株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

第28回まつやま市民シンポジウムへの想い

 『~ことばのちからで創る、まつやまの未来~』

2011年度9月4日(日)の12時30分~17時30分、南海放送テルスターホール(旧本町会館)&松山市民会館大ホールにて、「未来福興」~ことばのちからで創る、まつやまの未来~をテーマとした2部構成の第28回まつやま市民シンポジウムが開催される・・・。

これまで27年間にわたり、地域と共に「問題意識がないのが問題」というテーマの下、市民意識変革運動を展開してきた松山JC・・・。その時代その時代の背景とともに、27年間のまつやま市民シンポジウムの歴史は、先輩たちから連綿と受け継がれてきた・・・。一人でも多くの松山人が絆で結ばれ、一人でも多くの松山人が地域の宝を発見し、そして一人でも多くの松山人が全国に誇れるまちの発信者となるようにしていかなければならない・・・。地域、行政、地域に根差した各団体が一緒になって考え、話し合い、気づき、行動を起こし、そして私たちが住んでいるこのまちを、明るい豊かな社会に築き上げていかなければならない・・・。自分たちの住んでいるまちの問題意識を持つことが、まちの活性化につながりっていくことは言うまでもない・・・。「絆で結ぶ誇れるまち まつやま」から「絆で結ぶ誇れる国 日本」へと伝播していくことを念頭に、一人でも多くの同志たちの参加を心よりお待ちしております。

 

※第28回まつやま市民シンポジウム 「未来福興」~ことばのちからで創る、まつやまの未来~

【第一部】青年経済人会議
開催日時:2011年9月4日(日曜日) 12時30分~15時00分
開催場所:南海放送テルスターホール(旧本町会館)
『講演会』「今、この時代を生きる青年経済人として!」
講師:シンバホールディングス株式会社 代表取締役会長(安里 繁信 氏)
『パネルディスカッション』「青年経済人として、地域活性化を図るためには」
コーディネーター:FM愛媛ラジオパーソナリティー(井坂 彰 氏)
パネリスト:社団法人松山青年会議所 理事長(大野 剛嗣 氏)
パネリスト:松山商工会議所青年部 会長(加藤 秀章 氏)
パネリスト:社団法人松山法人会青年部会 部会長(清水 盛士郎 氏)
【第二部】メインシンポジウム
開催日時:2011年9月4日(日曜日) 15時30分~17時30分
開催場所:松山市民会館大ホール
『特別講演』~今、ここからのまちづくり~
講師:政治担当コメンテーター(福岡 政行 氏)

※松山市民会館ブース出展
「骨髄バンク登録会」
「東日本大震災募金活動」

2011-08-31 07:17 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

愛媛県アームレスリング選手権第1回打ち合わせ

 『第1回の打ち合わせを行う』

8月30日(火)、南海放送にて、サントリーチャレンジ第16回JAWA愛媛県アームレスリング選手権大会 第1回打ち合わせが行われた。昨年に熱気あふれる中で開催された第15回アームレスリング選手権大会から引き続き、エミフルMASAKIにて鍛え抜かれた伝家の宝刀(右腕・左腕)が交わり合う・・・。スポーツマンシップに則り、節度あるルールとマナー、そして安全・安心な大会を構築していくためにも、菊池会長をはじめとするアームレスリング関係各位の皆様による、すべてのプログラムに不備等がないかを確かめ合ったのであった・・・。

本日はサントリーチャレンジ第16回JAWA愛媛県アームレスリング選手権大会 第1回打ち合わせに出席させていただきまして、誠にありがとうございました。素晴らしい大会を構築していくためには、打ち合わせ・段取りがいかに大事であるかを、本日の打ち合わせで学ばさせていただきました。どんなことをするにも、打ち合わせは必要であります。そして、その打ち合わせが密であればあるほど想いの詰まった大会が創られていくものと信じております。平成23年10月23日(日)午前10時より、サントリーチャレンジ第16回JAWA愛媛県アームレスリング選手権大会はエミフルMASAKIグリーンコートにて開催されます。是非、多くの地域の方々の応援を心よりお待ち申し上げます。熱気と気迫に満ちた第16回アームレスリング選手権大会開幕の日は近い・・・。

2011-08-31 05:54 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

再び再会した小さな天使たち

 『我が子のぬくもり』

8月29日(月)、名古屋出張から帰ってきて束の間、8月最後の週並びに最初の週がはじまった・・・。毎週月曜日の朝の地域清掃を行い、清々しい週初めのスタートを迎えた・・・。本日の松山の天候は大晴天だった・・・。そして、水野専務を中心とする情報会議並びに部長会議が行われ、門屋組の進むべき方向を確認し合った・・・。本日も絶好調である・・・。

本日は午後より、入院していた妻が退院日となっていた・・・。妻退院前に、陽奈(ひな)・星奈(せな)の出生届書類等を松山市へ申請するべく、届出書類を道後支所へと持っていくことにした。申請書類を提出してから40分後・・・、晴れて我が娘たちは、松山市民(516,351人)として受け入れてもらうことができたのであった・・・。門屋陽奈、門屋星奈と書かれた二つの母子手帳が本日誕生した・・・。

すべての手続きが終了し、今度は退院を待つ妻のもとへと駆けつけた・・・。そして、退院手続をする前に、陽奈(ひな)・星奈(せな)のいる新生児病棟へと訪れ、二人に会うことにした私たち・・・。すると、なんと二人ともが保育器生活を卒業し、オープンスペースへと移動していたのである・・・。妻は二人の初授乳、私も初抱きをさせてもらった・・・。二人とも1900g代の小さな体だったが、私の腕の中では確かにそこに命が存在し、温かさに溢れていた・・・。生後6日後にして、二人は外の世界で再び再会することができたのであった・・・。

明日から今までと違った空間、そして今までと違った時間軸の中で時が進んでいく・・・。しかし、我が子を思う気持ちは明日になろうと10年後だろうと20年後だろうと変わらない・・・。これからも三児のパパとして、家族・仕事・友人の絆を大切に邁進していくことを宣言する・・・。妻よ、退院おめでとう。奏来(そら)よ、1ヶ月の間、ママ不在の中でよう頑張ったな。両親たちへ、これからもよろしくお願いします。

 『再び再会した小さな天使たち』

生後6日後にして、二人は外の世界で再び再会することができたのであった・・・。今この子たちは、一体どんなことを考えているのだろうか・・・?我が子を抱きながら、そんな思いにふけてしまった今日この頃・・・。

2011-08-30 06:09 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comments(4)

第8回全国大会運営会議(全体会議)

 『開会宣言』

8月28日(日)、公益社団法人日本青年会議所 全国大会運営会議 第8回全体会議が開催された・・・。前日の2次会を第1小会議メンバーたちと一生の思い出に残る親睦を深め合うはずだったが、ホテルで夢の世界へと旅立ってしまった私・・・。夢の世界から戻ってきた時、時計の針は朝の4時を差していた・・・。親睦を深めるチャンスを逃してしまった私は、しばらくの間、放心状態に陥ってしまった・・・。しかし、久しぶりに長時間の睡眠をとることができたので、身も心もリフレッシュすることができたのである。「よし、今日も頑張ろう」と心の中で気合を入れ、本日全体会議が開催されるTKP名古屋駅前カンファレンスセンターへと向かったのであった・・・。

会議室に入ると、81名の全国大会運営会議メンバーたちが集結していた・・・。松山JCの看板を背負って出向している者として、恥じぬ態度で第8回全体会議に臨んだ・・・。大会まで残すところ31日・・・。古川議長をはじめみんなの想いを一つにし、第60回全国会員大会名古屋大会を大成功に導くための全体会議は、真剣さながらも温かみのある、笑顔と笑いに包まれた2時間となったのであった・・・。その後、名古屋JCメンバー並びに末松副議長をはじめとする第1小会議メンバーたちとともに昼食会を行った・・・。そして、2日間お世話になった名古屋の地に別れを告げ、名古屋から岡山を経由して松山を目指し、新幹線(のぞみ)・JR(しおかぜ)に乗り込んだのであった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 全国大会運営会議 第8回全体会議に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。「流した汗の分まで流せる涙がある」の如く、名古屋大会開催まで残すところ31日に迫った中で、どれだけ一生懸命になれるかを考えて行動していきたいと思います。そして、2011年度全国大会運営会議として「決断」「行動」「結果」の3つを念頭に入れて、9月29日(木)~10月2日(日)の大会4日間を迎えたいと思います。末松副議長をはじめとする第1小会議のメンバーの皆様、2日間に渡りまして、大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

PS:大野理事長、丸山副理事長、三浦副理事長、私たち全国大会運営会議の為に、オブザーブ参加していただきましたことを、心から感謝しております。

 

 『議長挨拶』

会議室に入ると、81名の全国大会運営会議メンバーたちが集結していた・・・。松山JCの看板を背負って出向している者として、恥じぬ態度で第8回全体会議に臨んだ・・・。大会まで残すところ31日・・・。古川議長をはじめみんなの想いを一つにし、第60回全国会員大会名古屋大会を大成功に導くための全体会議は、真剣さながらも温かみのある、笑顔と笑いに包まれた2時間となったのであった・・・。

 『オブザーバー紹介』

(社)松山青年会議所より、大野理事長をはじめ丸山副理事長、三浦副理事長が全国大会運営会議にオブザーブしていただきました。これからも松山JCは歩みを止めることなく、開催地域の活性化に向けて、一歩一歩確実に歩んで参りたいと思います。

 『8月の誕生日を迎える者たち・・・』

古川議長のおもてなしの心により、8月の誕生日を迎える者たちへ後藤理事長からプレゼントが手渡されました。誠におめでとうございます。

 『笑顔あふれる昼食会』

名古屋JCメンバー並びに末松副議長をはじめとする第1小会議メンバーたちとともに昼食会を行った・・・。そして、2日間お世話になった名古屋の地に別れを告げ、名古屋から岡山を経由して松山を目指し、新幹線(のぞみ)・JR(しおかぜ)に乗り込んだのであった・・・。

 『松山へ帰省』

名古屋を出てから5時間後、無事に松山へ帰省することができました。末松副議長をはじめとする第1小会議のメンバーの皆様、2日間に渡りまして、大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 『9月29日~10月2日の4日間』

「流した汗の分まで流せる涙がある」の如く、名古屋大会開催まで残すところ31日に迫った中で、どれだけ一生懸命になれるかを考えて行動していきたいと思います。そして、2011年度全国大会運営会議として「決断」「行動」「結果」の3つを念頭に入れて、9月29日(木)~10月2日(日)の大会4日間を迎えたいと思います。名古屋の地で多くの同志たち、そして多くの地域の皆様方のお越しを、心よりお待ち申し上げます。

2011-08-29 01:57 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第8回全国大会運営会議(小会議)&総決起集会

 『JRと新幹線に乗り込んで・・・』

8月27日(土)、公益社団法人日本青年会議所 2011年度第8回全国大会運営会議(小会議)に出席するべく、名古屋の地を目指した・・・。前日、あまりにも眠れなかったせいであくびを連発する私・・・。そんな私を横目に、車で母が松山駅まで連れていってくれた・・・。7時に松山駅に集合した私と増田室長は、JR岡山行きに乗り込み、これから展開するであろうワクワクの旅の一歩を踏み出したのであった・・・。

JR内では、移動には欠かせない雑誌や新聞を読みながら岡山への道中を楽しむ私たち・・・。JRは岡山に到着し、名古屋行きの新幹線「のぞみ」に乗り換え、さらに2冊目、3冊目の雑誌へと手が伸びていく・・・。しかし、前日の睡眠不足のおかげで、次第に眠りの世界へと旅立ってしまった・・・。そして、ふと気が付くと名古屋へ到着したというアナウンスが流れ始めた・・・。眠りからまだ冷めてない状況の中で、慌てて荷物を詰め込み、名古屋駅へと降り立った・・・。そして、電車で一駅のところに存在する名古屋JC会館へと向かったのであった・・・。

名古屋JC会館の会議室にて、第1小会議~第5小会議に別れ、積極的な議論が展開された。残すところ第60回全国会員大会名古屋大会開催まであと32日となった今、最後の打ち合わせを副議長を中心に思いを一つにしていく・・・。そう、すべては全国会員大会を大成功に導くことを祈念するために・・・。『がんばろう NIPPON ~愛知る地から明るく元気な日本へ~』を胸に、場所を名古屋国際会議場に移し、公益社団法人日本青年会議所 第60回全国会員大会 名古屋大会 総決起集会は輝かしい幕を開けたのであった・・・。名古屋JCのどえらいムーブメントは大会を目前に最高潮となった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2011年度第8回全国大会運営会議(小会議)並びに総決起集会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。青年会議所だけではなく、地域をはじめすべてを巻き込んだ名古屋大会が32日後に開催されます。これから古川議長を筆頭に、全国大会運営会議メンバーが一丸となり、助け合い、絆を深め合い、第60回全国会員大会名古屋大会を大成功に導いて参ります。どうか、最後の最後までお支えいただきますよう宜しくお願い申し上げます。末松副議長をはじめとする第1小会議メンバーの皆様、今日一日に心から感謝します。本日は誠にありがとうございました。明日の全体会議へと続く・・・。

PS:心温まる総決起集会の設営・おもてなしをしていただきました公益社団法人名古屋青年会議所メンバーの皆様、大変お世話になりましたことをこの場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。そして、我がまち松山の地から名古屋の地へ駆けつけていただきました大野理事長をはじめとする西村専務理事、坪内監事、三浦副理事長、丸山副理事長、和泉委員長、森補佐長、本当にありがとうございました。

 『第1小会議副議長挨拶』

名古屋JC会館の会議室にて、第1小会議~第5小会議に別れ、積極的な議論が展開された。残すところ第60回全国会員大会名古屋大会開催まであと32日となった今、最後の打ち合わせを副議長を中心に思いを一つにしていく・・・。そう、すべては全国会員大会を大成功に導くことを祈念するために・・・。

 『決意表明の時がくる・・・』

全国会員大会名古屋大会スタッフジャンパーを着込んで、総決起集会会場前にて、お出迎えをさせていただきました。決意表明の時が刻々と迫る・・・。

 『JCIクリード・JCIミッション唱和』

JCIクリード並びにJCIミッション唱和、そして、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を行い、明るく豊かな社会の実現に向けて意識を高めていく・・・。

 『理事長挨拶』

第60回全国会員大会名古屋大会の主管を代表して、公益社団法人日本青年会議所 第61代理事長(後藤 諭 君)よりご挨拶が行われました。

 『会頭挨拶』

第60回全国会員大会名古屋大会の主催者であります、公益社団法人日本青年会議所 第60代会頭(福井 正興 君)よりご挨拶が行われました。

 『全国大会運営会議の決意表明』

全国大会運営会議の決意表明が行われました。私たちも壇上に登壇させていただき、古川議長をはじめとする各副議長の全国会員大会大成功への熱い想いが伝えられました・・・。

 『シャチだるま目入れ式』

名古屋JCプレゼンツのシャチだるまへ、目入れ式が執り行われました。

 『懇親会』

『がんばろう NIPPON ~愛知る地から明るく元気な日本へ~』を胸に、場所を名古屋国際会議場に移し、公益社団法人日本青年会議所 第60回全国会員大会 名古屋大会 総決起集会は輝かしい幕を開けたのであった・・・。名古屋JCのどえらいムーブメントは大会を目前に最高潮となった・・・。名古屋のご当地グルメの数々を堪能させていただき、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。明日の全体会議へと続く・・・。

2011-08-28 05:26 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

社内検査(愛媛綜合警備保障株式会社)

 『社内検査開始』

8月26日(金)、愛媛綜合警備保障株式会社警備輸送拠点施設設備事業工事の現場にて、門屋組社内検査を実施した。本日の検査員は、水野専務、髙木部長の2名であった。そして、現場監督である井上所長の誘導の下、電気・設備の協力会社の皆さんと共に同行し、早速、社内検査を行った・・・。

社内検査が開始され、天井から壁、床と上から順にチェックする。さらには、一つ一つの開口部(建具)の開け閉めを繰り返し、不備等がないかを確認していく・・・。傷、汚れ等も妥協することなくチェックされ、廊下から各居室へと順次行われていった・・・。その後、外回り(外構)、さらには屋上階の検査を行った・・・。こうして、社内検査は滞りなく執り行うことができたのであった・・・。

本日は門屋組社内検査、大変お疲れ様でした。本日の指摘事項は、速やかに是正していただきたいと思います。引き渡し日まであと僅かですが、満足と感動していただく建物を提供する為にも、現場一丸となって施工に取り組んでいただきたいと思います。本日は長時間、お疲れ様でした。

PS:井上所長、玉井さん、溝田くん、西岡くん、体調にはくれぐれも気をつけて最後の最後まで頑張って下さい!!!所要の為、社内検査に出席できなかったことを、この場をお借りしまして深くお詫び申し上げます。

 

 『検査後ミーティング』

すべての検査が終了し、その後ミーティングをして是正箇所を話し合いました。引き渡し日まであと僅かですが、満足と感動していただく建物を提供する為にも、現場一丸となって施工に取り組んでいただきたいと思います。本日は長時間、お疲れ様でした。

2011-08-27 21:12 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

産後の経過

 『生後3日目の陽奈(ひな)』

8月26日(金)、陽奈(ひな)・星奈(せな)が生まれて3日が経過した・・・。車椅子でしか移動できなかった妻が、少しずつだがゆっくりと歩けるようにまで回復していた・・・。じくじくとお腹に痛みはあるものの、一日一日、確実に回復へと向かっているようだ・・・。今日の妻の顔は昨日に比べて穏やかだった・・・。

今日はビデオとカメラを片手に、陽奈(ひな)・星奈(せな)のいる2階新生児病棟まで行くことにした私たち・・・。今日はどんな顔を見せてくれるか楽しみである・・・。ゆっくりと歩きながらエレベーターに乗り込み、2階新生児病棟に赴いた・・・。そして、いつもと同じ手順で手から肘まで石鹸で洗い、白衣を着込んで二人の寝ている保育器の前まで行った・・・。アクリル越しから見える二人の娘は、スヤスヤと気持ちよさそうに眠っていた・・・。どちらも体重が生まれた時よりも100g程減っており、一卵性のその顔は、親の私たちでも全く見分けがつかないくらになっていた・・・(生まれた当初は顔の膨らみが違っていた)。こうして、産後3日目の妻と陽奈・星奈は、明日への希望に向けて確実な一歩を踏み出していた・・・。

PS:お父さんは頑張るよ!!!

 『カメラ撮影を嫌がる星奈(せな)』

アクリル越しからカメラ撮影しようとすると、星奈(せな)はさっと左手で顔を隠した・・・。私のブログを嫌がっているかの如く、左手の動きは異様に早かった・・・。今度は顔を撮らせてね。

 『出生証明書に記帳』

2階新生児病棟から病室に帰り、出生証明書に二人の娘の記帳を行った・・・。何をするのもすべて2倍・・・。改めて何でも2倍の法則を実感した私・・・。これからの生活スタイルが変わる瞬間を感じた・・・。妻はその様子をじっと見ていた・・・。

2011-08-27 06:10 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

8月度マルトメ安全パトロール

 『介護付き有料老人ホームふくふく湊町新築工事』

8月26日(金)、8月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から水野専務と一色部長、佐伯さんの3名。マルトメ協力会社から、有限会社三愛設備工業(小掠 建樹 様)、株式会社須賀組(田中 貞友 様)、 株式会社タガ(浦本 正志 様)、東昇技建株式会社(泉田 秀一 様)、宮栄建築(宮栄 秀明 様)、有限会社吉田建設工業(吉田 信夫 様)の6名。計9名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、介護付き有料老人ホームふくふく湊町新築工事、カネミ倉庫株式会社変電室他移設工事の2現場を回った。佐伯さんのパトロール報告に基づいて一日を振り返ってみたいと思う・・・。

最初にパトロールした介護付き有料老人ホームふくふく湊町新築工事の現場では、地盤改良工事並びに土止め工事が行われていた。現場に入場すると、元気で明るい挨拶が飛び交い、大変気持ちがよかった・・・。しかし、ところどころの整理整頓ができていなかったので、安全通路をしっかりと確保しながら、危険要因の排除を行ってください。今後とも、現場監督として迎える姿勢を忘れないように、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。

最後にパトロールしたカネミ倉庫株式会社変電室他移設工事の現場では、変電室棟でブロック工事、倉庫棟で金属工事、浴室棟で給排水設備工事が行われていた。現場内部の整理整頓を今一度行い、「気配り」・「心掛け」・「感謝」の3Kあふれる現場にしていただきたいと思います。今後とも7S運動を実践し、現場一丸となって施工に臨んで下さい。よろしくお願いします。

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・自分の現場以外の現場を見ることができて、大変勉強になった。

・タバコやペットボトルが、1個も落ちていなかった。

・ふくふく湊町の現場は街中、カネミ倉庫は工場内の為、第三者災害に注意して施工を行っていただきたい。

・自分の所だけでなく、次工程を考えた片付けができている。

・安全対策はしっかりできているが、整理整頓や通路の確保を今一度徹底していただきたい。

・基礎工事の時は足元が不安定であるが、均すだけで綺麗に見えます。また、材料の置き方を工夫すれば、さらに綺麗に見えます。これらのことを意識してさらに現場を進化させてください。

・挨拶が元気良かった。自分自身、取り組んでいきたいと思います。

・ふくふく湊町は、前面道路が綺麗だった。清掃活動を最後まで継続していただきたい。カネミ倉庫作業所は、通路上の清掃に気を配っていただきたい。

・昨年度までは、大規模現場を中心にパトロールしていたが、今年度からは小規模現場も取り入れて、パトロールすることになった。良い点、悪い点を述べていただき、その意見を取り入れて、今後も改善を図っていきたい。

・パトロール結果報告書を全業者に送付して周知することにしたので、これを安全管理の参考にしていただきたい。

・今年度から6Sに新しいS、『周知』を加え、7Sとして取組んでおります。現場内だけでなく、各事業所や2次3次の協力業者にも周知して、無事故無災害に協力していただきたいと思います。

本日は大変お忙しい中、そして暑い中、8月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重な指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善に取り組んで行きたいと思います。本日安全パトロールいただきました現場は、建設業全体としてのモラルアップ、そして、人を迎える姿勢を発信させていただいております。建設業として変えてはならないものは、一つに「地域に対して感謝する建設業」であること、二つに「地域に愛される建設業」になることであります。地域に愛される建設業を、協力会社の皆さんと共に目指していきたいと強く思いますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

PS:本日パトロールに参加できませんでしたこと、この場をお借りしまして心からお詫び申し上げます。

 

 『カネミ倉庫株式会社変電室他移設工事』

カネミ倉庫株式会社変電室他移設工事の現場では、変電室棟でブロック工事、倉庫棟で金属工事、浴室棟で給排水設備工事が行われていた。現場内部の整理整頓を今一度行い、「気配り」・「心掛け」・「感謝」の3Kあふれる現場にしていただきたいと思います。今後とも7S運動を実践し、現場一丸となって施工に臨んで下さい。よろしくお願いします。

 『安全ミーティング』

2現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

 『パトロール後の昼食会』

安全パトロール後は、そば吉平田店にて昼食会を行いました。そば吉と言えば私はいつもカモセイロであります。食べたかったな~。今後とも地域に愛される土木・建設業をよろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。

2011-08-27 05:05 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

8月27日の誕生日

本日、8月27日(土)は今井さんの誕生日であります。おめでとうございます。総務部三人娘の一人として、門屋組の入口を明るくしてくれている今井さん・・・。いつもありがとうございます。先日の8月23日に生まれた陽奈(ひな)・星奈(せな)と同じ週の誕生日として、さらに親近感が湧いてきます。これからも同じ週の誕生日の者同士、宜しくお願い致します。今日一日が今井さんにとって有意義な一日となりますことを切に願っております。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※今井さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は、『和』でございます。部首:「口」 総画:8画
2011年度の初めに「和」の一文字を理念文字とした今井さんには、平和や和らげるといったものを連想されるこの一字の如く、和を持ってお互いのコミュニケーションを大切にすることを心掛けていただきたいと思います。自分自身の発した言葉に責任を持ち、1年間、「和」という文字を常に念頭に置いて、信頼関係を構築していってください。

2011-08-27 00:12 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comments(2)

平成23年度三福グループチャリティー感謝祭

 『乾杯挨拶』

8月25日(木)、松山全日空ホテルにて、平成23年度三福グループチャリティー感謝祭が盛大に開催された。日頃お世話になっている方々やいつも支えてくれている家族への感謝の気持ちを込めて毎年開催されている感謝祭・・・。昨年も出席させていただいた・・・。今年は未曽有の東日本大震災の発生により、趣旨を変更し「震災復興」と「地域振興」をテーマに、チャリティー感謝祭を行ったのである。一人ひとりの三福グループ社員さんたちによる明るい笑顔ときめ細やかな心配りがいっぱい詰まったチャリティー感謝祭は、三福社宅サービスカンパニー社長(冨永 良紀 氏)の乾杯のご発生の下、輝かしく幕を開けたのであった・・・。

本日は平成23年度三福グループチャリティー感謝祭に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。ひめキュンフルーツ缶のライブ、震災のご報告をはじめ数々のチャリティーイベントに感動しました。そこには、「震災復興」への道標として、各地域の経済を盛り上げる「地域振興」の要素がたくさん詰まっておりました。「人と人とが繋がる」という大変貴重な体験をさせていただきましたことに心から感謝申し上げます。今後益々、三福グループ様のご発展とご繁栄を切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

PS:冨永副委員長、乾杯のスピーチ、素晴らしかったです。本日はお招きいただきまして、本当にありがとうございました。

2011-08-26 13:12 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る