しに行くことに・・・。
川柳(せんりゅう):返さんと 帰省中の 妻の声

2014-04-28 00:25 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2014年度全国大会運営会議(現地調査・対話集会)

 『オール東北で臨む対話集会』

4月26日(土)、公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 2015年度第64回全国大会主管青年会議所 現地調査並びに対話集会に参加するべく、八戸グランドホテルに赴いた私・・・。朝から、何とも言えない緊張感が走っていた・・・。2012年度、2015年度第64回全国大会主管青年会議所として、理事会の場において可決承認された八戸JCによる現地調査及び対話集会は、開会式が行われた後、輝かしく幕を開けたのであった・・・。人と人、人とまちが率先して行動する市民先導のまちづくりを目指して・・・。

対話集会後、合同懇親会が行われ、志を同じうする者たち同士でお互いの労を労い合った・・・。こうして、末松議長率いる2014年度全国大会運営会議と公益社団法人八戸青年会議所、そして松山大会実行委員会の主催と主管が融和する松山大会構築の機運を高める確かな一歩は、八戸グランドホテルより波紋のように広がりを見せたのであった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 2015年度第64回全国大会主管青年会議所 現地調査並びに対話集会・合同懇親会に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。2014年度(松山大会)から2015年度(東北八戸大会)、2015年度(東北八戸大会)から2016年度(広島大会)へと、連綿と受け継がれてきた重く大きな大会キーを受け継いでいかなければならない・・・。全国大会の目的である「会員の意識の昂揚」「開催地域の活性化並びに市民意識の変革」「世論を確実に動かし、社会にポジティブな変化を巻き起こす」ためにも、東北一丸となって、今後とも確かな一歩を踏み出していくことを切にお祈り申し上げます。松山青年会議所一同、東北の3つの夢の実現に向けて共に歩ませていただきますことをお誓い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日は2014年度全国大会運営会議 第4回全体会議が行われます。

PS:山子理事長をはじめとする公益社団法人八戸青年会議所メンバーの皆様、本日は大変お世話になりました。この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。明日も引き続き宜しくお願い致します。

 


 

1年後に控える2015年度第64回全国大会東北八戸大会の主となる各ファンクション開催予定地の現地調査が執り行われ、山子理事長をはじめとする公益社団法人八戸青年会議所メンバー一人ひとりから発せられる情熱あふれる「ちからあることば」を目の当たりにしたのである。確実に昨年度以上にブラッシュアップされた各ファンクション開催予定地・・・。大会本部予定地の八戸プラザホテルをはじめ、大会式典予定地のポートアイランド→開会式・ウェルカムレセプション開催予定地の種差海岸芝生地→大懇親会予定地の八戸市庁前を拝見し、再び出発地の八戸グランドホテルへと帰ってきた。

 『対話集会』

現地調査後は、緊張感あふれる中、真摯に向き合う末松議長率いる2014年度全国大会運営会議と東北八戸大会に懸ける想いを発する山子理事長率いる公益社団法人八戸青年会議所による対話集会が厳粛に執り行われたのであった・・・。

 『活気に満ちあふれた合同懇親会』

対話集会後、全国大会運営会議&八戸青年会議所&松山青年会議所合同の全体懇親会が、中野顧問の乾杯のご発声の下、輝かしく幕を開けた。同じ歩みを歩んだ私たち松山青年会議所としても、ちょうど1年前の対話集会の様子が昨日の事のように思い返された・・・。2013年度全国大会運営会議(現地調査・対話集会) ← あの時の様子はこちら。明日へと続く・・・。

2014-04-27 02:45 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

4月27日の誕生日

本日、4月27日(日)は谷本課長の誕生日であります。おめでとうございます。昨年度より課長として建築部のリーダーシップを発揮されている谷本課長・・・。多くの協力会社の皆さんと共に地図に歴史に人の心に留まる建物を構築しています。現在はホテル奥道後露天風呂新設工事で建物完成に向けて安全品質管理を念頭に邁進しております。そんな谷本課長も本日は誕生日・・・。1年に1回しか訪れない誕生日を有意義なものにしていただきたいと思います。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※谷本課長の2014年度貫き通す漢字一文字理念は『結』でございます。部首:「糸」 総画:12画
結束や連結を連想する「結」の一文字・・・。一年間、「結」という一文字を念頭に入れて、何事にもチャレンジする気概を持って、明るく前向きに邁進してください。

2014-04-27 01:32 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2014年度全国大会運営会議 第4回スタッフ会議

 『じゃこカツ片手に八戸目指す』

4月25日(金)、前日に行った第63回全国大会松山大会 第9回松山大会実行委員会で協議した内容を頭に叩き込み、本日東北八戸の地で開催される公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第4回スタッフ会議に参加するべく、一昨日から来松いただいている里中副議長と共に羽田空港行きの飛行機に乗り込んだ・・・。

まだ完全治癒には至っていない私の左足首・・・。やっと革靴が履けるようになったものの、まだ足を引き摺って歩いている状況だ。そんな中、松山空港から羽田空港へ、羽田空港からモノレールで浜松町へ、浜松町からJRで東京駅へ、東京駅から東北新幹線(グランクラス)で八戸駅へ・・・。色々諸々乗り換えの末、6時間を掛けて八戸駅に到着した後、迎えにきていただいた八戸JCメンバーの車に乗り込み、本日の会議場である八戸グランドホテルに向かった・・・。会議場に到着すると、全国各地より本日・明日の八戸クールを共にする同志たちが一堂に会する・・・。そして、これまで思いを込めた議案の一つひとつを協議を行い、多面的な角度(会員目線・関係諸団体目線・市民目線・運営側目線)から見つめ直す・・・。「本当にこれでいいのか?」「この説明で本当に開催会場が思い描けるのか?」「参加者がストレスを感じることのない空間及びタイムスケジュールが構築できているのか?」「松山の土壌だからこそこんなことも盛り込んだ方が良いのでは?」「本当に2014年度の集大成の場に相応しいものになっているのか?」・・・。色んなご意見を賜る中、主催と主管がお互いに学び、考え、気づくことができる第4回スタッフ会議は幕を閉じた。こうして、2014年度全国大会運営会議スタッフと共に、八戸の地で刺激的な一日を過ごすことができたのであった・・・。スタッフ会議後は、八戸のたからが集結する「ほそ畑」にて、活気に満ちあふれた懇親会を行い、最高の懇親を深め合った・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第4回スタッフ会議に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。また、3日間大変お世話になります、山子理事長、石黒筆頭副議長をはじめとする公益社団法人八戸青年会議所の皆様、心から厚く感謝申し上げます。本日も多くのつながりの中で、2014年度全国大会運営会議・松山大会実行委員会は大きな信頼関係を構築することができました。大会まで残すところ166日となりますが、段取り8分、仕事2分の精神の下、気概と覚悟をもって全国の志同じくする同志と共に、第63回全国大会松山大会をたくましく、そして力強く運動を推し進めていくことをお誓い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の八戸大会現地調査並びに対話集会へと続く・・・。

 『東北新幹線に乗り込む』

人生初となる東北新幹線のグランクラスに乗り込んだ私たち・・・。新幹線にあまり乗る機会が少ないので気持ちが昂る私・・・。

 『初めて見る光景』

近未来的な座席シートが並ぶのを目の当たりにし、私のテンションも最高潮となった。

 『グランクラスの和軽食』

いつもなら駅弁を購入して新幹線に乗るところだが、今回は事前に聞いていたグランクラスの和軽食を楽しみながら八戸に向かう・・・。グランクラス車両内で今までにないおもてなしの数々を体感することができた。

 『スタッフ会議』

会議場に到着すると、全国各地より本日・明日の八戸クールを共にする同志たちが一堂に会する・・・。そして、これまで思いを込めた議案の一つひとつを協議を行い、多面的な角度(会員目線・関係諸団体目線・市民目線・運営側目線)から見つめ直す・・・。「本当にこれでいいのか?」「この説明で本当に開催会場が思い描けるのか?」「参加者がストレスを感じることのない空間及びタイムスケジュールが構築できているのか?」「松山の土壌だからこそこんなことも盛り込んだ方が良いのでは?」「本当に2014年度の集大成の場に相応しいものになっているのか?」・・・。色んなご意見を賜る中、主催と主管がお互いに学び、考え、気づくことができる第4回スタッフ会議は幕を閉じた。

 『心からのおもてなし』

スタッフ会議が終了し、石黒号に乗り込んだ私たちは、三日間大変お世話になる八戸ワシントンホテルに向けて出発した・・・。ホテル室内には、八戸JCならではの最良のおもてなし第2弾、第3弾を設えてくれていた・・・。山子理事長、石黒副議長、橋本常任理事、本当にありがとうございます・・・。

 『スタッフ懇親会』

スタッフ会議後は、八戸のたからが集結する「ほそ畑」にて、活気に満ちあふれた懇親会を行い、最高の懇親を深め合った・・・。

 『2013年度全国大会運営会議の友情』

昨年度、第1小会議で共に奈良大会を構築した西原さんをはじめ、第3小会議 永嶋副議長、第4小会議山子副議長、増田総括幹事・・・。今では先輩、理事長、委員長としてネクストステージに踏み出している面々・・・。今後とも永遠に確固として揺らぐことのない友情を八戸の地で誓い合った。

2014-04-26 01:53 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第63回全国大会松山大会 第9回実行委員会

 『期日前投票』

4月24日(木)、大会事務局にて、第63回全国大会松山大会 第9回実行委員会が開会された。全国大会松山大会の数々の議案を第4回理事会の場において報告させていただいたのを皮切りに、松山大会実行委員会としても今後さらに大会構築に向けて加速させていかなければならない・・・。また、大会テーマである『取り戻せ、日本の矜持を!~「ことばのちから」が「たくましい国」日本へと導く~』が、大会4日間の一つひとつの各ファンクションで多くの参画者並びに参加者に体感していただけるものとならなければならない・・・。そんな中、本日も実行委員会に多くのオブザーブいただいた皆様と共に、松山という土壌で人の意識を変え未来を切り拓く「ことばのちから」をどのように体感し持ち帰っていただくのかを協議した・・・。松山に訪れていただいた方々の意識にスイッチが入る「ことば」に出逢うためには・・・。常に参加者目線となる真に満足・感動していただく全国大会松山大会を構築する本日の第9回実行委員会は、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

本日は大変お忙しい中、第63回全国大会松山大会 第9回実行委員会に多くの皆様にご参集賜り、誠にありがとうございました。167日後に開催される全国大会松山大会に向けた取り組みは、1分1秒無駄にすることなく一切の妥協を排して進めていかなければなりません・・・。メンバー一人ひとりが、大きくさらに先を見据えた目標を掲げ、坂の上の雲の精神(のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていく)をもって大きな目標に向かって前進する時、計り知れないパワーが生まれ、地域の活性化と市民意識の変革に結びつくものと信じております。一松山に住まう青年として、今こそ意気あふれ、積極果敢にたくましく行動を起こす時・・・。今後とも共に前進する仲間たちと、与えていただいた最高の機会に感謝して、人と人、人と地域が共鳴する全国大会構築に邁進していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

PS:株式会社電通西日本様、里中副議長、大変お忙しい中、松山大会実行委員会に参加いただきまして誠にありがとうございました。今後とも松山という土壌で人の意識を変え未来を切り拓く「ことばのちから」を体感していただける空間構築のほどを宜しくお願い致します。

 

 『里中副議長来松』

前日より来松いただいた里中副議長・・・。前日で体験した松山城への道でのエピソードは、松山大会実行委員会一同の心を鷲掴みにした。しかし、今年の死に場所にはなってはならんですよ。共に気概と覚悟をもって前進していきましょう。

2014-04-25 01:45 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

「市民先導のまちづくり」を創造して・・・

 『昨年の対話集会を思い返す』

4月23日(水)、明後日から東北・八戸入りをする松山大会実行委員会・・・。本日は公益社団法人日本青年会議所 2015年度第64回全国大会現地調査並びに対話集会の資料を拝見し、第64回全国大会東北八戸大会の4日間をイメージすることにした私・・・。東北地区一丸となり、明るい豊かな社会の実現に向けて、希望を抱くことのできる精神的な復興を成し遂げ、震災後の新しいまちづくりとして、市民一人ひとりが主体的に率先して行動する「市民先導のまちづくり」・・・。遠く離れていようが、友好青年会議所だからこそ共に前進できる大きな気概と、これまで先輩諸兄が培った深いつながり、そして昨年度、奈良大会構築に向けて苦楽を共に歩んだ仲間たちとの友情・・・。明後日からの八戸クール、本気の「市民先導のまちづくり」と本音で語り合う震災から復興に向けた確かな一歩を目の当たりにさせていただき、気づきと学びを持ち帰らせていただきたいと思う。東北でしか体感できない魅力、八戸でしか味わえない価値と創造、松山大会実行委員会一同、楽しみにしております。

2014-04-24 01:56 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

4月24日の誕生日

本日、4月24日(木)は野本さんの誕生日であります。おめでとうございます。仕事の時間帯が曖昧な中でも、いつも会社の為に、建物を建てた後が大事なメンテナンスに責任をもって取り組んでもらっています。門屋組104年の歴史の中で、関わった全ての人たちと歴史を共に紡いでいくこと・・・。そんな思いを念頭に、野本さんはいつも頑張っております。そんな野本さんも本日は誕生日・・・。今日一日が野本さんにとって有意義な一日でありますことを切に願っております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※野本さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は『動』でございます。部首:「力」 総画:11画
「動」の一字を理念文字に込められた想い・・・。活動や動きを表現するこの一字の如く、何事にも率先して行動して取り組んでいただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「動」という文字を常に念頭に入れて、力強い確かな一歩を踏み出してください。

2014-04-24 00:27 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第77回エースの会

 『まもなく幕開け』

4月22日(火)、大会事務局で本気・本音の打合せ後、「居酒屋 あかり」にて、第77回エースの会が開催された。2014年度2回目のエースの会ということで、更なる土木・建設業の同業社同士の懇親・親睦が深められた・・・。そしてまもなく定刻となり、エースの会菅野会長の乾杯の音頭により、第77回エースの会は輝かしく幕を開けたのであった・・・。

今日の第77回エースの会も、痛風の話、夫婦の話、JCの話、今後の建設業界の話、趣味の話、昔話等でとことん盛り上がることができた・・・。大変盛り上がることができた本日のエースの会・・・。おかげさまで、今日一日有意義に過ごすことができたのであった・・・。

本日は第77回エースの会に参加させていただきまして、誠にありがとうございます。渡部幹事、今日一日大変お世話になりました。前回出席が叶わなかった分、久しぶりに膝と膝を突き合わすことができて本当に嬉しく思っております。今後とも引き続き土木・建設業の強固な架け橋となりえる楽しいエースの会が末永く続いていきますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

PS:10月9日(木)~12日(日)に第63回全国大会松山大会が開催されますが、今後ともご支援・ご協力をお願い致します。

2014-04-23 09:30 | 未分類 | Trackback(1) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る