株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

第2回全国大会運営会議(全体会議)

 『旅館からの眺め(長良川)』

 2月27日(日)、公益社団法人日本青年会議所2011年度第2回全国大会運営会議の二日目を迎えた・・・。前日、私たちの部屋で酒を酌み交わし、より強い絆が生まれた2次会の一時・・・。公益社団法人名古屋青年会議所をはじめ第1小会議メンバーと親睦を深め合うことができた。その後、裸と裸の付き合いとして、温泉の中でも熱い話を展開することができたのである。しかしながら、その代償として次の日の朝には、右足付根に強い痛みを抱えてしまったのも事実である。こうした複雑な気分の中で、朝一の旅館から見た眺め(長良川)は最高だった・・・。心洗われる長良川の景色を見て、「今日も頑張ろう」と決心した私・・・。9時より、十八楼会議室にて、2011年度公益社団法人日本青年会議所全国大会運営会議第2回全体会議が開催された。
 会議室に入ると、全国各地LOMから出向されている60名以上(第1小会議~第5小会議)のメンバーたちが集結していた。私たちも(社)松山青年会議所を背負って出向している者として、恥じぬ態度で第2回全体会議に臨んだのであった・・・。第60回全国会員大会名古屋大会の大成功に導くことを祈念して・・・。
 およそ3時間に及ぶ全体会議は閉会を迎え、2日間お世話になった岐阜の地に別れを告げた・・・。そして、名古屋、岡山を経由して、我がまち故郷である松山を目指して、宮谷第3副議長をはじめ廣川委員、白石委員と共に、新幹線(のぞみ)・JR(しおかぜ)に乗り込んだのだった・・・。こうして、第2回全国大会運営会議(二日目)は幕を閉じたのであった・・・。
 本日は公益社団法人日本青年会議所2011年度第2回全国大会運営会議に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。古川議長から話しがありました、やる時には徹底的にやるというオンとオフの使い分けと、会議開始前にすべての準備が整った状態で迎えるという姿勢を、LOMに持ち帰り、周知を図っていきたいと強く感じました。また岐阜の地で、多くのメンバーと共に、人間関係を構築することができましたことを、この場をお借りしまして心から深く感謝しております。各地会員会議所出向者メンバーが手と手を取り合い、助け合い、絆を深め合い、第60回全国会員大会名古屋大会が大成功に導かれますことを、第1小会議の一員として切に願っております。末松副議長をはじめとする第1小会議のメンバーの皆様、2日間に渡りまして、大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。
 PS:三浦副理事長、丸山副理事長、私たち全国大会運営会議の為に、オブザーブ参加していただきましたことを、心から厚くお礼申し上げます。

 『第2回全体会議開会』

 会議室に入ると、全国各地LOMから出向されている60名以上(第1小会議~第5小会議)のメンバーたちが集結していた。私たちも(社)松山青年会議所を背負って出向している者として、恥じぬ態度で第2回全体会議に臨んだのであった・・・。第60回全国会員大会名古屋大会の大成功に導くことを祈念して・・・。

 『オブザーブご挨拶』

 (社)松山青年会議所三浦副理事長より、オブザーブご挨拶が行われました。昨日今日の二日間、私たちの為に第2回全国大会運営会議に来ていただきまして、本当にありがとうございました。私たち全国大会運営会議出向者として、恥じぬ態度でこれからの全国会員大会の運営に臨んでいきたいと思います。とても心強かったです。

 『JR松山駅に到着』

 岐阜を出発してから8時間後に、我がまち松山に到着しました。向かい合う座席での話し合いは、とても有意義な時間を過ごすことができました。長時間の長旅、本当にお疲れ様でした。今後ともよろしくお願い致します。

2011-02-28 16:17 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第2回全国大会運営会議(小会議)

 『JR岡山行きに乗り込んで・・・』

 2月26日(土)、公益社団法人日本青年会議所2011年度第2回全国大会運営会議に出席するべく、名古屋の地を目指した・・・。さほど寒くない気候の中、7時に松山駅に集合した私たち・・・。JR岡山行きに乗り込んだ私と廣川委員と白石委員の3人は、これから展開するであろうワクワク・ドキドキの旅への一歩を踏み出したのであった・・・。
 JR内では、4人以内ではないとできない向かい合わせ席を設え、青年会議所以外の話が繰り広げられた。株価の変動、建設業の今、証券会社の今、他団体の状況、俺の好きな漫画・・・、話は思っている以上に盛り上がりを見せ、あっという間に岡山駅に到着したのである。そして、名古屋行きの新幹線「のぞみ」に乗り換え、駅弁を食べながらゆかいな仲間たちは、再び名古屋の地を目指したのであった・・・。
 1時間30分の新幹線の旅も終点を迎え、名古屋駅に到着した。改札口を出ると、そこは私たち全国大会運営会議の集合場所だった・・・。次第に集合場所は、志同じうする者たちでいっぱいになってきた・・・。先月の2011年度京都会議(全国大会運営会議)で初めて出会った全国大会運営会議の仲間たち・・・。仲間たちの顔を拝見した瞬間、私の頭の中は、ホッとした気持ちとこれから展開されるであろうワクワク感が大きくなってくる・・・。こうして、バスに乗り込んだ私たちは、2011年度第60回全国大会名古屋大会開催場所の現地調査を行い、ナゴヤドーム、愛・地球博記念公園へと訪れたのであった・・・。
 すべての現地調査が終了し、その後、岐阜の地にある長良川温泉「十八楼」に訪れ、会議室にて、第1小会議~第5小会議ごとに積極的な議論が展開された。(社)松山青年会議所を背負って出向している者として、恥じぬ態度で第2回全体会議に臨んだのであった・・・。第60回全国会員大会名古屋大会の大成功に導くことを祈念して・・・。その後、大宴会場にて全体懇親会が輝かしい開幕を迎えたのであった・・・。
 本日は公益社団法人日本青年会議所2011年度第2回全国大会運営会議に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。2011年度2回目の全国大会運営会議が無事に迎えられましたこと、心からお慶びを申し上げます。これから古川議長を筆頭に、第1小会議末松副議長のリーダーシップの下、第60回全国会員大会名古屋大会の大成功に向けて一丸となって動いております。各地会員会議所出向者メンバーが手と手を取り合い、助け合い、絆を深め合い、第60回全国会員大会名古屋大会が大成功に導かれますことを、第1小会議の一員として切に願っております。末松副議長をはじめとする第1小会議のメンバーの皆様、今日一日に心から感謝します。本日は誠にありがとうございました。明日の全体会議へと続く・・・。
 PS:私たち全国大会運営会議の為に、会場設営・段取りをしていただきました大会主管であります公益社団法人名古屋青年会議所メンバーの皆様、副主管であります(社)岐阜青年会議所メンバーの皆様、大変お世話になりましたことをこの場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。

 『向かい合いの席から生まれた絆』

 JR内では、4人以内ではないとできない向かい合わせ席を設え、青年会議所以外の話が繰り広げられた。株価の変動、建設業の今、証券会社の今、他団体の状況、俺の好きな漫画・・・、話は思っている以上に盛り上がりを見せ、あっという間に岡山駅に到着したのである。窓の外は、ちょうど瀬戸大橋を通過しているところであった・・・。

 『情報誌とあなごめし』

 名古屋行きの新幹線「のぞみ」に乗り換え、駅弁を食べながらゆかいな仲間たちは、再び名古屋の地を目指したのであった・・・。

 『現地調査に向かう私たち・・・』

 バスに乗り込んだ私たちは、2011年度第60回全国大会名古屋大会開催場所の現地調査を行い、ナゴヤドーム、愛・地球博記念公園へと訪れたのであった・・・。

 『バスの中では・・・』

 バスに乗り込んだ私たちは、公益社団法人名古屋青年会議所メンバーの皆様の誘導の下、名古屋の地の魅力や方言、そして観光名所などを教えていただきました・・・。

 『茶菓子のおもてなし』

 バスの中では、公益社団法人名古屋青年会議所メンバーより茶菓子のおもてなしをいただきました。美味しいお茶とどら焼きをいただきまして、本当にありがとうございました。

 『ナゴヤドーム内部』

 ナゴヤドーム内部の調査を行った私たち・・・。4万人が収容できるナゴヤドームの大きさに圧倒されてしまいました。こうして訪れて事前に調査することにより、より円滑な大会運営に繋がるということを学ばさせていただきました。

 『愛・地球博記念公園』

 大会レセプションが開催される予定であります愛・地球博記念公園にて、現地調査を行いました。内部に入ると、そこは自然いっぱいの緑が広がっていました・・・↓ ↓ ↓

 『緑と和太鼓と光のコラボ』

 大体こんな感じになると、公益社団法人名古屋青年会議所の皆様による、緑と和太鼓と光のコラボが披露されました。

 『パソコン会議に臨む・・・』

 すべての現地調査が終了し、その後、岐阜の地にある長良川温泉「十八楼」に訪れ、会議室にて、第1小会議~第5小会議ごとに積極的な議論が展開された。(社)松山青年会議所を背負って出向している者として、恥じぬ態度で第2回全体会議に臨んだのであった・・・。第60回全国会員大会名古屋大会の大成功に導くことを祈念して・・・。

第1小会議の職務分掌(大会に関する事務運営業務)
全国大会事業
①大会実行委員会の設営
②全国大会実行委員会関連資料の管理
③大会理念・テーマ・スローガンの作成
④大会スケジュールの作成・管理
⑤大会登録に関する業務
⑥大会ガイドブックの作成・取り纏め
⑦大会事前アンケートの編集・取り纏め
⑧大会運営マニュアルの編集・取り纏め
⑨日本JCへの上程議案の管理
⑩大会要員計画の作成補助・管理
⑪大会事務局の開設式・運営管理(事務局員の管理)
⑫大会開催期間中の緊急窓口業務
⑬日本JC役員・JCI役員のスケジュール調整
⑭日本JC役員セクレタリー業務の調整
⑮そのほか大会事務運営に関する業務全般

LOM事業
①副主管LOMとの連絡調整
②日本JC全国大会運営会議 名古屋会議の設営
③全国大会運営会議との連絡調整業務

 『大宴会場に訪れて・・・』

 各小会議の会議終了後、全体懇親会が開催される大宴会場に訪れた私たち・・・。まもなく、開催宣言が行われました・・・↓ ↓ ↓

 『宮谷第3副議長による開催宣言』

 宮谷第3副議長による全体懇親会の開催宣言が行われました。(社)松山青年会議所を代表しての開催宣言に、私たちはテンションが高まってきました。

 『輝かしい乾杯』

 全国大会運営会議鈴木実行委員長の元気溢れる乾杯のご発声の下、全体懇親会は輝かしく幕を開けたのであった・・・。

 『十八楼の美味しい料理の数々』

 輝かしい乾杯が行われ、十八楼の美味しい料理を囲んで、膝と膝を突き合わす全体懇親会がスタートしました。

 『オブザーブご挨拶』

 (社)松山青年会議所より、丸山副理事長、三浦副理事長に岐阜の地にお越しいただきまして、オブザーブご挨拶が行われました。このように、駆けつけていただけるのは本当に嬉しいですね。LOMを背負った出向者として、今年1年間、邁進していきたいと思います。

 『2月誕生日を迎える者たち・・・』

 古川議長のおもてなしにより、2月誕生日を迎える者たちに誕生ケーキが振舞われました。2月誕生日、誠におめでとうございます。こうして、全体懇親会は閉会を迎えました。その後、第1小会議メンバーの皆様と公益社団法人名古屋青年会議所の皆様と共に、部屋呑みしながらの議案協議を行いました・・・↓ ↓ ↓



 私たちの部屋である407号室に集まったメンバーたち・・・。堅苦しいスーツ姿とは打って変わって、浴衣姿での2次会懇親会に心が温まりました。今日一日、本当にお世話になりました。そして、明日の全体会議でも引き続きよろしくお願い致します。

2011-02-27 10:34 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2月27日の誕生日

 本日、2月27日(日)は松広監査役の誕生日であります。おめでとうございます。10年以上もの長きに渡り松広監査役は、弊社の財務管理、そして会長の右腕・左腕となりサポートをしていただきました。いつも愛社精神を持って私たちに接してくれる松広監査役には、心から感謝しております。また、先日に素晴らしき偉業(国家試験)を遂げた松広監査役は、これからもまだまだ挑戦する気持ちを忘れることなく、家族に仕事に高い志の灯をメラメラと燃やしております。そんな松広監査役も本日は誕生日。ご夫婦で今日一日を共に祝い、ゆっくりとお過ごしください。本日は誠におめでとうございます。

今日は何の日?
 2月27日は、新撰組の日、献血運動週間(~3/5)と云われています。

672年
 大海人皇子が即位し、天武天皇となる。

973年
 薬師寺が焼失。

1594年
 豊臣秀吉が吉野の花見を開催。

1862年
 京都で「新撰組」の前身「壬生組」結成。

1867年
 日本、初めてパリ万国博覧会に出展。

1876年
 江華条約調印、朝鮮の鎖国が破れる。

1922年
 孫文が中国の北伐を宣言。

1936年
 2.26事件で東京全市に戒厳令が布告される。

1949年
 放火で国宝の松山城消失。

1950年
 横綱審議委員会設置。

1955年
 NHKテレビが総選挙開票速報を初めて放送。

1962年
 日本電気、国産初の大型電子計算機2206発表。

1966年
 人力飛行機、初飛行に成功。

2011-02-27 00:17 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2月度マルトメ安全パトロール

 『(仮称)姫原TⅡマンション新築工事』

 2月25日(金)、2月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から私と中田部長、一色部長、佐伯さんの4名。マルトメ協力会社から、オオノ開發株式会社(赤松 利晃氏)、株式会社須賀組(田中 貞友氏)、株式会社日景生コン(鎌田 圭太氏)の3名。計7名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、(仮称)姫原TⅡマンション新築工事、ユーミー保育園たかのこ新築工事、田窪リウマチ整形外科別館新築工事の3現場を回った。
 最初にパトロールした(仮称)姫原TⅡマンション新築工事の現場では、6階型枠工事及び電気・設備工事が行われていた。現場事務所に入ると、スリッパが綺麗に揃い、人を迎える姿勢が大変良くできていた。そして、現場をパトロールする際にも、ノーブラ運動を心掛け、しっかりとゴミを拾いながらパトロールに臨むことができていた。今後とも、現場監督として迎える姿勢を忘れないように、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。
 引き続きパトロールしたユーミー保育園たかのこ新築工事の現場では、屋根工事及び電気・設備工事が施工されていた。パトロール員全員が「整理整頓状況が大変良い」と声が上がった。そして、元気で明るい挨拶ができているのも見逃せない・・・。今後は現場監督自身が、ノーブラ運動を実施し、6S運動をしっかりと現場入場者に浸透するように務めていただきたいと思います。地域の方々へのコミュニケーションを大事にして、日々の安全管理に取り組んで下さい。よろしくお願いします。
 最後にパトロールした田窪リウマチ整形外科別館新築工事の現場では、地中梁鉄筋工事が行われていた。現場に入場したパトロール員全員が「狭い現場であるが、整理整頓が良くできている」と声が上がった。道路面に接した仮囲いの外側に、結束線及びPロープの結びがこないように内側で結んでいただけたらと思います。今後とも現場一丸となって安全・衛生に留意して施工に臨んでいただきたいと思います。
 3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・安全面、環境面ともに整備され、働き易い現場だった。

・社長の方針が行き届いており、自社も見習いたい。

・3現場とも綺麗な現場だった。

・全体的に綺麗で素晴らしい現場だった。

・ユーミー保育園たかのこ新築工事の作業所で、濱田所長が一人で元気に頑張っており、やる気が見えた。

 本日は大変お忙しい中、2月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。そして、マルトメ協力会社の皆様方にはいつも大変お世話になっておりますことを、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。本日皆様から頂戴しました貴重な指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善に取り組んで行きたいと思います。本日パトロールいただきました3現場とも、建設業のモラルアップ、そして、人を迎える姿勢のことを私は強く言いました。建設業として、変えてはならないものは、一つに「地域に対して感謝」すること、二つに「地域に愛される建設業」になることであります。地域に愛される建設業を、協力会社の皆さんと共に目指していきたいと強く思いますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

 『ユーミー保育園たかのこ新築工事』

 ユーミー保育園たかのこ新築工事の現場では、屋根工事及び電気・設備工事が施工されていた。パトロール員全員が「整理整頓状況が大変良い」と声が上がった。そして、元気で明るい挨拶ができているのも見逃せない・・・。今後は現場監督自身が、ノーブラ運動を実施し、6S運動をしっかりと現場入場者に浸透するように務めていただきたいと思います。地域の方々へのコミュニケーションを大事にして、日々の安全管理に取り組んで下さい。よろしくお願いします。

 『田窪リウマチ整形外科別館新築工事』

 田窪リウマチ整形外科別館新築工事の現場では、地中梁鉄筋工事が行われていた。現場に入場したパトロール員全員が「狭い現場であるが、整理整頓が良くできている」と声が上がった。道路面に接した仮囲いの外側に、結束線及びPロープの結びがこないように内側で結んでいただけたらと思います。今後とも現場一丸となって安全・衛生に留意して施工に臨んでいただきたいと思います。

 『安全パトロール後の昼食会』

 マルトメ安全パトロール後は、「あじ彩」にて、昼食会を行いました。このような機会でもなければ、協力会社の皆様とお話しすることができません・・・。今日は美味しい昼食をいただきながら、第49回愛媛マラソンのことや痛風のこと、そして建設業界全体のことなど・・・多くのお話しをさせていただきました。おかげさまで、大変有意義な一日にさせていただきましたことに、心から感謝しております。今後ともよろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。

2011-02-26 06:04 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

松山商工会議所(国際委員会)

 『まもなく国際委員会が開会』

 2月24日(木)、アイテム愛媛 3階ジェトロ愛媛産業国際化センター会議室にて、松山商工会議所(国際委員会)が開催された。高須賀事務局が司会を進行していく中、開催に先立ち、国際委員会宮嶋委員長より開催ご挨拶が行われた。宮嶋委員長は、「この国際委員会を通じて、関係機関と連携を組み、国際ビジネスに関して必要な情報の提供等を行い、地域の国際化の進展を図るとともに、地域企業の国際ビジネスがより円滑に行われるよう、今後の活動・運営にご協力いただきたい!」と、私たちに伝えた。その後、インド経済と主要産業の動向を学ぶべく、株式会社グローバル人材育成センター 国際ビジネスアドバイザーの横井 勳氏による「インドの魅力と進出日本企業の現状」のテーマの下、講話が行われたのであった・・・。
 横井先生は、インドの滞在年数16年という中で、私たちの知らないインドの概要やGDP成長率を教えていただいた。330万平方kmという日本の約9倍の面積であるインド・・・。人口は2001年に行われた最新の国勢調査データによれば、1,028,737,436人(約10億人)と概算されている。 一説によれば、2030年にはインドは中国を抜いて世界最大の国家(約14億5,000万人)になると予想されているようである。その成長率は計り知れない・・・。それに伴い、携帯電話加入者も右肩上がりである・・・。
 人種・民族はアーリア系、ドラビダ系、モンゴロイド、コーカシアン等、多民族国家である。言語は連邦公用語としてヒンデイーが使われ、準公用語として英語が使われている。その他にも17の地方公用語が使われ、インドの28州すべてが違う言葉を使い、多様な国のの集合国家と言える。また、垂直的の多様性(縦社会)はカースト制度として今でも強く根づいており、産業政策、インフラの発展度合いなどは州によりそれぞれが異なっている。さらに、知られざるインドの概要とGDP成長率を、横井先生から教えていただいた・・・。
 インドに進出していく為には、進出先である州や都市を十分に比較し、検討する必要がある。インドは多種、多様性を持つ州の連合体であり、州政府の権限が強かったり、州政府独自の産業政策を持っていたり、インフラ整備、労働政策、労働法等にも州により大きな違いがある。それらをしっかりと理解し、自社商品と狙う市場を明確化することが、インド進出の決め手となるであろう・・・。インドはトップダウンのビジネス社会であるが故、会社のトップ自らがインドを理解し、トップが勝ち抜く意識がないと進出成功を収めることは難しいのである。こうして、横井先生による「インドの魅力と進出日本企業の現状」の講話は幕を閉じたのであった・・・。
 本日は松山商工会議所(国際委員会)に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。国際委員会の皆様と共に、大変有意義な時間を過ごすことができました。心より感謝を申し上げます。そして、インド進出の鍵となるご講話をしていただきました横井先生、本日の貴重な機会とご縁を心から感謝致します。私自身、国際委員会の一員として、グローバルな考え方のできる地域企業を目指して、日々精進していきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

2011-02-25 22:31 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第2回有識者会議(意見交換会)

 『講演テーマ』

 2月23日(水)、愛媛大学農学部にて、(社)松山青年会議所 まつやま未来創造会議 まつやま食文化に関する研究する第2回有識者会議(意見交換会)が開会された。私たちまつやま未来創造会議の進むべき方向性の一つである「まつやま食文化に関する研究」が、前回の第1回有識者会議(意見交換会)を経て、本日、第2回目を迎えた。「みんなに誇れるまち まつやまの創造」に向けた第一歩として、我がまち松山は、道後温泉、松山城、坂の上の雲、俳句など歴史的、文学的に全国へ発信出来るツールを数多く有してはいるが、まだまだ私たちが気付いていない松山ならではの魅力や、まだ知られざる松山の歴史・文化が数多く存在している。その魅力を発見し「みんなに誇れるまち まつやまの創造」を実現する為に、私たちまつやま未来創造会議では、「まつやまの食文化」にスポットを当てて、研究して価値を共有していくことを進めていくのであった・・・。
 本日は第2回の有識者として、国立大学法人 高知大学 副学長(国際・地域連携センター長)の受田 浩之先生をお招きし、「地域間格差をぶち壊せ!~食を通じた地域の振興(土佐から志国へ)~」のテーマの下、高知県の食文化の魅力と高知県から見るまつやまの食文化について講演をしていただいた。
 受田先生は、自分自身の生い立ちと名前の由来、そして自身が掲げるキーワードが「愛」と「志」であることを私たちに伝えた。また、受田先生は、地域を敬い人を愛すること、即ち敬地愛人(ケイチアイジン)という言葉を念頭に置いて、光輝く高知の実現を目指して、これまで地域資源を紡ぐ活動をされてきた。その地域資源を紡ぐ活動のこれまで(ストーリー)が、「地域食材と健康価値」を通じて明らかとなったのであった・・・。私たちは今までに感じたことのない世界へと入って行った・・・。
 高知県の県産食材を集めていくと、数多くの日本一があることに気づかれる受田先生・・・。それは、ショウガ・ニラ・シシトウ等の農産物であり、これらにはある健康効果が存在することに着目された。健康効果とは、ショウガやニラに含まれる成分(ジンゲロール・アリシン)がピロリ菌増殖抑制に大きな効果を発揮していることである。気候や環境・自然に恵まれた高知県には、まだまだ健康価値のある農産物が多く存在する。受田先生は、健康価値のある地域食材の特色や付加価値を訴求し、『健康まちづくり』や地元産業の活性化に繋げて行くのであった・・・。沖縄の言葉である「ゆいまーる(結びつきや助け合いを意味する」の精神で物語(ストーリー)が紡がれていく・・・。
 高知県の知られざる健康価値のある地域食材の特色と付加価値を受田先生から学びを得た私たちは、数多くの意見交換させていただいた。地域から食を打ち出していくには、まず日本・世界にも通ずる食材が数多く眠っていることを知らなければならない・・・。そして、他の機関と連携(コラボ)をとりながら、地産地消に『地域で検証する』という地産地消地検を行い、ストーリー性を持たすことが大事であると受田先生は仰った・・・。さらには、「今だけ・ここだけ・あなただけ」というモノづくりをしなければ、本当の価値を伝えることはできないと私たち伝えられた。光は小さくとも目立つ、そして、輝く光はやがて地方から全国へ羽ばたくということを受田先生は私たちに提言され、「地域間格差をぶち壊せ!~食を通じた地域の振興(土佐から志国へ)~」の講演は終了した。
 本日は大変お忙しい中、(社)松山青年会議所 まつやま未来創造会議 まつやま食文化に関する研究する第2回有識者会議(意見交換会)にご参集いただきまして、誠にありがとうございました。そして受田先生、試験中という大変お忙しい中にも関わらず、本日の貴重なご講演、誠にありがとうございました。心からの感謝と御礼を申し上げます。第2回目の有識者会議でしたが、私たちの知らない食文化の世界はまだまだ数多く眠っています。今後さらにまつやま食文化の知識向上を図り、地域で価値を共有し、地域外にこの素晴らしい資源を発信できるように、率先して行動できる志高い青年経済人として成長していきたいと思います。本日ご列席いただきました大野理事長をはじめとする常任理事構成メンバーの皆様、まつやま未来創造会議メンバーの皆様、心から厚く御礼を申し上げます。本日は誠にありがとうございました。
 PS:藤原グループ長・高橋副グループ長、引き続き3月9日(水)に開催される第3回有識者会議(意見交換会)の設営・段取りのほどよろしくお願い致します。

 『理事長挨拶』

 講演会開催に先立ちまして、大野理事長より有識者会議(意見交換会)開催ご挨拶が行われました。

 『議長挨拶』

 講演会開催に先立ちまして、私から有識者会議(意見交換会)開催のご挨拶をさせていただきました。

 『「愛」と「志」ある情熱講演』

 本日は第2回の有識者として、国立大学法人 高知大学 副学長(国際・地域連携センター長)の受田 浩之先生をお招きし、「地域間格差をぶち壊せ!~食を通じた地域の振興(土佐から志国へ)~」のテーマの下、高知県の食文化の魅力と高知県から見るまつやまの食文化について講演をしていただいた。

 『フリーディスカッションを交えながら・・・』

 受田先生は、自分自身の生い立ちと名前の由来、そして自身が掲げるキーワードが「愛」と「志」であることを私たちに伝えた。また、受田先生は、地域を敬い人を愛すること、即ち敬地愛人(ケイチアイジン)という言葉を念頭に置いて、光輝く高知の実現を目指して、これまで地域資源を紡ぐ活動をされてきた。その地域資源を紡ぐ活動のこれまで(ストーリー)が、「地域食材と健康価値」を通じて明らかとなったのであった・・・。私たちは今までに感じたことのない世界へと入って行った・・・。

 『情熱講演への感謝と御礼』

 受田先生、試験中という大変お忙しい中にも関わらず、本日の貴重なご講演、誠にありがとうございました。心からの感謝と御礼を申し上げます。第2回目の有識者会議でしたが、私たちの知らない食文化の世界はまだまだ数多く眠っています。今後さらにまつやま食文化の知識向上を図り、地域で価値を共有し、地域外にこの素晴らしい資源を発信できるように、率先して行動できる志高い青年経済人として成長していきたいと思います。本日ご列席いただきました大野理事長をはじめとする常任理事構成メンバーの皆様、まつやま未来創造会議メンバーの皆様、心から厚く御礼を申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

2011-02-24 03:29 | 未分類 | Trackback(4) | Comment(0)

第2回まつやま未来創造会議

 『まもなく会議開会』

 2月22日(火)、Meet Owl cafe(ミートアウルカフェ)にて、第2回目の2011年度(社)松山青年会議所 第2回まつやま未来創造会議が開会された(前回の様子→第1回まつやま未来創造会議)。準備に準備を重ねた私たちの4つの進むべき方向の1つは、みんなの協力を得られたことにより、無事に成功に導くことができた。本日は私たちの進むべき方向である3つのことに加えた、これから動き出す新しい方向の1つをみんなと協議し、無事に成功に導くことができた報告議案に対する積極的な議論を行うべく、2011年度スローガンである「明るく、元気に、前向きに!住みなすものは 心なりけり」の掛け声の下、まつやまの未来を創造する情熱会議は開会された・・・。
 2月6日(日)に開催された第49回愛媛マラソン大会(45秒の重み・・・)では、おかげさまでみんなで無事に成功へと導くことができた。そして、報告議案に目を通し、反省会も兼ねた議論が繰り広げられた・・・。また、今後の進むべき方向の3つである『2020年まつやままちづくりビジョン』の周知徹底と、知られざる松山の歴史・文化の掘り起こしを行う『まつやま食文化に関する研究』と、来年の2012年に迎える『松山JC創立60周年に向けたアクションプランの策定』を協議し合い、当会議体の進むべき方向の想いを一つにしたのである・・・。さらには、これから動き出す新しい方向の1つを協議し合い、委員の頭の中に周知がされていった・・・。2月・3月も多くの事業で目白押しのまつやま未来創造会議・・・。今宵も積極的な議論が、Meet Owl cafe(ミートアウルカフェ)で展開されたのであった・・・。
 本日は大変お忙しい中、2011年度(社)松山青年会議所 第2回まつやま未来創造会議にご参集賜り、誠にありがとうございます。本日、委員の皆さんと共に有意義な会議が展開できましたこと、心から感謝と御礼を申し上げます。そして、委員の皆さん一人ひとりが、前向きに参加意識をもっていただいたことに大変嬉しく思っております。今後とも、元気で明るく前向きな、まつやま未来創造会議を進めていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。
 PS:帽子副理事長、北村室長、本日オブザーブ参加していただきましたこと、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。吉田幹事、今日一日、写真撮影していただくとともに、設営・段取り・取りまとめをしていただき、誠にありがとうございました。宮谷グループ長、会議場所を提供していただきまして、厚く御礼を申し上げます。

 『松山春まつりお城まつり実行委員会』

 松山春まつりお城まつり実行委員会の伊藤実行委員長と梶木副実行委員長が、当会議体にお越しいただきました。これまで準備されてきた熱い想いが私たちに告げられ、4月3日(日)に開催される松山春まつり「お城まつり」の大成功を祈念されました。4月3日(日)は、大名・武者行列を見にロープウェイ街へレッツゴー・・・。今年のお姫様役には、タレントの安めぐみさんが登場します。乞うご期待!!

 『副理事長所見』

 帽子副理事長より今日の会議の所見をいただきました。その中で、「事前配信されている資料を読み込み、しっかりと理解した上で今日の会議に臨めているのが大変良かった」と、お言葉を賜りました。そして、報告・確認事項の際には、「私語をしないように、話している人の見て、しっかりと聞くようにして下さい」と所見を賜りました。これから以上のことを気をつけて会議に臨んでいきたいと思います。

 『石上委員による乾杯』

 長時間の会議後は、戦国維新にて懇親会を行いました。石上委員による乾杯のご発声の下、懇親会は輝かしく幕を開けました。

 『冷えたビールにウーロン茶』

 杯と杯を突き合わせ、一人ひとりと乾杯を行いました。これぞ懇親会の醍醐味であります。この後、美味しい海鮮ちゃんこ鍋を囲みながら、熱い想いが語られ合いました。最高のノミニュケーションです。

 『2月生まれの誕生会』

 本日の懇親会にて、2月生まれの誕生会が始まりました。出てきたケーキに、2月生まれの方たちはご満悦の表情を浮かべておりました。そして、願いを込められ、ロウソクの火はフッと吹き消されたのであります。

 『2月生まれの誕生日ケーキ』

 帽子副理事長、北村室長、岡田副議長、宇都宮委員の4名の皆様、お誕生日おめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。

2011-02-23 16:07 | 未分類 | Trackback(1) | Comments(2)

伊予・松前支部2月例会

 『パワー溢れる報告』

 2月21日(月)、松前総合文化センターにて、愛媛県中小企業家同友会伊予・松前支部2月例会が開催された。今村幹事長が司会を進行していく中、開催に先立ち、伊予・松前田中支部長の開催ご挨拶が行われた。田中支部長は、「本日の報告者にはパワーがあり、聴くだけで心の底から元気になれます。今日の報告を聴いて、今一度我社に活用できないかを考え、社員さんの幸せ実現の為、事業を発展させていきましょう!」と仰った。その後、座長である山崎幹事の進行の下、株式会社ビルド 常務取締役(香川同友会・中讃第2支部幹事長)である吉田 尚樹氏による「モヤモヤ、悩みを吹っ飛ばそう! 仕事も 経営も 楽しく わくわく 真剣に!~今の時代だからこそ、社員と一緒に楽しみながら仕事をする極意を学びませんか?~」の講演テーマの下、報告会が行われたのであった。
 香川県多度津にある株式会社ビルドは、新築住宅・リフォームの設計施工を専門とする会社である。報告者である吉田先生は、生まれながらに建設業としてレールの敷かれた2代目だった。生い立ち、そして考え方、また年齢ともに修行された年月まで私とまったく同じという、ここ久しく感じた同じ匂いのした方であった。4年間の修行を経て、会社に戻ってきた時、吉田先生は現場のレベルや仕事に向かう姿勢の違いに腹が立ち、社員さんに苦言を言う毎日が続いたという・・・。「言うことを聞いてくれない社員が好きになれない・・・」と当時を振り返る・・・。毎日毎日が自問自答を繰り返す毎日・・・。そんな中、吉田先生のターニングポイントとなった転機が訪れるのである。それは、何も分からず同友会に誘われ、その後、同友会で学んだ全社員が共有できる『経営指針』と『就業規則』を作り上げたことであった。さらには、社員さんが安心して働ける職場環境をつくり上げたのであった。新しい風を吹かした吉田先生は、お客様から心に残る言葉を言われたという。それは、「以前は暗くて雰囲気が悪かったけど、今はとても良くなった・・・。一生で一番高い買い物だから、暗い会社より明るい会社で買い物がしたいのよ。」と、言われたそうである。こうして今では、仕事の8割が口コミという株式会社ビルドさん・・・。吉田先生のパワー溢れる報告は、私たちの心の奥底まで響いたのであった・・・。
 本日は愛媛県中小企業家同友会伊予・松前支部2月例会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。全社員の笑顔が仕事を呼ぶという、楽しみながら仕事をしていくという基本を、吉田先生から本日教えていただきました。全社員が「暗い」から「明るく」、「苦しい」から「楽しい」に変換のできる中小企業を目指して、弊社も使命感・責任感をもって邁進していきたいと思います。パワー溢れる報告をしていただきました吉田先生、本日の貴重な機会とご縁を心から感謝致します。本日は誠にありがとうございました。
 PS:スムーズな司会進行していただきました今村幹事長、座長の山崎幹事、本日は大変お疲れ様でした。愛媛県中小企業家同友会、伊予・松前支部の今後益々のご発展・ご繁栄を切に願っております。門屋グループの皆様、本日の出逢いに感謝します。

2011-02-22 14:25 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(2)

社内検査(徳丸皮フ科)

 『検査開始前ミーティング』

 2月21日(月)、徳丸皮フ科新築工事の現場にて、門屋組社内検査を実施した。本日の検査員は、私と水野専務と篠浦常務の3名であった。そして、現場監督である重見所長の誘導の下、電気・設備の協力会社の皆さんと共に同行し、早速、社内検査を行った・・・。
 社内検査が開始され、重見所長に外回り(外構)から案内された。インターロッキング並びに隣地境界線の不備がないかを確認していく・・・。そして、外回りの検査が終了し、屋内の2階へと場所を移す私たち・・・。天井から壁、床と上から順にチェックする。さらには、一つ一つの開口部(建具)の開け閉めを繰り返し、不備等がないかを確認していく・・・。傷、汚れ等も妥協することなくチェックされ、2階から1階へと順次行われていった。こうして、社内検査は滞りなく執り行うことができたのであった・・・。
 本日は門屋社内検査・設計検査、大変お疲れ様でした。輝かしい起工式(徳丸皮膚科)を迎え、その2ヵ月と3週間後には上棟式(徳丸皮膚科)が執り行われ、起工式から本日まで、ちょうど5ヶ月が経過致しました。本日までの間、安全施工でこの日を迎えることができましたのも、お施主様をはじめ、設計・監理であります有限会社松浦建築設計様、そして、重見所長をはじめとする協力会社の皆様のおかげでございます。本当に感謝しております。引き渡し日まであと僅かですが、最後の最後まで体調管理と安全には、十分に気をつけて施工に臨んで下さい。満足と感動していただく建物を提供する為にも、現場一丸となって頑張っていきましょう。本日はお疲れ様でした。
 PS:重見所長、体調に気をつけて最後の最後まで頑張って下さい!!!

 『2階の天井・壁・床・開口部の検査』

 天井から壁、床と上から順にチェックする。そして、一つ一つの開口部(建具)を開けて閉めてを繰り返すのである。不具合があるかないかを確かめる為だ・・・。傷、汚れ等も妥協することなくチェックしていく・・・。

 『1階の手術室をチェック』

 塗装状況、汚れなどをチェックしています。篠浦常務の必需品であります、「どこでも見えるミラー」は今日も絶好調でございました。社内検査をしていく中で、私自身、色々と学ばさせていただきました。今日一日の社内検査に心から感謝しております。協力会社の皆様、本日はお忙しい中、弊社の社内検査に立ち会っていただきまして、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

2011-02-22 06:45 | 未分類 | Trackback(1) | Comment(0)

現在の机上状況

 『現在の机上状況』

 4S(整理・整頓・清潔・清掃)運動という言葉がある・・・。これは、職場をより快適にかつより安全なものにし、生産やサービスの効率化や品質向上を図る啓発活動である。弊社は、昨年からこの4S(整理・整頓・清潔・清掃)に2S(姿勢・進化)を加えた6S運動を実施している。この6S運動を啓発することにより、今まで以上の職場の安全と快適を向上させている・・・。が、しかし、現在の私の机上状況を見てみると、総務部3人娘さんが私の為に、朝入れてくれるブラックコーヒーすら置けない状況となっている・・・。言い訳させてもらうと、私が2・3日会社を空けてしまうものなら、直ぐに資料の山々となってしまうのである。しかし、言い訳は男の恥・・・。言い訳することがないようにする為にも、日々の整理整頓に臨みたいと思います。水野専務、共に机上の整理整頓していきましょうね・・・(笑)

 『嬉しいサプライズ(心配り)・・・』

 私の部屋は本社の北側に位置し、冬場は厳しい寒さが足に突き刺さります。そんな中、私の知らぬ間に、一つの暖房機が椅子の下に置かれていました。このサプライズ(心配り)に私は感動致しました。総務部の皆さん、大変嬉しいサプライズ(心配り)をありがとうございました。これで、厳しい寒さを乗り切っていきたいと思います。

2011-02-21 17:19 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る