株式会社門屋組

文字サイズ

てるひこブログ

てるひこブログ

愛媛県中小企業家同友会 第26回定時総会

RIMG0023 『本気の報告が今始まる・・・』

 4月28日(水)、松山全日空ホテルにて、愛媛県中小企業家同友会第26回定時総会が盛大に開催された。昨年も同じこの場所で愛媛県中小企業家同友会 第25回定時総会が開催され、1年という早い時間の経過を感じた今日この頃・・・。2009年度スローガン「今こそ、未来を切り拓こう!~変革・連携~」として掲げ進んできた同友会。2009年度を振り返り総括することで、また新たな目標とスローガンが生まれたのであった。そこで生まれた新たな2010年度スローガンは、「仲間と共に大変革(伝説)一年に!~共育・雇用・付加価値創造で地域をリードする同友会に成長しよう!~」であった。こうして目標を定めた私たちは、総会報告を聴いたのであった。
 本日の総会報告者は、大阪府中小企業家同友会 大東支部の株式会社山田製作所、代表取締役社長の山田 茂氏で、報告テーマを「売上95%ダウンからの生還~3S・指針・共育・採用が、企業を変えた~」とし、本気の報告が始まった。
 徹底した3S(整理・整頓・清掃)で培ったもの、それは、「自らが使う商売道具を地面に置かない」「みんなで(全員で)掃除しよや」という一言から始まったと言う。しかし、それが徹底して全員で3Sできるまでの道程は長かったそうである。そこには、創業者やベテラン社員との壮絶な葛藤が壁として自分の前に立ち塞がったと言う。だが、山田社長は諦めなかった・・・。「何でそこまでせなあかんねん!何でお前にそこまで言われなあかんねん!」と言われ続けても、山田社長は諦めなかった・・・。その諦めない気持ちが次第に、創業者やベテラン社員の心に届くのであった。それは、経営者自らが行動し、「当たり前の事を当たり前に、しかも徹底的に」の姿勢を継続して行ってきた賜である。「良い現場は最高のセールスマン」となる原点を、報告の中で山田社長は同友会メンバーに伝えたのであった・・・。本気の報告はまだまだ続く・・・。
 本日は、愛媛県中小企業家同友会第26回定時総会が盛大に開催され、滞りなく執り行うことができましたこと、心よりお慶び申し上げます。そして、山田社長の本気の報告により、明日への活力(パワー)をいただきまして、心より感謝申し上げます。3S活動の重要性を改めて感じさせていただきました。弊社も「全員で決めたルールは絶対に守る」、「徹底的にとことんやる」といった、更に掘り下げた全社一丸を目指していこうと、本日の報告を聴いて強く思いました。今後更なる愛媛県中小企業家同友会が、ご発展・ご繁栄されますことを心から願っております。本日は誠にありがとうございました。

2010-04-29 13:56 | 最新施工実績 | Trackback(0) | Comments(2)



|HOME|

お問い合せ



検索



エントリー



カテゴリー



アーカイブ



カレンダー



最近のコメント



上に戻る