株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

2013年度全国大会運営会議 福井ツアー(最終章)

 『朝一の旅館からの眺め』

2月27日(水)、右足首の痛風発作が気になりながら目覚めた福井四日目の朝を迎えた・・・。中村議長からいただいた薬が効いたのか、発作には至らなかった右足首・・・。「ホントに良かった」と、ホッと胸をなでおろした私・・・。そんな中、同じ部屋で共に過ごした仲間たちが、早朝より各地元に帰省していた・・・。少し出遅れて朝一の集合時間となった私と和泉副議長は、福井駅までアテンドいただく瀬越号に乗り込んみ、一日お世話になったあらわ温泉まつや千千に別れを告げたのであった・・・。

福井駅に辿りつくまでの間、車中では福井ツアーの思い出を振り返っていた私たち・・・。楽しかった場面、笑った場面、気づきと学びを得られた場面・・・。走馬灯のように場面場面の記憶が脳を駆け巡っていく・・・。そして、約30分程で福井駅に到着した私たちは、最後の最後までアテンドしていただいた瀬越小幹事に別れを告げ、新大阪駅行きのサンダーバード14号に乗り込み、伊丹空港に向けて移動した・・・。こうして、久しぶりの我がまち松山へと飛行機は飛び立ち、無事に帰省したのであった・・・。

2013年度全国大会運営会議スタッフは、一生の思い出に残る福井ツアー四日間を過ごさせていただきました。濃密でかつ学びと気づきの多い四日間に感謝申し上げますとともに、最高の思い出いただきました後藤理事長、中村議長をはじめとする福井青年会議所メンバーの皆様、大変お世話になりました。私たち全運スタッフにとって、これから奈良大会を構築していく上で仲間意識を向上させ、さらには全国各地のつながりが大切であることを福井ツアーで改めて再認識しました。その土地その土地が紡いできたまちを知り、地の利を活かした工夫を学ぶことによって、地域にはない斬新なアイディアを創出できることを理解しました。これから「ことば」を愛する松山人としても、気概と覚悟をもった全運スタッフとしても、拓かれた道に最高の花を咲かすべく、一つひとつ地道に種を植え続けていきたいと思います。四日間、大変お世話になりました。今後とも宜しくお願い致します。

PS:痛風発作は免れたものの、体重が2kg増となっていた私・・・。自己管理、そしてダイエットに励み、また明日から頑張りたいと思います。

 『サンダーバード14号に乗り込んで・・・』

約30分程で福井駅に到着した私たちは、最後の最後までアテンドしていただいた瀬越小幹事に別れを告げ、新大阪駅行きのサンダーバード14号に乗り込み、伊丹空港に向けて移動した・・・。こうして、久しぶりの我がまち松山へと飛行機は飛び立ち、無事に帰省したのであった・・・。

 『お土産に夢中になる長女』

1週間ぶりに顔を合わした長女奏来(そら)・・・。福井ツアーでのお土産は、あらわ温泉まつや千千で購入した昔の遊びセットであった。吹いたらクルクルと回るやつ、紙風船、まんげ鏡、あやとり、竹とんぼ等の昔懐かしいおもちゃを楽しんでくれた・・・。

 『自由なツインズ』

1週間ぶりに会うツインズの顔立ちが変化しているのに気づく・・・。表情が豊かになっていた・・・。これからもパパは頑張るよ!!!

2013-02-28 01:33 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2013年度全国大会運営会議(福井ツアー三日目)

 『痛風薬を飲んで・・・』

2月26日(火)、前日の余韻が残る中、福井三日目の朝を迎えた・・・。朝起きて、ベッドからの一歩目が床に着いた瞬間、右足首に衝撃が走った・・・。この痛みは・・・。そう、ここ暫く沈黙し続けてきた痛風ちゃんが右足首にPRしてきたのである・・・。実に半年ぶりのPRであった・・・。この1週間、無茶に無茶を重ね、これで発作が出てないのが不思議に思っていたが、ついに眠れる獅子を起してしまった・・・。日本酒、カニのコラボが起してしまった原因のようだ・・・。そんな中、二日間お世話になったアパホテルに別れを告げ、ホテルロビーに集結した全運スタッフメンバーは、増田号、瀬越号に乗り込み、全国大会運営会議(伊藤委員)が経営する旅館、あわら温泉まつや千千を目指したのであった・・・。あわら市を目指す道中、数々の福井のたからを目の当たりにした・・・。

増田総括幹事の会社(株式会社増田喜)で福井名物であるヨーロッパ軒のソースカツ丼を堪能し、そして福井JCの拠点である事務局を訪問し、さらに福井県坂井市三国町安島に位置する日本海が見渡せる壮大な岸壁(東尋坊)を観光し、数々の福井のたからに触れることができた私たち・・・。仲間たちと共に過ごす時間が多ければ多いほど、私たち全運のつながりはさらに加速度を増していく・・・。福井の魅力と仲間たちとのつながりは、自分自身の成長にも磨きをかけてくれる・・・。が、しかし、右足首の痛みも同じく加速度を増していく・・・。こうして、私たちを乗せる増田号と瀬越号は一日お世話になるあわら温泉まつや千千に到着し、本日開催される第52回全国会員大会福井大会 10周年記念祝賀会に備えたのであった・・・。

定刻となり、第52回全国会員大会福井大会 10周年記念祝賀会が幕を開ける・・・。24年間という長い期間、全国会員大会を主管立候補し続けてきた福井青年会議所の気概と覚悟が渦巻く中で、今から10年前の2003年度(揚原会頭)にどのような思いで主催と主管が融和する全国会員大会を構築してきた経緯が伝えられる・・・。そして、福井大会で得られたLOM益・地域益が伝えられた・・・。全国会員大会を主管したことにより得られた大胆な発想と事業実施能力とネットワークの継承・・・。「私たちは越える。そして前へ。」の大会スローガンの通り、福井青年会議所の熱き思いは連綿と受け継がれていることを目の当たりにしたのであった・・・。こうして、福井大会から10年経った今でも、共に構築し、共にぶつかり合い、共に楽しみ合い、共に苦労したつながりある仲間たちとの祝賀会は幕を開け、福井の地より私たちの燈火は熱く燃え盛っていくのであった・・・。

本日は第52回全国会員大会福井大会 10周年記念祝賀会のご開催、誠におめでとうございます。心からお慶び申し上げます。そして、このようなつながりある祝賀会に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。福井大会から10年経った今の気持ち、今だから本音で話せるあの頃の気持ちを聴いたことで、私自身、今年開催する第62回全国大会奈良大会への気概と覚悟がさらに高まりました。本日の祝賀会で得た気づきと学びを今後の自分の人生においても活かしながら、つながりある仲間たちと共に前進し続けていきたいと思います。後藤理事長をはじめとする公益社団法人福井青年会議所の心からのお持て成しに感謝申し上げますとともに、今後益々、福井のまちがさらに活性化し、ご発展・ご繁栄されますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の松山帰省へと続く・・・。

PS:明日の朝、右足首が爆発していないことを心から祈る・・・。

 
 『増田喜にて昼食会』

増田総括幹事の会社(株式会社増田喜)で福井名物であるヨーロッパ軒のソースカツ丼を堪能した私たち・・・。

 『ソースカツ丼』

はじめて食べたヨーロッパ軒のソースカツ丼に感動した私・・・。ものの数分で、ソースカツ丼を平らげていた・・・。

 『東尋坊をバックに・・・』

福井県坂井市三国町安島に位置する日本海が見渡せる壮大な岸壁(東尋坊)を観光した。火曜サスペンス劇場を連想してしまいました・・・。

 『東尋坊で一休み・・・』

お土産屋さんにあるお食事何処で福井名物を堪能した私たち・・・。増田総括幹事をはじめ第1~第5小会議の副議長による男気ジャンケン・・・。果たして、今日一の男気溢れるのは一体誰なのか・・・↓ ↓ ↓

 『今日一の男』

男気ジャンケンを征したのは、第3小会議副議長(永嶋 正史 君)であった・・・。この後、弾丸を込めにATMに走る永嶋副議長を目撃した私・・・。大変ゴチになりました。


 

私たちを乗せる増田号と瀬越号は一日お世話になるあわら温泉まつや千千に到着し、第52回全国会員大会福井大会 10周年記念祝賀会までの間、各々フリーな時間を過ごした私たち・・・。マッサージをする者、パソコン作業に追われる者、対話集会の打ち合わせをする者、仮眠する者、痛風薬をいただく者・・・。この時間の中にもいろんなドラマが待ち受けていた・・・。

 『祝賀会の幕開け』

定刻となり、第52回全国会員大会福井大会 10周年記念祝賀会が幕を開ける・・・。24年間という長い期間、全国会員大会を主管立候補し続けてきた福井青年会議所の気概と覚悟が渦巻く中で、今から10年前の2003年度(揚原会頭)にどのような思いで主催と主管が融和する全国会員大会を構築してきた経緯が伝えられる・・・。そして、福井大会で得られたLOM益・地域益が伝えられた・・・。全国会員大会を主管したことにより得られた大胆な発想と事業実施能力とネットワークの継承・・・。「私たちは越える。そして前へ。」の大会スローガンの通り、福井青年会議所の熱き思いは今も尚、連綿と受け継がれていることを目の当たりにしたのであった・・・。こうして、福井大会から10年経った今でも、共に構築し、共にぶつかり合い、共に楽しみ合い、共に苦労したつながりある仲間たちとの祝賀会は幕を開け、福井の地より私たちの燈火は熱く燃え盛っていくのであった・・・。明日の松山帰省に続く・・・。

2013-02-27 02:45 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2月27日の誕生日

本日、2月27日(水)は松広監査役の誕生日であります。おめでとうございます。いつも愛社精神を持って私たちに接してくれる松広監査役には、心から感謝しております。また、先日の第51回愛媛マラソンでは、最高の走りで松山路を制覇し、私たちに感動を届けてくれました。まだまだ挑戦する気持ち継続されている松広監査役には、これからもさらにチャレンジを怠らず、家族に仕事に友人に邁進してください。今日一日が松広監査役にとって最高の日となりますことをお祈りしております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※松広監査役の1年間貫き通す漢字一文字理念は、『走』でございます。部首:「走」 総画:7画
2013年度の初めに「走」の一文字を理念文字とした松広監査役には、爆走を連想されるこの一字の如く、チャレンジ精神を怠らずに何でも挑戦していただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「走」という文字を常に念頭に置いて、さらなる自分自身に磨きをかけてください。

2013-02-27 01:59 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2013年度全国大会運営会議(福井ツアー)

 『朝一ホテルからの眺め』

2月25日(月)、前日のやきとりの名門「秋吉」カラオケランドにて最高の福井の夜を過ごした私たち・・・。前日の余韻が残る中、福井二日目の朝を迎えた・・・。ホテルから外を眺めると、屋根の上や道路にチラホラと雪が積もっているのが確認できた・・・。本日の福井の天候は雪との事・・・。本日の福井ツアー出発時刻に備え、出発の準備に取り掛かろうとしたのだが・・・、本日が議案上程期日であったので、福井ツアー午前の部(恐竜博物館)は断念せざるを得ない状況となった私・・・。正午までアパホテル室内でパソコン画面と格闘したのであった・・・。

パソコン画面と格闘後、増田総括幹事の計らいにより昼食を共にすることができた私・・・。福井ツアー午後の部より、瀬越小幹事、上口小幹事プレゼンツによる寛元二年に道元禅師によって開かれた坐禅修行の場「曹洞宗大本山永平寺」、国の三重指定になるソフトバンクのCMでも有名な「一乗谷朝倉氏遺跡」を観光した・・・。福井のたからを存分に味わった私たちは、中村議長のお店である「越前魚河岸目からうろこ」にて、角濱議長、積田委員長をはじめ福井JCの皆様と共に最高の福井の夜を堪能したのであった・・・。

本日の福井ツアーに参加させていただきまして、誠にありがとうございました。そして、明日に開催される公益社団法人福井青年会議所 全国大会開催後10周年記念の前夜祭に心からお持て成しをいただきました、後藤理事長、中村議長をはじめとする福井JCの皆様、心から感謝を申し上げます。本日参加させていただきまして、私自身、福井のファンとなりました。今後ともこの友好の絆が、永遠に末永く続いていきますことを切にお祈り申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の公益社団法人福井青年会議所 全国大会開催後10周年記念へと続く・・・。

 
 『アパホテルで待機』

本日の福井ツアー出発時刻に備え、出発の準備に取り掛かろうとしたのだが・・・、本日が議案上程期日であったので、福井ツアー午前の部(恐竜博物館)は断念せざるを得ない状況となった私・・・。正午までアパホテル室内でパソコン画面と格闘したのであった・・・。

 『増田総括幹事と共に・・・』

パソコン画面と格闘後、増田総括幹事の計らいにより昼食を共にすることができた私・・・。「愛宕庵」にて、福井名物のおろしそばを堪能したのであった・・・。昼食後、午後の部の福井ツアーに参戦した・・・↓ ↓ ↓

 『永平寺のお土産屋さんで・・・』

永平寺で全運スタッフと落ち合うことができた私・・・。ごまどうふ、ぜんざいを堪能した私たちは、これから福井ツアー午後の部のはじまりの機運を高め合ったのであった・・・↓ ↓ ↓


 

福井ツアー午後の部より、瀬越小幹事、上口小幹事プレゼンツによる寛元二年に道元禅師によって開かれた坐禅修行の場「曹洞宗大本山永平寺」、国の三重指定になるソフトバンクのCMでも有名な「一乗谷朝倉氏遺跡」を観光した・・・。

 『わらびの集い』

福井のたからを存分に味わった私たちは、中村議長のお店である「越前魚河岸目からうろこ」にて、角濱議長、積田委員長をはじめ福井JCの皆様と共に最高の福井の夜を堪能したのであった・・・。

2013-02-26 09:53 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2013年度全国大会運営会議 第2回全体会議

 『まもなく全体会議開会』

2月24日(日)、前日の過度のアルコール摂取が私の脳細胞を破壊する・・・。2次会以降、つながり溢れた仲間たちと共に酒を酌み交わした記憶が途切れ途切れとなっていることに不安感を抱いた私・・・。そんな中、西野小幹事からのモーニングコールのおかげで、何とか時間通りにホテルチェックアウトの準備と本日開催される第2回全体会議の準備を行うことができたのである。奈良の地四日目の朝を迎えた・・・。

三日間お世話になったホテル日航奈良をチェックアウトした後、全体会議開催会場である4階(飛天の間)へと向かう・・・。そして、1礼をして飛天の間に入室し、「おはようございます」と最終最後まで膝と膝を突き合わして酒を酌み交わした仲間たちと固い握手を交わす・・・。また、副主管である近畿地区会長(山下 憲太郎 君)、奈良ブロック会長(田中 純 君)、各地会員会議所理事長をはじめ松山JCからは岡田副理事長と歌原幹事が全体会議にオブザーブしていただく中、全国大会運営会議メンバー一同固い握手を交わしていくたびに意識が昂揚する・・・。こうして定刻となり、気概と覚悟をもって臨む公益社団法人日本青年会議所 2013年度全国大会運営会議 第2回全体会議が和泉副議長の開会宣言の下、幕を開けたのであった・・・。

「気概と覚悟を胸に 勇壮なる日本へ! ~まほろばより新しい時代への燈火となれ!~」

JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョン唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。開会に先立ち、全国大会運営会議 議長(中村 敏明 君)よりご挨拶が行われ、前日のまほろばツアー並びに全体懇親会に引き続き、こうして定刻通り第2回全体会議を迎えられたことに心から感謝の言葉が伝えられた。また、各地会員会議所理事長をはじめとする奈良大会実行委員会の皆様にも全体会議へのオブザーブいただいたことに対し、改めて感謝の言葉が述べられた。その後、一般社団法人奈良青年会議所 理事長(増尾 朗 君)、奈良大会実行委員長(尾形 裕明 君)よりご挨拶を賜り、私たちの気持ちはさらに高まったのであった・・・。そして、全国大会の方針を学び合い、現在進行中の議案を全体で精査し、今後の全国大会運営会議の進むべき方向性を共有したのである。こうして、来月再び八戸の地で出会えることを誓い合い、本気でやり遂げる気概を伝える高平副議長による閉会宣言の下、第2回目の全体会議は幕を閉じたのであった・・・。全体会議後、四日間お世話になった奈良の地に別れを告げ、中村議長、増田総括幹事の故郷である福井に移動した・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2013年度全国大会運営会議 第2回全体会議に多くの皆様に参加いただきまして、誠にありがとうございました。全運スタッフとして、心から感謝申し上げます。本日も志高い委員の皆様から多数のご意見を賜り、私自身、大きな気づきと学びを得ることができました。第62回全国大会奈良大会開催まであと220日となりましたが、気概と覚悟を持った一歩を踏み出すために、今一度全国各地会員会議所の同志と共に、第62回全国大会奈良大会を大成功に導いていくことをお誓い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の福井ツアーに続く・・・。

PS:来月の3月16日(土)、八戸グランドホテルで開催される2013年度全国大会運営会議 第3回小会議(13時00分~17時00分)、3月17日(日)の第3回全体会議にて全運出向メンバーの皆様と元気な姿で会えることを楽しみにしております。

 
 『オブザーバー挨拶』

全国各地よりオブザーブいただいた理事長・副理事長をはじめとする同志の皆様よりご挨拶を賜りました。松山JCからオブザーブいただいた岡田副理事長から発された「ことばのちから」・・・。会場内に笑いの神様が降り立ったのであった・・・。全国区で岡田ワールド炸裂です。キーワード:427(シニナ)、ざわざわ・・・。

 『副議長指名によるスピーチ』

全国大会運営会議恒例の副議長指名によるスピーチが執り行われた・・・。私の会議体からは第1小会議 小幹事(今城 靖浩 君)、第2小会議 小幹事(森末 耕太郎 君)が選定されました。声がデカイ副議長の話、第63回全国大会松山大会を構築している話、地元で水泳で輝いていた話、全国のスケールがデカかった話・・・。この一瞬、この瞬間にしか聴けれない本音のスピーチが飛び出したのであった・・・。

 『車に乗り込んで・・・』

全体会議後、四日間お世話になった奈良の地に別れを告げ、中村議長、増田総括幹事の故郷である福井に移動した・・・。

 『秋吉の集い』

全運スタッフすべてが集結し、やきとりの名門 秋吉 カラオケランドにて福井の親睦を深め合った・・・。よりもっと良くして行こうという気持ちがぶつかり合った最高の福井の夜となった・・・。明日の福井ツアーへと続く・・・。

2013-02-25 01:01 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2013年度全国大会運営会議(まほろばツアー)

 『今日の朝一は水のみ・・・』

2月23日(土)、前日の天一で締めたこってりラーメンを中和するべく、胃の中に大量の水を流し込む・・・。そして目を瞑ると、前日につながり溢れた仲間たちと共に酒を酌み交わした光景が脳裏に甦ってくる・・・。そんな刺激的な奈良の地まほろば三日目を迎える中、JR奈良駅に集結した中村議長率いる2013年度全運メンバー・・・。増尾理事長をはじめとする奈良大会実行委員会メンバーの誘導の下、「畏敬の心と感謝の念」溢れるまほろばツアーへと旅立ったのであった・・・。

奈良大会大会本部(HQ)となるホテル日航奈良をはじめ、次々と大会開催会場を体感していく私たち・・・。春日大社、奈良県新公会堂、東大寺、平城宮跡・・・。奈良大会4日間を構築していく上で、メンバーが奈良の地まほろばをより理解し、より体感することは必要不可欠である・・・。こうして、まほろばツアーを終了した私たちは、本日の全体懇親会会場である奈良ロイヤルホテルへと向かったのであった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2013年度全国大会運営会議(まほろばツアー)に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。また、全国各地より気概と覚悟をもって参画いただきましたメンバーの皆様、奈良の地に訪れていただきましたこと、心から感謝申し上げます。そして昨日に引き続き、まほろばツアー等の準備に際し、心からのお持て成しをいただきました2013年度理事長予定者(増尾 朗 君)をはじめとする奈良大会実行委員会の皆様、本当にありがとうございました。本日、奈良の地まほろばの素晴らしさを共に体感したことで、2013年度全国大会運営会議は大きな気づきと学びを得ることができました。これから気概と覚悟を持った一歩を踏み出すために、全国各地会員会議所の同志と共に、「勇壮なる日本」を実現する第62回全国大会奈良大会を本気(マジ)で大成功に導いていくことをお誓い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の第2回全体会議&in福井へと続く・・・。

 
 『三条通りを散策』

午前中、奈良県奈良市にある東西に貫く目抜き通りの中心市街地である三条通りを散策した・・・。各種店舗や飲食店・ホテル・金融機関・コンビニ等が軒を並べ、通行人で賑わっていた・・・。

 『かすうどんを食す』

三条通り交差点にあるかすうどんにて、今城小幹事と西野小幹事と落ち合った・・・。初めて食べるかすうどんは、私たちの腹の欲求を満たしてくれたのであった・・・。

 『まほろばツアー開始』

バスに乗り込み、まほろばツアーへと旅立ったのであった・・・。


 

春日大社、奈良県新公会堂、東大寺、平城宮跡・・・。奈良大会4日間を構築していく上で、メンバーが奈良の地まほろばをより理解し、より体感することは必要不可欠である・・・。

 『議長挨拶』

2013年度全国大会運営会議 第2回全体懇親会の開会に先立ち、中村議長よりご挨拶が行われた・・・。

 『理事長挨拶』

一般社団法人奈良青年会議所 理事長(増尾 朗 君)よりご挨拶を賜りました。

 『乾杯挨拶』

奈良大会実行委員長(尾形 裕明 君)の乾杯のご発声の下、第2回全体懇親会は輝かしく幕を開けました。

 『アトラクション』

和泉副議長率いる第2小会議プレゼンツのアトラクション、広島産の名物を喰らう早食い競争が行われました。松山JCからは須賀君も参戦しました。結果や如何に・・・。


 

アトラクションを通じて、数々のドラマが展開されました。そして、一番遅かったのは・・・↓ ↓ ↓

 『第4小会議』

山子副議長率いる第4小会議メンバーが負けてしまった・・・。勝っても負けてもこれがすべて絆に変わる・・・。

 『中締め挨拶』

第4小会議副議長(山子 泰典 君)による中締めが執り行われ、第2回全体懇親会は幕を閉じました・・・。明日の9時に元気な姿で会うことを祈念して・・・。明日へと続く・・・。

2013-02-24 07:18 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2013年度全国大会運営会議 第2回スタッフ会議

 『奈良でも朝バナナ』

2月22日(金)、前日につながり溢れた仲間たちと共に酒を酌み交わしてから数時間が経過し、再びJR奈良駅に集結した2013年度全運メンバー・・・。今城小幹事・西野小幹事も新たに加わり、本日の昼食処である奈良で有名な国境食堂へと向かったのであった・・・。

国境食堂では、今まで見たことのないボリュームたっぷりのドデカカツを堪能した私たち・・・。山子副議長においては、天丼大+ドデカカツ全て完食し、国境食堂を大いに堪能したのである。こうして、国境食堂の集いを終えた私たちは、本日の会議場所である「奈良商工会議所 4階」へと向かった・・・。そして、気概と覚悟をもった全運スタッフたちが集結する中、第2回目のスタッフ会議が和泉副議長の開会宣言の下、幕を開けたのであった・・・。

JCIクリード並びにJCIミッション・JCIビジョン唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。スタッフ開会に先立ち、僭越ながら議長代行として私からご挨拶をさせていただいた・・・。奈良の地に訪れたメンバーたちへ心からの感謝の言葉を伝えるとともに、10月3日~6日の第62回全国大会奈良大会を構築していく上で、表面的な付き合いではなく、本気で奈良のファンになり、本音で仲間たちと付き合えることが最高の全国大会へとつながっていくことを述べさせていただいた・・・。運動の意識の昂揚は既にはじまっている・・・。その後、増田総括幹事の進行の下、現在の上程された議案を報告し、これからはじまる議案の協議を行った・・・。こうして、2013年度全国大会運営会議 第2回スタッフ会議は、高平副議長の閉会宣言の下、幕を閉じたのであった・・・。スタッフ会議後は、一般社団法人奈良青年会議所 森本直前理事長のお店(大和骨付鳥 一勝)でさらなる懇親・親睦を深め合った・・・。本気・本音のつながりをもつために・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2013年度全国大会運営会議 第2回スタッフ会議に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。また、全国各地より気概と覚悟をもって出向の決意をいただいた全運スタッフの皆様、奈良の地に訪れていただきましたこと、心より感謝申し上げます。そして前日に引き続き、会場のご設営から準備に際し、心からのお持て成しをいただきました一般社団法人奈良青年会議所理事長(増尾 朗 君)をはじめとする奈良大会実行委員会の皆様、本当にありがとうございました。前日に引き続き本日も奈良の地の素晴らしさを体感し、大きな学びと気づきを得ることができました。明日から奈良の地にお越しいただく全運メンバーたちを持て成しの心をもってお迎えするべく、姿勢を正して全国大会運営会議に臨みたいと思います。明日の奈良まほろばツアー並びに全体懇親会へと続く・・・。

 
 『カツのボリュームに圧倒される』

国境食堂では、今まで見たことのないボリュームたっぷりのドデカカツを堪能した私たち・・・。山子副議長においては、天丼大+ドデカカツ全て完食し、国境食堂を大いに堪能したのである。私は無難に国境ラーメンを堪能した・・・。

 『スタッフ会議開会』

気概と覚悟をもった全運スタッフたちが集結する中、第2回目のスタッフ会議が和泉副議長の開会宣言の下、幕を開けたのであった・・・。

 『理事長挨拶』

大変お忙しい中、スタッフ会議にオブザーブいただいた一般社団法人奈良青年会議所 理事長(増尾 朗 君)よりご挨拶を賜りました。3日間、しっかりと奈良の魅力を堪能させていただきます。

 『会議後の懇親会』

スタッフ会議後は、一般社団法人奈良青年会議所 森本直前理事長のお店(大和骨付鳥 一勝)でさらなる懇親・親睦を深め合った・・・。本気・本音のつながりをもつために・・・。

2013-02-23 07:52 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第4回正副会頭会議

 『朝一のバナナ』

2月21日(木)、仲間と膝と膝を突き合わして酒を酌み交わした前日の余韻が残る中、東京二日目の朝を迎えた・・・。そして、起きてまもなく日々の日課である朝バナナと痛風薬(ザイロリック)を胃の中に流し込んだ・・・。こうして朝の日課が終了し、本日開催される公益社団法人日本青年会議所 2013年度第4回正副会頭会議に参加するべく、日本青年会議所会館に向かったのであった・・・。

「おはようございます」と握手して朝のコミュニケーションを交わし、日本青年会議所の朝がはじまる・・・。笠常任理事、中村議長、そして尾形実行委員長と本日の上程議案の打合せを行い、第62回全国大会奈良大会に向けた思いを一つにしていく・・・。そして、これから臨むであろう数々の議案の精査に汗を流した全運スタッフたちは、明日奈良の地で開催される全国大会運営会議スタッフミーティングに備え、東京から奈良へと向かったのであった・・・。明日の全国大会運営会議スタッフミーティングin奈良へと続く・・・。

 
 『楽しい昼食会』

半蔵門駅周辺にある「桔梗あさひ」でランチタイムを楽しんだ中村議長率いる全運スタッフたち・・・。私はサバの味噌煮定食の小を注文し、美味しくいただいた。これで、パワー全開で後半戦に臨みます・・・。

 『全運スタッフミーティング』

笠常任理事、中村議長、そして尾形実行委員長と本日の上程議案の打合せを行い、第62回全国大会奈良大会に向けた思いを一つにしていく・・・。

 『駅弁を食べながら・・・』

日本青年会議所を後にした私たちは、タクシーで東京駅へ、東京駅から新幹線で京都駅へ、京都駅から近鉄特急で奈良へと向かったのであった・・・。

 『奈良まつり』

奈良に到着してホテルにチェックイン後、焼亭JUJU三条通り店にて、奈良大会実行委員会並びに第1~第5までのすべての副議長が集結する中、一生の思い出に残る新たなる歴史の1ページが刻まれたのであった・・・。今週末までの奈良クール、宜しくお願い致します。

 『山子部屋、2次会への一歩・・・』

焼亭JUJU三条通り店でかけがえのない時間を過ごした私たち・・・。その後、男気ジャンケンで見事に勝利した山子副議長の計らいにより、コンビニで2次会セットを購入後、山子部屋での2次会が幕を開けたのであった・・・。全運スタッフの夜はまだまだ続く・・・↓ ↓ ↓

 『明日からのクールに気合入れ』

明日からはじまる、全国大会運営会議スタッフミーティングin奈良、全国大会運営会議現地調査並びに全体懇親会、全国大会運営会議全体会議の奈良クールに気合を入れた私たち・・・。いつ何時でも奈良大会を大成功に導くべく、明るく楽しく元気に前進していくことを改めて誓い合ったのであった・・・。明日からの奈良クール、宜しくお願い致します。明日の全国大会運営会議スタッフミーティングin奈良へと続く・・・。

2013-02-22 09:12 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

地域グループプチミーティング

 『羽田空港を目指す・・・』

2月20日(水)、これまでに着々と修練を積み上げてきた第62回全国大会奈良大会の根幹を創り上げる議案を地域グループプチミーティングにおいて精査するべく、東京(日本青年会議所会館)を目指した私・・・。松山空港から羽田空港へ、羽田空港からモノレールで浜松町へ、浜松町からJR山手線で新橋へ、新橋から銀座線で赤坂見附へ、赤坂見附からタクシーで日本青年会議所会館へ・・・。こうして無事に、笠常任理事率いる地域グループの各議長・委員長が集結する日本青年会議所会館に到着することができたのであった・・・。

到着してからまもなく、明日のための議案その1である地域グループプチミーティングに臨んだ私たち・・・。地域グループの各議長・委員長が集結する中、笠常任理事の采配の下、数々の議案が精査されていった・・・。こうして、『全てとの「つながり」に溢れた輝ける地域の再生』を実現する地域グループの方針を念頭に、お互いの意識を高め合ったのであった・・・。その後、永嶋副議長と共に、まるしげ夢葉家にてこれからの全運の行く末について盛り上がった・・・。明日の第4回正副会頭会議へと続く・・・。

PS:本日から1週間、松山の地を離れますが、色んな経験と学びと気づきを得て、松山に持ち帰りたいと思います。門屋組スタッフのみんな、私が留守の間、どうか宜しくお願い致します。

 

 『人気No.1のかき揚げそば』

松山空港から羽田空港に到着し、少ない時間ながらも羽田空港内にある立ち食いそばで昼食をとった私・・・。食券販売ボタンに貼り付けてあった人気No.1の文言に感化され、そのまま吸い込まれるようにかき揚げそばの注文ボタンを押したのであった・・・。美味しゅうございました。

 『プチミーティング開会』

到着してからまもなく、明日のための議案その1である地域グループプチミーティングに臨んだ私たち・・・。地域グループの各議長・委員長が集結する中、笠常任理事の采配の下、数々の議案が精査されていった・・・。こうして、『全てとの「つながり」に溢れた輝ける地域の再生』を実現する地域グループの方針を念頭に、お互いの意識を高め合ったのであった・・・。

 『同じ理念・同じ目的で・・・』

永嶋副議長と共に、まるしげ夢葉家にてこれからの全運の行く末について盛り上がった・・・。同じ理念と目的を共有する仲間は本当にいいもんですね・・・。明日に向かって気持ちを高め合ったのであった・・・。今日一日の友情に感謝します。

2013-02-21 02:29 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第2回「拡大の日」

 『委員長挨拶』

2月19日(火)、久保豊ビルにて、社団法人松山青年会議所 2013年度2月「拡大の日」が開催された。先月に引き続き開催された第2回目の「拡大の日」・・・。岡田委員長率いる拡大向上委員会プレゼンツの「拡大の日」は、機会とご縁あふれる中、社団法人松山青年会議所 第55代理事長(田中 雅之 先輩)より情熱の講演が行われたのであった・・・。JCとは何か?JCで得られたことは?JCにより伝えられたことは?等の、経験した者が発する説得力あることばの数々が伝えられた・・・。こうして、第1部の講演が閉会し、第2部懇親会が開催され、やきとり「とりまさ」より、これからの松山の未来を担う青年たちによる絆が構築されたのであった・・・。

本日は、社団法人松山青年会議所 2013年度第2回「拡大の日」に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。理事長自らが会員拡大のリーダーとなり、岡田委員長率いる拡大向上委員会は一丸となって信頼する仲間と前へ進んでおります。本日も数々の機会とご縁の下、お集まりいただいた志高い皆様とお話しする機会をいただき、私自身、大変有意義な一日を過ごすことができました。今後とも、数多くの心を同じうする志高い青年が相集うことを切に願い、さらなる仲間づくりに臨んでいきたいと思います。本日の有意義な会議に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

PS:田中歴代理事長、大変お忙しい中、私たち現役の為にお越しいただきましたこと、この場をお借りしまして厚く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。また、今日お越しいただいた皆様、これから共に運動を構築できることを楽しみにしております。

 

 『歴代理事長の講演』

先月に引き続き開催された第2回目の「拡大の日」・・・。岡田委員長率いる拡大向上委員会プレゼンツの「拡大の日」は、機会とご縁あふれる中、社団法人松山青年会議所 第55代理事長(田中 雅之 先輩)より情熱の講演が行われたのであった・・・。JCとは何か?JCで得られたことは?JCにより伝えられたことは?等の、経験した者が発する説得力あることばの数々が伝えられた・・・。

 『熱い話に魅了されて・・・』

今日一日の出会いに感謝する懇親会が幕を開けた・・・。私自身、JCにより成長させていただいたこと、JCの「つながり」により体験させていただいたことを伝えさせていただいた。今後とも、数多くの心を同じうする志高い青年が相集うことを切に願い、さらなる仲間づくりに臨んでいきたいと思います。本日の有意義な会議に参加させていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

2013-02-20 04:08 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る