株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

パジャマの日再び・・・

 『一日パジャマで過ごす』

 4月29日(金)、昨年にもパジャマの日があったが、今年も一日パジャマで過ごす日が訪れた・・・。GWのはじまりというのに・・・。隣の実家で姉たちも集まる中、嬉しいことがあった。それは、母・姉たちから「ちょっと痩せたんやないん?」と聞かれたことだ。その一言だけでも、現在ダイエットをしている励みになる。まだまだ目標体重まで道程は長いが、少しづつ目標に向かって進んでいきたいと思う。今日は一日、有意義な休肝日となりました。今日という日に感謝します。

2011-04-30 12:41 | 青年会議所 | Trackback(1) | Comment(0)

卒業しても・・・

 『愛媛新聞(11面)』

 今日の愛媛新聞を読んでると、10面・11面を開いた瞬間サングラスの男が目に入った・・・。よく見ると、齊会長だった・・・。それは、「卒業しても」と題した同級会の写真のようで、塩見国民学校の昭和19年卒として、戦争さなか歩んだ仲間たちと共に笑顔で写っていた。この度、30年以上続いた同級会は「傘寿の会」をもってお開きとなるようだ・・・。寂しいやら哀しいやら・・・。表向きにはお開きとなったとしても、心の中ではまだまだ永遠に続いてほしいと思う、息子からの切な願い・・・。
 PS:同級生の絆を大事にしたいと思います。

2011-04-29 15:51 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

2011年度全国会員大会主管セミナー

 『笑顔の受付でお迎えをする』

4月28日(木)、道後山の手ホテル2階ヴィクトリアホールにて、公益社団法人日本青年会議所 2011年度全国会員大会主管セミナーが開催された。昨年度より、全国会員大会という大きな希望に向けて、確かな一歩を踏み出している(社)松山青年会議所・・・。これもすべては、10年後、20年後の地域の未来を創造し、「明るい豊かなまちづくり」を形成するためでもある・・・。「何のため、誰ために開催されるのか?」を、青年会議所メンバー一人ひとりが理解し、また、「全国会員大会を招致することで、地域にどのような影響を与えるか?」という地域未来を考え、メンバーが一丸となれるビジョン(理念)を念頭に置いて進んでいくことが大切である。そんな全国会員大会を招致に向けてのセミナーを、今年から古川議長の提案により、各地青年会議所へ出張セミナーを導入したのであった・・・。古川議長より情熱の開催ご挨拶が行われた後、全国大会運営会議第5小会議による全国大会主管セミナーは幕を開けた・・・。

四国地区協議会、愛媛ブロック協議会の各地青年会議所メンバーの同志たちも、全国会員大会主管セミナーを共に受講した。全国会員大会を松山で誘致するのに、副主管である四国・愛媛各地の青年会議所メンバーの皆様にもご指導・ご協力いただかなければ非常に厳しいものになる・・・。松山だけ、愛媛だけ、四国だけ、西日本だけという枠付けをせず、考えをさらに大きくした日本全体を視野に入れて「明るい豊かなまちづくり」を考えていかなければならない・・・。こうした強い想いを、本日セミナーにご参加いただいた皆様と共有することができ、2時間に及ぶ全国会員大会主管セミナーは幕を閉じたのであった・・・。

本日は公益社団法人日本青年会議所 2011年度全国会員大会主管セミナーに参加させていただきまして、誠にありがとうございました。また、全国大会運営会議古川議長をはじめとする副議長・委員メンバーの皆様、私たちの為に本日出張セミナーを開催していただきましたことを、心から感謝と御礼を申し上げます。さらには、私たち(社)松山青年会議所の想いを理解した上で、松山の地へ足を運んでいただきました四国・愛媛の各地青年会議所メンバーの皆様、ご足労いただきましたこと厚くお礼申しあげます。これから(社)松山青年会議所の一人として、「日本が一つになる為にはどうすればよいか?」を打ち出せる強い『ことば』を『ちから』に変えて真っ直ぐに見据え、「友情」と「志」という名の、登って行けばやがてはそこに手が届くと思い焦がれた「坂の上の雲」の精神を胸に、全国会員大会招致に向けて歩んでいきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

PS:まつやま未来創造会議メンバーの皆様、お忙しいにも拘らず、本日のセミナーに足を運んでいただきましたことを議長として心から感謝申し上げます。明るい未来ある地域を創るべく、これからも共に邁進していきましょうね。道後山の手ホテル様、今日一日大変お世話になりました。

 

 『開会宣言』

公益社団法人日本青年会議所 2011年度全国会員大会主管セミナーの開会宣言が行われました。

 『全国大会運営会議 議長挨拶』

セミナー開催に先立ち、全国大会運営会議古川議長よりご挨拶が行われました。私自身、全運の第1小会議として、いつも大変お世話になっております。

 『開催地理事長挨拶』

セミナー開催に先立ち、開催地理事長挨拶として、(社)松山青年会議所第59代理事長(大野 剛嗣君)よりご挨拶が行われました。

 『四国地区協議会 会長挨拶』

セミナー開催に先立ち、公益社団法人日本青年会議所 四国地区協議会会長(高田 哲也君)よりご挨拶が行われました。

 『愛媛ブロック協議会 会長挨拶』

セミナー開催に先立ち、公益社団法人日本青年会議所 四国地区愛媛ブロック協議会会長(永井 明君)よりご挨拶が行われました。

 『第5小会議によるセミナー』

全国大会運営会議第5小会議による全国会員大会主管セミナーが開催されました。第一部「全国会員大会とは」、第二部「全国会員大会主管立候補に向かってから開催年度まで」、第三部「全国会員大会の目的と成果」として、古川議長より講演が行われました。

 『情熱の講演』

小さい枠にとらわれず、地域ビジョンを大きく抱いた上で、地域・行政・他団体・副主幹・シニアクラブが一体となることが、全国会員大会を成功に導く術であることを教えていただきました。本日の気づきと得られを活かし、これからも青年会議所活動に臨んでいきたいと思います。全国大会運営会議古川議長をはじめとする副議長・委員メンバーの皆様、私たちの為に本日出張セミナーを開催していただきましたことを、心から感謝と御礼を申し上げます。

2011-04-29 12:38 | 青年会議所 | Trackback(1) | Comments(2)

4月度マルトメ安全パトロール

 『(仮称)姫原TⅡマンション新築工事』

 4月28日(木)、4月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から私と中田部長、井上課長、佐伯さんの4名。マルトメ協力会社から、竹林塗装株式会社(池田 貞伸氏)、株式会社NIPPO愛媛統括事業所(松浦 勝光氏)、八松硝子建材株式会社(佐々木 隆司氏)の3名。計7名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、(仮称)姫原TⅡマンション新築工事、愛媛綜合警備保障株式会社警備輸送拠点施設設備事業工事、三浦工業株式会社北条独身寮新築工事の3現場を回った。
 最初にパトロールした(仮称)姫原TⅡマンション新築工事の現場では、外部塗装工事及び内部内装工事が行われていた。現場事務所に入ると、スリッパが綺麗に揃い、人を迎える姿勢が大変良くできていた。そして、現場をパトロールする際にも、ノーブラ運動を心掛け、しっかりとゴミを拾いながらパトロールに臨むことができていた。「気配り・心配りができている現場である」と、パトロール員全員から声が上がった。今後とも、現場監督として迎える姿勢を忘れないように、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。
 引き続きパトロールした愛媛綜合警備保障株式会社警備輸送拠点施設設備事業工事の現場では、型枠工事及び鉄筋工事が施工されていた。パトロール員全員が「整理整頓状況が大変良い」と声が上がった。そして、ゴミの分別も大変判りやすく、整理整頓がしっかりと成されていた。現在鉄筋工事を行っている2階スラブ上の安全通路を確保して、作業者の安全を考えて下さい。今後とも、6S運動をしっかりと現場入場者に浸透するようにしていただきたいと思います。地域の方々へのコミュニケーションを大事にして、日々の安全管理に取り組んで下さい。よろしくお願いします。
 最後にパトロールした三浦工業株式会社北条独身寮新築工事の現場では、鉄骨工事及び仮設工事が行われていた。現場に入場して直ぐに、「あはようございます!」と、協力会社の方々から元気で明るい挨拶が聞こえてきた。気持ちのいい挨拶を受けた私たちは、その姿勢に感動する・・・。また、現場内部をパトロールすると、外部の土を絶対に内部に持ち込まないようにするという、水と泥除けマットが配備されていた。6Sの一環である清掃・清潔がしっかりと成されていた。今後とも現場一丸となって安全・衛生に留意して施工に臨んでいただきたいと思います。
 3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・挨拶が元気が良かった。

・心掛け次第で、安全な現場に向けて一致団結できる。

・今日のような強風の日は、塗装作業の際は飛散防止に努めたい。

・安全意識が高い。当社も追随したい。

・統括管理が、スーパーゼネコン以上にしっかりしている。

・挨拶がしっかり出来ているということは、コミュニケーションがしっかり図れている証しである。

・気配り、目配りがしっかり出来ている。

・どの現場も6Sがしっかり出来ており、挨拶も元気が良かった。

・門屋組の現場は、トイレが綺麗である。気持良く利用出来る。

・現場が綺麗で、ポイ捨てやゴミの散らばりがない。更にレベルアップしている。

・休憩所やトイレの清掃が行き届いており、皆が気持良く利用しようとしている。

・現場が綺麗だと無事故に繋がり、協力業者のレベルアップになる。

・6Sの方針の下、進化する姿勢を持って、より一層安全に努めたい。

 本日は大変お忙しい中、4月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重な指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善に取り組んで行きたいと思います。本日パトロールいただきました3現場に、建設業のモラルアップ、そして、人を迎える姿勢のことを強く発信させていただきました。建設業として、変えてはならないものは、一つに「地域に対して感謝」すること、二つに「地域に愛される建設業」になることであります。地域に愛される建設業を、協力会社の皆さんと共に目指していきたいと強く思いますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

 『愛媛綜合警備保障株式会社警備輸送拠点施設設備事業工事』

 愛媛綜合警備保障株式会社警備輸送拠点施設設備事業工事の現場では、型枠工事及び鉄筋工事が施工されていた。パトロール員全員が「整理整頓状況が大変良い」と声が上がった。そして、ゴミの分別も大変判りやすく、整理整頓がしっかりと成されていた。現在鉄筋工事を行っている2階スラブ上の安全通路を確保して、作業者の安全を考えて下さい。今後とも、6S運動をしっかりと現場入場者に浸透するようにしていただきたいと思います。地域の方々へのコミュニケーションを大事にして、日々の安全管理に取り組んで下さい。よろしくお願いします。

 『三浦工業株式会社北条独身寮新築工事』

 三浦工業株式会社北条独身寮新築工事の現場では、鉄骨工事及び仮設工事が行われていた。現場に入場して直ぐに、「あはようございます!」と、協力会社の方々から元気で明るい挨拶が聞こえてきた。気持ちのいい挨拶を受けた私たちは、その姿勢に感動する・・・。また、現場内部をパトロールすると、外部の土を絶対に内部に持ち込まないようにするという、水と泥除けマットが配備されていた。6Sの一環である清掃・清潔がしっかりと成されていた。今後とも現場一丸となって安全・衛生に留意して施工に臨んでいただきたいと思います。

 『現場に配備された気配り』

 外部の土を絶対に内部に持ち込まないようにするという、水と泥除けマットが配備されていた。6Sの一環である清掃・清潔がしっかりと成されていたのを目撃した・・・。

 『現場からの眺め』

 鹿島を目の前に、瀬戸内海の絶景がそこに広がっていた・・・。こうして見ると、松山ってホントに素晴らしいなって実感します。また、あの島でバーベキューがやりたいです(笑)

 『安全ミーティング』

 3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。

 『安全ミーティング後の昼食会』

 海鮮北斗にて、今後の建設業の話しや東日本大震災の支援が一過性のものにあらないことの話や趣味の話など・・・、大変有意義な時間を過ごすことができました。地域に愛される建設業を、協力会社の皆さんと共に目指していきたいと強く思いますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!今日という日に感謝します。

2011-04-29 10:56 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

親睦ゴルフ親子対決(初戦)

 『朝一ティーショット』

 4月27日(水)、エリエールゴルフクラブ松山にて、親睦ゴルフ親子対決(初戦)を行った。天気予報では、午後から雨が降るとの事で、空を見てみると、午前中はまったくと言っていいほどの青々とした大晴天が広がっていた・・・。「ホンマに雨降るんかな?」と私が齊会長に言うと、齊会長は「15時までは雨を降らさんように天にお願いしとる」と言った・・・。「・・・」、会話のラリーはその時点で終了してしまったが、B型同士の会話ということで、互いに許される想定内であることをご理解していただきたい・・・。そんな中、今年初となる親子対決ということで、互いに闘志をむき出しにして、目から火花を散らさん勢いでにらみ合う年の差47歳の二人・・・。清々しい晴天に恵まれた親睦ゴルフ親子対決(初戦)の闘いの火蓋は切って落とされたのであった・・・。
 順番を決め、朝一ティーショットに臨む私たち・・・(INコース10番ホール)。1番クジを引き当てた私は、フルスイングでこの狭いホールに挑んだ・・・。「バチッ!」と痛々しい音で飛び出したボールの行方は、左曲がりのチーピンでOB杭を超えていった・・・。気を取り直し、プレーイング4から残り100ヤードをアプローチで挑む私・・・。すると、ピン側2mにボールを付けることに成功したのである。「入れてボギー、入れてボギー」と心に念じながら、パターでカップを狙った・・・。・・・「コロン!」と甲高い音がグリーンに響き渡った・・・。結果、エリエールゴルフクラブ松山INコース10番ホールは、5打というOBを感じさせないスコアでのスタートを迎えたのであった・・・。今年初戦となる親睦ゴルフ親子対決の結果や如何に・・・。
 後半戦に移り、朝一とは打って変わって空模様が悪くなってきた。天気予報が当たっていることを黙認する私たち・・・。しかし、私の横で齊会長は「大丈夫大丈夫、15時までの約束で天に連絡しとるけん」と一人つぶやいていた・・・。OUTコース1番ホールから6番ホールまでは順調にプレーしていたが、7番ホールに突入するや否や、雨がパラつき始めたのである。「約束と違うがー」と齊会長に噛みつく私・・・。ここから一気に暴風雨と雷が私たちを襲ってきたのであった・・・。
 何とかギリギリでプレーを終えることができた私たち・・・。本日の私のスコアは、OUTコース58、INコース50の合計108であった。また、齊会長のスコアは、OUTコース46、INコース51の合計97。今年初戦となる親睦ゴルフ親子対決は、齊会長に軍配が上がった。1戦0勝という結果になった・・・。
 親睦ゴルフ親子対決では、勝利することはできませんでしたが、親子で和気藹々とゴルフをプレーすることができ、また、メンバーの皆様と共に、最高の親睦を深めることができました。本日共にラウンドしていただきましたメンバーの皆様、本当にありがとうございました。次こそは必ず勝利を手にしたいと思います。「待っとれよ、親父!!!」

2011-04-28 05:32 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第4回まつやま未来創造会議

 『まもなく開会』

 4月26日(火)、椿にて、2011年度(社)松山青年会議所 第4回まつやま未来創造会議が開会された(前回の様子→第3回まつやま未来創造会議)。本日も私たちの進むべき方向である3つのことに加えた、これから動き出す全国大会招致という新しい方向の1つをみんなと協議するべく、2011年度スローガンである「明るく、元気に、前向きに!住みなすものは 心なりけり」の掛け声の下、まつやまの未来を創造する情熱会議は開会された・・・。新しい志高き仲間と共に・・・。
 4月3日(日)に執り行った街頭募金活動では、地域の皆様から取り出された大きな情熱に涙が出そうになった・・・。年齢関係なく、助け合いの精神が見えたことに感動を覚えることができた。また、今後の進むべき方向の3つである『2020年まつやままちづくりビジョン』の周知徹底と、知られざる松山の歴史・文化の掘り起こしを行う『まつやま食文化に関する研究』と、来年の2012年に迎える『松山JC創立60周年に向けたアクションプランの策定』を協議し合い、当会議体の進むべき方向の想いを一つにしたのである・・・。さらには、これから動き出す新しい方向(全国会員大会)の1つを協議し合い、委員たちの頭の中に周知されていった・・・。4月・5月も多くの事業で目白押しのまつやま未来創造会議・・・。今宵も積極的な議論が、椿で展開されたのであった・・・。
 本日は大変お忙しい中、2011年度(社)松山青年会議所 第4回まつやま未来創造会議にご参集賜り、誠にありがとうございます。本日、委員の皆さんと共に有意義な会議が展開できましたこと、心から感謝と御礼を申し上げます。そして、委員の皆さん一人ひとりが、前向きに参加意識をもっていただいたことに大変嬉しく思っております。今後とも、元気で明るく前向きな、まつやま未来創造会議を進めていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。
 PS:坪内監事、帽子副理事長、西川さん、本日オブザーブ参加していただきましたこと、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。吉田幹事、今日一日、写真撮影していただくとともに、設営・段取り・取りまとめをしていただき、誠にありがとうございました。

 『副理事長挨拶』

 帽子副理事長よりご挨拶が行われました。街頭募金活動にて、まつやま未来創造会議メンバーの皆様に多大な尽力をいただいたことへの感謝の気持ちが述べられました。

 『議長挨拶』 

 メンバー一人ひとりが、「明るく元気に前向きな」意識をもって、青年会議所活動に臨んでいただいていることへ、感謝の気持ちを述べさせていただきました。本日もみんなに会えたことに感謝しています。また、最近ダイエットをして80kgが切れた喜びを皆さんへお伝えしました。

 『積極的な議論を展開』

 今後の進むべき方向の3つである『2020年まつやままちづくりビジョン』の周知徹底と、知られざる松山の歴史・文化の掘り起こしを行う『まつやま食文化に関する研究』と、来年の2012年に迎える『松山JC創立60周年に向けたアクションプランの策定』を協議し合い、当会議体の進むべき方向の想いを一つにしたのである・・・。さらには、これから動き出す新しい方向(全国会員大会)の1つを協議し合い、委員たちの頭の中に周知されていった・・・。4月・5月も多くの事業で目白押しのまつやま未来創造会議・・・。今宵も積極的な議論が、椿で展開されたのであった・・・。

 『理事長挨拶』

 大野理事長も当会議に見えられ、一言ご挨拶をいただきました。常日頃からまつやま食文化に関する研究を熱心にされている当会議体へ感謝の気持ちが述べられました。

 『監事所見』

 当会議体のラインであります坪内監事より、監事所見を賜りました。「非常にいいムードの中、全員が聴く姿勢で会議に臨まれているのが大変良かった」とお言葉をいただきました。これからも、この姿勢で会議に臨んでいきたいと思います。

 『会議後の懇親会』

 会議後の懇親会が、岡田副議長の乾杯のご発声の下、輝かしく幕を開けました。

 『4月生まれの誕生会』

 林委員、西山委員、西山委員、吉田幹事の4名の皆様、お誕生日おめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。

 『正副メンバーここにあり』

 まつやま未来創造会議バージョンの正副メンバーがここに誕生致しました。さらなる磨きを掛けて、正副ものまね大会は今年の終わり頃に登場するかも・・・しれない・・・。

 『似た者同士』

 笑顔あり、笑いありの楽しい懇親会になりました。椿グループの皆様、会場の設営から愛媛マラソンいも炊きブースでは大変お世話になりました。今後とも(社)松山青年会議所をよろしくお願い致します。心よりお礼申し上げます。本日の出会いに感謝します。

2011-04-27 16:14 | 青年会議所 | Trackback(1) | Comment(0)

4月27日の誕生日

 本日、4月27日(水)は谷本さんの誕生日であります。おめでとうございます。現在、田窪リウマチ整形外科別館新築工事の現場において、多くの協力会社の皆さんと共に、地図に歴史に心に留まる仕事を展開している谷本さん。新たなるステージを提供すべく、現場一丸となって確かな一歩を踏み出しています。そして、門屋組一二を争う雑学のイロハを持ち合わせている谷本さんは、トークの枠は幅広く、いつもみんなを楽しませてくれるのが魅力であります。おかげで社内は明るく、元気の輪が広がっていきます。そんな谷本さんも本日は誕生日であります。1年に1回しか訪れない誕生日を有意義なものにしていただきたいと思います。本日は誠におめでとうございます。

「1年間貫き通すぞ!~漢字一文字理念コーナー」
※谷本さんの1年間貫き通す漢字一文字理念は、『喜』でございます。部首:「口」 総画:12画
 壴(太鼓を立てて並べた形)と口(わらう)で、音楽を奏でて喜ぶという意が込められている「喜」の一文字。よろこび、うれしいという想いが込められている「喜」という文字を常に念頭に置いて、一年間ポジティブに邁進していただけたらと思います。

2011-04-27 02:24 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

第2回全国会員大会勉強会

 『理事長挨拶』

 4月25日(月)、オオノ開發本社にて、(社)松山青年会議所 第2回全国会員大会勉強会が開催された。昨年度より、全国会員大会という大きな希望に向けて、確かな一歩を踏み出している(社)松山青年会議所・・・。これもすべては、10年後、20年後の地域の未来を創造し、「明るい豊かなまちづくり」を形成するためでもある・・・。「何のため、誰ために開催されるのか?」を、青年会議所メンバー一人ひとりが理解し、また、「全国会員大会を招致することで、地域にどのような影響を与えるか?」という地域未来を考え、メンバーが一丸となれるビジョン(理念)を念頭に置いて進んでいくことが大切である。このような趣旨の下、毎週月曜日に開催される全国会員大会勉強会は、大野理事長のご挨拶と共に幕を開けたのであった・・・。
 本日は、前回の第1回全国会員大会勉強会で我がまちまつやまの徹底分析したことをさらに深掘りすることにした。帽子副理事長を筆頭に、青年会議所として「地域にどのような影響を与えたいか?」の部分が洗練されていく・・・。小川先輩、河野先輩の諸先輩方にも参加していただき、「なぜ、全国会員大会が必要なのか?」、そして、「松山人として、全国の方々や地元地域の方々に、新しい発見や持ち帰っていただきたいところはどこなのか?」を、私たちと共に議論をし、話し合っていただいた・・・。すると、前回見えなかった新しい発見がそこに生まれたのであった・・・。
 一青年として、今こそ「何を考えなければならないか?」、「日本の立場が世界の中でどうあるべきか?」を考え、さらには「日本が一つになる為にはどうすればよいか?」を打ち出せる強い『ことば』を『ちから』に変えて、真っ直ぐに見据えていく必要がある。しかし大丈夫である・・・。松山人には「友情」と「志」という名の、登って行けばやがてはそこに手が届くと思い焦がれた「坂の上の雲」の精神が宿っているのだから・・・。こうして、志高いメンバーによる第2回全国会員大会勉強会は幕を閉じたのであった・・・。今日の学びに感謝します。本日は誠にありがとうございました。
 PS:岡田副議長、廣川グループ長、本日の勉強会の参画、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。尚、4月28日(木)には、全国大会運営会議による2011年度全国会員大会主管セミナーが開催されます。(社)松山青年会議所メンバーの皆様にとって、多くの気づきと得られがありますことを心から願っております。

 『積極的な議論を展開』

 帽子副理事長を筆頭に、青年会議所として「地域にどのような影響を与えたいか?」の部分が洗練されていく・・・。小川先輩、河野先輩の諸先輩方にも参加していただき、「なぜ、全国会員大会が必要なのか?」、そして、「松山人として、全国の方々や地元地域の方々に、新しい発見や持ち帰っていただきたいところはどこなのか?」を、私たちと共に議論をし、話し合っていただいた・・・。すると、前回見えなかった新しい発見がそこに生まれたのであった・・・。

2011-04-26 10:01 | 青年会議所 | Trackback(1) | Comment(0)

結婚披露宴(ワン・フォア・オールの男)最終章

 『コンフォートホテル覇県庁前に別れを告げる』

 4月24日(日)、アニメの「北斗の拳」を見ながら寝てしまっていたのも4時間前、早朝7時に妻からの電話で脳が覚醒した・・・。毎日の日課である「てるひこブログ」の更新を行うべく、パソコンを開けて昨日盛大に執り行われた結婚披露宴を思い返した・・・。よくよく考えてみると、県によって結婚式の次第や盛り上がり方に違いがあることに気づかされる・・・。改めて思ったことは、「沖縄の人と知り合えて本当に良かったな」であった。大学を卒業(勉強はしなかったが・・・)して、北海道から沖縄まで全国各地に友人がいることを誇りに思っている。日本文理大学ラグビー部の集いは本日解散を迎えるが、2日間沖縄の地で、みんなと引き合せてくれた新郎新婦と樟太くんに心からの感謝を表したいと思う。2日間お世話になったコンフォートホテル覇県庁前に別れを告げ、各々が全国各地へと解散したのであった・・・。
 結婚披露宴(ワン・フォア・オールの男)で大変お世話になりましたことを、この場をお借りしまして心から感謝を申し上げます。新郎新婦並びに樟太くんが、これから真っ直ぐに歩み続け、笑顔と笑いいっぱいの家庭を築いていってほしいと願っております。そして、ラグビーで培ったワン・フォア・オール(一人はみんなの為に)、オール・フォア・ワン(みんなは一人の為に)のラグビー精神を貫かれ、家庭に仕事に友人に「絆」という名の「ゆいまーる」を広げていってもらいたいと思います。頑張れよ、安!!!
 PS:また、逢う日まで元気でな!!!

 『那覇空港にてチェックイン』

 正午の時間、那覇空港は人だかりでごった返していた・・・。後輩と共に、東京→栃木、福岡→松山のチェックインを果たした。その後、お土産を買い、飲食コーナーにて昼食を共にした・・・↓ ↓ ↓

 『郷土料理の店「天龍」』

 今回、沖縄そばを一度も食べていなかったので、昼食に郷土料理の店「天龍」さんに立ち寄った・・・。ここでもオリオンビールと泡盛で迎え酒を果たすことに・・・↓ ↓ ↓

 『ソーキそばと泡盛とオリオンビール』

 最後の思い出にと、ソーキそばと泡盛とオリオンビールを堪能することにした私たち・・・。後輩とのこの一時に感謝します。

 『妻お奏来のお迎え車に乗り込んで・・・』

 妻と奏来が松山空港に迎えに来てくれていた(奏来はオネムだったが・・・)。2日ぶりの我が家に向けて車を走らした。今日の松山は大晴天でした・・・。

2011-04-25 06:21 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comments(2)

結婚披露宴(ワン・フォア・オールの男)二日目

 『WELCOME 2011.4.23』

 4月23日(土)、沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザにて、結婚披露宴が盛大に執り行われた。昨日の前夜祭で新郎と共に、一生の思い出に残るかけがえのない一時を送った私たちは、新郎新婦の入場を待ちわびて、今か今かとその輝かしい入場に期待を胸膨らましていた・・・。そして、会場が暗くなった瞬間、ウェディングドレスを身に纏った新郎新婦が入場したのである。
 新郎新婦の間には、樟太くんというお二人の愛の結晶が最高の輝きを見せ、会場全体を笑顔に変えていく・・・。そんな笑顔溢れる新郎新婦の入場を目の当たりにした私は、気持ちがさらに高まっていったのであった・・・。
 新郎新婦へ心温かな祝辞が執り行われた後、新郎新婦がいつまでも幸せな家庭を築いていくことを会場全体で祈念して乾杯を執り行ったのであった・・・。こうして、祝宴は盛大に幕を開けた・・・。オリオンビールと泡盛で酒が酌み交わされる・・・。
 美味しい料理と美味しいお酒、そして大学時代の仲間たちが集う会場は一気にテンションが上がり、祝杯が酌み交わされていく・・・。会場内は一気に一体感へと変わっていった・・・。沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザより、笑いと笑顔の波紋は広がっていった・・・。
 本日の結婚披露宴(ワン・フォア・オールの男)、誠におめでとうございます。心よりお慶びを申し上げます。新郎新婦並びに樟太くんが、これから真っ直ぐに歩み続け、笑顔と笑いいっぱいの家庭を築いていってほしいと願っております。そして、ラグビーで培ったワン・フォア・オール(一人はみんなの為に)、オール・フォア・ワン(みんなは一人の為に)のラグビー精神を貫かれ、家庭に仕事に友人に絆という名の「ゆいまーる」を広げていってもらいたいと思います。本日の素晴らしい結婚披露宴に出席させていただきましたこと、心より感謝申し上げます。本日は誠におめでとうございました。

 『レッドカーペットと新郎新婦と樟太くん』

 会場が暗くなった瞬間、ウェディングドレスを身に纏った新郎新婦が入場したのである。新郎新婦の間には、樟太くんというお二人の愛の結晶が最高の輝きを見せ、会場全体を笑顔に変えていく・・・。そんな笑顔溢れる新郎新婦の入場を目の当たりにした私は、気持ちがさらに高まっていったのであった・・・。

 『新郎新婦の門出を祝い』

 新郎新婦へ心温かな祝辞が執り行われた後、新郎新婦がいつまでも幸せな家庭を築いていくことを会場全体で祈念して乾杯を執り行ったのであった・・・。こうして、祝宴は盛大に幕を開けた・・・。オリオンビールと泡盛で酒が酌み交わされる・・・。



 沖縄ならではの余興の数々が披露され、新郎新婦の門出をお祝いした・・・。こんな経験をさせてもらった文理大ラグビー部の仲間たちに感謝します。



 文理大ラグビー部の友人たちから新郎新婦へ、祝辞が述べられた。大学時代のエピソードから自分の話し・・・、さらには、突如後輩たちから指名を受けた島袋先輩から新郎の好きなところ(真っ直ぐな姿勢)が発表された・・・。心温まる、素晴らしい新郎友人代表祝辞でした。

 『カチャーシーと呼ばれる祝いの舞』

 沖縄独特のカチャーシーと呼ばれる祝いの舞が行われた。新郎新婦を囲んで、誰とも問わずみんなで踊るカチャーシー・・・。会場内は一気に一体感へと変わっていった・・・。沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザより、笑いと笑顔の波紋は広がっていった・・・。

 『結婚披露宴の2次会』

 ホテル近くにある沖縄料理店で、結婚披露宴の2次会を行いました。一人だけなぜだかへこんでいるのはご愛敬・・・。文理大ラグビー部のゆかいな仲間たちの泡盛祭りはキックオフを迎えた。ノーサイドを迎えるのは、まだまだ遙か先のようである・・・。末永い、一生の付き合いをしていきましょう!!!
 新郎新婦並びに樟太くんが、これから真っ直ぐに歩み続け、笑顔と笑いいっぱいの家庭を築いていってほしいと願っております。本日は誠におめでとうございました。

2011-04-24 08:46 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る