株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

第18回正副会頭会議

 『朝一の大量の水』

11月29日(金)、前日の未明まで全国大会の精査に臨んだ2014年度全運スタッフと私・・・。主催と主管が共鳴する全国大会松山大会構築への一歩を踏み出すことができた・・・。そんな東京二日目の朝を迎え、前日から突然の思い付きでダイエットを志した私は、「飯もってこーい」と呼び掛けてくる胃袋にそっと手を差し伸べるべく、大量の水を胃の中へ流し込んだ・・。一日節制しただけで何だか腹が引っ込んだ気になっている中、昨日とはうって変わって2013年度体制となる公益社団法人日本青年会議所 2013年度第18回正副会頭会議に参加するべく、増田総括幹事と共にタクシーで日本JC会館へと向かったのであった・・・。

「おはようございます」と握手して朝のコミュニケーションを交わし、日本青年会議所の朝がはじまる・・・。いつもの場所・・・。が、しかし、席次は実行委員長席から筆頭副議長席に北側から南側へと入れ替わる・・・。昨日に引き続き、1階全運パブリックスペースにて、第62回全国大会奈良大会の事業報告並びに決算に向けて思いを一つにしていく・・・。正副会頭会議が行われている中で、2013年度・2014年度共に情報共有することができた私は、心の燈火をさらに燃やすことができたのであった・・・。明日は松山に帰省します・・・。

 

 

 『2013年度の場所で・・・』

「おはようございます」と握手して朝のコミュニケーションを交わし、日本青年会議所の朝がはじまる・・・。いつもの場所・・・。が、しかし、席次は実行委員長席から筆頭副議長席に北側から南側へと入れ替わる・・・。昨日に引き続き、1階全運パブリックスペースにて、第62回全国大会奈良大会の事業報告並びに決算に向けて思いを一つにしていく・・・。

 『心が和む昼食会』

日本JC会館の隣接する定食屋さんにて、小休止も兼ねて昼食をとった私たち・・・。焼き魚定食4:シラス丼1といった具合だった・・・。

 『2013年度全運スタッフと共に・・・』

その年、その日、その一瞬でしか味わえない、一生の思い出を構築できた一日・・・。中村議長率いる2013年度全国大会運営会議、残す2013年度の1ヶ月を有意義に過ごします。本日は誠にありがとうございました。

PS:ちなみに、ダイエット期間はたった1日半だった私・・・。

2013-11-30 07:55 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第11回正副会頭予定者会議

 『日本JC会館を目指して・・・』

11月28日(木)、前日の余韻がまだ残る中、公益社団法人日本青年会議所 第11回正副会頭予定者会議に参加するべく、朝一の東京行きの飛行機に乗り込んだ私・・・。松山空港から飛行機で羽田空港へ、羽田空港からモノレールで浜松町へ、浜松町からタクシーで日本青年会議所会館へ・・・。こうして、3時間を掛けて無事に日本青年会議所会館に辿りつくことができたのであった・・・。

「おはようございます」と握手して朝のコミュニケーションを交わし、2014年度日本JCスタッフとのつながりを確かめ合う・・・。2013年度とは違い、全運パブリックスペースの席次が筆頭副議長席から大会実行委員長席へと変化する・・・。これから2014年度を共に前進する志同じくする同志たちと第63回全国大会松山大会に向けた思いを一つにしていく・・・。そして、これから臨むであろう数々の議案の精査と各事業への情報共有を行った・・・。こうして、刺激的な一日を過ごすことができたのであった・・・。今日一日の経験と学びに感謝します。明日は今年度に振り替わり、2013年度第18回正副会頭会議へと続く・・・。

PS:本日から3日間、松山の地を離れますが、機会とつながりあるご縁、そして色んな経験と学びと気づきを得て松山に持ち帰りたいと思います。門屋組スタッフのみんな、留守の間、どうか宜しくお願い致します。

 

 『全運パブリックスペースにて』

2013年度とは違い、全運パブリックスペースの席次が筆頭副議長席から大会実行委員長席へと変化する・・・。これから2014年度を共に前進する志同じくする同志たちと第63回全国大会松山大会に向けた思いを一つにしていく・・・。そして、これから臨むであろう数々の議案の精査と各事業への情報共有を行った・・・。

2013-11-29 02:52 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

11月度マルトメ安全パトロール

 『愛光学園体育館屋根防水改修工事』

11月28日(木)、11月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から篠浦専務と一色部長、佐伯さんの3名。マルトメ協力会社から、株式会社四電工(山本 愛朗 様)、株式会社相原工業所(相原 靖弘 様)、有限会社大場企画(大場 亮一郎 様)、株式会社キクノ( 髙橋 信也 様)、有限会社三愛設備工業(小掠 建樹 様)、有限会社吉田建設工業(吉田 信夫 様)の6名。計9名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、愛光学園体育館屋根防水改修工事、(仮称)高野マンション新築工事の2現場を回った。佐伯さんのパトロール結果報告に基づいて一日を振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした愛光学園体育館屋根防水改修工事の現場では、本日作業が行われていなかった・・・。作業は行われていなかったが、パトロール員全員から「シンナー入り一斗缶が、外部の目につきやすい場所で保管されている」と声が挙がった。保管場所を変更して対応してください。また高所での作業となるので、安全帯の着用はもちろんのこと、墜落防止措置を強固にして安全対策を講じてください。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

最後にパトロールした(仮称)高野マンション新築工事の現場では、型枠工事(解体)及びタイル工事が行われていた。現場内部は整理整頓が成されていたが、現場外部に不要物が散乱しているので速やかに片付けてください。また、現場各所において復旧しなければならないところを今一度見直してください。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・愛光学園作業所は、職員や生徒が労働者と接触する恐れがある為、打ち合わせの徹底をしなければならない。

・高野マンション作業所では、元気な挨拶が交わされ、気持良かった。

・いつ見ても高いレベルで整理整頓が出来ているので、これを継続していただきたい。

・愛光学園作業所では、有機溶剤に対する注意・配慮が必要である。

・風が強い為、ゴミの飛散防止の徹底をお願いします。

・愛光学園作業所では、屋上作業の為、強風時の飛散・落下に注意を払わなければならない。

・高野マンション作業所では、1~4階は混在作業にも関わらず、他社と比較して大変綺麗に片付いていた。

・愛光学園作業所では、屋上作業の為、強風時の飛散・落下に注意を払わなければならない。

・整理整頓、片付けが徹底されているので、継続していただきたい。

・愛光学園作業所では、屋上作業の為、強風時の飛散・落下に注意を払わなければならない。

・高野マンション作業所では、元気な挨拶が交わされ、気持良かった。

・今後は風が強い日が多くなってくるので、飛散防止対策を重点的に講じなければならない。

・寒くなって体が動きにくくなるので、準備体操をしっかり行って、体を温めてか作業に従事していただきたい。

・今年度の社長方針である『安全通路の確保』については、2現場共良く出来ていたが、他の現場で安全通路の確保が出来ていなければ、指導していただきたい。

・今年度はヒューマンエラーによる災害が発生している。各業者に於いても安全教育を徹底し、安全意識の高揚を図っていただきたい。

本日は大変お忙しい中、前日の忘年会に引き続き11月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日は私自身、パトロールに参加できませんでしたこと、心からお詫び申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建設業全体のモラルアップを図り、現場一丸となって周知・浸透させていく意義であります。建設業として変えてはならないものは、一つに「地域に感謝する建設業」であること、二つに「地域に愛される建設業」になることであります。継続してモチベーションを高め合いながら、協力会社の皆さんと共に地域に愛される建設業を目指していきたいと強く思っておりますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

 
 『(仮称)高野マンション新築工事』

(仮称)高野マンション新築工事の現場では、型枠工事(解体)及びタイル工事が行われていた。現場内部は整理整頓が成されていたが、現場外部に不要物が散乱しているので速やかに片付けてください。また、現場各所において復旧しなければならないところを今一度見直してください。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『パトロール後の安全ミーティング』

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

 『パトロール後の昼食会』

安全パトロール後は「かつれつ亭出合橋店」にて昼食会を行いました。今後とも地域に愛される土木・建設業をよろしくお願い致します。本日は大変お忙しい中、パトロールに参加していただき、誠にありがとうございました。

2013-11-29 00:52 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

平成25年度門屋組忘年会(河内さん送別会)

 『社長挨拶』

11月27日(水)、松山全日空ホテルにて、平成25年度門屋組忘年会が開催された。おかげさまで、昨年に引き続き平成25年度も忘年会を開催することができた・・・。月末の大変お忙しい中、またお足元が悪い中、ご臨席賜った多くの皆様・・・。足を運んでいただいたことに感謝の気持ちが込み上げてくる・・・。そんな中、忘年会開催に先立ち、私から皆様へご挨拶をさせていただいた・・・。残る2013年度が皆さんにとって有意義な年になることを願い、そして2014年度に向けてさらなる飛躍ある年にしていく為にも、この1年間を少し振り返ってみることにした・・・。

門屋組103年目の年、次の100年へと、創業200年に向けた新たなる旅立ちとして、本気・本音の全社一丸、本気・本音の現場一丸を目指して踏み出したのである。しかしながら、本音の事を言いますと、本当に本気で一丸となって前進することができていたのか・・・。ただ目先の仕事だけをこなしていたのではないのだろうか・・・。人間関係に関しても、門屋組3K(気配り・心掛け・感謝)精神に則り、本気・本音で人と接することができていたのか・・・。色んな出来事があった2013年度・・・。今年は門屋組にとってもターニングポイントとなる時期を迎え、7月1日から組織を編成し、心を入れ替え気持ちを新たに前進をさせていただいている次第である・・・。想像していた以上の数々の機会とご縁、そして大きな学びをいただくことができた2013年度・・・。こうした学びと気づきが得られた背景には、私の不在が多い中にも関わらず、門屋組スタッフのみんなが全力で支えていただいたおかげである。すべてに感謝しつくせない平成25年度門屋組忘年会は幕を開けたのであった・・・。

引き続き、鈴村さんへ門屋組20年余年勤務表彰が執り行われ、また弊社に60年もの長きに亘り弊社の事業発展の為、尽力を尽くしてくれた河内さんへ御餞別を贈呈させていただいた・・・。4世代を代表して、心からの感謝の言葉を述べさせていただいた・・・。その後、1年間輝き続けた協力会社様(株式会社中電工)への褒章と、弊社スタッフにも、社長方針に積極的に取り組まれたMVP(戸田さん)が贈呈されたのであった・・・。受賞者の皆様、本日は誠におめでとうございます。

受賞後、マルトメ協力会を代表して株式会社濱﨑組の濱﨑社長より、乾杯のご発声が執り行われた・・・。濱﨑社長は、「この1年間、大変お世話になったことを感謝しながら、来年もマルトメ協力会員一丸となって安全に品質向上して邁進していきたい」と強く述べられ、声高らかに乾杯が行われた。こうして、今宵の笑いと笑顔の宴は幕を開けた・・・。

本日は、月末の大変お忙しい中、またお足元の悪い中、多数の皆様に弊社の忘年会にご臨席賜りまして、誠にありがとうございました。皆様と共にお酒を酌み交わし、一生に残る思い出づくりができましたこと、心より感謝申し上げます。今年のアトラクションも、門屋組スタッフの皆様のおかげで非常にいい盛り上がりを見せ、笑顔と笑いの絶えない忘年会となりました。司会進行をしていただいた佐伯さん、田中くん、丹生さん、栗原くん、仙波くん、本当にありがとうございました。また来年も皆様と共に、笑顔溢れる明るく元気な平成26年度を迎えられますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

PS:林くん、今日一日の写真撮影、本当にありがとうございました。

 
 『20年勤務表彰式』

20年の長きに渡り、弊社の事業発展の為、尽力を尽くされた建築部の鈴村さん・・・。これまで弊社を支えていただき、本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

 『60年もの長きに亘り・・・』

弊社に60年もの長きに亘り弊社の事業発展の為、尽力を尽くしてくれた河内さんへ御餞別を贈呈させていただいた・・・。4世代を代表して、心からの感謝の言葉を述べさせていただいた・・・。今後とも創業200年に向けて前進する門屋組を見守ってください。

 『1年間輝き続けた協力会社様』

1年間輝き続けた協力会社様(株式会社中電工)へ褒章が贈呈されました。誠におめでとうございます。来年もさらに輝き続けて下さいね。今後とも宜しくお願い致します。

 『社長方針に積極的に取り組んだMVP』

弊社スタッフにも、社長方針に積極的に取り組んだ方へ贈呈されるMVPが発表された・・・。「戸田さん」と佐伯さんから声が上がった瞬間の本人の動揺した顔が忘れられません・・・。これからも何事にも積極的に取り組んで下さいね!!!

 『社長特別賞』

昨年から取り入れた社長特別賞・・・。今年1年、本当によく邁進していただいた谷本課長、濱田くん、木村くん、丹生さんに贈呈されました。来年も引き続き宜しくお願い致します。

 『乾杯挨拶』

マルトメ協力会を代表して株式会社濱﨑組の濱﨑社長より、乾杯のご発声が執り行われた・・・。濱﨑社長は、「この1年間、大変お世話になったことを感謝しながら、来年もマルトメ協力会員一丸となって安全に品質向上して邁進していきたい」と強く述べられ、声高らかに乾杯が行われた。こうして、今宵の笑いと笑顔の宴は幕を開けた・・・。


 

毎年進化を遂げる忘年会恒例のアトラクションは、非常にいい盛り上がりを見せた・・・。司会進行をしていただいた佐伯さん、田中くん、丹生さん、栗原くん、仙波くん、本当にありがとうございました。その後にも、笑いあり笑顔ありの抽選会が繰り広げられたのであった・・・。誰が当たっても恨みっこなしよ!!!当選された方々、誠におめでとうございました。

 『中締め挨拶』

齊会長より中締めのご挨拶が行われた。「社長が不在が多く申し訳ないが、やるんやったらとことんやれ」と、会長より発せられました。そして、本日お集まりいただきましたすべての皆様のご発展とご繁栄をご祈念して、1丁締めで締めたのであります。また来年も皆様と共に、笑顔溢れる明るく元気な2014年度を迎えられますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

2013-11-28 11:43 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

11月28日の誕生日

本日、11月28日(木)は米本さんの誕生日であります。おめでとうございます。齊会長とともに、何十年もの長きに亘り門屋組をお支えいただいている米本さん・・・。また、勤続年数38年という歴史の中で、門屋組のアイデンティティとして、マル留ヘルメットを着用する米本さんの姿(バイク運転時も・・・)が誇りにさえ思います。これからもみんなに愛される、ニコニコ笑顔の米本さんで宜しくお願いします。そんな米本さんも本日は誕生日・・・。ご家族と共に最高の一日になりますことをお祈りしております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※米本さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は、『気』でございます。部首:「气」 総画:6画
2013年度の初めに「気」の一文字を理念文字とした米本さんには、気合・元気を連想させるこの一字の如く、明るく元気に日々を過ごしていただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「気」という文字を常に念頭に入れて、十分にお体にはご自愛ください。

2013-11-28 01:25 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

月一の来松(第2小会議編)

 『にごり酒を贈呈』

11月26日(火)、次年度に控える第63回全国大会松山大会の現地調査(城山公園-堀之内-)に臨んでいただくべく、埼玉より2014年度全運スタッフ(第2小会議副議長)が来松された・・・。2014年10月9日(木)~12日(日)に開催される公益社団法人日本青年会議所 2014年度第63回全国大会松山大会でより真摯に向き合っていくための、より開催地の魅力を体感するための、より全国大会を良くしていくための我々の誇るべき場所(城山公園-堀之内-)の現地調査は執り行われたのであった・・・。

埼玉より、四国・愛媛・松山にお越しいただいた里中副議長をはじめとする大坪歴代副議長、小幹事の皆様、大変お世話になりました。松山の地で、共に考え、共に気づき、共に学び、共に感動し、共に気概と情熱を持てたことが、今まで以上の確固として揺らぐことのない信頼関係を築けたものと思っております。そして、お互いの地域を見つめ合える素晴らしい機会になったこと、心から感謝しております。これからもお互いに手を取り合って、第63回全国大会松山大会の成功に向けて、共に邁進していきましょう。誠にありがとうございました。

PS:四国のアイデンティティである「おせったいの心」は、今日も明日も明々後日も、四国中に浸透してます。

 
 『2012年度からのつながりを実感』

人と人とのつながりは一生ものです。今日一日、改めて2012年度からのつながりを実感しました。お魚料理「志季」にて、笑顔と笑いあふれる懇親の輪が広がりました。

2013-11-27 09:47 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

身体検査の日

 『泌尿器科で看てもらう』

11月26日(火)、松山市民病院にて、身体検査を行った・・・。ちょうどブラジルから帰省した数週間前頃から、背中に違和感を感じていた私・・・。その違和感が一気に痛みへと変化し、心身ともに垂直落下でダメージを負った・・・。そんな中、本日は色々なご縁による御計らいにより、午前中身体検査に臨んだのであった・・・。

背中の痛みの可能性として考えられるのは、各内臓系の危険信号か整形的な骨や神経の痛みだろう・・・。まずは、各内臓系特に腎臓内の結石の疑いがあったので、泌尿器科にて看てもらうこととなった。尿検査をはじめ、レントゲンを撮って入念な検査を行う・・・。そして、検査を終えて初めに先生から伝えられたのは、「うーん、結石があるように見えんし、腎臓も腫れてないし・・・」だった。レントゲンだけでは、小さな結石が写らないこともあるようなので、今度はCTスキャンで撮ってもらうこととなった。「息を吸って~吐いて~息を止める」を繰り返しながら、自身の腹の上を360°グルグルとCTスキャンされていく。10分程でCT検査も終了し、再び先生の診察を受ける・・・。「いや~、結石のようなものは一つも見当たらんね~」と先生から伝えられた。こうして、内臓系からの危険信号と思っていたのが、整形的な骨や神経の痛みであることが判明した身体検査は、自身にとっても自信を取り戻すことができた有意義な時間となったのであった・・・。

PS:ブラジルへの飛行時間約30時間が、背中の痛みを誘発したのだろうか・・・???何はともあれ、内臓系じゃなくてホントに良かった!!

2013-11-27 09:35 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(4)

(社)松山青年会議所 第13回08会(今後ともセーフティに・・・)

 『08会の集い』

11月25日(月)、JALシティホテル松山にて、社団法人松山青年会議所 第13回08会(今後ともセーフティに・・・)が開催された。松山JCの2008年度同期入会で結成された西平会長筆頭の08会は、本日を持って第13回目を迎えさせていただいた。前回は小西先輩並びに岡本副委員長を祝う卒業祝いとご結婚・ご出産祝いを開催し、08会メンバーたちとさらなる親睦を深め合った・・・。あの思い出深い第12回の08会が開催されてからちょうど1年の月日が流れ、本日は今年卒業される三宅卒業生予定者を中心とする、今後のご成長・ご活躍を誓い合い、西平会長による乾杯の音頭により、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

本日は社団法人松山青年会議所 第13回08会(今後ともセーフティに・・・)のご開催、誠におめでとうございました。この度、卒業される三宅卒業生予定者をお祝いすることができて、同期入会として本当に嬉しく思っております。松山JCというご縁で集まった2008年度同期メンバーの08会ですが、西平会長を筆頭に確固として揺らぐことのない絆が構築されております。5年前には右も左も分からなかった者同士が、今ではお互いを理解し合い、そしてお互いを支え合うようになっているのを強く感じます。08会メンバーと出会えたに感謝するとともに、これからも永遠の絆を構築していくことを切にお祈りしております。本日は誠にありがとうございました。

PS:石亀の話8割、野球の話2割・・・。大変面白かったです。

2013-11-26 14:36 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第11回門屋組大川清掃会

 『ラジオ体操』

11月25日(月)、第11回門屋組大川清掃会を実施した。大川は弊社の前を流れている歴史ある川である。現在弊社では、年に2回の5月と11月に大川清掃会(前回の第10回門屋組大川清掃会)を実施している。早朝8時より、長靴・雨合羽・芝刈り機・手鎌・ゴム手袋・ロープ・ごみ袋等を段取りする中、第11回門屋組大川清掃会はラジオ体操とともに幕を開けた・・・。

本日は雨の中での大川清掃会となった・・・。その為、川の水嵩が増し、流れが早いというハンデを抱えながらの清掃になったのである。大川には数珠草と言われる頑固な草が生え茂っている。本日もこの頑固な数珠草に立ち向かうべく、電動芝刈り機と手鎌と片手に清掃に向き合った・・・。刈るまでは良かったものの、水を吸った重い数珠草の引き上げ作業が難を強いられることとなる。そこで登場するのがロープである。ロープを上手に使い、上の者と下の者とコミュニケーションを図りながら引き上げ作業を行っていく・・・。連携の図れた上下作業は、雨の中、声を掛け合いながら続けられたのであった・・・。

1時間の時間を費やし、第11回門屋組大川清掃会は、スタッフ一同怪我をすることなく、無事に実施することができました。そして大川は、再び綺麗な姿を取り戻し、水も清らかに流れてくれていました。いつも弊社を見守ってくれている大川に感謝の気持ちを込めて、来年の5月に予定している第12回門屋組大川清掃会では、更に綺麗な大川にしていきたいと思います。皆さん、本日は雨の中、早朝より大変お疲れ様でした。

PS:本日は雨降りの中でしたので、風邪を引かないようにして下さいね。

 
 『清掃状況』

各チーム、リーダーの指導の下、一人ひとりが仲間と共に連携を図りながら大川清掃に臨む・・・。今回は大きな大木から自転車をはじめ多くのゴミが目立つ・・・。

 『電動芝刈り機が大活躍』

伸びきった雑草を一掃するべく、電動芝刈り機が大活躍した・・・。かなり短く刈られていった・・・。

 『後方支援隊』

ゴミ処理する際にガードレールに付着した泥を、後方支援隊(総務部)によってきれいに一掃されていく・・・。重要なポジションです。

 『ゴミの荷揚げ作業』

ロープを上手に使い、上の者と下の者とコミュニケーションを図りながらゴミの引き上げ作業を行っていく・・・。交通誘導をする者、ゴミの配送を行う者、土手・河川の草刈りを行う者、最後のガードレールに付着した泥や草を綺麗に後方支援する者・・・、「誰の為に!何の為に!」という概念はなく、ただ「私たちを見守ってくれている大川を守る」・「近隣地域に感謝する」を念頭に入れたみんなの額からは美しい汗が流れていた・・・。

 『ダンプ一杯に荷揚げされたゴミ』

1時間の時間を費やし、第11回門屋組大川清掃会は、スタッフ一同怪我をすることなく、無事に実施することができました。そして大川は、再び綺麗な姿を取り戻し、水も清らかに流れてくれていました。いつも弊社を見守ってくれている大川に感謝の気持ちを込めて、来年の5月に予定している第12回門屋組大川清掃会では、更に綺麗な大川にしていきたいと思います。皆さん、本日は雨の中、早朝より大変お疲れ様でした。

2013-11-26 01:27 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2013年度・2014年度 本次年度四国地区協議会

 『吉野川の地を目指して・・・』

11月24日(日)、徳島県の吉野川の地、セントラルホテル鴨島にて、公益社団法人日本青年会議所 四国地区協議会 2013年度・2014年度 本次年度地区協議会が開会された。「 希望の光に照らされた勇壮なる四国の実現」 をスローガンに掲げた四国地区協議会2013年度会長(柳生 敏宏 君)から2014年度会長候補者(原井 敬 君)へ引き継がれる・・・。私自身、第63回全国大会松山大会 大会実行委員長として、真新しい気持ちとともに、気概と覚悟を胸に本日の四国地区協議会に臨む・・・。今城号に乗り込んだ全国大会準備会議メンバーは、徳島県の吉野川の地を目指したのであった・・・。

セントラル鴨島に到着した私たち・・・。全体会議に入り、JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョンの唱和、そしてJC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。その後、四国地区協議会2014年度会長候補者(原井 敬 君)よりご挨拶が行われた。原井会長からの発せられた「四国は一つになる~・・・」の言葉に、今後の四国地区の大きな気概と覚悟が感じられた・・・。また、四国地区の各地会員会議所会員の同志たちとともに、活気に満ちあふれ自立した四国の創造に向けて、日本の矜持を取り戻し、率先して行動していきたいと強く伝えられた・・・。こうして、四国地区協議会全体会議は閉会を迎えた後、同会場においてさらに四国が一つになるべく、今後如何なる災害が起こったとしても四国の強固な連携を図るJC災害ネットワーク調印式、また2014年度第63回全国大会松山大会を四国地区の同志と共に前進させていただく副主管締結式を執り行わさせていただいたのであった・・・。その後、友情を育む大懇親会へと移った・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 四国地区協議会 2013年度・2014年度 本次年度地区協議会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。また、2013年度柳生会長、2014年度原井会長をはじめとする四国地区の各ブロック会長様並びに理事長様の御計らいにより、第63回全国大会松山大会の副主管締結式を執り行っていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。そして、2014年度四国地区協議会原井丸の出航に向けて、多くのメンバーの皆様とコミュニケーションを図ることができたことに心から嬉しく思っております。今後とも、2014年度四国地区協議会が輝き、注目され、四国の誇るたからをを発信して参りたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。本日の有意義な会議に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

PS:お忙しい中、参加してくれた松山JCメンバーに心から感謝申し上げますとともに、本日長時間車の運転をしていただきました川中幹事、心から感謝申し上げます。

 
 『2013年度会長挨拶』

2013年度・2014年度 本次年度四国地区協議会 全体会議に先立ち、2013年度会長(柳生 敏宏 君)よりご挨拶が行われました。

 『四国地区協議会旗の伝達』

柳生会長より、1年前の自分自身の立ち位置や、本音の言葉の数々が私たちの心へ響き、熱い思いが伝えられました。その後、旧から新へ情熱の旗が受け渡された・・・。

 『2014年度会長挨拶』

2013年度から2014年度に移り、2014年度会長(原井 敬 君)よりご挨拶が行われました。原井会長からの発せられた「四国は一つになる~・・・」の言葉に、今後の四国地区の大きな気概と覚悟が感じられた・・・。また、四国地区の各地会員会議所会員の同志たちとともに、活気に満ちあふれ自立した四国の創造に向けて、日本の矜持を取り戻し、率先して行動していきたいと強く伝えられた・・・。

 『JC災害ネットワーク調印式』

四国地区協議会全体会議は閉会を迎えた後、同会場においてさらに四国が一つになるべく、今後如何なる災害が起こったとしても四国の強固な連携を図るJC災害ネットワーク調印式が執り行われました。

 『副主管締結式』

2014年度第63回全国大会松山大会を四国地区の同志と共に前進させていただく副主管締結式を執り行わさせていただいたのであった・・・。

 『気合入れ』

第63回全国大会松山大会の副主管締結式を迎えた今、四国の同志と共に、全国大会の大成功に向けて私の音頭により気合入れを執り行いました。
徳高き愛香る四国 四国地区一同 思いを一つに まっとるけん!!を「ことば」に、活気に満ちあふれた地域を創造し、さらに共鳴していく意味を込めて、会場全体でコークスクリューブローを天高く放ったのであった・・・。今後とも宜しくお願い致します。

 『大懇親会に移り・・・』

すべての全体会議が閉会し、大懇親会へと移った・・・。2013年度会長(柳生 敏宏 君)より乾杯が執り行われ、四国が一つとなる大懇親会は輝かしく幕を開けたのであった・・・。そして、今年ご卒業される皆様を囲み、笑顔と笑いがあふれる大懇親会は波紋のように広がっていった・・・。本日は公益社団法人日本青年会議所 四国地区協議会 2013年度・2014年度 本次年度地区協議会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。また、2013年度柳生会長、2014年度原井会長をはじめとする四国地区の各ブロック会長様並びに理事長様の御計らいにより、第63回全国大会松山大会の副主管締結式を執り行っていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。そして、2014年度四国地区協議会原井丸の出航に向けて、多くのメンバーの皆様とコミュニケーションを図ることができたことに心から嬉しく思っております。今後とも、2014年度四国地区協議会が輝き、注目され、四国の誇るたからをを発信して参りたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。本日の有意義な会議に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

2013-11-25 13:00 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る