株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

第30回まつやま市民シンポジウム

 『前向きに生きるをテーマに・・・』

9月29日(日)、第26回まつやま市民シンポジウムまつやま市民フェスティバル第28回まつやま市民シンポジウム第29回まつやま市民シンポジウム、毎年開催される松山市・社団法人松山青年会議所の共催のまつやま市民シンポジウムが、今年は松山市青少年センターにて開催された。連日連夜時間を割いて、この日に向けて創り上げてきた宮脇委員長・佐川副委員長率いる地域振興委員会・・・。『前向きに生きる』をテーマとする記念すべき第30回目のまつやま市民シンポジウムは、ことばを大切にする松山ならではの「ことばのちから」の名前一つひとつに意味のある、7つの各分科会に別れ、開幕の時が来るのを待ったのであった・・・。

「ことばのちから」の「こ」には「ことだま~こえを使わないことば」とし、手話で大切な人に伝えるてことばを行った・・・。「と」には「ときめく音楽の時間」とし、親子でクラシックを楽しむ時間を設営した。「ば」には「バイタリティ溢れる(骨太)日本人として」とし、日本人として知っておくべき事を子どもたちにも理解しやすいかわいい漫画で表現した・・・。「の」には「NO KIZUNA NO LIFE キズナの無い人生なんて」とし、1年間をかけて集めたキズナ深まる写真とともに、大切な人へ心からありがとうを伝えるムービーを放映した。「ち」には「小さな愛 一歩ずつ。募金&ドナー登録」とし、東日本大震災復興支援車いす募金と骨髄バンクドナー登録を行い、市民の皆様より愛のお裾分けを賜った。「か」には「からだ発信、パワー全開!松山たから市ダンス大会」とし、あの人へありがとうをテーマとする小学生~高校生までのダンスが披露された。「ら」には「らっしゃい!!地域密着バザール」とし、地域の方々特製の地域密着お昼ごはんが振る舞われ、憩いの場が設営された。そして結びに、メインフォーラムとして金田一 秀穂先生による「家族を創ることば:ことばのちからは人の意識を変えるスイッチ」をテーマに基調講演が行われた・・・。こうして、松山市・松山JCが共催する第30回まつやま市民シンポジウムは、終日「前向きに生きる」ことが体感できる日となったのであった・・・。

本日は松山市・社団法人松山青年会議所共催の第30回まつやま市民シンポジウムに、多くの地域の方々にしていただきましたことをこの場をお借りしまして心から感謝申し上げます。また、骨髄バンクドナー登録及び東日本大震災被災地支援募金活動にも多くの皆様のご協力をいただきました。心から厚く御礼申し上げます。『前向きに生きる』をテーマにシンポジウムが行われ、地域と共に問題意識を共有することができました。ことばを大切にするまちまつやまは、これから絶対に一つになれる・・・。そしてそのことばを全国に発信することで日本全体が一つになれる・・・。そんな想いにしてくれた市民シンポジウムを心から嬉しく思っております。今後とも誇れるまちまつやまの創造を、次年度に開催する全国大会を通じて共に創りだしていけますことを切に願っております。宮脇委員長・佐川副委員長率いる地域振興委員会メンバーの皆様、一生に残る思い出、そして感動をいただき、本当にありがとうございました。社団法人松山青年会議所のメンバーの皆様、今日一日、本当にお疲れ様でした。今日一日、無事に開催できたことに感謝しております。本日は誠にありがとうございました。

 
 『松山たから市ダンス大会』

「からだ発信、パワー全開!松山たから市ダンス大会」とし、あの人へありがとうをテーマとする小学生~高校生までのダンスが披露された。

 『小さな愛を一歩ずつ・・・』

「小さな愛 一歩ずつ。募金&ドナー登録」とし、東日本大震災復興支援車いす募金と骨髄バンクドナー登録を行い、市民の皆様より愛のお裾分けを賜った。

 『オープニングセレモニー』

メインフォーラムのオープニングとして、「音の葉弦楽四重奏団」による演奏が披露された・・・。

 『市長挨拶』

第30回まつやま市民シンポジウム開催にあたり、野志市長よりご挨拶が行われた。ことばを大切にするまちとは・・・。

 『理事長挨拶』

第30回まつやま市民シンポジウム開催にあたり、増田理事長よりご挨拶が行われた。

 『あなたの大切な人はどこにいますか』

中村委員長・井上副委員長率いる地域コミュニティ委員会による「NO KIZUNA NO LIFE キズナの無い人生なんて」とし、1年間をかけて集めたキズナ深まる写真とともに、大切な人へ心からありがとうを伝えるムービーを放映した。あなたの大切な人・・・、すぐにイメージできますか???宮脇委員長・佐川副委員長率いる地域振興委員会メンバーの皆様、一生に残る思い出、そして感動をいただき、本当にありがとうございました。社団法人松山青年会議所のメンバーの皆様、今日一日、本当にお疲れ様でした。今日一日、無事に開催できたことに感謝しております。本日は誠にありがとうございました。

2013-09-30 08:40 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第62回全国大会奈良大会ラストスパート

 『栄養補給を摂りながら』

9月28日(土)、四国中央市の地、ホテルグランフォーレにおいて公益社団法人日本青年会議所 四国地区 愛媛ブロック協議会に出席する予定だった私・・・。しかしながら、5日後に迎える第62回全国大会奈良大会のラストスパートに臨むべく、一つひとつの準備と段取りを行った・・・。一切の妥協を排してやっておかなければならない準備と段取りは終日に及んだ・・・。奈良大会開催まで残す5日間・・・。気概と覚悟を胸に、仲間たちと共に奈良大会の成功をイメージして邁進します。

川柳(せんりゅう):疲れたら 栄養補給に ユンケルを

PS:公益社団法人日本青年会議所 四国地区 愛媛ブロック協議会の第1回目のご開催、誠におめでとうございます。心からお慶び申し上げます。

2013-09-29 01:30 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

9月29日の誕生日

本日、9月29日(日)は丹生さんの誕生日であります。おめでとうございます。企画設計部の要として、お客様の要望を設計図面に表現し、さらには地図に歴史に人の心に留まる建物を共に造り上げていく丹生さん・・・。年々と確実に経験と実績が積まれ、人と人とのつながりやモノづくりに携わる者しか味わえない最高の喜びを実感しているものと思います。これからも門屋組の華として、数々の歴史と思い出を築いていただきたいと思います。本日が丹生さんにとって、最高な日となりますことを切に願っております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※丹生さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は、『芯』でございます。部首:「艸」 総画:8画
年頭初に「芯」の一文字を理念文字とした丹生さんは、芯という文字の如く、何事に対してもものの中心に立ち、ブレない信念のもと果敢に挑戦していただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「芯」という文字を常に念頭に入れて、前を見据えて一歩一歩前進していってください。

2013-09-29 00:38 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

建物完成引き渡し(松山容器株式会社保管倉庫)

 『施主検査』

9月27日(金)、松山容器株式会社保管倉庫新築工事の施主検査及び建物完成引き渡しが執り行われた。お施主様、設計・監理者、現場所長はじめとする関係各位の皆様がご参集の下、施主検査並びに建物完成引き渡し書類の説明が行われたのであった・・・。

平成25年4月30日(火)の大安吉日、起工式(松山容器株式会社保管倉庫)が執り行われてから本日までの5ヶ月間・・・。社内検査(松山容器株式会社保管倉庫)を経て、建物完成引き渡しを迎えることができました。「満足していただこう。」「信頼していただこう。」「感動していただこう。」を念頭に入れた門屋組一級建築士事務所の丹生さんと二神所長は、近隣の皆様にも多大なご理解・ご協力をいただきながら協力会社の皆様と共に魂を込めて本工事に全力を尽くしました。その甲斐あって、工事中に大きな事故も無く、無事・安全に建物完成まで導くことができました。これも偏に、お施主様をはじめ、本工事に関わるすべての皆様のおかげでございます。心からの感謝と御礼を申し上げます。また、完成を迎えたこれからが本当のお付き合いでございます。今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願い致します。地図に歴史に人の心に留まるモノづくりをさせていただいたことに心から感謝致しますとともに、今後益々の松山容器株式会社様の発展・ご繁栄、そして本工事に関わりましたすべての皆様方のご多幸を心からお祈りしております。起工式から本日の建物完成引き渡しまでの5ヶ月間、大変お世話になりました。

PS:水野副社長、相原部長、本日の建物完成引き渡しに立ち合っていただき、本当にありがとうございました。丹生さん、二神所長、ありがとうございました。

2013-09-28 06:27 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

落成式(松前町第1分団消防詰所)

 『落成式に参加』

9月27日(金)、水きらめき・笑顔あふれるまち松前の地において、松前町第1分団消防詰所が誕生し、本日落成式が盛大に開催された。今年の3月から着工し、社内検査を経て本日の落成式までの7ヵ月間・・・。溝田所長をはじめとするマルトメ協力会社の皆様と共に、現場一丸となって本工事に取り掛かることができました。地図に歴史に人の心に留まる仕事に携わることができたのも、お施主様をはじめ、設計監理者でありますZERO企画一級建築士事務所様並びに本工事に関わるすべての皆様方のおかげでございます。施工者を代表しまして、心からの感謝と御礼を申し上げます。

今後とも松前町第1分団消防詰所が消防拠点施設として地域から愛される建物となりますことを願いますとともに、「もし、万が一」に備える災害時の避難場所として安心・安全な建物となっていきますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠におめでとうございました。

PS:溝田所長、長きに亘りお疲れ様でした。心から感謝しております。

2013-09-28 02:18 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

9月度マルトメ安全パトロール

 『フジ安城寺店(仮称)新築工事』

9月27日(金)、9月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から髙木部長と一色部長、佐伯さんの3名。マルトメ協力会社から、株式会社ナガセ(永瀬 明 様)、井川重機株式会社(井川 元 様)、株式会社伊予ブルドーザー建設(青江 亮人 様)、亀井鐵鋼株式会社(宮脇 洋直 様)、株式会社ダイテック(加藤 信幸 様)、株式会社三好建具店(三好 智恵 様)の6名。計9名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、フジ安城寺店(仮称)新築工事、(仮称)高野マンション新築工事の2現場を回った。佐伯さんのパトロール結果報告に基づいて一日を振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした杉田邸新築工事の現場では、フジ安城寺店(仮称)新築工事が行われていた。パトロール員全員から「元気な挨拶が気持ちよかった」との声が挙がった・・・。今後仕上工事に進んでいく際に養生箇所が多くなってきますので仕上箇所の配慮をお願いします。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

最後にパトロールした(仮称)高野マンション新築工事の現場では、型枠工事が行われていた。この現場も先ほどと同様に元気な挨拶が励行されていた・・・。しかしながら、各所において安全精査しなければならないところがあるので、速やかな対応をお願いします。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・2現場共、綺麗に片付いている。

・元請の安全管理レベルが上がっている為、我々協力業者も共にレベルアップしていかなければならない。

・少人数での施工は管理が大変な為、(バックアップ体制等)一考して頂きたい。

・気持良い挨拶が交わされ、現場の雰囲気が良く、意見交換がしやすいと思われる。

・安全に対する工夫が感じられた。

・高所作業が無くても、安全帯の装着がしっかりできていた。

・全体的に整理整頓が良くできていた。

・パトロールでの挨拶の励行が良くできていた。

・挨拶すれば、挨拶が返ってくるので、大変気持ち良かった。

・年1階のパトロールで、色々な業者から様々な意見を頂き、参考にしている。今日はお褒めの言葉が多かったが、今後は厳しい意見も寄せて頂きたい。

・安全に対して努力しており、元請から職長へ通達しているが、職長から末端の職人まで通達しているか問題である。末端までの通達、ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)をしっかり行い、安全意識を高めていただきたい。

本日は大変お忙しい中、9月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日は私自身、パトロールに参加できませんでしたこと、心からお詫び申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重なご意見並びに指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善し進化させていきたいと思います。マルトメ安全パトロールを通じて参加していただいた皆様に感じていただきたいこと・・・。それは、建設業全体のモラルアップを図り、現場一丸となって周知・浸透させていく意義であります。建設業として変えてはならないものは、一つに「地域に感謝する建設業」であること、二つに「地域に愛される建設業」になることであります。継続してモチベーションを高め合いながら、協力会社の皆さんと共に地域に愛される建設業を目指していきたいと強く思っておりますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

 
 『(仮称)高野マンション新築工事』

(仮称)高野マンション新築工事の現場では、型枠工事が行われていた。この現場も先ほどと同様に元気な挨拶が励行されていた・・・。しかしながら、各所において安全精査しなければならないところがあるので、速やかな対応をお願いします。これからも常に現場を進化させて、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

 『安全パトロール後のミーティング』

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

 『パトロール後の昼食会』

安全パトロール後は「かどやの食堂」にて昼食会を行いました。今後とも地域に愛される土木・建設業をよろしくお願い致します。本日は大変お忙しい中、パトロールに参加していただき、誠にありがとうございました。

2013-09-28 00:35 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第63回全国大会松山大会 第2回実行委員会

 『大会会長挨拶』

9月26日(木)、久保豊二番町ビル 3階 会議室にて、第63回全国大会松山大会 第2回実行委員会が開会された。ちょうど2年前の2011年度第60回全国会員大会(名古屋大会)の理事会の時、3年後の2014年度第63回全国会員大会(松山大会)が全会一致で可決承認された・・・。全国会員大会という私自身、当時は何が何やらわからなかった思いの中(2年前の大会の鍵をバックに撮った思い出も・・・)であったが、第59代大野理事長を筆頭に大きな希望に向けて、確かな一歩を踏み出すことができた松山JCと四国地区の同志たち・・・。これもすべては、10年後、20年後の地域の未来を創造し、「明るい豊かなまちづくり」を形成するためでもある・・・。「何のため、誰ために開催されるのか?」を青年会議所メンバー一人ひとりが開催目的を理解し、また全国大会を主管することで、「会員の運動意識の高揚」「開催地域の活性化並びに市民意識の変革」「世論を確実に動かし、社会にポジティブな変化を巻き起こす」、これら3つの目的を念頭に入れて前進していくことが必要不可欠である・・・。このような趣旨の下、377日後に開催する第63回全国大会松山大会を構築する第2回実行委員会は、第62代理事長予定者&大会会長(西村 直樹 君)のご挨拶とともに幕を開けたのであった・・・。

本日は大変お忙しい中、第63回全国大会松山大会 第2回実行委員会にご参集賜り、誠にありがとうございました。377日後に開催される全国大会に向けた取り組みは、1分1秒無駄にすることなく一切の妥協を排して進めていかなければなりません・・・。メンバー一人ひとりが、大きくさらに先を見据えた目標を掲げ、坂の上の雲の精神をもって大きな目標に向かって前進する時、計り知れないパワーが生まれ、開催地域の活性化と市民意識の変革に結びつくものと信じております。一松山に住まう青年として、今こそ「何を考え、行動を起こさなければならないか?」・・・。「日本人として、自信と誇りを取り戻すためには?」を考え、さらには松山大会を通して、四国のアイデンティティである「おせったいの心」を胸に、松山へ訪れる人々にゆとりと安らぎを与えられるよう、一丸となって率先して行動(おもてなし)し、意識を変える「ことば」に説得力を持つ必要があります。今後とも仲間と共に、与えていただいた最高の機会と出会いに感謝し、少しずつ邁進していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

PS:今城事務局長並びに多賀事務局次長、会議の設営、誠にありがとうございました。

 

 『大会実行委員長挨拶』

全国大会を主管する青年会議所として、年内までには必ず方向性を決めておかなければならないことをお伝えさせていただいた・・・。全国大会以降に私たちの価値として残るもの・・・。人と人とのつながり、人と地域とのつながり、自信と誇りが必ずや残るものと確信しています。共に前進していきましょう。

 『会頭所信の読み合わせ』

本日は方向性を確認するべく、会頭所信の読み合わせを行った。一言一句に思いが込められた会頭所信・・・。一つひとつを確認し合いながら進めていった。

 『大会相談役所見』

本日の実行委員会の所見を第61代理事長&大会相談役(増田 大典 君)より行われました。松山大会につなげるためにも、来週にも開催する第62回全国大会奈良大会に全員で参画し、協力していくことを改めて誓い合った・・・。10月3日(木)~6日(日)の4日間、第62回全国大会奈良大会を宜しくお願い申し上げます。

2013-09-27 13:48 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

社内検査(アルファスマート城北山越)

 『屋上階から検査に入る』

9月26日(木)、(仮称)アルファスマート城北山越新築工事の現場にて、門屋組社内検査を実施した。本日の検査員は髙木部長と重見さんが担当し、現場監督である井上所長並びに栗原くんの誘導の下、電気・空調・給排水の協力会社の皆さんと共に社内検査を行った・・・。

社内検査が開始され、屋上階より上から順にチェックしていく・・・。そして、建物内部の部屋うちの一つ一つの開口部(建具)を開け閉めを繰り返していく・・・。傷、汚れ等も妥協することなくチェックする・・・。社内検査は屋上階から1階外部まで段取りよく行われた・・・。こうして、社内検査は滞りなく執り行うことができたのであった・・・。

本日の門屋組社内検査、大変お疲れ様でした。工事に関わるすべての人たちの思いが詰まった建物がもうすぐ完成致します。引き渡し日まであと1ヶ月となりますが、満足と感動していただく建物を提供するためにも、最後の最後まで現場一丸となって頑張っていきましょう。本日は大変お疲れ様でした。

PS:井上所長、栗原くん、最終最後まで宜しくお願い致します。

 

 『部屋内の検査』

建物内部の部屋うちの一つ一つの開口部(建具)を開け閉めを繰り返していく・・・。傷、汚れ等も妥協することなくチェックする・・・。社内検査は屋上階から1階外部まで段取りよく行われた・・・。

2013-09-27 13:15 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(社)松山青年会議所 第1回役員予定者会議

 『役員予定者会議』

9月25日(水)、久保豊二番町ビル 3階 会議室にて、記念すべき第1回目の社団法人松山青年会議所 第1回役員予定者会議が開会された。2014年度西村体制が1月1日を迎えたその日から、円滑なスタートが切れるように、今から準備に準備を重ねながら役員予定者メンバーたちとコンセンサスを取っていかなければならない・・・。こうしたことを念頭に入れながら、今よりもさらに輝かしい未来へと襷を渡すための記念すべき第1回目の役員予定者会議は、横山室長予定者の元気な開会宣言とともに幕を開けたのであった・・・。

JCIクリード並びにJCIミッション唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく私たち・・・。みんなの意識が高められた中、第62代理事長予定者(西村 直樹 君)よりご挨拶が行われた・・・。2014年度役員予定者たちへ、当年度次年度がラップする中で、大変お忙しい中にも関わらず、第1回役員予定者会議に参画していただいたことへ心からの感謝の言葉が述べられた・・・。そして、今後の会議の在り方として、しっかりとみんなと向き合っていくためにも、話をする人への聞く姿勢(パソコンを閉じる)を実践し、社会人としてマナーの数々を向上していってもらいたいことを強く述べられた・・・。こうして、2014年1月1日に向けた西村丸出航への準備は、「ことばのちから」が育む、笑顔あり笑いありの中、円滑に行うことができたのであった・・・。

本日は大変お忙しい中、記念すべき第1回目の社団法人松山青年会議所 第1回役員予定者会議に参画できましたこと、心から感謝しております。単年度制であるが故、先輩たちから連綿と受け継がれてきた良き伝統を守り続けていかなければなりません・・・。これからも全国大会をはじめ地域に根差した数々の事業が行われていきますが、気を引き締め、自分自身に課せられた責任を全うし、更なる飛躍に向けて邁進していきたいと思います。次年度常任理事予定者の皆様、この場をお借りしまして、これからも宜しくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。誠にありがとうございました。

PS:谷本監事をはじめ皆様に誕生日を祝っていただき、本当に感謝しております。みんなでやろぜ~!!!

 

 

 『理事長所信読み合わせ』

2014年度の理事長所信を理事メンバーで読み合わせをし、1年の進む方向性を確認し合った・・・。

 『会議後の懇親会』

会議後は「蛍」にて懇親を深め合った私たち・・・。増田理事長の乾杯のご発生の下、記念すべき第1回目の役員予定者会議懇親会の幕は開けたのであった・・・。

 『番外編』

懇親会後、リンダリンダにて仲間たちから私の35歳の誕生日を祝ってもらった・・・。涙が出そうなほど嬉しかった・・・。一つひとつの信頼は必ず培っています。みんな、本当にありがとう!!!

2013-09-26 18:03 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

松山帰省&実行委員会事前打合せ

 『東京は雨だった・・・』

9月25日(水)、昨夜の和泉副議長との友情の盃の余韻がまだ残る中、松山帰省の日を迎えた・・・。一日お世話になったアパヴィラホテル赤坂見附に別れを告げた後、タクシーで浜松町へ行き、そしてモノレールで羽田空港に向かった・・・。こうして、定刻通りの飛行機に乗ることができた私は、松山に無事に帰省し、その後今城事務局長予定者と共に明日開催する第2回松山大会実行委員会事前打ち合わせを行ったのであった・・・。

2013-09-26 08:58 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る