株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

イッパチ会中予支部例会2日目

RIMG0058 『朝を迎えて・・・』

 5月30日(日)、前日の刺激的な一日を送ることに成功したイッパチ会メンバーたち。朝、テントで目が覚めると、背中全体に走った激痛と、冷えた肌がとても印象的だった。私は毎日ベッドで寝ている為、ガッチガチの固い寝床には慣れていなかった。その為、朝起きた際に背中全体に激痛が走ったと思われる。一方、普段敷布団で寝ている方に聞いてみると、まったく平気だったと言うからこれまた面白い・・・。それぞれの生活スタイルによっても、キャンプで受けた印象がガラッと変わってくるのである。ちなみに、私の肌が冷えてしまった原因の一つは、山の急激な気温の低下を無視して、軽装を選んだことであった・・・。以後、気をつけたいと思う。
 前日の夕食の経験を活かした朝食の段取りは、各々著しく速くなっていた。そして、本日の朝食メニューである焼そばとホットドッグづくりに、早速取り掛かったのであった。その間に別班は「来た時よりも美しく」の目標をもって、全員が速やかに撤収できるように片付けと掃除を行っていたのである。昨日一日で、最高のチーム力が結成されたのは間違いない・・・。
 2日間に渡り、イッパチ会中予支部例会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。「キャンプで培われるチーム力」という趣旨の下、開催されたイッパチ会中予支部例会。私自身、初めての経験・体験をさせていただき、大変有意義な2日間を送ることができました。これも一重に、星加会長をはじめとするイッパチ会メンバーの皆様のおかげであります。次回は県外支部例会でありますが、また皆様と共に一生の思い出を築けるように率先して参加していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。
 PS:山路会計、何から何まで段取りしていただきまして、誠にありがとうございました。

RIMG0059 『焼そばづくり』

 昨日の経験を活かしながら、焼そばとホットドッグづくりは完成へと導くことができました。思い返してみると、昨年のイッパチ会中島キャンプの時も、日野さんと萩野さんの焼そばコラボだったような・・・。とにかく、手際が良かったです。

RIMG0061 『ホットドッグづくり』

 日野さんの手際の良さは、天下一品です。間近で見て、学ばさせていただきました。

RIMG0062 『ホットドッグ完成』

 パンもしっかりと焼かれていました。こんがりパンにプリプリソーセージが絶品の『イッパチホットドッグスペシャル』の完成です。

RIMG0063 『裏メニュー』

 『イッパチホットドッグスペシャル&カレー』の裏メニューまで飛び出してきました。昨日の残りカレーもしっかりと活用することができましたよ。

RIMG0064 『子どもたちも大喜び』

 味に素直な子どもたちも、「美味しい」と言いながら食べてくれました。子どもたちにとっても最高の思い出となりました。また皆様と共に一生の思い出を築けるように率先して参加していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました。

2010-05-31 06:42 | 青年会議所 | Trackback(2) | Comments(2)

イッパチ会中予支部例会

RIMG0001 『坂の上の雲ミュージアム』

 5月29日(土)、イッパチ会中予支部例会が坂の上の雲ミュージアムにて開催された。昨年のイッパチ会中予支部例会では、弊社が実施している安全パトロール体験を開催した。あれから1年経った今、痩せた者も太った者もおり、1年間という期間が長そうで短いということを感じさせられる中、本日は14名のイッパチ会メンバーが坂の上の雲ミュージアムに集結し、坂の上の雲のまちである松山の歴史を、深く知っていく為の例会を行ったのであった。
 坂の上の雲ミュージアム内部を散策していくと、司馬太郎の長大な作品である『坂の上の雲』に基づいた歴史的史料の数々を、私たちは目にしていくのである。『坂の上の雲』において、正岡子規、秋山好古、真之の松山出身の三人の主人公を外すことはできない。坂の上の雲ミュージアムを散策したことによって、日本における近代国家の形成を大きな時代の流れの中で描いた『坂の上の雲』の真髄を、私たちは深く知っていったのであった。散策し終えた後、私たちはそのまま萬翠荘(ばんすいそう)に向かった。
 萬翠荘(ばんすいそう)は、大正11年(1922年)に旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨(ひさまつさだこと)伯爵が、別邸として建設した大正浪漫を今に伝える、日本が誇るフランス風洋館なのである。陸軍駐在武官としてフランス生活が長かった定謨伯爵好みの純フランス風の建物は、当時最高の社交の場として各界名士が集まり、皇族方がご来県の際は必ず立ち寄られたところである。また、裕仁親王(後の昭和天皇)の松山訪問に合わせ、完成を急がせたとも伝えられている。萬翠荘(ばんすいそう)は戦禍を免れ、建築当時の様子をそのまま残す貴重な建築物として、昭和60年(1985年)に愛媛県指定有形文化財となっている。このような歴史ある萬翠荘(ばんすいそう)の正面入口階段にて、私たちは本日の中予支部例会開催を記念して、記念写真を撮ることした。仲間たちと一生の思い出を創ることに成功した私たちは、萬翠荘を後にし、本日の例会のメインイベントでもある「キャンプで培われるチーム力」という趣旨のキャンプを行うべく、松山市野外活動センターを目指したのであった。
 松山市野外活動センターは、昨年の3月8日に弊社が創業100周年『100本の桜』記念植樹を開催した思い出深い施設である。本日は例会趣旨でもある「キャンプで培われるチーム力」ということで、早速、各々5チームに分かれて夕食の支度に取り掛かったのである。本日の夕食メニューは、キャンプでは定番中の定番であるカレーライスとバーベキューであった。そして私の持ち場は、火起こし班と野菜カット班を担当させてもらった。さてさて、チーム力は如何ほどに・・・。
 本日はイッパチ会中予支部例会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。坂の上の雲のまちである松山の歴史を深く知ることができ、そして大正浪漫を今に伝える、日本が誇るフランス風洋館である萬翠荘(ばんすいそう)を見学することができました。更には、「キャンプで培われるチーム力」ということで、松山市野外活動センターでキャンプを執り行うことができました。キャンプを行っていく中で、一つのものを創り上げていく過程には、協力し合う大切さが絶対に必要であることを知りました。一人で行動するよりも二人・三人で協力し合って行動し、素早く且つ能率よく創り上げていくことの大切さ、そして何より、同じ目標に向かう(ベクトルを合わす)大切さを、仲間とキャンプ(寝食共に)することで学ぶことができました。本例会開催にあたり、星加会長をはじめとするイッパチ会メンバーの皆様には大変お世話になりましたこと心から感謝申し上げます。明日は焼そばとホットドッグを作りたいと思います。

RIMG0012 『歴史的史料の数々』

 『坂の上の雲』において、正岡子規、秋山好古、真之の松山出身の三人の主人公を外すことはできない。坂の上の雲ミュージアムを散策したことによって、日本における近代国家の形成を大きな時代の流れの中で描いた『坂の上の雲』の真髄を、私たちは深く知っていったのであった。

RIMG0013 『体高体験コーナー』

 日露戦争時、日本騎兵の多くは、日本在来種体高平均4尺6寸(約140cm)の馬に乗っていたそうです。黒田さんは、その当時の馬の高さを体験することになりました。

RIMG0019 『萬翠荘(ばんすいそう)にて・・・』

 萬翠荘(ばんすいそう)の正面入口階段にて、私たちは本日の中予支部例会開催を記念して、記念写真を撮ることした。ここにイッパチ会の雛段が完成しました。

RIMG0022 『萬翠荘(ばんすいそう)のバルコニーから・・・』

 私たちは久松定謨(ひさまつさだこと)伯爵になりきり、記念写真を撮りました。撮影者は、カメラのズームを巧みに使いこなした黒田さんでした。

RIMG0026 『買い出しすること1時間・・・』

 本日の夕食メニューは、キャンプでは定番中の定番であるカレーライスとバーベキューであった。手分けして食材・飲料を買い出しすることに・・・。この買い出し時に、各々の性格がよく分かりましたよ。私は買い物には向いてないことが分かりました。(笑)

RIMG0030 『買い出しの結果は・・・』

 全ての食材・飲料を調達することに成功した私たちの買い出し結果は・・・なんと3万2千円を超えてしまった。この結果にメンバー一同愕然とさせられました。

RIMG0031 『荷物運び』

 マナーとルールを守ってリヤカーにて荷物を運びました。私は買い出しは向いてなかったものの、リヤカー荷物運びは向いていたようです。私の仕事があって本当に助かりました。

RIMG0041 『火起こし班』

 初めの火起こしに、かなり苦戦を強いられました。しかし、日野さんのウチワさばきと、星加会長の炭・薪プロデュースの甲斐あって、火を起こすことに成功した火起こし班。それを横目に私は、着火剤ジェルの存在に感動していただけでした・・・。

RIMG0043 『子どもたちと遊ぶ班』

 子どもたちと遊ぶ班も負けてはいませんでした。越智事務局と清水さんは、1時間近く子どもたちと遊んでいました。よく見てみると、越智事務局は、自分自身、本当に楽しかったようでした。いい顔してましたよ・・・。

RIMG0045 『幻のハラミ解凍班』

 昨年のイッパチ会中島キャンプで大活躍であった清水さんプロデュース幻のハラミは、今回も大活躍する予感がプンプンしておりました。幻のハラミ解凍班の神野さんは、ただ・・・ただ・・・幻のハラミが解凍するのを待っていたのでありました。(笑)

RIMG0046 『野菜カット班』

 子どもたちと一緒に野菜をカットしていきました。子どもたちもいい思い出になったことでしょう。

RIMG0047 『ポップコーンを炙って・・・』

 ビールのおつまみにと、黒田さんがポップコーンを炙ってくれました。左右に振ること10分間。かなりの握力を使ったようです。最後には手がプルプルしてましたよ。

RIMG0049 『肉焼班、突然現る・・・』

 炭に火が起こり、バーベキューセットが完了しました。すると、盛重副会長と萩野さんが突然現れ、肉焼班として必死に肉を焼返していました。

RIMG0051 『カレーライス班、完成を迎えて・・・』

 山路会計を筆頭に、山田さん、内田さんのコラボの結晶であるカレーライスがここに完成しました。炊飯でかなり苦戦した模様です。

RIMG0052 『頑張った後のご褒美』

 みんなで協力して作ったカレーライス及び焼肉は、今まで味わったことがない美味しい味でありました。みんなで協力して頑張った後に、最高の至福を味わうことができました。

RIMG0056 『夕食を終えて・・・』

 何とも怪しい雰囲気のお二人・・・。聞き耳を立ててみると、真面目な仕事の話をしておりました。キャンプじゃないと味わえない1枚を撮ることに成功しました。

RIMG0057 『おやすみなさい・・・』

 個人的にテントも初めて、そして寝袋も初めての夜を体験することができました。こうして、イッパチ会中予支部例会一日目は幕を閉じました。明日を夢見て就寝です。おやすみなさい・・・。

2010-05-30 21:25 | 青年会議所 | Trackback(1) | Comment(0)

5月度マルトメ安全パトロール

RIMG0001 『ユーミーケア介護施設新築工事』

 5月28日(金)、5月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールを実施した。本日のパトロール員は、門屋組から私と矢野専務、中田部長、佐伯さんの4名。マルトメ協力会社から、亀井鐵鋼株式会社(藤村 徳樹氏)、株式会社キクノ(西山 明重氏)、株式会社ダイキアクシス(橘 修平氏)の3名。計7名で安全パトロールを実施した。
 本日のパトロール現場は、ユーミーケア介護施設新築工事、ロイヤルステージ藤原新築工事、松山市立和気小学校低学年棟改築主体工事の3現場を回った。
 最初にパトロールしたユーミーケア介護施設新築工事の現場では、基礎地中梁の埋め戻し工事と既存建物内部内装工事が施工されていた。既存建物内部の天井設備工事の際、長尺脚立の最上部を使用しないようにして下さい。また、KY(危険予知)活動が作文にならないように、効果的に運用していただきたいと思います。今後更なる安全・衛生・モラルアップ管理の徹底をよろしくお願い致します。
 次にパトロールしたロイヤルステージ藤原新築工事の現場では、7階型枠工事及び電気設備工事が施工されていた。現場は不安全要素全く見られず、4Sもしっかり出来ており、危険箇所への配慮が滞りなく成されていた。しかし、エレベーター乗り口箇所にヘルメットを置いて休憩移動している方が見られたので、休憩場所まではヘルメットを絶対に着用するようにしていただきたいと思います。今後の安全・衛生・モラルアップが更に進化・向上し、現場一丸になって行くことを願っております。よろしくお願い致します。
 最後にパトロールした松山市立和気小学校低学年棟改築主体工事の現場では、内装工事、左官工事及び屋上防水工事が施工されていた。2階の安全通路内に延長コードが網羅して、整理整頓状況がよろしくない箇所が見られた。このような状況を解決する為には、現場監督として配線プロデュースを行い、スッキリした状況をつくり上げるようにして下さい。今後更に安全管理・快適な職場環境づくりを推進して下さい。よろしくお願い致します。
 3現場を回って本日のパトロール員たちによる、安全ミーティングが行われた。
・3現場共に整理されていて、素晴らしかった。

・不安全要素が無く、安全レベルが上がっている。

・ロイヤルステージ藤原作業所が好印象だった。モデル現場として、実行すれば良いと思われる。

・3現場共突出して綺麗な現場だった。

・粗も無く、重大災害に繋がる要素が見当たらなかった。

・1年前と比べて日々進化しており、若い社員も成長している。働きやすい環境を創り上げてほしいと思います。

・元請には、労働者が安心して働けるように安全措置義務がある。そして元請として、協力会社の皆様の安全を守る義務があり、二次、三次の協力会社の皆様にも、我々の指示を伝達し波及していただきたいと思います。これが今後のモラルアップや安全・衛生管理に繋がってくると思います。

 本日は大変お忙しい中、5月度マルトメ安全衛生協議会合同パトロールにご参加していただきまして、誠にありがとうございました。本日皆様から頂戴しました貴重な指導事項は、真摯に受け止め、会社を上げて改善に取り組んで行きたいと思います。今後のマルトメ安全パトロールを実施していく上で、協力会社の皆様にはパトロールを半日の時間をかけて行う意義を感じていただき、会社に戻った際には、我々の方針を落とし込んでいただきたいと思います。そして、本気・本音の安全第一を推進していただきたいと思います。今後も全員で力を合わせ、問題解決に取り組んで行きたいと考えておりますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。共に明るく元気な建設業を目指していきましょう!!本日もご安全に!!!

RIMG0002 『ロイヤルステージ藤原新築工事』

 ロングスパンエレベーターに乗って7階まで上がりました。本日の操縦士も平岡くんでした。

RIMG0003 『整理整頓の第一歩』

 使ったものを元の位置に戻す場所。これを設けてあげることが整理整頓の第一歩となります。これは会社でも家庭でも同じこと・・・。私の机は現在散乱状態・・・(笑)。ロイヤルステージ藤原新築工事の現場はしっかりと出来ていたのを発見しました。

RIMG0005 『松山市立和気小学校低学年棟改築主体工事』

 現場では、内装工事である床下地工事が施工されていました。安全通路内にある延長コードの配線プロデュースを行い、スッキリした状況をつくり上げるようにして下さいね。

RIMG0006 『パトロール後の食事会』

 うなぎ屋さんでパトロール後の食事会を行いました。ここでは、本気・本音のトークが繰り広げられ、時間の経過を気にすることのない有意義な一時を迎えることができました。今後ともマルトメ安全衛生協議会をよろしくお願い致します。

2010-05-29 10:50 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

松山JCじゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)最終日

P1001753 『有馬ロイヤルゴルフクラブ』

 5月27日(木)、松山JCじゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)最終日。本日のゴルフ場は、地域社会との共生をめざして、新しいゴルフ場のカタチを追求し続ける有馬ロイヤルゴルフクラブに訪れた。新しいゴルフ場の形を追求し続ける・・・のビジョンをもっている有馬ロイヤルゴルフクラブのキャディさんの名札には、「私たちはお客様に感動していただく商品です」の文字が・・・。一体どんな感動をさせてくれるのかワクワクが込み上げてくる中、スタートホールに赴いた私たち。
 前日のゴルフ競技終了後に、共にラウンドさせていただいた田中先輩よりいただいた3つのドラゴンボール。「門屋くん。今日はOBでボールを無くし過ぎたから、これを使って明日頑張れよ」と、田中先輩はオレンジ色のニューカラーボール3個、そっと私に託して下さった・・・。これを受け取り、「明日は絶対この3個のドラゴンボールを無くさないようにプレーしてやる」と心に誓った私は、早速、ドラゴンボールを1個取り出しティーショットに臨んだ・・・。さてさて、本日の展開や如何に・・・。
 18番ホールの最終ラウンドまで気が抜けないメンバー同士の熱い闘いは、熱が冷めることなく全ラウンドが終了した。私のスコアはOUTコース47、INコース50、合計97であった。9人中5位という結果に終わった。前日の128打からいうと、97打という31打改善することができた。しかも、田中先輩から託されたドラゴンボールを1個も無くすことなく、クラブハウスに返ってくることができたのであった。田中先輩、本当にありがとうございました。そして、優勝された山田先輩、誠におめでとうございました。
 本日は、松山JCしゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)最終日に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。そして昨日と今日の2日間渡り、松山JCじゃがいもクラブのメンバーの皆様と共に楽しいゴルフを展開することができましたこと、心から感謝申し上げます。冒頭で述べさせていただいた通り、有馬ロイヤルゴルフクラブのキャディーさんから感動をたくさんいただくことができました。その感動とは、絶対に偉そぶらないその姿勢や、一つ一つの行動に対した数々の「ありがとうございます」という感謝の言葉であります。企業のビジョン一つでここまで変わることができるのか?ということを本日のゴルフを通じて体験・経験することができました。経営のヒントを気づかさせていただきました有馬ロイヤルゴルフクラブ様、本当にありがとうございました。そして、本日一緒にラウンドしていただきました山本先輩、寺川副いも長には大変感謝しております。2日間お世話になりまして、誠にありがとうございました。

 『現役じゃがいも隊』

 ゴルフを通じて絆が深まっていくじゃがいもクラブ。これからもよろしくお願い致します。写真は山本先輩に撮っていただきました。本当にありがとうございます。

P1001758 『3個のドラゴンボール』

 前日のゴルフ競技終了後に、共にラウンドさせていただいた田中先輩よりいただいた3つのドラゴンボール。「門屋くん。今日はOBでボールを無くし過ぎたから、これを使って明日頑張れよ」と、田中先輩はオレンジ色のニューカラーボール3個、そっと私に託して下さった・・・。これを受け取り、「明日は絶対この3個のドラゴンボールを無くさないようにプレーしてやる」と心に誓った私は、早速、ドラゴンボールを1個取り出しティーショットに臨んだ・・・。結局、3個全てのドラゴンボールを守ることができましたよ。

P1001754 『競技終了後の懇親会で・・・』

 2日間お世話になった兵庫県に別れを告げ、競技終了後の懇親会会場である香川県の骨付鶏「一鶴」を目指した一行は・・・↓ ↓ ↓

P1001755 『おやどり・ひなどりの鶏祭り』

 骨付きおやどり(噛みごたえがある)と骨付きひなどり(やわらかくジューシーである)の2品を注文し、おやどり・ひなどりの鶏祭りを行いました。とても美味しくいただきました。

P1001757 『夕日を眺めながら・・・』

 ハート交通号から、西に沈む夕日を眺めながら松山へと帰りました。夕日を見ていると切なくなってくる半面、明日からの仕事に気合を入れる自分がいました。明日からもパワー全開で頑張ります。2日間お世話になりまして、本当にありがとうございました。出逢いの絆に感謝しております。次回の6月例会も頑張りたいと思います。

2010-05-28 01:59 | 青年会議所 | Trackback(2) | Comment(0)

松山JCじゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)

P1001746 『ハート交通号に乗り込んで・・・』

 5月26日(水)、本日の松山JCじゃがいもクラブ5月例会は、県外遠征ゴルフということで兵庫の地を目指した。が、しかし、ここで私は大失態をしてしまうことになる。それは、寝坊助で集合時間の5時に遅れてしまったのである。時計の針が5時を指しているのを見た瞬間、心臓が一瞬止まりそうになってしまった。「ががーーん」、こんな思いになったのは久しぶりだった。急いで支度して集合場所である椿神社へ車を飛ばしたのであった・・・。椿神社に到着すると、ハート交通号は今か今かと出発の機を覗っていた。そして、遅れて到着した私に対し、松山JCじゃがいもクラブの先輩はじめメンバーたちは、「かどやん、大丈夫、大丈夫やけん」と、温かく声を掛けてくれたのであった。私は涙が出るぐらい嬉しかった・・・。出発時間を30分遅れたハート交通号は、兵庫の地を目指し、まもなく出発を迎えたのであった。
 松山を出発してから約3時間30分、兵庫県の名門コースであるABCゴルフ倶楽部に到着した。ここABCゴルフ倶楽部は、男子ゴルフツアーのマイナビABCチャンピオンシップで、17歳である東京・杉並学院高2年の石川遼くんがプロ転向後初のツアー優勝を果たし、賞金金額3000万円を獲得したコースである。そんな名門コースで初プレーさせていただく私たちは、気合を入れる為、練習場に赴いたのであった。そして、気温が著しく低下してかなり肌寒い中、まもなくスタートを迎えた。
 前回の松山JCじゃがいもクラブ4月例会で優勝をさせていただいたこともあり、気合を入れて臨んだ本日の5月例会。皆に見守られながらオーナーを務めた朝一ファーストショットは、少々フェード気味のまずまずの当たりであった。そして続くセカンドショットでナイスグリーンオンしたボールは、2パットの末、見事カップインを果たし、パーでファーストホールを迎えることに成功した。これから大変苦労するゴルフが展開されるのを、この時の私は知る由も無かった・・・。幸せ気分のまま、続く2番ホールへと赴いた。さてさて、結果はどうなるのでしょうか・・・。
 18番ホールの池越え最終ラウンドは、期待を裏切らない池ポチャの末、7打で終えることができ、これにて本日の全ラウンドが終了した。私のスコアはOUTコース62、INコース66、合計128であった。27人中27位という、前回優勝から一気にビリへの転落を余儀なくされた・・・。優勝された松本先輩、誠におめでとうございました。
 本日は、松山JCしゃがいもクラブ5月例会(兵庫遠征)に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。今日一日、松山JCじゃがいもクラブのメンバーの皆様と共に、楽しいゴルフを展開することができましたこと、心から感謝申し上げます。そして、集合時間に遅れてしまいましたこと、この場をお借りしまして心よりお詫び申し上げます。前回優勝からビリへの転落を味わうことになりました5月例会ですが、本日一緒にラウンドしていただいた田中先輩、中村先輩、藤堂直前いも長には大変感謝しております。今後ますます松山JCじゃがいもクラブが、ご発展・ご繁栄されますことを切に願っております。本日は誠にありがとうございました。明日へと続く・・・。

P1001747 『練習場で気合を入れる』

 名門コースで初プレーさせていただく私たちは、気合を入れる為、練習場に赴いたのであった。そして、気温が著しく低下してかなり肌寒い中、まもなくスタートを迎えた。しかし、寒かったな~・・・。

 『朝一のファーストショット』

 私の朝一のファーストショットです。山本先輩に写真を撮っていただきました。皆に見守られながらオーナーを務めた朝一ファーストショットは、少々フェード気味のまずまずの当たりであった・・・。

P1001749 『競技終了後ミーティング』

 私のスコアはOUTコース62、INコース66、合計128であった。27人中27位という、前回優勝から一気にビリへの転落を余儀なくされた・・・。優勝された松本先輩、誠におめでとうございました。

P1001751 『神戸メリケンパークオリエンタルホテルからの眺め』

 本日の宿泊場所である神戸メリケンパークオリエンタルホテルからの眺めは最高でした。今から懇親会会場である中華料理天安閣へ向かいます。

P1001752 『天安閣でのおもてなし』

 懇親会会場である中華料理天安閣に到着すると、早速、ビールで祝杯を挙げました。ビールを見てみると、なんと、松山JCじゃがいもクラブバージョンのビールだったのであります。天安閣さん、最高のおもてなしをありがとうございます。

2010-05-27 23:02 | 青年会議所 | Trackback(1) | Comment(0)

突然の火災が発生した時の為に

RIMG0001 (4) 『社長室の片隅に置かれた消火器』

 社長室の片隅に置かれた一本の赤い消火器。社長室だけではなく、各部屋にも現場の各所にも、常に置かれている赤い消火器。この赤い消火器を見つめていると、私が小学生の頃、避難訓練の中で消火器の実演が行われたのをふと思い返した・・・。
 火災が発生したのを想定して、ドラム缶に火が着けられる。火が着けられたドラム缶に対し消火活動をしていくわけであるが、手順を追って上手に消火器を扱えた者は、しっかりと火を消すことができていた。しかし、手順が分からず上手に消火器を扱えなかった者は、ホースから勢いよく飛び出した消火薬剤に驚いて逃げ出す始末であった。社長室の片隅に置かれた一本の赤い消火器を見つめ、物思いにふけ出してから5分間。突然の火災が発生した時の為に、消火器の使用法の手順を記しておきたいと思う。

RIMG0003 (2) 『消火器の使用法』

1.黄色い安全ピンを引き抜きます。※この時、火元近くにまで行ってから安全ピンを引き抜くようにして下さい。

2・ホースを火元に向けます。※この時、ホースの先をしっかり握るようにして下さい。

3.レバーを強く握ります。※この時、レバーを強く握らないと勢いよく消火薬剤が飛び出しません。

消火のポイント
・火の根元をねらって、ホウキで掃くように消火薬剤を放射してください。 
・室内で消火活動をする時は、部屋の出入口(逃げる場所)を背にして放射して下さい。
・一旦消えたように見えても再燃する危険があるので、要注意が必要である。
・煙を吸わないよう注意してください。
・天井が燃え出したら、即避難して下さい。 


消火器の点検
・容器やキャップに変形や錆・腐食はないか。 
・ホースにつまりやヒビ割れはないか。 
・ゲージの付いているものは、その圧力値を示す針が正常値を示しているか。
・粉末薬剤は固まっていないか。
・いざという時、安全に使用する為にも、日頃からの点検が大事です。


消火器の置き場
・家族が出入りする玄関。
・家族が集まる居間。
・毎日火を使う台所。
・頻繁に行き来する廊下や階段。
・いつも寝ている寝室。
消火器は、普段から目に付く場所へ置くようにしてください。
※火を使用するストーブ・ボイラー・コンロ等の直ぐ側には、消火器を置かないようにして下さい。誤って出火した場合は、消火器を取りに行けなくなってしまいます。

2010-05-26 04:11 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comments(2)

家族と夕食

RIMG0001 (5) 『食卓に並んだ夕食』

 日曜日は久しぶりに一家団らんで家族と夕食を共にした。この一時が一番落ち着くのである。何週間にも渡り痛め続けてきた肝臓を、ここで一気に修復させる為に、本日ぐらいはゆっくりと静養させたいと思う今日この頃・・・。そんな心境の中、いつも外食続きだった私の胃全体に、妻の料理がじんわりと浸み渡ってくる。家庭料理に感動を覚えている最中、奏来は黙々と目の前にある離乳食を手で掴み口に運んでいた。しばらく見ないうちに、食べ方が上手になっていたのに驚かされた。そして離乳食を食べ終わると、なんと自分の汚した食卓を台拭きで拭いているではないか・・・。妻の家庭料理、奏来の成長、私の静養(休肝日)を同時に、堪能することができた今日一日に感謝致します。

RIMG0004 (3) 『拭いて・・・』

 離乳食を食べ終わると、なんと自分の汚した食卓を台拭きで拭いているではないか・・・↓ ↓ ↓

RIMG0003 (5) 『拭いて・・・拭いて・・・』

 しばらく見ないうちに、どんどん成長していく奏来に、感動した一コマであった。

2010-05-25 12:32 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comments(4)

重信川水防演習

RIMG0008 (4) 『水防演習開会式』

 5月23日(日)、重信川河川敷にて、平成22年度重信川水防演習が実施された。この水防演習は、突如起こりうる水害に備えて関係機関の連携を確認しようと、国土交通省四国地方整備局などが主催する水防演習である。本日はちょうど大雨ということもあり、水防演習にはうってつけの条件での実施となった。行政や消防、住民たち約1300人が土のう積みや堤防決壊対策、そして救助訓練に取り組み、雨の多い梅雨時期に合わせて水防工法訓練を行ったのである。そんな中、私たち(社)愛媛県建設業協会松山支部青年部会と伊予支部青年部会が協力して、ブロック張工と積みブロック工に臨んだのであった。
 実際の災害時を思わせる強い雨が降りしきる中、重信川河川敷土手沿いのはん濫危険水位と計画高水位を想定しながら、法面崩れの対策や堤防崩壊防止のブロックを敷きつめていった。作業を行っていく中、次第にお互いの協力体制が整い始めた私たちは、阿吽の呼吸の下、ブロック張工と積みブロック工に成功したのである。こうして、全水防演習を終えた私たちは、改めて突如に起こりうる水害に備えた連携確認の重要性を認識し合ったのであった・・・。
 本日は平成22年度重信川水防演習に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。私たち建設業としてKY(危険予知)を行っていく上で、突如に訪れる災害の予防措置と連携の大切さを、改めて感じさせていただきました。大雨の中という悪天候にもかかわらず、(社)愛媛県建設業協会松山支部青年部会と伊予支部青年部会が協力して同じ目的をもって取り組めたことに対し、心からの感謝を申し上げます。今後起こりうる災害に対し、地域住民のいち一員として、水害防止に尽力を尽くしていきたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

RIMG0010 (3) 『ブロック張工の開始』

 ブロック張工の演習が始まりました。それに伴い、株式会社田中建設さんのレッカーが出動致しました。

RIMG0011 (3) 『ブロック張工状況』

 重信川河川敷土手沿いのはん濫危険水位と計画高水位を想定しながら、法面崩れの対策や堤防崩壊防止のブロックを敷きつめていきました。命綱を支えるのも大変重要なポジションであります。

RIMG0015 (3) 『積みブロック工状況』

 積みブロック工を行い、住宅地側への水の流入防止措置を行いました。レッカーのオペレーターと手元作業員との連携が重要となってきます。

RIMG0017 (3) 『全ての水防演習完了』

 私たち建設業としてKY(危険予知)を行っていく上で、突如に訪れる災害の予防措置と連携の大切さを、改めて感じさせていただきました。大雨の中という悪天候にもかかわらず、(社)愛媛県建設業協会松山支部青年部会と伊予支部青年部会が協力して同じ目的をもって取り組めたことに対し、心からの感謝を申し上げます。今後起こりうる災害に対し、地域住民のいち一員として、水害防止に尽力を尽くしていきたいと思います。

2010-05-24 15:00 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

シンセイフードサービス親睦ゴルフコンペ

RIMG0008 (3) 『奥道後ゴルフクラブ』

 5月22日(土)、奥道後ゴルフクラブにて、シンセイフードサービス親睦ゴルフコンペが盛大に開催された。空全体に広がる雲。そして時折、雲の間から強い陽が射し込み、ジワジワと私たちの皮膚を焦がしていく・・・。今晩から明日にかけて大雨という予報もあり、ゴルフ場は湿度が上がり蒸し風呂状態。湿度が上がると同時に、変な小バエが私たちの目の前をブンブンと纏わりついてくる。キャディーさんいわく、2・3日前からこの虫が大量発生したとの事。しかもこの虫は人から出る汗に寄ってくるらしく、私のまわりには終日ずーっと纏わりついていたのであった。30歳を超えてから加齢臭が徐々に気になりはじめる今日この頃・・・。本日のゴルフでは、臭い中に芽生えた友情ということで、虫たちとの交流が大きく目立った一日であった。
 最終ラウンドを終え、クラブハウスに返ってきた。脱力感はあったものの、本日共にラウンドしていただいたメンバーたちとの距離感が、ぐっと縮まったことを感じさせてもらった。本日の私の成績は、OUTコース54、INコース44、合計98であった。その後、国際ホテル松山にて笑顔と笑いの祝勝会が執り行われ、シンセイフードサービスの輪が広がっていった・・・。85人中22位の当日賞とドラコン賞をゲットした。
 本日はシンセイフードサービス親睦ゴルフコンペに初参加させていただきましたこと、心から厚く御礼申し上げます。そして、このような一期一会の場を与えていただきましたこと、心から感謝申し上げます。本日は天候にも恵まれ、メンバーにも恵まれ、虫たちにも恵まれ?とても楽しいゴルフを展開することができました。今日という日を迎えられたことに心からの感謝を致し、また今後行われるシンセイフードサービス親睦ゴルフコンペに率先して参加していきたいと思っております。シンセイフードサービス様の今後ますますのご発展とご繁栄を心から願っております。本日は誠にありがとうございました。

RIMG0002 (3) 『当日賞とドラコン賞』

 シンセイフードサービス親睦ゴルフコンペに初参加させていただき、当日賞(DVDプレイヤー)とドラコン賞(タオルセット)をゲットすることに成功致しました。本日共にラウンドさせていただきましたメンバーの皆様へ心からの感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

2010-05-23 19:27 | 青年会議所 | Trackback(0) | Comment(0)

(社)愛媛県建設業協会通常総会

RIMG0001 (2) 『濃霧に包まれた松山空港』

 5月21日(金)、若手経営者の会(坊っちゃんクラブ)の東大阪研修旅行の為、松山空港に向かった。松山空港に到着すると、多くの人集りがあった。何があったのか辺りの人に聞いてみると、「濃霧の為、前の便も欠航になってしまったんよ。今キャンセル待ちで立往生や」と応えてくれた。それを聞いてビックリした私は、「伊丹空港行きの10時20分発は大丈夫ですかね?」と聞くと、「いや、それはわからんよ・・・」との返答。不安げになりながらも、刻々と時間だけが過ぎていった・・・。
 私が右往左往しているのを発見したテレビ局の方が、テレビ取材を申し入れてきたのであった。取り合えず応えてはみたが、頭がテンパって何が言いたかったかわからなかった。そして、更に待つこと1時間後、「誠に申し訳ございません。松山空港濃霧の為、10時20分発の伊丹空港行きは欠航となりました。」とアナウンスが入り、東大阪研修旅行はその瞬間をもって、断念せざるをえなかった・・・。こうして、若手経営者の会(坊っちゃんクラブ)の東大阪研修旅行は、幕を閉じたのであった。松山空港を出た私は、(社)愛媛県建設業協会通常総会が開催されるひめぎんホールへ車を走らせた。
 ひめぎんホールにて、(社)愛媛県建設業協会通常総会が盛大に開催された。毎年この時期に開催される通常総会(昨年の模様:(社)愛媛県建設業協会通常総会)。県知事をはじめ、愛媛県各支部に所属する建設業協会員たちが集結し、通常総会は行われたのであった。
 本日私は、松山支部青年部会として、ひめぎんホール北面駐車場の交通誘導を担当させていただいた。昨年は受付を担当するにあたり笑顔で対応させてもらったが、交通誘導も理屈は同じである。元気よく笑顔で、おもてなしの心をもって対応させていただいたのであった。こうして、約3時間の交通誘導は、事故もなく円滑に行うことができた。長時間、お疲れ様でした。
 本日は、(社)愛媛県建設業協会通常総会が滞りなく執り行うことができましたこと、心よりお慶び申し上げます。東大阪研修旅行を断念となったのは非常に残念でしたが、このような形で松山支部青年部会として、総会のお世話ができましたことを心から感謝しております。(社)愛媛県建設業協会様の今度ますますのご発展・ご繁栄を切に願っております。本日は誠におめでとうございます。

RIMG0003 (3) 『交通誘導を担当』

 本日私は、松山支部青年部会として、ひめぎんホール北面駐車場の交通誘導を担当させていただきました。入られる車1台1台に、「お世話になっております」と元気よく、言わさせていただきました。熱中症予防にと、菅野副部会長よりお茶の差し入れがありました。菅野副部会長、ありがとうございました。

2010-05-22 17:17 | 青年会議所 | Trackback(2) | Comments(2)

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る