株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

第4回正副会頭会議

 『朝一じゃこてん食べ歩き』

2月27日(木)、前日、松山大会実行委員会で協議した内容を念頭に、公益社団法人日本青年会議所 第4回正副会頭会議に参加するべく、朝一の東京行きの飛行機に乗り込んだ私・・・。いつもながら、飛行機に乗り込む前には、松山空港内の揚げたて熱々じゃこてんを購入して、おにぎりと共に朝食を済ませるのだ・・・。そして雨の中ではあるが、松山空港から飛行機で羽田空港へ、羽田空港からモノレールで浜松町へ、浜松町からタクシーで日本青年会議所会館へ・・・。こうして、3時間を掛けて無事に日本青年会議所会館に辿りつくことができたのであった・・・。

「おはようございます。先週はインフルエンザで大変ご迷惑をお掛けしました。」と握手して朝のコミュニケーションを交わし、2014年度日本JCスタッフとのつながりを確かめ合う・・・。そして、末松議長率いる2014年度全国大会運営会議スタッフの皆様と共に、第63回全国大会松山大会に向けた思いを一つにし、これから臨むであろう数々の議案の精査と各事業に対する情報共有を行った・・・。こうして、気づきと学び多き刺激的な一日を過ごすことができたのであった・・・。今日一日の経験と学びに感謝します。明日は明後日の三審会議に備え、東京居残りします。

 

 『まっとる犬ネクタイ』

「おはようございます。先週はインフルエンザで大変ご迷惑をお掛けしました。」と握手して朝のコミュニケーションを交わし、2014年度日本JCスタッフとのつながりを確かめ合う・・・。そして、末松議長率いる2014年度全国大会運営会議スタッフの皆様と共に、第63回全国大会松山大会に向けた思いを一つにし、これから臨むであろう数々の議案の精査と各事業に対する情報共有を行った・・・。末松議長はまっとる犬ネクタイを確かめていた・・・。

 『まっとる犬ネクタイ装着』

本日の正副会頭会議には、まっとる犬ネクタイと共にオブザーブさせていただいた・・・。ミオミオ、北九州パワーをもらったよ!!!

2014-02-28 07:51 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第63回全国大会松山大会 本気・本音の打合せ

 『大懇親会打合せ』

2月26日(水)、西村商事ビルにて、第63回全国大会松山大会 本気・本音の打合せ(大懇親会・総予算編)を行った。昨年度に覚悟をもって第63回全国大会松山大会 第1回実行委員会が立ち上がってから5ヵ月が経過し、すべての人に平等に与えられた時間をかけがえのない仲間と共に一丸となって前進している・・・。お互いにお互いを信じ合い支え合う信頼関係・・・。お互いにお互いを思いやり意思を確認し合う相互理解・・・。一つひとつの信頼の積み重ねが、大きな絆に変わる・・・。そんな中、10月11日(土)~12日(日)に開催する大懇親会・たからいちの議案を谷本副実行委員長・中村議長・盛重副専務理事と共に本気・本音の打ち合わせを行ったのである。その後、全国大会の総予算を確認するべく、一つひとつの情報を共有したのであった。今日一日、有意義な時間をありがとうございました。

「青年」それはあらゆる価値の根源である。そして、私たちは青年である。

 

 『予算面を共有』

全国大会を運営していくのに予算を把握することは大切なことである。野口財政局長・今城事務局長を中心に、一つひとつに掛かる予算の情報共有を行った私たち・・・。そんな最中、突然電気がふっと消えた瞬間に・・・↓ ↓ ↓

 『サプライズ誕生会』

そう、2月26日(水)は帽子顧問の誕生日だったのである。真っ暗の部屋からのケーキに刺さったロウソクの火・・・。本気・本音の会議から帽子顧問37歳の誕生日会が幕を開けたのであった。帽子顧問、37歳の誕生日おめでとうございます。最高の一日となりますことを切にお祈り申し上げます。

2014-02-27 00:59 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2月27日の誕生日

本日、2月27日(木)は松広監査役の誕生日であります。おめでとうございます。いつも愛社精神を持って私たちに接してくれる松広監査役・・・。先日の第52回愛媛マラソンでは、門屋組を代表して最高の走りで松山路を制覇し、私たちに感動を届けていただきました。まだまだ挑戦する気持ち継続されている松広監査役には、これからもさらにチャレンジを怠らず、家族に仕事に友人に邁進してください。今日一日が松広監査役にとって最高の日となりますことをお祈りしております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※松広監査役の1年間貫き通す漢字一文字理念は、『挑』でございます。部首:「手」 総画:9画
2014年度の初めに「挑」の一文字を理念文字とした松広監査役には、挑戦を連想されるこの一字の如く、チャレンジ精神を怠らずに何でも挑戦していただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「挑」という文字を常に念頭に入れて、さらなる自分自身に磨きをかけてください。

2014-02-27 00:37 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

ホテル奥道後で大切な記念日を・・・

 『花と緑の温泉リゾート』

2月25日(火)、ホテル奥道後ジャングル温泉改装工事に伴い、定例会を執り行った。現在、ジャングル温泉解体工事も安全施工にて、順調に鉄骨屋根一本一本を切断及び取り外して工事を進めている・・・。高所作業車による高所作業をはじめ、現場管理者立会いの下、上下の掛け声確認しながら慎重工事に取り組んでいる。解体工事を3月中旬までとし、その後には6月末までジャングル温泉改装工事へと移る。7月にはリニューアルオープンとなり、見渡す限りの森林と心地よいせせらぎが癒しの空間へと入浴者を導く・・・。1月14日~6月30日まで、ジャングル温泉は工事期間となるが、その間だからこそ受けるサービスとおもてなしの数々が見逃せない・・・。会席料理でご宿泊のお客様には、ご夕食時に「ビールorソフトドリンク1本」のサービス。バイキングでご宿泊のお客様には、ご夕食時に「90分飲み放題」のサービス。一日35組様限定となる「貸切露天温泉1浴槽を45分無料」サービス・・・。工事期間中、大変ご迷惑をお掛けしますが、花と緑の温泉リゾート「ホテル奥道後」は変わらずお客様の期待を超えるサービスとともに営業を展開しておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。今日一日、有意義な定例会となりましたこと、心から感謝申し上げます。

 

 『工事期間中だからこそ得られる特典』

会席料理でご宿泊のお客様には、ご夕食時に「ビールorソフトドリンク1本」のサービス。バイキングでご宿泊のお客様には、ご夕食時に「90分飲み放題」のサービス。一日35組様限定となる「貸切露天温泉1浴槽を45分無料」サービス・・・。工事期間中、大変ご迷惑をお掛けしますが、花と緑の温泉リゾート「ホテル奥道後」は変わらずお客様の期待を超えるサービスとともに営業を展開しておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ehimekenichi/pdf/2year-cnsrt.pdf ← 2014年3月1日(土)14時より、ホテル奥道後にて、「故郷がいちばん」で御馴染みのえひめ憲一によるデビュー2周年記念新曲発表会が開催されます。2月19日(水)に、待望の「えひめ憲一」セカンドシングル(瀬戸の恋唄)をもって、 瀬戸内と栃木のえひめ憲一それぞれの故郷をテーマとした魂歌が披露されます。時間の許す方々は3月1日(土)14時にホテル奥道後へレッツラゴー!!!

2014-02-26 14:17 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

松山青年3団体実行委員会再会記念式

 『記念植樹を前に・・・』

2月24日(月)、ちょうど2年前に開催した「青年経済団 交流フォーラム」より発足した浮田実行委員長率いる松山青年3団体実行委員会(YEG・JC・法人会)の再会を記念して、記念植樹前で記念写真を撮った。この時、この瞬間の松山青年3団体実行委員会立ち上げを祝し、松山総合公園内の見晴らしのいい場所にて記念植樹を執り行ってから2年の月日が流れ、再びこの場で再会した実行委員会・・・。2年前に記念植樹したシラカバ(白樺)ジャックモンティーの木は、私たちの成長と共に新たな新芽を付けて天高く伸びていた・・・。記念植樹確認後、あの時、あの瞬間を思い返すべく、ステーキハウス「但馬」にて、懇親を深め合った松山青年3団体実行委員会なのであった・・・。

本日は松山青年3団体実行委員会再会記念式に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。青年経済人同士が、各団体の垣根を越えて、新しい事業にチャレンジした結果、「友情」という名のお金で買うことができない益を得ることができ、今でもこうして絆で結ばれていることに深く感謝申し上げます。地域に必要とされる組織であるために・・・。地域に役立つ団体であるために・・・。地域のリーダーを創造するために・・・。お互い共通する理念の中で、今後どのように手を取り合って地域活性化に向けての一歩を踏み出していかなければならないか・・・。今年は全国大会松山大会が開催される中、「俺たちに何でも言ってくれ!」と、本当にちからあることばも賜り、松山青年会議所としてこの上ない感謝の気持ちでいっぱいです。これからも愛媛の青年経済人として、共に地域を盛り上げ続けていきたいと思いますので末永いお付き合いのほど宜しくお願い致します。本日も大変お世話になりました。

 

 『記念写真後の懇親会』

記念植樹確認後、あの時、あの瞬間を思い返すべく、ステーキハウス「但馬」にて、懇親を深め合った松山青年3団体実行委員会なのであった・・・。

2014-02-25 12:20 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

心温かな贈り物(まっとる犬)

 『まっとる犬ネクタイ』

インフルまつりも無事終了し、久しぶりに会社に出社することができた私・・・。「大丈夫でしたか?」と心温かなことばを掛けてくれるばかりか、心底心配してくれていた心遣いに心打たれる・・・。そんな中、北九州・奈良の地から二つの大会応援キットと記された宅配便が届けられ、自身のテンションは最高潮となる。応援キットの中身は、一通の「ことばのちから」あふれる手紙と、キットカット(八ッ橋バージョン)、まっとるけんネクタイ、そして道後温泉でまっとるけんアイフォンカバーだった。2011年度(第1小会議)に育んだ友情と、2013年度(奈良大会)で共に歩んだ歴史がこうして時を経ても色褪せることない思いが伝わる・・・。松山大会開催まで227日、連綿と受け継がれてきた伝統ある全国大会をみんなの思いと共に構築していきたいと思います。心から感謝申し上げます。

 
 『まっとるけんアイフォンカバー』

「道後温泉でまっとるけーん!!!」と、今にも叫びそうな日本の矜持を重んじるまっとる犬・・・。しっかりとPRさせていただきます。ミオミオ、西田先輩、本当にありがとうございました。

2014-02-24 12:43 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2014年度全国大会運営会議 第2回全体会議

 『全体会議』

2月23日(日)、前日の松山ナイトで全国大会運営会議&松山大会実行委員会が共鳴する信頼関係を深め合ってから数時間後、東京第一ホテル松山にて、公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第1回全体会議が開催された。

「おせったいの心」とことばにちからを込めた「おはようございます」を実践し、会議室に入室する前日に膝と膝を突き合わして酒を酌み交わした仲間たちと固い握手を交わす・・・。また、公益社団法人八戸青年会議所(山子 泰典 君)、一般社団法人広島青年会議所(佐々木 健一 君)、一般社団法人大洲青年会議所 古野理事長の各地会員会議所理事長様にもオブザーブしていただく中、感謝の気持ちを込めてお迎えさせていただいた・・・。お互いがお互いの相互理解が深められ、握手を交わしていくたびに意識が昂揚していく・・・。こうして定刻となり、日本の矜持を取り戻す公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第2回全体会議は里中副議長による開会宣言の下、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョン唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。そして、2014年度全国大会運営会議 議長(末松 雅之 君)よりご挨拶が行われ、前日の小会議・現地調査、そして全体懇親会に引き続き、こうして定刻通り第2回全体会議を迎えられたことに心から感謝の言葉が伝えられた。また、社団法人松山青年会議所 第62代理事長(西村 直樹 君)、松山大会実行委員長(私)からもご挨拶を行い、松山クールへのお越しを歓迎申し上げるとともに、全国大会構築に向けた想いをお伝えさせていただいた・・・。その後、末松議長、棟久総括幹事の進行による第63回全国大会松山大会を構築する数々の議案の説明並びに協議が行われた・・・。こうして、来月再び広島の地で元気な姿で出会うこと、そして更なる高い目標に向かった大会を大成功に導いていくことをお誓い申し上げた高見副議長の閉会宣言の下、第2回目の全体会議は幕を閉じたのであった・・・。

本日は早朝より公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第2回全体会議に多くの皆様に参加いただきまして、誠にありがとうございました。松山大会実行委員会として、心から感謝申し上げます。本日も志高い委員の皆様から多数の「ことば」を賜り、私自身、大きな気づきと学びを得ることができました。第63回全国大会松山大会を構築していく上で、まずは私たちが意気あふれる人財となること、活気に満ちあふれた状況をつくり上げること、たくましくよりたくましくさらにたくましく行動し、日本人として自信と誇りを持つことが重要であると確信しております。自身の発することばにちからを持たすためにも、1分1秒無駄にすることなく一切の妥協を排し、気概と覚悟を持った一歩を踏み出していく所存です。全国大会運営会議の皆様、1年間宜しくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

PS:段取り・設営に際し、大変お世話になりました藤本運営幹事をはじめとする松山大会実行委員会の皆様、厚く感謝・御礼申し上げます。一人ひとりからの本気・本音の行動による「おせったいの心」に感激致しました。来月の3月29日(土)には、広島の地で皆様とお会いできることを楽しみにしております。本日は誠にありがとうございました。

 


 

公益社団法人八戸青年会議所(山子 泰典 君)、一般社団法人広島青年会議所(佐々木 健一 君)、一般社団法人大洲青年会議所 古野理事長の各地会員会議所理事長様よりご挨拶を賜りました。

 『お菓子のお土産を賜る』

本日は早朝より公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第2回全体会議に多くの皆様に参加いただきまして、誠にありがとうございました。松山大会実行委員会として、心から感謝申し上げます。本日も志高い委員の皆様から多数の「ことば」を賜り、私自身、大きな気づきと学びを得ることができました。第63回全国大会松山大会を構築していく上で、まずは私たちが意気あふれる人財となること、活気に満ちあふれた状況をつくり上げること、たくましくよりたくましくさらにたくましく行動し、日本人として自信と誇りを持つことが重要であると確信しております。自身の発することばにちからを持たすためにも、1分1秒無駄にすることなく一切の妥協を排し、気概と覚悟を持った一歩を踏み出していく所存です。全国大会運営会議の皆様、1年間宜しくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

2014-02-24 00:54 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2014年度全国大会運営会議 第2回スタッフ会議&全体懇親会

 『スタッフ会議』

2月22日(土)、にゃんにゃんにゃんの日、ようやく自宅隔離療養タミフル生活も禁が解け、本日より大会実行委員長再始動の日となる・・・。病み明けで少し調子が出ない中、本日開催する公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第2回スタッフ会議&全体懇親会を「おせったいの心」で設営するべく、松山大会実行委員会一同、松山市立子規記念博物館に向かった・・・。

子規記念博物館に到着すると、全国各地より本日・明日のクールを共にする同志たちが一堂に会する・・・。自宅療養中、電話でのやり取りで議案精査した議案を再び協議するべく、一つひとつ想いを込めた事業計画書を多面的な角度から見つめ直す・・・。「本当にこれでいいのか?」「この説明で本当に開催会場が思い描けるのか?」「参加者がストレスを感じることのない空間及びタイムスケジュールが構築できているのか?」「松山の土壌だからこそこんなことも盛り込んだ方が良いのでは?」「本当に2014年度の集大成の場に相応しいものになっているのか?」・・・。色んなご意見を賜る中、主催と主管がお互いに学び、考え、気づくことができる午前の部スタッフ会議を終えた後、第1~第5小会議副議長たちのリーダーシップの下、各小会議に別れ、今後の進むべき方向性や開催現地調査を執り行った。こうして、2014年度全国大会運営会議メンバーと共に刺激的な一日を過ごすことができたのであった・・・。小会議後は松山の歴史ある四国・松山道後温泉「ふなや」にて、伝統芸能「野球拳」で活気に満ちあふれた全体懇親会を行い、最高の懇親を深め合った・・・。

本日はお忙しい中、公益社団法人日本青年会議所 2014年度全国大会運営会議 第2回スタッフ会議&全体懇親会に全国各地より多くの皆様に出席賜りましたこと、誠にありがとうございました。また、会議及び懇親会の設営をいただきました棟久総括幹事をはじめとする幹事団の皆様、心から感謝申し上げます。本日も多くのつながりの中で、人と人、人と地域(おせったいの心・ことばのちから)が共鳴することを体感することで、2014年度全国大会運営会議・松山大会実行委員会は大きな信頼関係を構築することができました。大会まで残すところ229日となりますが、段取り8分、仕事2分の精神の下、気概と覚悟をもって全国の志同じくする同志と共に、第63回全国大会松山大会をたくましく、そして力強く運動を推し進めていくことをお誓い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の第2回全体会議へと続く・・・。

 


 

「本当にこれでいいのか?」「この説明で本当に開催会場が思い描けるのか?」「参加者がストレスを感じることのない空間及びタイムスケジュールが構築できているのか?」「松山の土壌だからこそこんなことも盛り込んだ方が良いのでは?」「本当に2014年度の集大成の場に相応しいものになっているのか?」・・・。色んなご意見を賜る中、主催と主管がお互いに学び、考え、気づくことができる午前の部スタッフ会議を終えた後、第1~第5小会議副議長たちのリーダーシップの下、各小会議に別れ、今後の進むべき方向性や開催現地調査を執り行った。

 『松山のソウルフードを堪能』

松山市駅から69mの場所(湊町)にあるイタリア料理「でゅえっと」・・・。末松議長はまだこの店を堪能していないということで、本日の昼食に訪れた私たち・・・。数分後、本日お目当てのでゅえっと風ミートスパゲティーが私たちの目の前に登場したのであった・・・。手を合わせて「いただきます!」と言った後、早速巨大な山のように盛りつけられたパスタを豪快に口に運んだ・・・。ミートソースの味は松山独特の甘い味付けで、懐かしい味が口いっぱいに広がる・・・。「気軽に、おいしく、お腹いっぱい」をテーマとした松山の老舗の味を堪能した私たちは、イタリア料理「でゅえっと」のミートスパを心の1ページに刻んだ・・・。

 『会議後の全体懇親会』

小会議後は松山の歴史ある四国・松山道後温泉「ふなや」にて、伝統芸能「野球拳」で活気に満ちあふれた全体懇親会を行い、最高の懇親を深め合った・・・。

 → 
 

大杯筆入れ式を執り行い、大杯に全運の文字と議長名が書きとめられた。

 『松山の伝統芸能(野球拳)』

懇親会のアトラクションとして、松山の伝統芸能である「野球拳」が4代目家元より披露された・・・。壇上では、小会議対抗の活気に満ちあふれた笑顔と笑いの野球拳が繰り広げられたのであった・・・。

 『まっとるけーん!!!』

末松議長率いる2014年度全国大会運営会議&松山大会実行委員会が融和する「ことばのちから」あふれる最高の「まっとるけん!!」が披露された。2014年度第63回全国大会松山大会 10月9日(木)~12日(日)、皆様方の松山大会へのお越しを まっとるけん!!!

2014-02-23 14:25 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

自宅療養隔離中につき(最終章)

 『最後の1錠を飲んで・・・』

2月21日(金)、本日の朝・晩食後のタミフル服用により、自宅隔離もようやく解ける日がきた・・・。この5日間、人と面と向かって話せないのがどれほど辛いものかということを再認識した私・・・。明日から、全国各地遠方より松山に訪れていただく全国大会運営会議メンバーの皆様との対話を心から楽しみにしている・・・。そんな中、ソチ五輪で活躍中の真央ちゃんが、フィギュアスケート女子フリーで会心のトリプルアクセルで全国民を感動の渦へと巻き込んだ。絶対に諦めてはならない気持ちと、集大成と言う名の悔いの残らないものとするために・・・。松山大会実行委員会としても、230日後に開催される第63回全国大会松山大会を悔いの残らない大会へと導き、さらには関わった人すべてが感動できる大会となるように、仲間と共に前進していきたいと思います。明日より宜しくお願い致します。

2014-02-22 17:50 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

自宅療養隔離中につき(四日目)

 『隔離中弁当』

2月20日(木)、本来であれば東京の地、日本青年会議所会館にて第2回常任理事会に参加しているはずだった私・・・。しかしながら、インフル菌を振りまくわけにもいけないので(治りかけが一番うつすらしい)、本日も寝室隔離の一日に徹した。色んな方々と毎日接していた日々が、3日間接さず話さずとなると本当に気が狂いそうになる・・・。そして、面と向かって家族や人と話せないことが、これほど辛いものということを再認識する。日々のあたりまえに過ごしていると思っていることが、本当はあたりまえではないことに気づき、深い感謝の気持ちに変わる・・・。

寝室隔離中ではあるが、娘3人の子育て中にも関わらず、朝・昼・晩の決まった時間にお盆に乗せたフルセットの食事が、まともに会えない最中ながら愛を感じた。またお盆の上には、長女奏来(そら)から手紙による私への伝えが、より意識が昂揚する・・・。会社からも自身が居ない間の報告が成され、一人ひとりの支え合っての会社であることも改めて深く感じた今日この頃・・・。松山大会実行委員会も一人ひとりが主体性をもって取り組まれていることが報告され、一歩一歩着実に前進していることを実感する・・・。人は一人だけの力では到底前に進んでいけない・・・。人生という大きな太い道を、機会とご縁でつながった人たちと共に力強くたくましく前進していく為には、「支え、支えられ、感謝する」が原動力となると確信する。明日にはインフル菌殲滅予定となりますが、自宅療養できた機会を前向きに捉え、今日よりも明日を良くするために更なる一歩を踏み出したいと思います。今週末、全国各地遠方より松山に訪れていただきます全国大会運営会議メンバー皆様方の無事の来松を切にお祈り申し上げます。

2014-02-21 00:42 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る