株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

今週末最後の練習

 『この靴と共に・・・』

 今週末最後のマラソンの練習を行った。昨年度は極寒の中、松山市内を走り回ったのを思い返す・・・。走っていると、色んな松山の知られざる姿が発見できて、それはそれで本当に勉強にもなったし、いい汗もかくことができた・・・。しかしながら、寒い中ということと、アップダウンの固いアスファルトのせいで、足に負担が掛かり左足首を損傷という大きな代償を請け負ってしまった・・・。その時の失敗を踏まえ、本日はスポーツクラブフィッタの室内ルームランナーで、今週末最後のマラソンの練習をすることにしたのであった・・・。
 ルームランナーの設定を、本日の目標として2時間と入力し、時速を7.5kmに設定して、いざ2時間の練習を行った。最近、2日に1日は1時間走る練習をしてきたせいか、1時間のランは難なくこなせるようになっていた。マラソンの練習はやったらやっただけ期待を裏切ることはない・・・(貯金が貯まっていくのを想像)。1時間を超え、さらに倍の2時間走り続けた・・・。こうして、今週末最後となるマラソンの練習は幕を閉じた・・・。
 大会本番の日(2月6日)が近づくにつれ、緊張感は高まっていく・・・。悔いの残らない第49回愛媛マラソン大会にする為にも、少しでも悪あがきをしてでも、一歩一歩、前を向いて真っ直ぐ進んで行きたいと思う。第49回愛媛マラソン大会まであと7日!!!

2011-01-31 06:41 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(6)

第193回「しもつき会」

 『競技前ミーティング』

 1月29日(土)、北条カントリー倶楽部にて、第193回「しもつき会」が開催された。昨年の3月27日(土)に開催された第188回「しもつき会」からちょうど10ヶ月ぶりの「しもつき会」だった私・・・。2011年度第1回目の「しもつき会」ということで、新年の幕開けをしもつき会会員と共にお祝いしたのである(10ヶ月ぶりだったので、私のことを忘れていないかと少々不安だった・・・)。本日は、週末に訪れる寒波の影響で大変寒くなることが予想された一日・・・。競技前ミーティングに入る前に、会員同士、互いに貼るカイロを貼り合って防寒対策に臨んだ・・・。防寒対策を万全にした私たちは、朝一のティーストショットを迎えるべく、各々OUTコース・INコースのティーグラウンドに向かったのであった・・・。
 前日のボウリングで、右手の中指と薬指を痛めてしまった私・・・。グーパーとすると、ズキッズキッと痛みを生じる。不安を少し抱えながら、OUTコース1番ホールの朝一ティーショットに臨んだ。順番を決めるくじ引きで3番を引き当てた私は、ドライバーを手にアドレスに入った。そして、無心で振り抜かれたボールは、ドロー系の放物線を描き、自分の思った所へ飛んでいったのであった。さてさて、本日の結果や如何に・・・。
 マラソンの練習も兼ねていた本日のラウンド。全ホールをゴルフしながらジョギングしてラウンドすることができた。競技終了ミーティングルームへと場所を移し、表彰式が行われた。本日の私のスコアは、(50、56)106であった。そして順位は、31位中21位という入賞すらされない順位だった。しかしながら、一つだけドラコン賞をいただくことができたのである。
 本日は、第193回「しもつき会」に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。久しぶりにしもつき会会員の皆様と共に、笑いあり笑顔ありの親睦が深めることができて、本当に嬉しく思っております。そして、共にラウンドしていただきましたメンバーの皆様、楽しいゴルフを展開させていただき、心から感謝しております。「絆」という名の「しもつき会」が、今後益々ご発展・ご繁栄されますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。
 PS:しもつき会事務局の皆様、いつもありがとうございます。次回もよろしくお願い致します。愛媛マラソン、楽しく走りましょう!!!

 『OUTコース1番ホール』

 風は弱かったものの、肌に突き刺さる冷たい風が私たちを襲ってきた・・・。今日の命運を分ける朝一ティーショットに臨む、しもつき会会員たちであった・・・。さて、どんな結末が待ち受けているのか・・・?

 『競技終了後ミーティング』

 厳しい寒さに耐え忍んだ後のミーティングタイムはホッとするものです。石﨑会長のご挨拶と共に、本日の表彰式が始まった・・・。栄えある優勝に輝かれた越智さん。本日のご優勝、誠におめでとうございます。

2011-01-30 06:20 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(2)

平成23年度分会対抗チャリティーボウリング大会

 『高山会長ご挨拶』

 1月28日(金)、キスケボウルにて、(社)愛媛県建設業協会青年部会分会対抗チャリティーボウリング大会が開催された。毎年この時期に開催されるチャリティー大会・・・。今年はボウリングということで、愛媛県各支部から青年部会の先鋭部隊がキスケボウルに集結し、分会対抗チャリティーボウリング大会は盛大にその幕を開けた・・・。
 松山支部はAチーム、Bチームの2チームに振り分けられ、私はBチームとして今大会に臨んだ。松山Aチームは佐古リーダーがオーナーを務められ、Bチームは中西リーダーがオーナーを務め仲間たちを引っ張っていく・・・。ボールが10本のピンすべてを捕える(ストライク)と、次第に両チームのボルテージは上がって行き、ハイタッチで仲間の健闘を讃え合っていくのである。松山Aチーム(佐古リーダー)、松山Bチーム(中西リーダー)はテンションが最高潮に・・・。私の1ゲーム目は197ピンだった・・・。
 1ゲーム目が終了し、「フ~」と一息・・・。皆、体力がかなり消耗している模様・・・。「年やな~」、「腕が痺れる~」、「指が~」など、年齢・体力・メンタル面の叫びが飛び交う中、気合を入れ直し2ゲーム目に突入する。1ゲーム目で体力が無くなった者、逆に体が温まって動きが良くなってきた者、どちらにしてもストライク・スペアが出た時のハイタッチだけは欠かさなかった・・・。私も1ゲーム目が197ピンと高得点だった為、さらに気合を入れて2ゲーム目に臨んだ。6回までストライクとスペアが連続し、これはただ事ではないと、優勝する自分の姿が頭を過り始めてきた・・・。すると、7回目に9ピン8回目に9ピンと、まったくストライク・スペアがとれなくなったのである。結局、144ピンと得点が伸びず、197+144=341という結果に終わってしまった。順位は後の懇親会でのお楽しみ・・・。
 表彰式並びに懇親会が国際ホテル松山で開催された。各賞が表彰されていく中、私たち松山Aチーム・Bチームの両チームは、団体戦はまったく賞に入らなかった・・・。栄えある優勝に輝いたのは宇摩支部でありました。誠におめでとうございます。そして、個人の部に移り、第4位に輝いたのは、なんとなんと私であった。そして、なんか知らんけど飛び賞の90位をゲットしたのは菅野副部会長であった。一応、各賞をゲットできた松山支部のテーブルは、最高の盛り上がりを見せたのである。こうして、(社)愛媛県建設業協会青年部会分会対抗チャリティーボウリング大会は幕を閉じたのであった・・・。
 本日は、平成23年度(社)愛媛県建設業協会青年部会分会対抗チャリティーボウリング大会に参加させていただきまして、誠にありがとうございます。建設業協会として、チャリティー活動に参加できましたこと、大変嬉しく思っております。そして何より、各支部の皆さんと親睦を深め合うことができたことが、私にとって最高の喜びでありました。心より感謝しております。今後益々、高山会長を筆頭に(社)愛媛県建設業協会青年部会が一丸となっていきますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。

 『松山Aチーム・Bチームのメンバー』

 スポーツマンシップにのっとり、協力して闘い抜いていくことをここに誓い合いました。

 『始球式』

 中西部会長から、渾身のパワーボールが転がされ、始球式が行われました。これより、(社)愛媛県建設業協会青年部会分会対抗チャリティーボウリング大会の幕開けです。

 『緊張の瞬間・・・』

 結構ドキドキするスペアがとれるかとれないかの瞬間です。この後ろ姿で誰が投げているかは協会員ならわかるはず・・・。正解は、高橋君でした。この投球で見事スペアはとることができました・・・↓ ↓ ↓

 『至福の時、ハイタッチ』

 スペアでカバーすると、次第に両チームのボルテージは上がって行き、ハイタッチで仲間の健闘を讃え合っていくのであった・・・。

 『ストライクの連ちゃんの末・・・』

 ストライクの連ちゃんの末、上部モニターに映るスロットマシーンに777が揃いました。取り敢えず、3等をゲットしました。2ゲームのボウリングが終了し、表彰式並びに懇親会会場である国際ホテル松山へと場所を移した・・・↓ ↓ ↓

 『表彰式・懇親会に先立ち・・・』

 表彰式・懇親会に先立ち、乾杯を行いました。

 『個人の部第4位』

 個人の部の表彰に移り、第4位に輝いたのは、なんとなんと私でありました。賞品の中身は、寝具(布団)でありました。これを持って八坂通りを歩くのは、ホント大変でしたよ・・・(苦)。松山市民の注目の的になってしまったのは言うまでもない・・・。

 『個人の部第90位』

 個人の部の飛び賞である90位に輝いたのは、菅野副部会長でありました。賞品を貰い受けた菅野副部会長は、「何で俺なんやろか?」と、ひたすらつぶやいておりました。まっどちらにしても、入賞おめでとうございます。因みに、賞品の中身はトレーニングセットでありました。これで、今年1年間鍛え続けて下さい。笑いあり、笑顔ありの懇親会に、心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

2011-01-29 18:16 | 未分類 | Trackback(1) | Comment(0)

1月度マルトメ安全パトロール

 『高木保育園園舎改築事業工事』

 1月28日(金)、1月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から私と中田部長、一色部長、佐伯さんの4名。マルトメ協力会社から、愛媛建材株式会社(篠原 博明氏)、株式会社ダイキアクシス(橘 修平氏)、有限会社西原建設(西原 功二氏)の3名。計7名で安全パトロールを実施した。本日のパトロール現場は、高木保育園園舎改築事業工事、愛光学園校舎増築工事、(仮称)姫原TⅡマンション新築工事の3現場を回った。
 最初にパトロールした高木保育園園舎改築事業工事の現場では、内部仕上工事並びにタイル工事、防水工事、電気設備工事が行われていた。現場事務所に入ると、スリッパが乱雑になっていたのが私の目に付いた。6S運動にも掲げている姿勢には、人を迎える姿勢というのも含まれている。おもてなしの心をもって、現場事務所に来られる方々に迎える姿勢を見せていただきたいと思います。そして、迎える姿勢の二つ目に、トイレは毎朝綺麗にしておいて下さい。今後とも、現場監督として迎える姿勢を忘れないように、安全・衛生意識のレベルの向上をよろしくお願いします。
 引き続きパトロールした愛光学園校舎増築工事の現場では、増築部では屋根工事及び外壁工事が施工され、倉庫では土間型枠解体工事、そして、渡り廊下では埋め戻し工事が行われていた。パトロール員全員が「整理整頓状況が大変良い」と声が上がった。そして、元気で明るい挨拶ができているのも見逃せない・・・。今後は現場監督自身が、ノーブラ運動を実施し、6S運動をしっかりと現場入場者に浸透するように務めていただきたいと思います。地域の方々へのコミュニケーションを大事にして、日々の安全管理に取り組んで下さい。よろしくお願いします。
 最後にパトロールした(仮称)姫原TⅡマンション新築工事の現場では、4階型枠建込工事が行われていた。現場に入場したパトロール員全員が「整理整頓が素晴らしい」と声が上がった。朝礼時、監督の想いが協力会社の皆様に浸透していることがよく理解できた現場である。そして、いつもノーブラ運動を率先して行い、常に進化する姿勢を見せ続けている現場であった。今後とも現場一丸となって安全・衛生に留意して施工に臨んでいただきたいと思います。
 3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・設備業者が使用する長尺脚立の適正使用を徹底して頂きたい。(許可標示等)

・分電盤の蓋が開いてままの状態や、破損したまま使用しているケースがあった為、今一度見直して頂きたい。

・現場ごとに温度差があるが、協力業者と共により良い現場づくりをしていきたい。

・工程が厳しいと、安全が後回しになる傾向がある。工程に余裕を持って計画し、安全性を高めて頂きたい。

 本日は大変お忙しい中、そしてお寒い中、1月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。本日皆様から頂戴しました貴重な指導事項は、真摯に受け止め、会社一丸となって改善に取り組んで行きたいと思います。本日パトロールいただきました3現場とも、建設業のモラルアップ、そして、人を迎える姿勢のことを私は強く言いました。建設業として、変えてはならないものは、一つに「地域に対して感謝」すること、二つに「地域に愛される建設業」になることであります。地域に愛される建設業を、協力会社の皆さんと共に目指していきたいと強く思いますので、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

 『愛光学園校舎増築工事(倉庫部)』

 愛光学園校舎増築工事の現場では、倉庫部で土間型枠工事が施工されていた。

 『愛光学園校舎増築工事(増築部)』

 愛光学園校舎増築工事の現場では、増築部で屋根工事及び外壁工事が施工されていた。パトロール員全員が「整理整頓状況が大変良い」と声が上がった。そして、元気で明るい挨拶ができているのも見逃せない・・・。今後は現場監督自身が、ノーブラ運動を実施し、6S運動をしっかりと現場入場者に浸透するように務めていただきたいと思います。地域の方々へのコミュニケーションを大事にして、日々の安全管理に取り組んで下さい。よろしくお願いします。

 『(仮称)姫原TⅡマンション新築工事』

 (仮称)姫原TⅡマンション新築工事の現場では、4階型枠建込工事が行われていた。現場に入場したパトロール員全員が「整理整頓が素晴らしい」と声が上がった。朝礼時、監督の想いが協力会社の皆様に浸透していることがよく理解できた現場である。そして、いつもノーブラ運動を率先して行い、常に進化する姿勢を見せ続けている現場であった。今後とも現場一丸となって安全・衛生に留意して施工に臨んでいただきたいと思います。

 『安全ミーティング』

 3現場を回ってパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。光宗所長、米本さん、冷え切った体に有難い昆布茶を出していただきまして、本当にありがとうございました。

2011-01-29 17:16 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

ご融資先・連携先交流会

 『情熱の講演会』

 1月27日(木)、東京第一ホテル松山にて、日本政策金融公庫 ご融資先・連携先交流会が開催された。本日の参加者たちによる個別商談会が行われた後、お二人の講師によるセミナーが行われた。
 本日のセミナーは、講師に義農味噌株式会社 代表取締役の田中 正志氏による「地産地象の商品開発によるビジネスモデルの創出」、そして、日本政策金融公庫総合研究所 主任研究員の丹下 英明氏による「農工商連携を成功に導くためのポイント」の演題の下、進められた。
 田中先生は、弊社で行っている地域清掃という原点を教えていただいた方で、掃除にかける想いは人一倍強く持っておられる先生である。本日は、田中先生がこれまで歩んでこられた、山あり谷ありの道程が私たちに伝えられた・・・。田中先生の原点ともいえる、死ぬほどいやだったマネキン販売をやってた時代から、「蔵癖」といわれる微生物の影響で味噌がダメになるという、会社倒産の危機に陥ってしまう苦労話など、創業者から代を受け継ぐまでの道程を本音で語られていく・・・。
 社員さんがなかなか話を聞いてくれない・・・。これは後継者の誰もが経験することで、代を受け継ぐ際の一番の難題が、田中先生の口から飛び出してきた・・・。しかし、田中先生の原点であるマネキン営業を全社員で行うことで、みんなで創り上げていこう(ストーリー)という社風がそこに生まれるのであった。この全社員の共有の精神により、「社員さんとの信用が確立され」、「味噌の味がよくなり」、「創業者(父)の苦労」が改めて理解できたと田中先生は仰った。そして、地産地消の商品開発が遂行され、伊予さつま汁、鯛飯、ドレッシング、食べラーと数々のヒット商品が生まれたのである・・・。「人のご縁を大切に」をモットーに、感謝する気持ちを忘れないように、次の世代にバトンタッチすることが伝えられ、本日の「地産地象の商品開発によるビジネスモデルの創出」の情熱の講演会は幕を閉じたのであった・・・。その後、日本政策金融公庫総合研究所 主任研究員の丹下 英明氏による「農工商連携を成功に導くためのポイント」の演題の下、農商工連携を成功させるポイント5つが私たちに伝えられた・・・↓ ↓ ↓
①固定概念の打破
②マーケットインの視点
③明確なマーケティング戦略の策定
④技術革新成果の活用
⑤活発なコミュニケーションの実施とそれを促す仕組みづくり
 本日は、日本政策金融公庫 ご融資先・連携先交流会に参加させていただきまして、誠にありがとうございます。田中先生、丹下先生におかれましては、私たちの心の奥底に響くお話をしていただきましたこと、心から厚く御礼申し上げます。至る所にチャンスが埋まっている中、固定観念にとらわれないようにすることが、今の現状を打破できることを、本日のセミナーを受けて私は思いました。今日の先生の話を胸に、今後の経営に役立てていきたいと思います。今後益々、日本政策金融公庫様が、ご発展・ご繁栄されますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。
 PS:懇談会では、素晴らしい一期一会の機会をいただくことができました。このご縁を大切にしたいと思います。

 『チャンスが一杯の懇談会』

 懇談会では、素晴らしい一期一会の機会をいただくことができました。このご縁を大切にしたいと思います。本日は誠にありがとうございます。

2011-01-28 14:06 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

第61回エースの会

 『会長ご挨拶&乾杯の音頭』 

 1月26日(水)、「すしまる」にて、第61回エースの会が開催された。2011年度初めてのエースの会ということで、新年会も兼ねた土木・建設業の同業社同士の懇親会が輝かしくスタートを迎えた・・・。私がエースの会幹事を仰せつかってから、4年の月日が流れようとしている。そんな中、本日も2ヵ月毎に開催されるエースの会へ、多くの会員の皆様にお越しいただくことができたのであった・・・。そしてまもなく、エースの会菅野会長の乾杯の音頭により、第61回エースの会は幕を開けたのである・・・。
 何とか2ヵ月毎の開催を維持し、エースの会会員たちが集える場所を提供し続けることに成功している。同業種(土木・建設業)の会で、年齢に関係なく集まれる場というのは、本当に有難く思っている。そんな中、「おい、このエースの会はいったい今何回目なんぞ?」という言葉が先輩から飛び出してきた。そこで私は「このエースの会、何年前からやりよんですか?」と聞くと、「10年前ぐらいからかな・・・」という。約1年間に5回~6回開催していることを考えると、本日でだいたい60回ぐらいではないかということで落ち着き、菅野会長の意向で「じゃー本日が第61回目ということで・・・」と、満場一致で第61回目ということが可決承認されたのであった・・・。そんなこんなで、大変盛り上がることができた本日のエースの会。おかげさまで、大変有意義な一日を過ごすことができたのであった・・・。
 本日は大変お忙しい中、第61回エースの会にお越しいただきまして、誠にありがとうございます。幹事として、多くの会員の皆様にお集まりいただきましたこと、心から感謝申し上げます。今後も、土木・建設業の強固な架け橋となりえる、楽しいエースの会にしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。
 PS:次回は春よ来い来いもっと来い!第62回エースの会を3月に予定しております。

2011-01-27 10:58 | 未分類 | Trackback(1) | Comment(0)

第1回まつやま未来創造会議

 『まもなく会議開会』

 1月25日(火)、松山商工会館4階第2会議室にて、記念すべき第1回目の2011年度(社)松山青年会議所 第1回まつやま未来創造会議が開会された。単年度制である青年会議所にとって、2011年度(大野体制)を輝かしくスタートさせる為には、会議(委員会)は必要不可欠である。昨年度より、準備に準備を重ねた私たちの4つの進むべき方向は、1月11日(火)に開催された(社)松山青年会議所第1回理事会にて可決承認された。4つの進むべき方向と1つの協議案件を積極的な議論を行うべく、2011年度スローガンである「明るく、元気に、前向きに!住みなすものは 心なりけり」掛け声の下、まつやまの未来を創造する情熱会議は開会された・・・。
 4つの進むべき方向性の1つである、昨年度に門田議長率いる政策提言発信会議より策定された『2020年まつやままちづくりビジョン』の周知徹底を1年間かけて図っていくことを通達させていただいた。2つ目は、知られざる松山の歴史・文化の掘り起こしを行い、『まつやま食文化に関する研究』を、2月~6月にかけて有識者の方々から意見交換を展開していくことである。3つ目は、来年の2012年に(社)松山青年会議所は創立60周年を迎えるにあたり、よりよい記念事業を行うためには、事前準備を59年目の今年に行っていかなければならない・・・。そこで、松山市民の皆様から本音の生の声を頂戴するべく、よりよいまちづくりアンケート調査を実施することにした。我がまちまつやまが更に発展を遂げる為に必要な分野や、まつやまの良さを全国にアピールする既存の素材もしくは新素材のことなど・・・。4つ目は、2月6日(日)に開催される第49回愛媛マラソンを、(社)松山青年会議所が支援していくものである。昨年度にも行ったおもてなしブース(芋炊き)は今年も健在で、全国のランナーそして松山市民の皆様に冷えた体を温めていただくべく、おせったいの心をもっておもてなしに徹していく・・・。2011年度、今決定している進むべき4つの方向を円滑に展開できるようにとことん協議して、委員たちの承認により決議されていったのであった・・・。
 本日は大変お忙しい中、2011年度(社)松山青年会議所 第1回まつやま未来創造会議にご参集賜り、誠にありがとうございます。本日、委員の皆さんと共に有意義な会議が展開できましたこと、心から感謝と御礼を申し上げます。そして、委員の皆さん一人ひとりが、参加意識をもっていただいたことに大変嬉しく思っております。今後とも、元気で明るく前向きな、まつやま未来創造会議を進めていきたいと思いますので、今年1年間よろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。
 PS:大野理事長、西村専務理事、三浦副理事長、帽子副理事長、北村室長、谷本会員拡大副実行委員長、愛媛マラソン実行委員会様、オブザーブ参加していただきましたこと、この場をお借りしまして心からの感謝と御礼を申し上げます。西山雄二君、今日一日、写真撮影していただきまして、誠にありがとうございました。

 『理事長ご挨拶』 

 記念すべき第1回目のまつやま未来創造会議の出発式に、大野理事長よりご挨拶を賜りました。2011年度スローガンである「明るく、元気に、前向きに!住みなすものは 心なりけり」を念頭に入れて、今後とも率先して行動していきます。 

 『担当副理事長ご挨拶』

 当会議体の担当である帽子副理事より、これからまつやま未来創造会議の進むべき方向を一丸となって行うことを、ご挨拶していただきました。準備し、段取りする大切さを教えていただきました。

 『担当室長ご挨拶』

 これだけの多くのメンバーが集まり、積極的な議論が展開できる喜びを、当会議体の担当である北村室長よりご挨拶をいただきました。事前配信されている資料の読み解きを行い、しっかりと理解した上でこの会議に臨んでほしいと述べられました。

 『議長挨拶』

 議長として、これだけ多くのまつやま未来創造会議メンバーに出席賜ったことを、本当に嬉しく思っております。私自身、第49回愛媛マラソンをランナーとして、参加させていただきます。完走できたとしても、もし万が一完走できなかったとしても、ゴールで温かく皆さんに見守っていただきたいと思います。今年1年間、よろしくお願い致します。

 『会員拡大副実行委員長ご挨拶』

 会員拡大チームが一丸となって前へと進みだす中、今後とも数多くの心を同じうする志高い青年が相集うことを切に願い、本気で会員拡大に臨んでいくことを谷本副実行委員長よりご挨拶が行われました。

 『愛媛マラソン実行委員会ご挨拶』

 愛媛マラソン実行委員会様よりご挨拶が行われました。第49回愛媛マラソンを大成功に導くべく、私たち(社)松山青年会議所は一丸となって支援していきたいと思います。本日はお越しいただきまして、本当にありがとうございました↓ ↓ ↓

 『愛媛マラソン応援用小旗』

 全国のランナーたちを応援する小旗が作成されました。この小旗をもった者は(社)松山青年会議所のメンバーですので、温かく見守っていただきたいと思います。よろしくお願い致します。

 『出向者報告』

 先般開催された全国大会運営会議の出向者である第3小会議宮谷副議長より、出向者報告が行われました。第60回全国会員大会名古屋大会が大成功に導くことをお誓い申し上げます。これからもよろしくお願い致します。

 『副理事長ご挨拶』

 三浦副理事長より、全国会員大会招致活動の流れを私たちにご挨拶いただきました。円滑な招致活動を行えるように、私たちまつやま未来創造会議一丸となって頑張りたいと思います。

 『副理事長所見』

 帽子副理事長より今日の会議の所見をいただきました。その中で、「事前配信されている資料を読み込み、しっかりと理解した上で今後の会議に臨んで下さい」と所見を賜りました。そして、パソコン会議のメリット・デメリットが私たちに伝えられ、「パソコン会議のデメリットである、人が話をしている時はパソコン作業をしないようにして下さい」と所見を賜りました。これから以上のことを気をつけて会議に臨んでいきたいと思います。

 『岡田副議長による乾杯』

 長時間の会議後は、海鮮・相撲茶屋 うわじま場所にて懇親会を行いました。岡田副議長による乾杯のご発声の下、懇親会は輝かしく幕を開けました。岡田副議長、「楽しく、元気に、前向きに!!」じゃなく「明るく、元気に、前向きに!!」ですよ!!

 『まつやま未来のゆかいな仲間たち』

 美味しい料理と美味しいお酒を囲んで、普段話せないことなどを話し、懇親を深めることができました。笑いあり、笑顔ありの懇親会に感謝します。本日は誠にありがとうございました。

2011-01-26 15:23 | 未分類 | Trackback(1) | Comment(0)

もしも願いが叶うなら(時よ止まれ編)

 『柔軟体操』

 第49回愛媛マラソン大会(2月6日)まで刻々と日が近づいてきている。先日の京都の地3日間は、かなりのブランクを生じてしまったのは否めない・・・。「今日は走っとかんといかんなぁ・・・」という気持ちが抑えられない状況の中で、マラソンの練習をすることを決意した。走る前には必ず柔軟体操と、さっそく居間でアキレス腱伸ばしをすることに・・・。すると、横でそれを見ていた奏来が私の真似をするのであった。次に体全体を解す運動として小刻みジャンプを行った。最後に、ランナーにとって一番大切な部位である股関節の柔軟を行った。柔軟している後ろから、奏来は私の柔軟サポートしてくれた・・・。準備は整った。いざ、夜の極寒ランニングへレッツゴーである・・・。そして、夜の松山のまちを約10km走った。
 走りながら、京都でのアルコール漬けの3日間のブランクは、正直大きかったことを体感させられる。最近、時間を空けては1時間のランニングは欠かさなかっただけに・・・。しかし、時間は無情にも刻々と過ぎている。ここにドラゴンボールが7個揃い、神龍に願いを伝えることができるのならば、時を止めてもらいたいと思う・・・。考え方はいくつもある。例えば、「佐伯さんの体にしてくれ」とか「大会当日、走ったことにしてくれ」とか・・・。しかし、努力をするという意味では「時間を止めてくれ」が最高の願いではなかろうか・・・。もしも願いが叶うなら、是非、時を止めてほしい。第49回愛媛マラソンまであと13日!!!

 『小刻みジャンプ運動』

 体全体を解す運動として小刻みジャンプを行った。奏来と一緒に行った・・・。

 『股関節の柔軟体操』

 最後に、ランナーにとって一番大切な部位である股関節の柔軟を行った。柔軟している後ろから、奏来は私の柔軟サポートしてくれた・・・。

 『夜の極寒ランニング』

 準備は整った。いざ、夜の極寒ランニングへレッツゴーである・・・。そして、夜の松山のまちを約10km走った・・・。ただ一つ言えるのは、昨年より左足首は万全であること・・・。時よ止まれ!!!

2011-01-25 12:00 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(4)

2011年度京都会議(最終章)

 『理事長号に乗り込んで・・・』

 1月23日(日)、2011年度京都会議(最終章)を迎える・・・。楽しかった前日のLOMナイトがまだ鮮明に頭に残っている朝一・・・。8時ホテルのロビーに集合した私たちは、「昨日あれからどうやった?どこいったん?」と言葉が飛び交う中、お世話になったハートンホテルに別れを告げた。理事長号に乗り込んだ私たちは、佐伯委員長の運転の下、本日「新年式典」が開催される国立京都国際会館を目指した・・・。※新年式典とは、公益社団法人日本青年会議所2011年度福井会頭より、2011年度の会頭所信、基本理念、基本方針を発表する、会頭の想いを参加者に直接語りかけていただく場とした静粛な式典である。
 ホテルから15分程車を走らせると、国立京都国際会館が見えてきた・・・。すると、そこには長蛇の車の列があった・・・。そして長蛇の車の列に並ばされること15分、ようやく警備員のところに到達したが既に遅し、「ただいま満車です」との事・・・。結局、車を駐車することができないまま、刻々と時は過ぎていった・・・。こうして、「新年式典」に出席することができなかった私たち・・・。ということで、まつやま未来創造会議メンバーたちも合流し、京都を代表する室町時代の建物「舎利殿(金閣)」を観光することにした。私にとって、実に中学校の修学旅行、17年ぶりの金閣寺であった・・・。
 400円の入場料(御守護)を手に入口を潜ると、鏡湖池に映し出された金閣寺が見えてきた・・・。世界文化遺産にも登録されている金閣寺。正しくは鹿苑寺(ろくおんじ)といわれ、1層は寝殿造(しんでんづくり)で法水院(ほうすいいん)、2層は武家造で潮音洞(ちょうおんどう)と呼ばれている。3層は、中国風の禅宗仏殿造で究竟頂(くっきょうちょう)と呼ばれ、三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建築物である(2層と3層には、漆の上から純金の箔が張られている)。ここで私たちは、金閣寺をバックに記念写真を撮ることにした・・・。そして、順路に沿って金閣寺境内を歩いたのであった・・・。
 この後、松山JCメンバーで平安神宮神苑に赴き、輝かしいスタートを祈願して参拝することにした。昨年と同様にこの神聖な場に訪れ、メンバー全員で参拝したのを思い返す・・・(社)日本青年会議所2010年度京都会議『新年式典』。今年も大野理事長筆頭に、玉串奉納(2礼2拍手1礼)を執り行い、メンバー全員で今年1年間を祈願したのであった・・・。神事は滞りなく執り修めることができ、今年も恒例のおみくじを引くことにした。おみくじを振り「えええーーーい」と願いを込めて引いたおみくじの番号は十一番・・・。早速、おみくじを引き換えに行くと、「末吉」だったのである。昨年度の「凶」から一つランクアップの「末吉」・・・。「よし、まっこれでええわい」とランクアップしたことを嬉しく思い、「今年1年間頑張ります」と心の中で願いを込めながら、木におみくじを括り付けた。そして、「明るく、元気に、前向きに!!」を合言葉に、松山JCメンバーたちは松山へと帰省するのであった・・・。
 おもてなしの心、気配り、心配りを、昨年と同様にまた一つ教えていただいた京都会議でした。今年は全国運営会議の出向者として、(社)松山青年会議所を背負っている身であります。JC三信条であります「個人の修練」「社会への奉仕」「世界との友情」を胸に、今年1年間、邁進していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。2011年度京都会議の3日間、お世話になりましたすべてのJAYCEEの皆様に、心からの感謝を申し上げます。
 PS:大野理事長をはじめとする松山JCメンバーの皆様、3日間本当にお世話になりました。まつやま未来創造会議メンバーの皆様、誠にありがとうございました。吉田幹事、長時間の運転、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 『400円の入場料(御守護)を手に・・・』

 400円の入場料(御守護)を手に入口を潜ると、鏡湖池に映し出された金閣寺が見えてきた・・・。

 『金閣寺をバックに・・・』

 ここで私たちは、金閣寺をバックに記念写真を撮ることにした・・・。忘れられない歴史を刻む為に・・・。そして、順路に沿って金閣寺境内を歩いたのであった・・・。

 『違う角度からもう一枚・・・』

 違う角度から金閣寺をバックに、もう一枚記念写真を撮ることにしました。こうして見ると、ホントに風情がありますね~。みんなとこれて本当に良かったです。

 『昼食時となったので・・・』

 金閣寺を観光し終え、ちょうど昼食時となったので、うどん処「一休亭」で昼食をとることにしました。うどん、そば、牛丼、親子丼、他人丼と、注文一つに各々の個性が見えたのに面白かったです。

 『平安神宮神苑』

 松山JCメンバーで平安神宮神苑に赴き、輝かしいスタートを祈願して参拝することにした。昨年と同様にこの神聖な場に訪れ、メンバー全員で参拝したのを思い返す・・・。今年も大野理事長筆頭に、玉串奉納(2礼2拍手1礼)を執り行い、メンバー全員で今年1年間を祈願したのであった・・・。

 『理事長ご挨拶』

 神事は滞りなく執り修めることができ、参拝後はメンバー全員で記念写真を撮りました。「明るく、元気に、前向きに!!」を合言葉に、松山JCメンバーたちは松山へと帰省するのであった・・・。大野理事長をはじめとする松山JCメンバーの皆様、3日間本当にお世話になりました。

 『参拝後の恒例のおみくじ・・・』

 今年も恒例のおみくじを引くことにした。おみくじを振り「えええーーーい」と願いを込めて引いたおみくじの番号は十一番・・・。その後、梶木副実行委員長も私の後に続いた・・・↓ ↓ ↓

 『十一番「末吉」のおみくじ』

 早速、おみくじを引き換えに行くと、「末吉」だったのである。昨年度の「凶」から一つランクアップの「末吉」・・・。「よし、まっこれでええわい」とランクアップしたことを嬉しく思い、「今年1年間頑張ります」と心の中で願いを込めながら、木におみくじを括り付けた。

 『毎年恒例のおみくじ記念に一枚』

 今年1年を占う「大吉」~「末吉」が出揃う中、毎年恒例のおみくじ記念に一枚写真を撮りました。まつやま未来創造会議の議長である私と岡田副議長の二人ともが「末吉」という、何とも不思議なものを感じたおみくじになりました。今年1年間、よろしくお願い致します。
 PS:梶木副実行委員長、写真撮影していただきまして、本当にありがとうございました。

2011-01-24 00:44 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

2011年度京都会議(LOMナイト)

 『LOMナイト懇親会場』

 1月22日(土)、2011年度京都会議(二日目)を迎えた。前日の全国大会運営会議の興奮が冷めない最中、午前中は2011年度(社)松山青年会議所まつやま未来創造会議の5つ目となる議案書づくりに励んでいた私・・・。ホテルが静かだったおかげで集中力が上がり、何とかめどが立つところまで仕上ることができた。最近、こんなゆったりした時間さえなかった為、改めて時間の大事さを痛感させられた・・・。刻々と時間が過ぎていく中、あっという間に本日開催される2011年度京都会議(LOMナイト)の時間となった・・・。
 本日のLOMナイト開催場所である「かがり火」に集結する松山JCメンバーたち・・・。丸山副理事長から「今日はしっぽりとやりましょう」の言葉と共に、(社)松山青年会議所LOMナイトは幕を開けた・・・。笑顔と笑いと感謝の心が「かがり火」から波紋のように広がっていく
のであった・・・。そして丸山副理事長より、もっともっと笑顔と笑いを引き出す為の英語禁止令が発令されることに・・・。英語を使った者には、きつい罰が与えられた・・・。
 本日は、山本委員長率いる渉外広報委員会のメンバーの皆様より、最高の(社)松山青年会議所LOMナイトを提供していただきまして、誠にありがとうございました。今日という日を迎え、大野理事長を筆頭に2011年度(社)松山青年会議所はさらに強固な団結力が培うことができました。松山JCメンバー全員が手と手を取り合い、助け合い、更に邁進していきますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。明日へと続く・・・。
 PS:全国大会運営会議古川議長をはじめ各地青年会議所の来訪JCの皆様、過分な芳志を賜り、本当にありがとうございました。小泉先輩、正岡先輩、過分な芳志を賜り、本当にありがとうございました。まつやま未来創造会議メンバーの皆様、京都会議に来ていただき、本当にありがとうございました。心からの感謝を申し上げます。

 『理事長ご挨拶』

 2011年度(社)松山青年会議所第59代大野理事長より、LOMナイト開催に先立ち、ご挨拶が行われました。

 『直前理事長ご挨拶』

 公益社団法人日本青年会議所井川副会頭より、LOMナイト開催ご挨拶が行われました。大野理事長、井川直前理事長の揺るぎない厚い握手が交わされました。これより、2011年度大野丸の出航です。

 『乾杯のご発声』

 丸山副理事長から「今日はしっぽりとやりましょう」の言葉と共に、(社)松山青年会議所LOMナイトは幕を開けた・・・。

 『各地青年会議所来訪JCの皆様』

 全国大会運営会議古川議長をはじめ各地青年会議所来訪JCの皆様、過分な芳志を賜り、本当にありがとうございました。小泉先輩、正岡先輩、過分な芳志を賜り、本当にありがとうございました。

 『2010年度新入会員による感想タイム』

 2010年度(社)松山青年会議所に入会して初めての京都会議(LOMナイト)の感想を述べてもらいました。いつもと違う雰囲気で懇親を深める喜びが伝えられました。仲間ってホントにいいね!!!この中に、なぜかビールを片手に持つ西村専務理事の姿があった・・・???

 『2次会へ移動』

 いつもと違う雰囲気で2次会へと移動する私たち・・・。そこには笑顔と笑いがあった・・・。明るく元気に前向きな2次会の幕が開けた・・・。本日は誠にありがとうございました。

2011-01-23 22:18 | 未分類 | Trackback(1) | Comment(0)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る