株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

送別会

 『会長ご挨拶』

 6月29日(火)、国際ホテル松山にて、作道さんの送別会が開催された。作道さんは、29年間もの長きに渡り門屋組広島支店の発展の為、協力会社の皆様と共に尽力を尽くされてきた。作道さんとのエピソードの中で忘れもしない、私が初めて訪れた4年前の門屋組広島支店新年会で、作道さんは「おーい宮脇、はよせんかい」と声を荒げている横で、宮脇くんがせっせと右から左へと走っていたのを鮮明に覚えている。「おい、宮脇」「おい、宮脇」・・・と。体育会系だった私も、その先輩後輩の姿勢に親近感が非常に湧いたのであった。これも作道さんの最大の愛情表現。「宮脇を男にせないかん」の一心で、作道さんなりの愛情を注ぎ、宮脇くんと共に門屋組広島支店を必死で支えてきたのである。そして、その二人を必死で応援してくれる仲間たちがいた。それは、広島支店の協力会社の皆さんである。何十年もの間築き上げてきた作道さんと協力会社の皆さんとの絆(信頼・信用)を、私は絶対に忘れることない。作道さんがこれまで築き上げていただいた門屋組の歴史と意志は、後輩たちがしっかりと後を受け継ぎ、今後更なる門屋組広島支店の発展に寄与してくれるものと私は信じている。
 作道さんは退職され、当社をお離れになるわけですが、苦楽を共にしてきた生涯の友に対し、これまでと変わることなく末永くご交友賜りますよう、お願い申し上げる次第であります。長きに渡る作道さんのご功績に対し、心からの感謝の意を表すと共に、作道さんの今後のご幸福をお祈り申し上げます。作道さん、長きに渡り門屋組広島支店を支えていただき、本当にありがとうございました。
 PS:門屋組の皆さん、お忙しい中集まってくれて、本当にありがとう。心から感謝申し上げます。

 『社長挨拶』

 長きに渡り、広島支店を支えてこられた作道さんの功績に対し、私の想いを込めた手紙を読まさせていただきました。作道さん、今まで本当にありがとうございました。

 『退職者ご挨拶』

 「出会いがあると同時に遅かれ早かれ別れの時もある、門屋組ことは一生忘れません」と、本日集まった仲間たちに心から感謝の気持ちが伝えられました。作道さんがこれまで築き上げていただいた門屋組の歴史と意志は、後輩たちがしっかりと後を受け継ぎ、今後更なる門屋組広島支店の発展に寄与してくれるものと私は信じています。

 『広島支店長のご挨拶』

 広島支店長である夷子常務より、作道さんに「今までありがとうございました」の感謝の気持ちが伝えられました。この言葉には、しっかりとしたこれまでの歴史があると私は感じました。

 『記念品贈呈』

 感謝の意を込めて、夷子常務から作道さんに記念品が贈呈されました。

 『花束贈呈』

 感謝の意を込めて、花束が田中 安紀さんより贈呈されました。

 『乾杯のご発声』

 矢野専務の乾杯の音頭により、これからの作道さんのご健康とご多幸を祈念して全員で乾杯しました。「乾杯~~」



 門屋組のゆかいな仲間たち。本日、作道さんに感謝を伝えることができて、本当に嬉しく思っております。

 『中締めのご発声』

 水野常務の中締めのご発声により、1発で締められました。先輩と後輩の絆がここに見られました。

 『最後に・・・』

 作道さんは退職され、当社をお離れになるわけですが、苦楽を共にしてきた生涯の友に対し、これまでと変わることなく末永くご交友賜りますよう、お願い申し上げる次第であります。長きに渡る作道さんのご功績に対し、心からの感謝の意を表すと共に、作道さんの今後のご幸福をお祈り申し上げます。作道さん、長きに渡り門屋組広島支店を支えていただき、本当にありがとうございました。

2010-06-30 13:04 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(2)

結婚記念日(2周年)

 『結婚記念日を夫婦で乾杯』

 6月28日(月)、本日で私たち夫婦は、結婚記念日(2周年)を迎えさせていただいた(1周年の模様:結婚記念日(1周年))。2年前の本日に、ご来場いただいた皆さんの前で、永遠の愛を誓い申し上げてからというもの、順調な毎日を送らさせていただいている。この2年の間に、娘の奏来を授かり、私の社長就任や弊社が創業100周年を迎える等、私たち夫婦は素晴らしい体験や経験をさせていただいた。これも一重に、社員・家族・友人たちのおかげであると思っている。人の支え無くしては、人間絶対に生きてはいけない。感謝する心を失ってしまうと、人からの信頼・信用は絶対に得られない。「人の支え合っての自分たち」というお題を下に、創作茶寮 西村で、美味しい料理のフルコースとワインをいただきながら、夫婦生活これまでの2年間を確かめ合ったのである。
 本日は妻と共に、結婚記念日をお祝いすることができたこと、心から感謝しています。これから私は、会社と家族、また地域を守り続けていきたいと思っております。そしてこれから妻には、門屋家の大黒柱として家を守り、奏来を立派な娘に育ててほしいと思います。また来年の6月28日までに家族で楽しい思い出をつくっていきましょうね。これからもどうかよろしくお願いします。

2010-06-29 12:11 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(6)

6月度マルトメ安全パトロール

 『上棟式を迎えたみやぎクリニック新築工事』

 6月28日(月)、6月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から私と水野常務、中田部長、佐伯さんの4名。マルトメ協力会社から、ダイダン株式会社松山営業所(三宅 勝氏)、宮栄建築(宮栄 秀明氏)、有限会社メタルライフタケダ(武田 倫悟氏)の3名。計7名で安全パトロールを実施した。
 本日のパトロール現場は、みやぎクリニック新築工事、ユーミーケア鷹子新築工事、ロイヤルステージ藤原新築工事、三浦工業株式会社安全基礎試験室新築工事の4現場を回った。
 最初にパトロールしたみやぎクリニック新築工事の現場では、前日に執り行われた上棟式から一夜明け、木工事が施工されていた。現場と事務所が離れている為、現場での熱中症対策を配備するようにして下さい。上棟式を執り行った今、現場一丸となって安全・衛生に留意して施工に臨むようよろしくお願いします。
 次に、ユーミーケア鷹子新築工事の現場では、SS棟内部仕上工事が施工されていた。パトロール員全員が「安全通路の確保と整理整頓を今一度考えてほしい」と、一斉に声をあげた。現在、仕上工事に際し、混雑作業となっております。このような時だからこそ、現場監督としての姿勢を見せ、安全・衛生・モラルアップ管理の徹底をよろしくお願い致します。
 次にパトロールしたロイヤルステージ藤原新築工事の現場では、10階型枠・鉄筋工事及び左官工事が施工されていた。現場は不安全要素全く見られず、4Sもしっかり出来ており、危険箇所への配慮が滞りなく成されていた。今後の安全・衛生・モラルアップが更に進化・向上し、現場一丸になって行くことを願っております。よろしくお願い致します。
 最後にパトロールした三浦工業株式会社安全基礎試験室新築工事の現場では、6階型枠工事が施工されていた。現場内のKY(危険予知)を今一度考えて、安全通路の意義を再確認していただきたいと思います。今後更に安全管理・快適な職場環境づくりを推進して下さい。よろしくお願い致します。

 4現場を回って本日のパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・みやぎクリニック作業所では、建前が執り行われた1日後ではあるが、落下防止措置としてのネットを張るなどの措置を講じていただきたいと思います。

・整理整頓が出来ている現場とそうでない現場がある。現場格差がないように現場のレベルを上げていただきたい。

・整理整頓と安全通路の意義を今一度考えてほしい。

 本日は大変お忙しい中、6月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加していただきまして、誠にありがとうございました。本日皆様から頂戴しました貴重な指導事項は、真摯に受け止め、会社を上げてこれから改善に取り組んで行きたいと思います。今後のマルトメ安全パトロールを実施していく上で、協力会社の皆様にはパトロールを半日の時間をかけて行う意義を感じていただき、会社に戻った際には、我々の方針を落とし込んでいただきたいと思います。そして、本気・本音の安全第一を推進していただきたいと思います。今後更に進化していく姿勢を見せ、地域に愛される会社を協力会社の皆さんと共に目指していきたいと強く思いますので、ご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

 『ロイヤルステージ藤原新築工事』

 10階の型枠建込まで現場が上がってきました。こうなってくると、最上階まで上がるのも一苦労です。よって私たちは、ロングスパンエレベーターを使って最上階まで上がることに・・・↓ ↓ ↓

 『突然エレベーターが止まった・・・』

 平岡くんの操縦により、最上階へ上がる途中、事件は起こった・・・。突然エレベーターが止まってしまったのである。途中階で全員避難を余儀なくされた。こんなハプニングがあるんですね。今一度整備のほどよろしくお願いします。

 『現場の温度計』

 本日は猛暑となっていた。現場に置いてある温度計を見てみると、なんと35℃を示していた。これは暑いはずですね。熱中症対策をしっかりと行うようにして下さい。

 『三浦工業株式会社安全基礎試験室新築工事』

 現場内のKY(危険予知)を今一度考えて、安全通路の意義を再確認していただきたいと思います。今後更に安全管理・快適な職場環境づくりを推進して下さい。よろしくお願い致します。

 『パトロール終了後・・・』

 パトロール終了後は、協力会社の皆様と親睦を深める為に、昼食を食べに行きました。よく利用させてもらっているそば吉へ行くことに。そして私は、毎回同じの鴨セイロ大盛りを注文することに・・・。メニューを注文する際に個々の個性が出るのが面白いですね。今後ともマルトメ安全衛生協議会をよろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。

2010-06-29 09:25 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

6月29日の誕生日

 本日、6月29日(火)は渡部さんの誕生日であります。おめでとうございます。いつも総務部3人娘の一人として、門屋組の入口を明るくしてくれている渡部さん。「おはようございます」の声高い一言に、私たちはいつも癒されております。特に私が二日酔いの時等には、その声高い一言で、私のやる気スイッチが入るのであります。これからも総務部3人娘の一人として、門屋組を光輝かせて下さいね。本日は渡部さんの特別な誕生日であります。家族と共に今日一日ゆっくりとお過ごし下さい。本日は誠におめでとうございます。

今日は何の日?
 6月29日は、ビートルズ記念日と肉の日と言われています。

835年
 東海、東山両街道にて渡し船、浮き船、宿屋をつくる。

1718年
 幕府、清との密貿易を厳禁。

1762年
 ドイツに生まれ、ロシア皇太子妃となったエカテリーナ2世、皇帝となった夫を退け、自らが女帝の地位に。無血革命に成功した。

1869年
 東京九段に招魂社創建。

1928年
 治安維持法を改正、公布。

1956年
 マリリン・モンロー、アーサー・ミラーと結婚。

1962年
 十勝岳爆発。

1966年
 ビートルズ来日。

1969年
 新宿西口地下広場で7000人を集めた反戦フォークソング集会、64人が逮捕。

1980年
 伊豆東方沖地震。

1990年
 礼宮文仁殿下・川嶋紀子さんが結婚。秋篠宮と称す。

2010-06-29 00:49 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(2)

世代交代

  『白から黒へ・・・』

 先日、2年と3ヶ月ぶりに携帯電話の世代交代を行った。私自身、携帯電話を持ち始めてから12年の月日が流れる中で、今回の世代交代で黒ちゃん(docomoF‐06B)は、8代目に就任したのである。機能はもちろんのこと、この何年かで何から何までグレードアップしている最近の携帯電話。これだけの成長を遂げている携帯電話を新調することで、「よし、これからやってやるぞ」という新しい気持ちにさせてくれる。それが新しい携帯電話を持つ魅力でもあると私は思う。7代目(docomoP904i)から8代目(docomoF‐06B)に世代交代した今、心機一転の気持ちで、今後の会社経営や家族・友人のコミュニケーションツールとして、共に活躍していきたいと思います。8代目(docomoF‐06B)、これからよろしくお願いします。
 PS:待ち受け画面の奏来の顔も、生後2週間から生後1年と2ヵ月と変わりました。時は間違いなく、急速に進んでおります・・・。

2010-06-28 15:45 | 未分類 | Trackback(1) | Comments(2)

四国地区会員大会 阿南大会

 『ハート交通号に乗り込んで・・・』

 6月26日(土)、四国最東端の光のまち徳島県阿南の地にて、(社)日本青年会議所 四国地区協議会 2010年度四国地区会員大会 阿南大会が盛大に開催された。私が四国地区会員大会に参加させていただくのは今大会で3回目となる。1回目は松山JC入会年度(2008年)に、高知県の最西端で開催された土佐清水大会。2回目は次年度(2009年)に、香川県の野山の幸に恵まれた三豊の地で開催された四国地区会員大会 みとよ大会である。早朝、椿神社に集結したバス組有志8名は、四国最東端の光のまち徳島県阿南の地を目指すべく、ハート交通号に乗り込んだのであった。
 松山を出てから約4時間30分後、大会開催地阿南に到着した。バス組有志8名はバスの中で爆睡していたこともあり、あっという間の到着に驚きを隠すことはできなかった。しかし、バスを降りるとそこは、大雨の降りしきる嵐のまちとなっていた。そしてまもなく、阿南市市民会館にて、四国地区協議会会員会議所会議に井川理事長をはじめ松山JCメンバーたちは参加し、四国地区の会議を体験したのであった。これより、志高き四国地区メンバーたち(29LOM)の情熱会議は開会された。
 会議は滞りなく執り行うことができ、その後は昼食の時間となった。お弁当を食べる者、ちょっと車(バス)を走らせて近くの食堂で食べる者、各々が色んな形で昼食を食べたのである。そして昼食後は、大ホールに集結し記念事業であるパネルディスカッション及び記念式典が盛大に幕を開けたのであった。
 記念式典後、女子プロ野球VS元中日ドラゴンズの立浪和義が監督率いる青年会議所四国選抜(松山JC代表として岡田 真之介くんが出場)の試合が行われる予定であったものの、悪天候の為中止となってしまった。残念さを押し堪えながら、地域交流会に臨んだ私たちは、四国地区のメンバーたちと共に楽しい時間を過ごしたのであった・・・。悪天候をも吹き飛ばす今宵の交流会は、最高の盛り上がりを見せた・・・。
 本日は、(社)日本青年会議所 四国地区協議会 2010年度四国地区会員大会 阿南大会が盛大に執り行うことができましたこと、お慶び申し上げます。四国地区の青年会議所の一員として、阿南大会に参加させていただきまして、心から感謝申し上げます。悪天候の為、野球大会が敢え無く中止されたのが残念でしたが、どんな状況になっても「おせったいの心」を貫いた姿勢を見させていただきました。また、(社)松山青年会議所でも参考にさせてもらいたいと思います。素晴らしい気づきをありがとうございました。今後ますます(社)日本青年会議所 四国地区協議会がご発展・ご繁栄されますことを心から願っております。本日は誠にありがとうございました。
 PS:(社)阿南青年会議所門田理事長をはじめとするメンバーの皆様、「おせったいの心」「おもてなしの心」をしっかりといただきました。今大会の設置・設営、心から感謝申し上げます。来年2011年は愛媛県の西条の地で開催される予定です。

 『大雨の阿南の地』

 バスを降りるとそこは、大雨の降りしきる嵐のまちとなっていた。

 『四国地区協議会会員会議所会議』

 四国地区協議会吉成会長を筆頭に四国地区協議会会員会議所会議は進められた。松山の大きな夢への実現に際し、心温かなお言葉の数々をいただくことができました。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 『食べる所を探すバス組』

 四国地区協議会会員会議所会議後、昼食を食べるべく、近くの食堂を探したバス組の面々。探すこと30分、待ちきれなくなった私たちは、堪らずバタースティックをかじり出したのであった。

 『近く?の食堂』

 近く?の食堂を見つけることができなかった私たちは、バスを走らせること30分後、やっとの思いで食堂を見つけ出したのであった。そして、ラーメンと餃子を美味しくいただいたのであった。

 『記念パネルディスカッション』

 おせったいの心で輝く志国(しこく)の創造をテーマとした記念パネルディスカッションが開催されました。おせったいの心を活かした四国経済の再構築を考える為に、歩きお遍路修行を繰り返す作家の家田 荘子氏、ファンサービスともてなしの精神を貫くプロ野球選手の立浪 和義氏、地元経済人で阿南青年会議所のシニアの先輩である湯浅 恭介氏の3方をパネリストとしてお招きし、コーディネーターを四国の未来を考える徳島県出身のキャスターである朝井 美由紀氏で進められた。おせったいの心の真髄が浮き彫りとなってくる・・・。

 『記念式典開催』

 パネルディスカッション後、記念式典が開催されました。私の目の前には、駄場元くんの姿がありました。松山JCの席には、長身の駄場元くんの頭だけがニョキっと飛び出していました。

 『おせったいブースの数々』

 たこ焼き、ネギ焼、焼そば、ステーキ、アワビ、イカフライ、オードブル等のおせったいブースの数々が立ち並んでいました。



 数々のブースから取ってきた食事を、メンバー同士で分け合いながら食べまくっていました。四国の地で、食を共にする素晴らしさを改めて痛感させていただきました。徳島阿南の地産地消の美味しい料理を堪能することができました。地域の皆様、私たち青年会議所の為に、雨の中本当にありがとうございました。

2010-06-27 10:52 | 未分類 | Trackback(3) | Comment(0)

父(齊会長)へのプレゼント

 『似顔絵+マル留バージョンめずらし』

 6月25日(金)、父が79歳の誕生日を迎えた。門屋組100年間の歴史の中で、54年もの長きに渡り、会社・家族・地域を守り続けてきた父。私自身、3代目から重いマル留バトンを受け取ってからまだ1年も経っていない中、会社・家族・地域に携われば携わるほど日に日に父の背中がとても大きく感じてくるのである。そんな偉大な父が79歳の誕生日を迎えるにあたって、今回私は父の似顔絵をプレゼントしようと思いついた。また、父がこよなく愛する門屋組100周年記念マル留バージョン「にんじん焼酎めずらし」も追加して・・・。
 この度、79歳の誕生日おめでとうございます。これからも共に門屋組を盛り上げ、会社・家族・地域、更には、ウォーキングにゴルフにアルコールにと精を尽し、いつまでも元気な父でいて下さい。これからもよろしくお願いします。

2010-06-26 04:20 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(6)

社内検査(ユーミーケア鷹子)

 『社内検査開始』

 6月25日(金)、ユーミーケア鷹子新築工事の現場にて、門屋組社内検査を実施した。本日の検査員は、私と水野常務、篠浦部長、中田部長の4名であった。現場監督である髙木所長の誘導の下、電気・設備の協力会社の皆さんと一緒に同行し、早速、社内検査を行った。
 社内検査を開始すると、早速、篠浦部長の商売道具である『伸縮自在どこでも見えるミラー』が取り出された。そして、見えにくいところの入念なチェックが始まった。その横で、真剣な眼差しで検査している水野常務の姿があった。検査員たちの手によって妥協のないチェックが次々と施されていった・・・。
 本日は門屋組社内検査、ご苦労様でした。引き渡し日まであと少しですが、体調管理と安全には十分気をつけて施工に臨んで下さい。満足と感動していただく建物を提供する為にも、最後の最後まで現場一丸となって頑張っていきましょう。

 『妥協のない検査』

 社内検査と言えば、篠浦部長の商売道具である『伸縮自在どこでも見えるミラー』の出番であります。この道具により、見えにくいところも一目瞭然で見えてしまうのであります。

2010-06-26 04:08 | 未分類 | Trackback(1) | Comments(2)

6月25日の誕生日

 本日、6月25日(金)は齊会長と山口さんの誕生日であります。おめでとうございます。最近、ゴルフに夜のお勤めにと現役社長時代以上のパワーを発揮している齊会長。また、門屋組100周年記念マル留バージョン「にんじん焼酎めずらし」(我が「珍」人生に一片の悔いなし)を片手に持つことで、パワーはさらに倍増されている模様のようです。今日もめずらし片手に松山の夜のまちを元気に出歩いています。本日で79歳の誕生日を迎えられた齊会長、いつまでも元気でいて下さい。本日は誠におめでとうございます。
 門屋組に入社されてから今年で42回目の誕生日を迎えられた山口さん。「まだまだ若い者には負けん」という姿勢と探究心は、見ている私自身もとても良い刺激を受けております。門屋組の良いところも悪いところも、全ての歴史を見ていただいた山口さんには、これから新時代を生きる若者たちに、その全てを教えていただけたら幸いでございます。本日のこの良き日を、ご家族の皆さんと共にゆっくりとお過ごしください。本日は誠におめでとうございます。

今日は何の日?
 6月25日は、住宅デー(1978年:全国建設労働組合総連合)とされています。ちょうど私が生まれた年です。

1869年
 士農工商の身分制度廃止。

1882年
 東京馬車鉄道、新橋・日本橋間開通。

1884年
 日本鉄道、上野・高崎間開通。

1886年
 北海道土地払下規則を公布。

1942年
 アイゼンハワー、連合軍司令長官に任命された。

1952年
 世界銀行設立。正式名称は国際復興開発銀行。

1950年
 朝鮮戦争勃発。払暁、北朝鮮軍が38度線を南下。3年にわたる朝鮮戦争の始まり。当初は北朝鮮側、その後、アメリカ軍が参戦して韓国側が優位。死者は370万人以上。

1959年
 初の天覧試合・巨人×阪神戦で、長嶋茂雄サヨナラホームラン。

1966年
 国民祝日法改正公布(敬老・体育の日制定。建国記念日は6ヶ月以内に政令で制定。

2010-06-25 01:10 | 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

今 会社が 私が 世の中に貢献できること

 『パネルディスカッション会場前』

 6月23日(水)、松山全日空ホテルにて、愛媛県倫理法人会 青年委員会主催によるパネルディスカッションが盛大に開催された。本日私は、パネルディスカッションの土木・建設業を代表し、パネリストとして招待していただいた。土木・建設業以外にも、食品メーカー業・外食産業・士業・小売・流通業の業界を代表されたパネリストたちが集結し、コーディネーターである愛媛県倫理法人会鶴田青年委員長の主導の下、「今 会社が 私が 世の中に貢献できること」と題し、パネルディスカッションは幕を開けたのであった・・・。
 世の中の役に立ってこそ会社は継続し、多くの人の求められ、成長拡大していく。不況と言われている今、わが社はそして自分自身は、世の中や不況で困っている人たちの為に何ができるのかということを業界別に話し合った。経営者の原点、また仕事の原点に立ち返り、仕事のすばらしさを再確認し合うべく、パネルディスカッションは進められた。
 建設業として私たちの会社一社だけでは、満足していただく建物を建てることができません。多数多様種の協力会社の皆様の協力体制があってこそ、満足と信頼、さらには感動していただく建物ができるものと私は思っている。建物に携わる者たちの想いを一つにして、地域に愛される建物を創造し、安全第一の心構え、地域を美化する地域清掃活動、次世代へ大きな夢と希望を与え、地域と共に成長する会社へと発展することが門屋組の使命と考えている。地元のニーズに応える建設業として、確固として揺らぐことのない信頼関係(地域との絆)を構築していきたいと思います。
 本日は愛媛県倫理法人会 青年委員会主催によるパネルディスカッションに参加させていただきまして、誠にありがとうございました。私自身、パネリストとして発表させていただき、改めて気づいたことや他業界の想いや考え方が大変伝わってきました。そして、忘れてはならない心意気を、私の中で今一度復活させることができました。心から感謝を申し上げます。愛媛県倫理法人会並びに青年委員会の今後ますますのご発展とご繁栄を願いますと共に、地域と共に成長する会社が世の中にたくさん生まれてきますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。
 PS:中田部長、小倉部長、田中安紀さん、林くん、今日は来てくれて本当にありがとう。これからも共に、家族の為、会社の為、地域の為に頑張っていきましょうね。

 『まもなくパネルディスカッション開始』

 会場には400人近い方々がご来場されていました。これより情熱のパネルディスカッションが幕を開けます・・・。

 『パネルディスカッション後の懇親会』

 本日の出会いとご縁の懇親会がパネルディスカッション後に開催されました。楽しく親睦を深め合うことができました。本日の出会いとご縁に心より感謝致します。本日は誠にありがとうございました。

2010-06-24 12:17 | 未分類 | Trackback(0) | Comments(2)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る